ポール・マッカートニーのファンサイト(非公認)。ポール・マッカートニーやビートルズの最新ニュース、アルバム・楽曲の解説、ライブ・ツアー記録、新譜・テレビ放送等。

ポール・マッカートニー日本滞在記 2013年11月19日(火) 東京公演2日目 by JASH

ポール・マッカートニー日本滞在記 2013年11月19日(火) 東京公演2日目 by JASH


今日のポール・マッカートニー、16:15頃に東京都内に宿泊しているホテルを出発し、東京ドームに向かったようです。都心駅近のホテルに宿泊しているせいか、出待ちのファンは十数人程度だったものの、出発時には野次馬が多く集まり、200人くらいになったようです。

BZbqiPvCYAILK9G @Eriiri7 さん撮影
BZarAgPCQAE2MbD@dancedoll_ さん撮影
BZaqpRRCIAAFB-o@ishiharusuper さん撮影

サウンドチェック開始は大幅に遅れて、17時前になったようでした。17:45頃にサウンドチェック終了。18:00過ぎに開場しました。サウンドチェックが遅れたお詫びに、スタッフから参加者全員にピックが配られたようです。

ポール・マッカートニーの東京ドームへの到着が遅れたのは、ケネディ大使のパレードがあったからみたいです。ポール自身が、サウンドチェックのステージ上で説明しました。

当日券売り場やグッズ売り場、長蛇の列ができていたようです。

BZcLxjCCAAAkz9L@koisummer_pub さん撮影

BZaaoZ-CYAEhfzg@koisummer_pub さん撮影

サウンドチェックの曲目

1.On My Way To Work (ポールが登場する前に、バンドだけで入念に練習)

Gibson Les Paul
2.Honey Don’t
3.Blue Suede Shoes

Hofner Guitar
4.Flaming Pie
5.Highway

Piano
6.Whole Lotta Shakin’
7.Don’t Let The Sun Catch You Crying

Martin D28 Acoustic Guitar
8.Midnight Special

Ukulele
9.Leaning On A Lamppost
10.Ram On

Gibson 12-String Guitar
11.Alligator
12.San Francisco Bay Blues

Epiphone Texan
13.Bluebird

Magic Piano
14.Lady Madonna (short version)

本編のコンサートは、19:20頃始まり、22:00頃終了しました。前日に比べて三曲入れ替わりがあり「Listen to What the Man Said」→「Jet」、「I’ve Just Seen A Face」→「Things We Said Today」、「Get Back」→「I Saw Her Standing There」でした。

BZcSRAlCQAElDXz@Paul_Rockshow さん撮影

コンサート本編のセットリスト

1. Eight Days A Week
2. Save Us
3. All My Loving
4. Jet
5. Let Me Roll It/ Foxy Lady Coda
6. Paperback Writer
7. My Valentine
8. Nineteen Hundred And Eighty Five
9. The Long And Winding Road
10. Maybe I’m Amazed
11. Things We Said Today
12. We Can Work It Out
13. Another Day
14. And I Love Her
15. Blackbird
16. Here Today
17. New
18. Queenie Eye
19. Lady Madonna
20. All Together Now
21. Lovely Rita
22. Everybody Out There
23. Eleanor Rigby
24. Being for the Benefit Of Mr. Kite!
25. Something
26. Ob-La-Di, Ob-La-Da
27. Band On The Run
28. Back In The U.S.S.R.
29. Let It Be
30. Live And Let Die
31. Hey Jude

Encore One
32. Day Tripper
33. Hi Hi Hi
34. I Saw Her Standing There

Encore Two
35. Yesterday
36. Helter Skelter
37. Golden Slumbers/Carry That Weight/The End

(c)Jash http://pmccartney.com


 

11月19日(火)『東京公演2日目』

目が覚めてTVをつけると、ポールが東日本大震災の被災者と対面したことと昨夜の公演の模様が、日本のニュースで流れている。
今日もまずは、日刊スポーツ1面の昨夜の公演レポートから:

ポール、ジョンとジョージ追悼歌唱で満場大喝采:歓声と涙の東京ドーム!

ビートルズとして初来日した思い出の日本武道館からわずか1マイル(約1.6km)の会場で、ポールは亡き盟友達への思いを吐露した。
16曲目の前に日本語で、ポールは「ツギノウタハ、ジョンノタメデス。ジョンニ、ハクシュヲ」と言った。言わずと知れた盟友への追悼歌だ。
歌い終えると、ジョンのトレードマークであるピースサインを頭上に掲げたポール。目頭を拭っていた。5万人の大観衆もこの時ばかりは掛け声ひとつ上げることなく、温かい拍手で見守った。
さらにその後、ジョージに曲を捧げたポール。ジョージから譲り受けたウクレレで弾き、満場のファンの胸を打った。
ポールとジョージのツーショット写真に混じって大画面に映し出されたのは、涙ぐむ観客の姿。これもまた感動的な瞬間であった。
ジョンやジョージへの思いを語るのを日本のファンが待っていたことを、ポールは熟知していた。彼の最後のメッセージは「アイシテマス。トーキョー」。ビートルズ初来日の際にも言ったであろうこの言葉には、より深い意味が込められるようになっていた。
今回のツアーの何もかもが、日本の観客向けにあつらえたようにすら思える。大画面に日本語字幕が映し出されるなど、数々の細かい心配りは、間違いなく最高の経験として人々の心に永遠に刻まれた。
日刊スポーツの芸能面には、ポールと被災者との対面についての記事も:

ポール東京公演、ヤァ!ヤァ!ヤァ!
東日本大震災被災者10人を公演に招待

ポールは公演前、バックステージで彼らと面会。1人1人と握手を交わし、現状に耳を傾けた。「この2年半、日本国内で起きていることをずっと気に掛けていました。僕達の音楽には人々の心を癒す力があると信じています」と、彼は語った。
避難区域の中心にある浪江町出身の30代男性は次のように語った。「あれほどの大スターなのにポールはとても気さくで、1人1人の目を見て話しかけてくれました。ライヴをしに来たというだけではなく、私達の置かれている状況に心から関心を寄せてくれていました。ポールが私達のことをどれだけ気に掛けてくれているのかが分かって、本当に嬉しかったです」。
今夜の公演には何のプレッシャーもない! またしてもポールは自らに大変高いハードルを設定しているが、思いを込めた東京ドーム第2夜に向け、己に課した挑戦を受けて立つ。
公演後はホテルに戻り、軽く酒を酌み交わす。ポールは饒舌モードで、僕が前述の「サイコー!」を試しに何度か言ってみたところ、発音やイントネーションの間違いを正してくれた。
時計の針が零時を指すと、ポールが部屋にあったピアノに駆け寄り、マッカートニー夫人のために「ハッピー・バースデー」を弾き始め、僕らは全員で合唱。とても心温まった。

Tuesday 19th November:
Tokyo show 2

I wake up to local TV news reporting on Paul meeting the evacuees and coverage from last night’s show.

Today also starts with another Nikkan Sports cover reporting on last night’s show:

Paul brings the house down with tributes to John and George – Tokyo Dome cries!

Just a mile from the landmark location of where they played their Beatles concert Paul revealed his true feelings for his bandmates.

Speaking in Japanese at the start of the sixteenth song Paul said, “This next one is for John. Let’s hear it for John”. It was the clearest possible statement of his feelings for his former bandmate.

At the end of the song he raised his hand in a trademark peace sign and was seen to wipe away a tear. The 50,000 strong crowd responded, instead of cheers, with a wave of heartfelt applause. It was the only time in the concert you could hear a pin drop.

Later in the evening he paid tribute to George. His use of the ukulele given to him by George touched the hearts of the whole audience.

Mixed in with shots of Paul and George were images of audience members with tears streaming down their faces. It was yet another really touching moment.

To hear Paul talking in this way about John and George was something that his Japanese fans had been waiting to hear. His final message “We love you Tokyo” was a significant nod to The Beatles’ first visit here and not missed by anyone.

Everything about this tour seems tailored towards the Japanese audience. A lot of detail has clearly gone into ensuring the best possible experience, even down to Japanese subtitles on the screens.

Inside the paper also reports on Paul’s meeting with the evacuees:

Paul’s in Tokyo, Yeah Yeah Yeah!
Ten people from Fukushima invited to the show

Before the start of the show Paul met with the group backstage shaking each of them by the hand and listening intently to their stories. “We’ve been concerned about what’s been happening in Japan in recent years and I hope our music might do something to help heal people”, he said.

A 30-year old man from Namiemachi, the centre of the exclusion zone said, “He was so friendly for such a massive star. He looked everyone in the eye as he spoke to them. He’s not just here to do the shows he was really interested in our situation. I was so happy to see how much he seemed to care about us.”

So no pressure for tonight’s show! Paul has set his standard very high once again but rises to his own challenge for another emotionally charged evening in the Tokyo Dome.

Back at the hotel after the show we have a few drinks. Paul is on great story telling form and corrects a few of my attempts at the previously mentioned ‘saikoh!’

When the clock strikes midnight he jumps on the piano in the room and leads us all in a version of Happy Birthday for Mrs McCartney. Very sweet.

(c)ユニバーサル・ミュージック、Paul McCartney.com
http://www.universal-music.co.jp/paul-mccartney/news/report
http://www.paulmccartney.com/news-blogs/for-whom-the-bell-tells/27717-for-whom-the-bell-tells-issue-25

【ポール・マッカートニー公式サイトに掲載された写真】
http://www.paulmccartney.com/the-collection/27734-out-there-in-japan

131119Tokyo 131119Tokyo2 131119Tokyo13 131119Tokyo11 131119Tokyo12 131119Tokyo10 131119Tokyo9 131119Tokyo8 131119Tokyo7 131119Tokyo6 131119Tokyo5 131119Tokyo4 131119Tokyo3


 

(c)Jash http://pmccartney.com

Twitter http://twitter.com/mccartney_news
Facebookページ http://www.facebook.com/beatlesjpn
mixiページ http://page.mixi.jp/view_page.pl?page_id=293394

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »