ポール・マッカートニーのファンサイト(非公認)。ポール・マッカートニーやビートルズの最新ニュース、アルバム・楽曲の解説、ライブ・ツアー記録、新譜・テレビ放送等。

Japan Tour

ポール・マッカートニー2017年日本公演の概括

ポール・マッカートニー自身、ソロとして6回目(中止になった1980年、2014年を除く)、ビートルズ時代(1966年)を含めて7回目となった2017年の来日公演。
来日公演発表からポールの離日まで、今回の来日公演をファンの視点からまとめてみたいと思います。

【参考】
2013年日本公演 概括
2014年幻の日本公演 概括
2015年日本公演 概括


1.紅白歌合戦での来日発表

今回の来日公演は東京公演のみ、4月25日(火)日本武道館、27日(木)・29日(土)・30日(日)の合計4公演で、今までの来日公演の中では一番開催回数が少ないものとなりました。

過去数年、2013年、2014年、2015年の来日公演の発表は、事前にファンの間で来日発表の噂が広まるなど、その機運が高まったときにツアー主催者であるキョードー東京から発表が行われましたが、今回、ある程度ファンの間でも噂は広まっていたものの、確証となる話がなかった状態でした。
そのような中で、紅白歌合戦の夜11時台に、突如ポール自身がビデオ出演し、「来年日本に行くよ」というメッセージが本人の口から語られました。
そして新年が明けるとともに、1月1日0:00に公式サイトにて、来日公演が突如発表されました。

数日前には、紅白歌合戦にポールが出演するという噂が飛び交っていたものの、本当の話と信じていないファンも多かったようで、突然の発表に度肝を抜かれたファンも多かったようです。

 

2.相変わらずの五月雨式チケット販売、武道館公演は後出しジャンケン、結局チケットは完売せず

2017年1月1日からチケット前売り販売が始まりましたが、チケットの一般発売日である2月25日(土)まで、チケットぴあや主催者のキョードー東京のサイトにて、6回もの前売り発売が行われました。1月1日から始まった最速先行販売は抽選方式となり、当選確率は過去数年の公演に比べて高かったものの、落選した人もいた一方で、最終的に一般発売後もチケットは完売しなかったようで、今回もそのチケット販売方法には疑問が上がりました。

また日本武道館公演は、東京ドーム公演の発表(1月1日)の約2か月半後、一般発売の約半月後の3月10日に発表されました。前々回(2014年:結局は公演中止)、前回(2015年)と同様に、他のドーム公演の一般発売のあとに日本武道館公演を発表するという流れは同じでしたが、今回は日本武道館公演が日本ツアー、ポール・マッカートニー自身も2017年ツアーの初日となったことで、4月27日がツアーの初日と思ってチケットを購入した遠方のファンからはため息が聴こえました。

VIPチケットは、一般発売の数日前である2月16~18日に受付と、前回と同様に一般発売の前に受付が行われ、一応配慮がされたと言えるでしょう。

 

3.日本武道館公演の座席問題

3月10日に日本武道館公演が発表された際、主催者のキョードー東京からは「前売りチケットは全て座席番号入り特別チケット引換券で、入場前の4月24日(月)、25日(火)日本武道館にて座席番号入り特別チケットに引き換える必要があります。」とアナウンスされました。

また、ビートルズファンクラブ(ザ・ビートルズ・クラブ BCC)でも日本武道館公演のチケット受付が行われましたが、受付のサイトに「座席番号入り特別チケットへの引き換えは、当クラブ以外で座席番号入り特別チケット引換券を購入された方々を含め、すべての参加者と同じ方法で、主催者によって行われます。4月24日(月)、25日(火)、日本武道館にて「座席番号入り特別チケット」を主催者が用意する予定ですが、引換の詳細は、後日、公式サイトならびにザ・ビートルズ・クラブのサイトにてご案内します。※特別チケットに引き替えるまでは座席位置は分かりません。」と記載されています。

この2つの表現や、前回(2015年)の日本武道館公演では、事前に座席位置の抽選が公平に行われたことから、今回も、申込先(キョードー東京、チケットぴあ、ザ・ビートルズ・クラブなど)に関わらず、事前に座席番号が記載されたチケットへの抽選会が前日の4月24日(月)と当日の25日(火)に行われると、誰しもが思いました。

ところが、4月3日に急遽、4月4日にポール・マッカートニー公式サイト(英語)にて、事前に座席番号(座席位置)が記載された前売りチケットが販売されることが発表され、また、事前の座席位置の抽選は行われず、当日座席にて特別チケットに引き換えられることが発表されました。抽選にて座席位置が決まるとほとんどのファンが思っており、事前に座席番号が分かるなら公式サイトにて購入したかったと肩透かしを食らわされた気分になったファンが多かったようで、さらに、こうしたキョードー東京のチケット販売方法に、大きな批判が上がりました。

噂によれば、事前に座席位置がわからないままチケットを販売する日本の方式に、ポールサイド(MPL? マーシャル・アーツ?)がキョードー東京に意見したようで、急遽、キョードー東京は方法を変更せざるを得ない情報だったとのことですが、一旦チケットを購入した熱心なファンに再度チケットを購入させ、余ったチケットを転売させる2次マーケット拡大のための主催者の戦略かとも言われました。

 

4.売れないチケット、需要と供給が合わない武道館公演の価格設定、中止の噂

東京ドーム公演の一般発売(2月25日)が始まった後、主催者キョードー東京のツアー公式サイトでは、4月29日・30日の東京ドーム公演は完売とアナウンスされましたが、そのツアー公式サイトからリンクされているチケットぴあやキョードー東京のチケット販売コンテンツでは、4月29日・30日のチケットが購入可であったりと、前回と同様、アナウンスと実際の内容に齟齬がありました。結局、東京ドーム公演は29日はチケット購入サイトでは完売したようですが、27日と30日の公演は直前まで購入可でした。

日本武道館公演は、前回(2015年)と同様、SS席が10万円と高額チケットとなりました。ところが販売枚数がごく限定されていたC席以外の全券種(SS席、S席、A席、B席)は開催直前まで完売せず、チケット販売サイトで購入可でした。さらにヤフーオークション、チケットキャンプなどのチケット転売サイトでは定価以下に価格が暴落、定価10万円のSS席が5万円近くまで下げられた価格にて転売されていました。
これは、需要と供給が一致していなかった、価格設定が高かったという裏付けでしょう。

チケットが売れなかったのに加え、4月に入り北朝鮮情勢が悪化したため、ポール来日公演が中止されるのでは?という噂がファンの間を駆け巡りました。

 

5.ポールは無事に来日、特別ではなかった日本武道館公演

中止の噂をものともせず、ポールはナンシー夫人とともに、日本武道館公演の2日前4月23日に羽田空港から来日しました。今回もナンシー夫人と一緒に羽田空港に到着、話題となったのはナンシー夫人が着ていたウィングスのジャンパーです。1980年の来日公演(中止)のツアージャケットのようで、今はなき東芝EMIやウドーのロゴが入っていることが話題となりました。

翌日の24日、初日の日本武道館公演の前日には、日本武道館でリハーサルが行われている様子が建物の外まで漏れており、無事に公演が行われることと多くのファンが安心しました。

25日初日の日本武道館公演は、前回とは異なり、開場時間が大幅に遅れたりすることなく、会場内での特別チケットへの交換もスムーズに行われました。

日本武道館公演は特別な公演になるとポール自身の口からも事前に語られましたが、蓋を開けてみれば、特に特別なセットリストはなかったようです。

【参考】日本武道館公演で演奏され、東京ドーム公演では演奏されなかった曲

Drive My Car (4月27日、4月29日のサウンドチェックでは演奏)
Every Night (4月27日のサウンドチェックでは演奏)
Magical Mystery Tour (前回2015年に演奏)

また最後までチケットが販売しなかった日本武道館公演は、座席の空席を埋めるべく、関係者間で無料チケットが配布されたようで、当日に武道館入り口東側の「キョードー東京受付」にて受付が行われました。特にステージのバックサイド、北東スタンド2階は、公演開始直前に無料チケットの観客が一斉に入場した姿が見受けられました。

 

6.ポールのパフォーマンス自体は前回同様に大好評、ファンをステージに

チケット販売方法への批判や中止の噂がありましたが、一旦ポールの公演が始まると、パフォーマンス自体は非常に好評で、今までと同様、感動を呼ぶものでした。
しかしながら、ポールも高齢化し、日によって声や演奏の調子にばらつきがあったり、演奏ミスが目立つようになりました。4月25日日本武道館公演ではBlackbirdでギター演奏のミス、最終日30日ではアンコール以降の段取り勘違い、ステージ終盤になれば声や動きに疲れが見え始えることもありました。
それでも、今回新たに覚えた日本語を交えたMCで、一生懸命に観客を喜ばそうとするポールの姿に感嘆の声が上がりました。

今回観客の笑い?を誘ったポールの日本語MCは、「ザビートルズゥ」(日本語風に発音、ポールはかなり気に入っていたようで、武道館公演と27日東京ドーム公演では連発していました)、「トーキョードームゥ」、「ゴールデンウィークダ!」などです。

海外公演では、アンコール後にファンをステージに上げることが恒例となっていますが、今までの2013年、2015年の日本公演では、ファンをステージに上げませんでした。
ところが今回、29日の東京ドーム公演を除いてファンをステージにあげました。2002年日本公演以来の演出となりました。

 

7.あっという間の日本滞在

ポールは4月23日に来日し、4月30日の最終公演が終了した日の深夜に羽田空港から日本を去りました。実質1週間となった滞在日数は、今までの来日公演(中止になったツアーを除く)では最短となりました。

日本滞在中は特に観光など行うことはなく、オフの日も、滞在していたホテル(ザ・ペニンシュラ東京)のすぐ近くの日比谷公園でサイクリングしている姿を目撃されたのみで、遠くの外出はなかったようです。テレビ番組のインタビューや雑誌等のインタビューを受けることもなく、公演のためだけに来日していたと言えると思います。
その中でも、LINE LIVEで中継された「教えてポール」というポールがファンの質問に答えるコーナーは、非常に貴重なものとなりました。

なお、ザ・ペニンシュラ東京や日本武道館、東京ドームでは、出待ち・入り待ちのファンが多く待ち構えていました。今回はホテルでも警備体制がしっかりしていたようで、大きなけが人は出なかったようです。

 

8.まとめ(JASHの主観)

私JASHの主観による今回の日本公演のまとめです。
チケット販売方法やポールの調子など、いろいろな批判や意見はありましたが、やはりポールのパフォーマンス、バンドと一体となった演奏は筆舌に尽くしがたい感動を呼ぶものでした。ポールのパフォーマンス自身が、興行開催までの批判や不安を払拭したといえるでしょう。

曲によっては、声が出ていないとか、楽器の演奏が劣ったものもあるとは思いますが、若い頃のようなボーカルやリードギター・プレイを期待するのは酷でしょう。70代中盤になっても他のバンドメンバーとの相性は抜群で、その演奏のアンサンブルが観客を魅了したことは間違いないでしょう。

日本武道館公演の興行自体には疑問符が付きましたが、それ以外、ドーム単体となれば、アメリカや南米公演が毎年行われているように、日本も再度公演を行い、感動をもたらすことはあり得るのではないか、と思います。

 

 

 

 

 

2017年4月23日(日)~4月30日(日)ポール・マッカートニー日本滞在記

2017年4月23日(日)~4月30日(日)までの約7日間にわたるポール・マッカートニーの日本滞在記は、以下のコンテンツに、日ごとに掲載しています。
コンサート開催日は、公演の様子と、セットリスト・写真も掲載しております。

【総まとめコンテンツ】

Paul’s stay in Japan

ポール・マッカートニーの日本滞在記。日ごとに掲載しています。
コンサート開催日は、公演の様子と、セットリスト・写真も掲載。


2017年4月23日(日)来日
2017年4月24日(月)日本武道館でリハーサル
2017年4月25日(火)日本武道館公演
2017年4月26日(水)オフ
2017年4月27日(木)東京ドーム公演1日目
2017年4月28日(金)オフ
2017年4月29日(土)東京ドーム公演2日目
2017年4月30日(日)東京ドーム公演3日目

 

2015年ポール・マッカートニー再来日公演 概括

2015年ポール・マッカートニー再来日公演 概括
昨年の公演中止を受けて、ポール自身のリベンジという意味も込めて開催された2015年の来日公演。2013年・2014年と同じツアー「OUT THERE TOUR」の一環として行われた日本公演、ファンの視点から簡単に振り返って、ここにまとめてみます。


【今回はポール自身が情報リーク?】

昨年2014年の公演ドタキャンは、ファンをはじめとして様々なところにショックを与えました。中止理由が釈然としない件は、ゴシップを扱う週刊誌やスポーツ新聞の格好のネタとなったばかりでなく、テレビ、一般紙をはじめとする各メディアにて大々的に報道されました。

中止のショックを考慮してか、ポールサイド、主催者のキョードー東京側は、ポールがツアーを再開した2014年7月頃から、再来日公演の実現に向けて交渉を行っていたようです。特に、キョードー東京の強い希望として、ビートルズが初めて、そして唯一の日本公演を行った日本武道館にて、ポール・マッカートニーのコンサートを行いたいというのがあったようで、2014年9月に、日本武道館の1公演のみ開催されるのではという噂が、ファンの間で飛び交いました。

結局、9月日本武道館公演は実現しなかったものの、再びポールが日本で再来日公演をするという噂は、出ては消え、出ては消えという状態を繰り返しました。

そこでポール自身が、12月5日に行われた新曲「Hope For The Future」のプレス向けインタビューで「来年日本へ行く」と発言し、さらに、12月10日に出演した米TV番組で「来年4月に日本に行く具体的なプランがある」と発言し、再来日公演は現実味を帯びました。ポール自身が事前リークしたとも言えるわけです。

20141207yukawa

20150102


【焼き直し発表】

150129tv_asahi 今年の1月29日の夕方、ポール・マッカートニー再来日公演が正式発表されました。開催日程の噂は数日前からファンの間で出回っていたものの、前回、前々回のようにインターネット上やファンクラブでは情報リークは起こりませんでした。

前回の来日から年度で考えると2年も経過し、また、昨年2014年ツアーも11月で終了し、約半年のブランクがあるため、別のツアーで発表されるのかとおもいきや、同じ「OUT THERE TOUR」として開催されることが発表されました。

韓国公演の発表は6日後の2月4日、日本武道館公演の発表は昨年ほど直前(開催10日前)ではないものの、3月20日と発表の約1か月半後、そして、公演のポスターや宣伝関係のチラシなども、特に日本武道館公演がそうだったように、昨年とほとんど同じデザインや宣伝方法だったことを考えると、本当に昨年の焼き直しコンサートだったように思われます。

ただ、国内は昨年のような野外会場は選ばれず、いずれも屋内公演に留まりました。


【なかなか当たらぬVIPチケット、クラウドサージはまあまあ、ビートルズクラブは抽選】

kyodo_vip_app

今回も、昨年・一昨年とほぼ同様のVIPチケットが発売されました。昨年・一昨年と異なったのが、今回は先着順販売がなく、抽選のみの取り扱いだったということ。さらに、一般チケットの発売前にVIPチケットも販売されたことから、一応、重複して購入しなくていいように配慮されたと言えます。

ただし、当選確率がかなり低く、また、主催者のキョードー東京も、重複申し込みを調査したようで、さらに、2013年と違って、申し込み数が増えた影響で、当選したファンが少なくなったようです。一方で毎日のように、VIPチケットがヤフーオークションに出品される状態でした。一般チケットもオークションに出品されていたのですが、それほど価格も高騰せず(それでも高いチケットは10万円台になりましたが)、そのかわり、このVIPチケットは40~50万円台で出品されていました。

ポール・マッカートニー公式サイト経由のクラウドサージでも、一般発売の2日前、2月26日にチケットが販売されました。大阪公演・東京公演とも、Aブロック(A2~A4あたり)・Bブロック(大阪公演ではど真ん中のB8ブロック、東京公演ではB9・B11ブロックなど)・Cブロックなどが販売されたようで、こちらは先着順で座席場所を選びながら購入できたので、まあまあといったところではないでしょうか。

国内のファンクラブ、ザ・ビートルズ・クラブでもチケットが販売されましたが、完全に抽選。初日4月21日(火)大阪公演と25日(土)東京公演の申し込み数が予定よりも多かったようで、落選する方も出ました。座席場所は完全に抽選で、スタンド席も多く、あまりいい席は充てがわれなかったようです。

一般販売のチケットについては、2013年、2014年同様、五月雨式のチケット販売となりました。つまり、一般発売の前に先行予約を数回行い、他にチケットを購入できる機会があるにも関わらず、先行販売の抽選で落としたりするやり方です。それぞれの先行予約に割り当てている枠を限定しているため、このような方法になるのでしょうが、購入者の焦燥感を煽るチケット販売方法は、今年もとられました。

※先行発売でも、これだけの販売方法が取られました。
①最速抽選先行
2015年1月29日(木)18:00~2月8日(日)23:59(S席のみ)。
②いち早プレリザーブ
2015年2月9日(月)11:00~2月12日(木) 11:00
③プレリザーブ
2015年2月10日(火)11:00~2月17日(火)23:59
④先行抽選2次受付
2015年2月18日(水)11:00~2月26日(木)11:00
⑤一般発売
2015年2月28日(土)10:00~


【日本武道館チケットは昨年と同じ対面販売、抽選の内容が明らかに】

150322TVasahi03 日本武道館公演の開催は3月20日(金)の朝4時に発表され、翌日の21日(土)の朝10時から対面販売が開催されました。

発表の朝から並んだファンはいたのですが、昼前に整理券が配られたようで、昨年に比べ早く、現場での混乱もなかったようです。

今回は、対面販売ではSS席(10万円)が列最後の方でも買えたようで、B席(4万円)に人気が集中し、対面販売では途中で売り切れたようです。

150320nikkei01 クラウドサージでも日本武道館チケットが販売されましたが、S席以外、ほとんど買えなかったようです。チケットぴあでの販売分、当選確率は高かったようで、また、4月に入ってからは、抽選でなくとも購入できました。そのため、並んで買ったファンや抽選に落とされたファンからは批判の声が上がりました。

チケット代金については、昨年と同じ驚愕の値段(SS席10万円からB席4万円まで)で、こちらについても昨年と同様、批判の声が上がったと同時に、それだけの価値があると考えるファンが多かったのも事実です。

当初に販売されたチケットは「座席番号入りチケット引換券」。座席指定チケットへの引き換えは、公演2日前の4月26日に開始されました。そこで武道館チケットの全貌が明らかになりました。座席位置は完全に抽選、購入者自らが抽選を行うものです。自ら選択するという方法を選んだ主催者も賢明だと言えるでしょう。

budokan_ticketpia


【にわか追っかけファンの増加、マナー低下】

paul150420_34 ポール・マッカートニーは2015年4月20日(月)早朝に関西国際空港から来日しました。空港に集まったファンは約500人と報道され、2013年の1000人に比べれば少なかったのですが、ポールを写真に収めようするファンはもとより、ギターやウクレレにサインをもらおうとするファンも多く、ポール側に強引に駆け寄ろうとするファンもおり、空港は大混乱となりました。中には倒れたギターで負傷した方もいたようです。そういった混乱をよそに、子供にサインするポールもお茶目なのですが…
ポール一行が宿泊していたリッツ・カールトン大阪やペニンシュラホテル(東京)にも多くのファンが集まり、土・日には、にわかファンも含めて、500人ほどのファンがホテルを取り囲みました。そのため、ホテル側もファンをホテルの敷地内に立ち入ることを断ったりしましたが、そういったホテル側の対応に激怒し、警察沙汰となったファンもいたことも事実です。
また、離日した5月1日、宿泊していたホテルを発つポールを一目見ようとしたファンが将棋倒しになり、この日もけが人が出たようです。
遠くからポールを見守るという2013年のファン達のマナーを守らず、我先にと、サインや写真目当てにポールに突進しようとする一部もファンもおり、相対的に、前回・前々回よりもファン側のマナーが悪くなってしまったようです。
※マナーを守っていた方も大勢いらっしゃいました。

DSC00534


【セットリストはほぼ同じ、ポール少し集中力を欠く?】

2015.4.25東京公演本編12

一年越しでの再来日が実現したポール・マッカートニー。同じツアーでの来日なので、セットリストが大幅に変わらないことが予想されたのですが、2年前のコンサートと変わったのは2~3曲となりました。日によって1~2曲のチェンジを加えたのですが、今回の来日で前回演奏されなかった曲は、Magical Mystery TourとCan’t Buy Me Loveの2曲に留まりました。(日本武道館公演を除く)
間奏のMCはタイミングと内容がほとんど同じでしたが、「ユウゲンジッコウ」「セッコウチョウ」など、新しい日本語が飛び出すなど、ファンを喜ばせました。

ポールの声の調子、バンドの演奏レベルは、年齢的なものを考慮しないとすると、前回の来日同様、素晴らしいものとなりました。前回同様、40曲弱の歌を水を一滴も飲まずに歌うポールに絶賛の声があがりました。
一方、ポール自身の演奏は、少し集中力を欠く場面が見られました。Blackbirdはポール1人の弾き語りですが、毎回、ギター演奏がもつれそうになりました。また、ポール自身風邪をひいていたという4月25日は、Jetの演奏で終盤間違ったこともありました。


【ファンクラブ】

2013年の来日公演では、サウンドチェックのスタッフ側に、日本ローリング・ストーンズファンクラブの会長・スタッフがおり、また、最前列中央ブロックに彼らが調達したサクラの女性が陣取るなど、話題となりました。
今回のサウンドチェックにも、日本ローリング・ストーンズファンクラブの会長池田祐司氏の姿が見られたのですが、会場内でのカメラチェックなどを行っていることはなく、目立たないようにしていたようです。
一方、国内のファンクラブ「ザ・ビートルズ・ファンクラブ」(BCC)のスタッフは、2013年の時は、サウンドチェックのBCC専用受付に座っていたようですが、今回は、運営陣側としては見かけることはありませんでした。


【グッズ販売は大盛況、一部値上げしたグッズも】

今回もツアー公式グッズが会場の特設ブースで販売されました。2013年の来日公演の時も大好評だったツアーグッズ、ツアー名称が同じで、似たようなデザインのグッズが多い中、今回は各公演の限定グッズとして、場所と日程が記載されたTシャツに加え、リトグラフも販売され、販売ブースは、開場前から長蛇の列ができました。
前回のツアーの時に比べ、値上がりしたグッズも多かったです。キーホルダーは1500円から2000円、リトグラフは1500円から2000円、トートバッグは1500円から2000円など。
今回のグッズで人気があったのはランチボックスで、早々に売り切れていたようです。各公演限定のリトグラフも人気があったようです。

DSC00926

Fukuoka429Jash


【伝説?の日本武道館公演】

チケット代の高さと、49年前にビートルズの来日公演が行われたということで話題となった4月28日(火)の日本武道館公演。昨年は日本ツアー自体が中止となって日本武道館公演も中止となったのですが、今年、ついに実現しました。

49年前のビートルズ日本武道館公演の内容を踏まえたコンサートになるのでは、という噂(期待といった方がいいのでしょうが)がありましたが、ポールの公演自体は、特にビートルズの公演内容を踏襲したものではなく、特別な選曲を加えたものとなりました。また、ポール自身が「Special Concert」と言及した他の公演(同年2月14日のニューヨークで行われたバレンタインコンサートなど)と同じように、通常のツアーのセットよりも少しだけ短縮されたセットリストとなりました。

一方で主催者側は、特別なコンサートとするべく、いろいろな仕掛けを用意しました。観客のみならずポール自身にも感動を与えた「光るリストバンド」、武道館の通路に掛けられたビートルズ日本公演の時の写真など。

そういった主催者側の準備に時間がかかったのか、開場時間が当初予定よりも2時間以上遅れ、入場のために長蛇の列ができるなど、主催者側の不手際も目立ち、批判の対象となりました。

しかしながら、高額チケットを買うような熱心なファンが多く集まった公演ということで、会場の盛り上がりは日本公演の中でも最高のものとなりました。DSC01192 DSC00980 DSC00988

アリーナ・スタンド南側1階の座席が10万円、このような高額な値段にも関わらず、特別なお土産・グッズなどは特に何も配布されず、「光るリストバンド」も終演後は回収、通常高くても2万円も上回らないような公演内容だったため、「ポール・マッカートニー日本武道館公演は10万円の価値があったのか」という議論は、公演が終了したあともしばらく続きました。
価値観は人ぞれぞれというところもあり、一概に判断はできないと思いますが、そういったところも含めて、話題となった公演でした。

ポール自身は公演内容に大満足したようで、2日後の4月30日に、個人的に再び日本武道館を訪問しています。


【ポールは、オフ日はほとんど休養】

前回2013年の日本ツアーでは、相撲を観戦したりと日本滞在中もオフを満喫したポール。今回の日本滞在では、途中で風邪をひいた影響もあり、オフ日は休養に専念していたようです。
そのような中でも、宿泊していたホテル、ペニンシュラ東京のすぐ近くにある日比谷公園で、妻のナンシーとサイクリングする姿が目撃されたいたようです。4月30日の日本武道館訪問も自転車で行ったようで、幾度と街中のサイクリングを楽しんでいたようです。

paul_am01 paul_am02
※アムステルダム市内でサイクリング中のポール(6月上旬)


【韓国ソウル公演】

DSC01296 DSC01436

日本を含むアジアツアーの一環として5月2日に開催された韓国ソウル公演。
こちらは、日本公演よりもVIPチケットを含むチケットが購入しやすかった、日本ではなかった野外公演ということもあって、多くの日本人が見に行きました。

公演の主催は現地韓国の会社(Live NationとHyundaiグループ)ですが、日本公演に比べて、主催者によるホスピタリティは高かったようです。
会場の入場口付近にInformationコーナーを設けたり、会場案内が混乱しないように、赤・黄などのカラーの舗装やカラーTシャツを来たスタッフが案内、雨に備えてレインコートを全員配布など。DSC01639

また開催前の話ですが、日本に比べてチケットの販売方法が欧米並みに明瞭(座席位置によって明確に分かれた価格設定、座席位置を確認しながらの購入など)だったことも好評でした。しかし、オリンピックスタジアムの座席分のチケットを売り切るのに主催者側は苦労したようで、Hyundaiグループの社員にチケット販売ノルマが課せられていた、という噂もあります。

公演内容は日本のドーム公演のものとほとんど同じでしたが、コンサートに来ていた現地の韓国人の方々が若く、日本武道館に負けず劣らずの盛り上がりとなり、韓国のメディアでは、南米公演に匹敵する盛り上がりと称されました。

ポール自身は、何故か公演以外では、極力ソウルでの滞在を少なくするようにしていたようで、コンサートの前日5月1日の夜にソウル着、コンサート終了後翌日5月3日の早朝には、既にソウルを発っていたようです。


【後日談】

昨年(2014年)の出来事を完全に打ち消すことができた今回の日本・韓国の一連の公演に、ポール自身も気を良くしているようで、また、多くのファンがチケットやグッズ購入に大枚を叩いたということもあって、再度、日本公演が実現するかもしれないという噂がちらほら・・・ 単なるファンの希望の集まりの結果かもしれませんが・・・

(c)Jash http://pmccartney.com

 

2015年4月20日~5月1日 日本公演・滞在記

2015年4月20日(月)~5月1日(火)までの約10日間にわたるポール・マッカートニーの日本滞在記は、以下のコンテンツに、日ごとに掲載しています。
コンサート開催日は、公演の様子と、セットリスト・写真も掲載しております。

【総まとめコンテンツ】

http://pmccartney.com/2015japan/pauls-stay-in-japan/

【各日の滞在の様子】

 

チケットが当たるキャンペーンなど

明後日4月21日(火)京セラドーム大阪から始まるポール・マッカートニー日本公演を控えて、日本公演のチケットが当たるキャンペーンが複数実施されています。

まずは、ポール・マッカートニー公式ツイッターアカウント(日本)。初めての大阪公演の年を当てれば、今回の大阪公演のチケットが当たるようです。

続いて、ポール・マッカートニーが支持している動物愛護団体の「アニマルライツセンター」。東京公演のチケットが当たります。以下にその内容を転記します。

【「肉無し月曜日」をサポートする理由を書いて、ポール・マッカートニーのライブチケットを手に入れよう。】

このたび私たちアニマルライツセンターは標記イベントを開催することになりました。

ポール・マッカートニー氏から、日本のMeat Free Monday(肉無し月曜日)運動を応援するため、「ポール・マッカートニー アウト・ゼア ジャパン・ツアー2015」のチケットの寄付をいただいております。

つきましては、締め切りが迫っておりますが、皆様にふるってご応募いただきたいと、ご連絡させていただきました。
詳細は下記のとおりとさせていただきますので、何卒よろしくお願い申しあげます。

応募期間:2015年4月17日~2015年4月21日16:00

応募条件:Meat Free Monday(またはEveryday)を支持し、実践していること。18歳以上の方

賞品:ポール・マッカートニー 「アウト・ゼアー ジャパン・ツアー2015」チケット6組12名様
※東京公演 2015年4月25日、27日、28日

応募サイト
http://www.arcj.org/meatfreemonday/

※最新情報は、Jashの「ザ・ビートルズ最新ニュース twitter」や、
Facebookページ「ザ・ビートルズ最新ニュース」の方で、いち早くお届けします。

(c)Jash http://pmccartney.com

ポール・マッカートニー、4月20日(月)朝6時台に、関西国際空港より来日予定

4月21日(火)大阪公演を皮切りに日本ツアーを行うポール・マッカートニーが、4月20日(月)朝6時台に、関西国際空港より来日予定であることが、ユニバーサルミュージック日本(ポール・マッカートニーのアルバムの日本での販売元)のツイッターで明らかにされました。

インターネット上では、朝6時40分頃に到着予定であるという噂が流れています。

ポール・マッカートニーは、米時間18日(土)にクリーブランドで開催されるロックの殿堂(Rock And Roll Hall Of Fame)に、リンゴ・スターのプレゼンターとして出席予定であると伝えられており、式典終了後に直接日本に向かうと言われています。

2015年4月28日(火)日本武道館公演 正式発表

昨年(2014年)も企画され、今年の再来日公演でも噂されていたポール・マッカートニーの日本武道館公演が2015年4月28日(火)(18:30開演)に開催されることが、3月20日(金)午前4時にツアー公式サイトにて正式発表されました。

2015budokan_site

チケットの額面は、昨年企画されていたものと同じです。

SS席10万円(アリーナ・1階南スタンド)
S席8万円
A席6万円
B席4万円
C席2100円(25才以下限定抽選)

販売は、対面販売と抽選販売の2種類が用意され、対面販売は全国キョードーグループで3月21日(土)朝10時から販売開始で先着順、抽選販売はチケットぴあにて取り扱い、3月20日(金)4:00~3月25日(水)23:59まで受け付け、3月27日(金)18:00頃抽選結果発表です。
また、ポール・マッカートニー公式サイトでも、3月21日(土)朝10時から前売り(プレセール)が始まると予告されています。

【対面販売】
場所:全国キョードーグループ
http://outthere-japantour.com/budokan/place.php#hanbaijo

チケット販売詳細については、公式サイトまで→http://outthere-japantour.com/budokan/ticket.php#gaiyo

【抽選販売】
チケットぴあ
http://ticket.pia.jp/pia/ticketInformation.do?lotRlsCd=63488

【ポール・マッカートニー公式サイト】
http://www.paulmccartney.com/news-blogs/paul-gets-back-to-the-budokan

なお、前売りチケットは「座席指定引換券」とのこと。全て「座席番号入り特別チケット」への引換が必要で、4/26(日)・4/27(月)東京ドーム、4/28(火)日本武道館にて行われます。座席位置は引き換え先着順ではないようです。

この日本武道館は、全国紙に一面広告として掲載されており、正式発表の午前4時よりも前に新聞を手にした方々がいたようです。

また、噂を聞きつけた熱心なファンは、前日3月19日(木)の晩から、キョードー東京(表参道)前に集まり、列をつくっているようです。

以下、ポール・マッカートニーからのコメントです。

It’s very exciting to be returning to the Budokan because it is a very special place and was the first place we played in Japan. There was a lot of controversy at the time but I now know that it is a regular venue for a lot of people. But for me it has a very special place in my memory.

「武道館に戻ることができて、最高にうれしいよ。とても特別な会場だし、僕たちが日本で初めて演奏した舞台でもあるしね。当時は様々な議論が沸き起こっていたけど、今では多くのアーティストがここで公演を行っていると知った。でも僕にとってはいつまでも大切な思い出の場所なんだ。」

【各報道機関のニュース】

●WEBニュース

ポール、武道館で4月に公演 ビートルズ以来49年ぶり

朝日新聞
元ビートルズのポール・マッカートニーさんが4月28日に東京・日本武道館で追加公演を行う。主催のキョードー東京が発表した。武道館公演は、1966年のビートルズの来日公演以来49年ぶり。昨年5月に一度予定されていたが、来日直後に体調を崩して中止になっていた。

ポール、49年ぶり武道館へ…2100円席も

BIGLOBEニュース
来日公演を行う歌手のポール・マッカートニーさん(72)が、4月28日に東京・日本武道館でもコンサートを行うことが決まった。 キョードー東京が20日付で発表した。マッカートニーさんにとって、ビートルズ時代の1966年以来、49年ぶりの武道館公演。料金は4万〜10万円 …

ポール、49年ぶり武道館へ…2100円席も 2015年03月20日 07時05分

読売新聞
来日公演を行う歌手のポール・マッカートニーさん(72)が、4月28日に東京・日本武道館でもコンサートを行うことが決まった。 キョードー東京が20日付で発表した。マッカートニーさんにとって、ビートルズ時代の1966年以来、49年ぶりの武道館公演。料金は4万~10万円 …

ポールさん武道館公演決定=ビートルズ以来49年ぶり[時事]

ガジェット通信
4月下旬に東京、大阪での公演のため来日する元ビートルズメンバーのロック歌手、ポール・マッカートニーさん(72)の日本武道館公演が4月28日に決まったことが19日発表された。 武道館は1966年6、7月にビートルズが来日公演を行った場所。49年ぶりに同じ舞台に立つ …

ポール・マッカートニーの来日公演チケット、またも強気の10万円で販売

IRORIO(イロリオ) – 海外ニュース・国内ニュースで井戸端会議
49年ぶりに東京・日本武道館で公演を行う。ポールが武道館のステージに立つのは1966年6月30日にビートルズのメンバーとして初来日公演を行って以来になる。 武道館公演は昨年5月21日に予定されていた。だが、ポールが来日直後に体調を崩したため、同17日の国立競技 …

ポールさん、4月に武道館で公演 初来日以来、49年ぶり

岐阜新聞 
元ビートルズのポール・マッカートニーさん(72)が、東京・日本武道館で4月28日に公演を行うと、招聘元のキョードー東京が20日、発表した。マッカートニーさんの日本武道館公演はビートルズが来日した1966年以来49年ぶりとなる。 4月21日から東京や大阪で開かれる来日 …

49年ぶり!ポールが4・28武道館

デイリースポーツ
元ザ・ビートルズのポール・マッカートニー(72)が、4月28日に東京・日本武道館でコンサートを開くことが19日、明らかになった。 昨年5月にも同所で公演する予定だったが、体調不良のため中止に。今回実現すれば、1966年にビートルズが武道館を初めてコンサートで使用して …

ポール4・28武道館“リベンジ公演”決定 49年ぶり伝説の地

インフォシーク
ポール・マッカートニー(72)が来月28日に、49年ぶりの東京・日本武道館公演を行うことが決まった。昨年の来日時にも予定され、ビートルズ時代の1966年以来と話題を呼んだが、ウイルス性炎症による体調不良で全公演が中止になった。 チケットは25歳以下対象のC席 …

ポール・マッカートニー、4・28リベンジ武道館 今回も10万円席販売

徳島新聞
昨年5月、急病のため来日4公演をすべて中止した元ザ・ビートルズのポール・マッカートニー(72)が、4月28日に東京・日本武道館公演を行うことが19日、わかった。ポールが武道館のステージに立つのは1966年6月30日にビートルズのメンバーとして初来日公演を行って以来、 …

ポール・マッカートニーさん:4月28日に武道館で公演

毎日新聞 
元ビートルズのポール・マッカートニーさん(72)が、東京・日本武道館で4月28日に公演を行うと、招聘元のキョードー東京が20日、発表した。マッカートニーさんの日本武道館公演はビートルズが来日した1966年以来49年ぶりとなる。 4月21日から東京や大阪で開かれる来日 …

ポール、4・28武道館決定!昨年5月中止の“リベンジ”公演

サンケイスポーツ 
元ビートルズのポール・マッカートニー(72)が4月28日に東京・日本武道館公演を開催することが19日、分かった。同所に立つのは1966年にビートルズとして初来日公演を行って以来、49年ぶりで「武道館に戻ることができて最高にうれしいよ」と喜んでいる。 4月21日から …

ポールさん、4月に武道館で公演

福井新聞 
元ビートルズのポール・マッカートニーさん(72)が、東京・日本武道館で4月28日に公演を行うと、招聘元のキョードー東京が20日、発表した。マッカートニーさんの日本武道館公演はビートルズが来日した1966年以来49年ぶりとなる。 4月21日から東京や大阪で開かれる来日 …

ポールさん武道館公演決定=ビートルズ以来49年ぶり

ウォール・ストリート・ジャーナル日本版
4月下旬に東京、大阪での公演のため来日する元ビートルズメンバーのロック歌手、ポール・マッカートニーさん(72)の日本武道館公演が4月28日に決まったことが19日発表された。 武道館は1966年6、7月にビートルズが来日公演を行った場所。49年ぶりに同じ舞台に立つ …

SS席10万!ポール49年ぶり武道館 今度こそ

BIGLOBEニュース
ポール・マッカートニー(72)が4月28日に東京・日本武道館公演(日刊スポーツ新聞社など後援)を行うことが19日、決定した。ザ・ビートルズが初来日した1966年(昭41)以来、49年ぶりに、再び武道館のステージに立つ。 武道館公演は昨年5月21日に予定されていた。

〈速報〉SS席10万!ポール49年ぶり武道館 今度こそ

asahi.com
ポール・マッカートニー(72)が4月28日に東京・日本武道館公演(日刊スポーツ新聞社など後援)を行うことが19日、決定した。ザ・ビートルズが初来日した1966年(昭41)以来、49年ぶりに、再び武道館のステージに立つ。 武道館公演は昨年5月21日に予定されていた。

※最新情報は、Jashの「ザ・ビートルズ最新ニュース twitter」や、
Facebookページ「ザ・ビートルズ最新ニュース」の方で、いち早くお届けします。

(c)Jash http://pmccartney.com

2月下旬のチケット販売状況

2月28日(土)のポール・マッカートニー2015年日本公演チケット一般販売に先駆けて、前売り先行予約チケットやキャンセル分のチケットの販売が行われました。

■前売り先行予約

前売り先行予約は、今回の公演チケットを取り扱っているメインのプレイガイド、チケットぴあを始め、ローソンチケット、イープラス、CNプレイガイドでも行われました。いずれも期間は2月28日の一般発売より前で、2月中旬~下旬のところが多かったようです。
チケットぴあでは、前回・前々回の公演と同様、最速抽選先行、いち早プレリザーブ、プレリザーブ、先行抽選2次受付と4回もの先行発売が行われました。

また、FM局を中心とする番組内先行販売も行われました。今回のツアーの後援にも名を連ねている放送局が前売り先行販売を行っていたようです。前売りを扱っていたところは、TOKYO FM、InterFM、J-WAVE、、FMヨコハマ、FM NACK5、FM802、FM COCOLOなどです。

■公式サイト経由(クラウドサージ)先行販売(プレセール)

crowdsurge3

2013年、2014年の日本公演に引き続き、今回も、ポール・マッカートニー公式サイト経由でのチケットプレセールが行われました。販売は海外チケット取扱業者の「クラウドサージ(Crowd Surge)」が行いました。2月22日にポール・マッカートニー公式サイトにて発表され、2月26日(木)午後6時(日本時間)より販売開始されました。販売開始当初は、事前にポール・マッカートニー公式サイトにメールアドレスを登録した者のみアクセス可能となっていました。

http://www.paulmccartney.com/news-blogs/news/out-there-japan-tour-2015

クラウドサージでの販売は、事前に座席場所を確認しながらの購入が可能で、販売開始時間きっかりにアクセスすると、アリーナ前方ブロックのチケットも購入できたことが特徴です。販売開始当初は、大阪公演・東京公演とも、Aブロック(A2~A4あたり)・Bブロック(大阪公演ではど真ん中のB8ブロック、東京公演ではB9・B11ブロックなど)・Cブロックなどが販売されたようです。

また、クラウドサージ販売では、各公演の座席位置図が画像で表示されるため、このクラウドサージでの販売をもって、各公演の座席ブロック位置図が明らかとなりました。

※大阪公演の座席ブロック位置図

20150421osaka

※東京公演の座席ブロック位置図

20150423tokyo

 ■VIPチケット

ポール・マッカートニーのコンサートでは恒例となったVIPチケット、今回の日本公演でも、昨年・一昨年の公演と同様に、販売が行われました。第1回の販売は抽選で、キョードー東京のサイト・電話及びザ・ビートルズ・クラブでのサイト(会員限定)で受け付けられ、2月17日(火)に当落発表、若干のキャンセル分が、2月21日(土)午前10時からキョードー東京のサイトで受け付けられましたが、あっという間に完売したようです。
なお、VIPチケットは、各公演約250席販売されているようです。

※3月8日現在、主催者キョードー東京によるVIP販売ページは削除されています。
http://outthere-japantour.com/sc_e.html

販売元SLO VIP Serviceのサイトには、まだ残されているようです。
https://slotix.com/tours/paul-mccartney/out-there-in-asia/

■一般発売

今回の公演チケットの一般発売は、2月28日(土)午前10時から行われました。初日大阪公演と唯一の週末公演4月25日(土)東京公演の人気があったようで、S席は数分で売り切れたようです。(サイトを除くと、数時間後に一瞬だけS席が購入できたりと、バラバラのような気もしましたが・・・) S席はほとんど、スタンド席が販売されていたようです。

また、大阪公演のS席は、「注釈付きS席」(舞台や演出の一部が見えにくい席)や「バルコニーS席」も販売されました。

http://t.pia.jp/feature/music/paulmccartney/

3月8日現在、大阪公演の注釈付きS席、バルコニーS席、4月23日・27日東京公演S席・A席は、まだ購入可能なようです。

■ファンクラブ(ザ・ビートルズ・クラブ)

ファンクラブ(ザ・ビートルズ・クラブ)会員限定のチケットは、一般発売前の1月29日から2月3日まで申し込みが受け付けられ、4月23日・27日東京公演のみ、2月17日から26日まで2次受け付けが行われました。3月3日の週に、ザ・ビートルズ・クラブ向けにチケットの納品が行われたようです。3月8日現在、会員向けへの配送はまだ行われていません。

http://www.i-bcc.jp/paul/shipping/index.html

(c)Jash’s Paul McCartney Page http://pmccartney.com

ぴあ先行チケット、VIPチケットの当落発表

kyodo_vip_app

2月28日(土)からの一般発売を前に、1月29日(木)から発売されたチケットぴあの最速抽選先行・いち早プレリザーブの当落結果が2月14日(土)に、VIPチケットの当落発表が2月17日(火)に行われました。

■チケットぴあの最速抽選先行・いち早プレリザーブ (2月14日 18:00頃)

当選確率は前回・前々回の来日公演に比べ、非常に高かったようです。前回・前々回はこの段階で5割前後の当選確率だったものの、今回は各公演とも落選者が少なかった模様。ただし、4月25日(土)は唯一の週末公演のため人気が集中したようで、落選者も比較的多かったようです。

■VIPチケット (2月17日 10:00頃)

今回の公演のVIPチケットは、前回・前々回と同様、キョードー東京のチケットサイトとザ・ビートルズ・クラブ(BCC)の専用サイト(会員限定)の2経由で発売されました。

キョードー東京のチケットサイトは、「希望公演選択」「複数公演選択」の2つが選べましたが、BCCのサイトからは、希望する公演全てを申し込むことができました。

VIPチケットは8~9万円でアリーナブロックの最前列もしくは中央ブロックの数列目の座席を購入できるばかりでなく、本番前のリハーサル(サウンドチェック)も見られるということで人気が高く、当選確率はかなり低いものとなりました。正確な当選確率は発表されていないので分かりませんが、SNSなどの当落報告を見ると、10%以下だったのではないでしょうか。

BCC会員向けのVIPチケットについても、当選確率は低いものとなりましたが、BCCのインター会員の当選確率は比較的高かったようです。

bcc_vip申し込み

VIPチケットの詳細発表

2015年2月6日(金)の午後6時頃に、キョードー東京の日本ツアー公式サイト、VIPチケットを取り扱っている会社「SLO VIP Service」のサイト及びファンクラブ「ザ・ビートルズ・クラブ」の3つのサイトにおいて、VIPチケットが今回の公演も販売されることが発表されました。

VIPチケットの申し込みは、日本ツアー公式サイト及びザ・ビートルズ・クラブ(会員のみ)の2種類がありますが、いずでも先着順ではなく抽選となります。受付期間は2月11日(水・祝)午前10時~2月5日(日)23:59、当落の発表は2月17日の予定です。

一昨年2013年及び2014年の公演と同様、「VIP #1(Front Row Package)」「VIP #2(Hot Sound Package)」「サウンとチェック参加券(Soundcheck Package)」の3種類が発売されます。

●VIP #1(Front Row Package)
サウンドチェック参加、ツアーグッズ+ツアーパス、本番最前列(アリーナ最前ブロック端)

●VIP #2(Hot Sound Package)
サウンドチェック参加、ツアーグッズ+ツアーパス、本番3~7列目(アリーナ最前ブロック中央)

●サウンとチェック参加券(Soundcheck Package)
サウンドチェック参加、ツアーグッズ+ツアーパス

vip_seat

緑色がVIP #2、青色がVIP #1の本番の座席です。

発表当日の午前中、VIPチケットを取り扱っている会社SLO VIP Serviceのサイトに、2月6日(金)午後6時から販売というアナウンスが掲載されたため、ファンの間では事前予告なしにVIPチケットが販売されるのではという噂がたちましたが、販売ではなく発表の日時でした。

150206slo

なお、5月2日(土)韓国ソウル公演のVIPチケットは、2月10日(火)午後6時から発売予定と予告されています。内容は、日本公演のVIP#1、VIP#2に加えて「Preshow hospitality」が加わっています。

150502korea_long7

以下、日本公演VIPチケットに関して、主催者キョードー東京のツアー公式サイトより引用。詳細は主催者ツアー公式サイトを御覧ください。

日本語版 http://outthere-japantour.com/sc_j.html
英語版 http://outthere-japantour.com/sc_e.html


サウンドチェック参加券

サウンドチェック参加券とは?

“サウンドチェック”とは、通常、本番前にバンドが、楽器のチェックや軽いリハーサルを行うもの。
しかし!ポールと彼のバンドのそれは違います。
約1時間たっぷりと、リラックスした雰囲気ながらも、本番さながらの演奏が繰り広げられます。
しかもその内容は、その日・その都市に行ってみないとわからない!
本編では演奏されない、貴重な楽曲が聴けるかも!?
そんな貴重な演奏を、ステージからほど近い場所から、まるで小規模なライヴ・ハウスにいるような感覚で味わえる….
まさに一生モノの貴重な体験をご提供するのが、この参加券です。

※アリーナ内、当日指定するエリアからのご観覧となります。
※”サウンドチェック”は、本公演より前に、本公演とは別途行われるものです。

サウンドチェック参加券に含まれるもの
○サウンドチェック参加券
○オフィシャルツアーグッズ1点
○特別ラミネートパス
○会場係員によるご案内

※本公演本体のチケットは含まれておりません 。
(既に、本公演のチケットをお持ちの方のみ、ご購入できる券になります)。

対象公演

2015年
4月21日(火) 大阪:京セラドーム大阪
4月23日(木) 東京:東京ドーム
4月25日(土) 東京:東京ドーム
4月27日(月) 東京:東京ドーム

購入条件
○本公演のチケットをお持ちの方のみ購入可能です。

○サウンドチェックに参加出来る日程は、お持ちのチケットの公演日と同じ日程のみとなります(例:4月21日のサウンドチェック参加券購入ご希望の場合、4月21日の本公演チケットをお持ちであることが必要となります)。

料金
67,000円(税込)
※別途、本公演本体のチケットが必要となります。

申し込み方法
受付期間
2/11(水・祝)10:00AM~2/15(日)23:59 (抽選となります)
当落のご連絡
2/17(火)10:00AM(予定)
お支払い期間
当選のご連絡〜2/19(木)23:59まで

<お電話でのお申し込み>

キョードー東京 0570-550-799(平日11:00〜18:00、土日祝10:00〜18:00)
*ご購入枚数上限は「1公演・1枚」まで(すなわち、お申し込みされるご本人の分のみ)となります(WEB・電話共通)。

当日スケジュール
※詳細及び確定スケジュールは、4月初旬を目安にお送り致します。
なお、サウンドチェックは各本公演の開場時間(16:30予定)より前に行われますため、13:00~16:30の間にご都合がつく方のみご参加いただけます。予めご了承ください。

注意事項
・1枚につき1名様入場可能です。
・必ず来場される方がお申し込み下さい。
・当日、申込者の写真付き身分証明証の確認がありますのでご持参下さい。
・申込者以外の方のご入場は出来ませんので、必ずご参加される方がお申し込み下さい。(お申し込み後のお名前の変更は出来ません。)
・指定されたエリアでのご鑑賞となります。
・録音・録画、及び望遠レンズ付きの高機能のカメラでの撮影は一切禁止致します。
・サウンドチェック参加券のチケットをお持ちでも、本公演チケットがない場合にはご入場をお断り致します。
・サウンドチェックは各本公演の開場時間(16:30予定)より前に行われますため、13:00~16:30の間にご都合がつく方のみご参加いただけます。予めご了承ください。


「サウンドチェック参加券」と、公演本体のチケットを組み合わせたパッケージをご用意しました。

VIPパッケージ#1(FRONT ROW PACKAGE)

本パッケージに含まれるもの
○本公演チケット(S席、ステージ両側の最前ブロック1列目)
※ステージ及び座席レイアウトの形状により、座席番号の「1列目」が存在しない場合がございます。その場合でも、該当ブロックの「1番前の列」となります。
○サウンドチェック参加券(詳細は上記をご覧下さい)
○オフィシャルツアーグッズ1点
○特別ラミネートパス
○会場係員によるご案内

料金
93,500円(税込)

申し込み方法
受付期間
2/11(水・祝)10:00AM~2/15(日)23:59 (抽選となります)
当落のご連絡
2/17(火)10:00AM(予定)
お支払い期間
当選のご連絡〜2/19(木)23:59まで

<お電話でのお申し込み>
キョードー東京 0570-550-799(平日11:00〜18:00、土日祝10:00〜18:00)
*お申し込み1回あたりのご購入枚数上限は「1公演・2枚」までとなります(WEB・電話共通)。

VIPパッケージ#2(HOT SOUND PACKAGE)

本パッケージに含まれるもの
○本公演チケット(S席、ステージ正面最前ブロックの3列目〜7列目)
※ステージ及び座席レイアウトの形状により、座席番号が「3列目〜7列目」とならない場合がございます。その場合でも、該当ブロックに実質的に存在する「前から数えて3番目〜7番目の列」となります。
○サウンドチェック参加券(詳細は上記をご覧下さい)
○オフィシャルツアーグッズ1点
○特別ラミネートパス
○会場係員によるご案内

料金
83,500円(税込)

申し込み方法
受付期間
2/11(水・祝)10:00AM~2/15(日)23:59 (抽選となります)
当落のご連絡
2/17(火)10:00AM(予定)
お支払い期間
当選のご連絡〜2/19(木)23:59まで

<お電話でのお申し込み>
キョードー東京 0570-550-799(平日11:00〜18:00、土日祝10:00〜18:00)
*お申し込み1回あたりのご購入枚数上限は「1公演・2枚」までとなります(WEB・電話共通)。