ニューアルバム「エジプト・ステーション」発売開始、ニューヨークでのライブがストリーミング放送


ポール・マッカートニーの5年ぶりのアルバム「エジプト・ステーション」が予定通り9月7日に発売されました。



下の写真(タワーレコード某店)にありますように、各CDショップなどでは、ポール・マッカートニー「エジプト・ステーション」の特設コーナーを設けていたところも多かったようです。店舗によっては、シングル曲「I Don’t Know」「Come On To Me」「Fuh You」のリリックビデオをディスプレイに流していました。

 

また、下の写真のような「The Paul Times」の号外や日本ツアーのパンフレットを設置している店舗もあったようです。

 

 

 

 

 

通常のCDショップでの初回購入特典はアルバムの特製ステッカーですが、ユニバーサル・ミュージック・ストアでの通販の購入特典はアルバムの販促ポスターでした。またディスクユニオンは、アルバムの特製缶バッジを特典につけていました。

 

ユニバーサル・ミュージックのポール・マッカートニーサイトでは、ポール本人によるアルバム収録曲解説が公開されました。

ポール・マッカートニーによる『エジプト・ステーション』収録曲解説

「エジプト・ステーション」は各方面で話題となり、オリコンデイリーアルバムランキング(2018年9月7日付け 総合)では初登場2位を記録しました。

【エジプト・ステーション発売に関するニュース】

 


アルバム発売の日(ニューヨーク現地時間で9月7日、日本時間では9月8日土曜日午前9時から)、ポール・マッカートニーは米ニューヨーク駅(Grand Central Station)でライブを行い、その様子はYouTubeで生配信されました。

ビートルズナンバーを中心として本番ライブショーに近い全26曲が演奏されました。セットリストは以下のとおり。

https://www.setlist.fm/setlist/paul-mccartney/2018/vanderbilt-hall-grand-central-station-new-york-ny-63e9baf3.html

ニューアルバム「エジプト・ステーション」からは、Come On To Me、Fuh You、Who Caresの3曲が披露されました。
Blackbird演奏時は、観客席のど真ん中で観客と至近距離で演奏されたり、ポールとしては珍しくホーンセクションが参加したり、My Valentineでは拡声器を用いた新しいアレンジを施すなど、スペシャルなギグとなりました。

初披露となったのは、ビートルズ初期のヒット曲「From Me To You」。(今年のLIPAの講演会では披露されましたが、バンド形式としては初めて)



※最新情報は、Jashの「ザ・ビートルズ最新ニュース twitter」で、いち早くお届けします。

(c)Jash http://pmccartney.com

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*