ポール・マッカートニーのファンサイト(非公認)。ポール・マッカートニーやビートルズの最新ニュース、アルバム・楽曲の解説、ライブ・ツアー記録、新譜・テレビ放送等。

2013年ポール・マッカートニー日本公演妄想シリーズ その1 ~ポール・マッカートニーの演奏曲(ビートルズ曲率)~

2013年ポール・マッカートニー日本公演妄想シリーズ その1 ~ポール・マッカートニーの演奏曲(ビートルズ曲率)~


このエントリーをはてなブックマークに追加

7月16日(火)の日本公演正式発表から、公演初日が予定されている11月12日(火)まで、約4ヶ月間もありますね。前回の2002年の来日の発表は確か8月上旬だったと思います。1ヶ月くらい早いということになりますね。
11月のポール・マッカートニー日本公演の開始までに、ポールの今までのコンサートや曲などをいろいろと妄想して語ることによって、ポール・マッカートニーのコンサートをより楽しむために語っていこうという、ひとりよがりとも言える妄想ブログを綴って行きたいと思います。
題して「2013年ポール・マッカートニー日本公演妄想シリーズ」です。

※タイトルの一部は、とある方が私を指して言った言葉から拝借しました。感謝申し上げます。

まず今回は、ポール・マッカートニーが今年から開始しているツアー「Out There! Tour」の演奏曲について、これまでのコンサートや来日公演での演奏曲も踏まえて、語って行きたいと思います。長いので3回くらいに分けて。
【今回のツアーの演奏曲についても語るので、ネタバレ注意!】


7月16日(火)に主催者や各報道機関から発表されたポール・マッカートニー来日公演のニュース、聞いた時は本当に嬉しかったですね。その時、多くの報道機関では、「演奏曲全38曲中26曲がビートルズの楽曲」という言い方をしていました。この言い方、確か前回2002年来日の時も、1990年、1993年の来日の時も、同じような言い方をしていた記憶があります。
ビートルズがビッグネームだけあって、やっぱり「元ウィングス」ではなくて「元ビートルズ」という冠がつくポール。確か、1980年に逮捕された時も、ニュースで「元ビートルズでウィングスのメンバー」って言われてましたっけ。

そこで、1990年、1993年、2002年、そして今年のツアーのそれぞれのビートルズ曲数をカウントしてみました。

※参考→今までの日本公演での演奏曲

1990年 27曲中15曲がビートルズナンバー(50%)
1993年 32曲中16曲がビートルズナンバー(50%)
2002年 35曲中21曲がビートルズナンバー(60%)
2013年 36曲中24曲がビートルズナンバー(67%)
※メドレーは1曲としてカウント

こうやって計算してみると、なんと、今回のツアーが一番ビートルズ曲率が高いのが分かります。
ポールのファンを長くやっている方なら、イメージとしては、1990年のツアーがビートルズ曲率が高く、1993年は同じくらいで、2002年はバランスよくソロ曲も演奏されていて、今回が一番ソロの曲が多いような感覚を持っていたと思います。(ひょっとして、私だけかもしれませんが)

そう思わせるような変化が、ポール・マッカートニーのコンサートの曲目の変遷にある、と私は思います。
その内容について、コアなファンの方なら、すぐお気づきかもしれませんが、次回の妄想シリーズで紐解いていきたいと思います。

(c)Jash http://pmccartney.com

« »

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA