ポール・マッカートニーのファンサイト(非公認)。ポール・マッカートニーやビートルズの最新ニュース、アルバム・楽曲の解説、ライブ・ツアー記録、新譜・テレビ放送等。

setlist

ポール・マッカートニー2013年日本公演「Out There! Tour」セットリスト 本編ライブ・サウンドチェック

【Out There! Tour Japan 2013日本公演セットリスト】

※【 】は収録アルバム、( )は発表年次、[ ]はポールの使用楽器

1. Eight Days A Week 【Bealtes For Sale】(1965年)[Hofner Bass]
2. Save Us 【New】(2013年)[Hofner Bass]
3. All My Loving 【With The Beatles】(1964年)[Hofner Bass]
4. Listen To What The Man Said 【Venus And Mars】(1975年)[Hofner Bass]
※11月19日東京公演では、Jet 【Band On The Run】(1973年)[Hofner Bass]
5. Let Me Roll It / Foxy Lady 【Band On The Run】(1973年)[Gibson Les Paul]
6. Paperback Writer 【Single、Past Masters】(1966年)[Epiphone Casino]
7. My Valentine 【Kisses On The Bottom】(2012年)[Yamaha Piano]
8. Nineteen Hundred And Eighty Five 【Band On The Run】(1973年)[Yamaha Piano]
9. The Long And Winding Road 【Let It Be】(1970年)[Yamaha Piano]
10. Maybe I’m Amazed 【McCartney】(1970年)[Yamaha Piano]
11. I’ve Just Seen A Face 【Help!】(1965年)[Martin D28 Acoustic Guitar]
※11月19日東京公演では、Things We Said Today 【A Hard Day’s Night】(1964年)[Martin D28 Acoustic Guitar]
12. We Can Work It Out 【Single、Past Masters】(1965年)[Martin D28 Acoustic Guitar]
13. Another Day 【Single】(1971年)[Gibson 12strings Acoustic Guitar]
14. And I Love Her 【A Hard Day’s Night】(1964年)[Martin D28 Acoustic Guitar]
15. Blackbird 【The Beatles(White Album)】(1968年)[Martin D28 Acoustic Guitar]
16. Here Today 【Tug Of War】(1982年)[Martin D28 Acoustic Guitar]
17. New 【New】(2013年)[Magic Piano]
18. Queenie Eye 【New】(2013年)[Magic Piano]
19. Lady Madonna 【Single、Past Masters】(1968年)[Magic Piano]
20. All Together Now 【Yellow Submarine】(1968年)[Martin D28 Acoustic Guitar]
21. Lovely Rita 【Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band】(1967年)[Gibson 12strings Acoustic Guitar]
22. Everybody Out There 【New】(2013年)[Gibson 12strings Acoustic Guitar]
23. Eleanor Rigby 【Revolver】(1965年)[Martin D28 Acoustic Guitar]
24. Being for the Benefit Of Mr. Kite! 【Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band】(1967年)[Hofner Bass]
25. Something 【Abbey Road】(1969年)[Ukulele、Martin D28 Acoustic Guitar]
26. Ob-La-Di, Ob-La-Da 【The Beatles(White Album)】(1968年)[Hofner Bass]
27. Band On The Run 【Band On The Run】(1973年)[Hofner Bass]
28. Back In The U.S.S.R. 【The Beatles(White Album)】(1968年)[Hofner Bass]
29. Let It Be 【Let It Be】(1970年)[Yamaha Piano]
30. Live And Let Die 【Single】(1973年)[Yamaha Piano]
31. Hey Jude 【Single、Past Masters】(1968年)[Magic Piano]

Encore One
32. Day Tripper 【Single、Past Masters】(1965年)[Hofner Bass]
33. Hi Hi Hi 【Single】(1972年)[Hofner Bass]
34. Get Back 【Single】(1969年)[Hofner Bass]
※11月15日福岡公演、11月19日東京公演では、I Saw Her Standing There 【Please Please Me】(1963年)[Hofner Bass]

Encore Two
35. Yesterday 【Help!】(1965年)[Epiphone Texan Acoustic Guitar]
36. Helter Skelter 【The Beatles(White Album)】(1968年)[Hofner Bass]
37. Golden Slumbers/Carry That Weight/The End 【Abbey Road】(1969年)[Yahama Piano/Gibson Les Paul]

DSC00225 DSC00234 DSC00242

DSC00598 DSC00623 DSC00638

DSC00541 DSC00270 DSC00092

DSC00360

使用楽器

1段目左から Hofner Bass、Gibson Les Paul、Epiphone Casino、
2段目左から Martin D28 Guitar、Ukulele、Yamaha Piano、
3段目左から Magic Piano、Gibson 12 Strings Acoustic Guitar、Epiphone Texan Acoustic Guitar
4段目 Gibson Les Paul Standard


【日本公演 サウンドチェック】

2013年11月11日(月) 大阪公演

1.Matchbox
2.Blue Suede Shoes
3.Listen To What The Man Said
4.Celebration
5.C Moon
6.Every Night
7.Things We Said Today
8.Something
9.Everybody’s Out There
10.Bluebird
11.Lady Madonna (short version)

2013年11月12日(火) 大阪公演

1.Honey Don’t
2.Blue Suede Shoes
3.Junior’s Farm
4.Letting Go
5.San Francisco Bay Blues
6.Happy Birthday Howard Stern
7.C Moon
8.Ram On
9.Leaning On The Lampost
10.Everybody Out There
11.Bluebird
12.Lady Madonna (short version)

2013年11月15日(金) 福岡公演

1.Honey Don’t
2.Blue Suede Shoes
3.Jet
4.Drive My Car
5.Let ‘Em In
6.Don’t Let The Sun Catch You Cryin’
7.Things We Said Today
8.San Francisco Bay Blues
9.Midnight Special
10.Ram On
11.Bluebird
12.Your Mother Should Know
13.New
14.Lady Madonna (short version)

2013年11月18日(月) 東京公演

1.Matchbox
2.Blue Suede Shoes
3.Coming Up
4.C Moon
5.Celebration
6.Things We Said Today
7.On My Way To Work
8.San Francisco Bay Blues
9.Ram On
10.Bluebird
11.Lady Madonna (short version)

2013年11月19日(火) 東京公演

1.Honey Don’t
2.Blue Suede Shoes
3.Flaming Pie
4.Highway
5.Whole Lotta Shakin’Goin’ On
6.Don’t Let The Sun Catch You Crying
7.Midnight Special
8.Leaning On A Lamppost
9.Ram On
10.Alligator
11.San Francisco Bay Blues
12.Bluebird
13.Lady Madonna (short version)

2013年11月21日(木)

1.Twenty Flight Rock
2.Blue Suede Shoes
3.Coming Up
4.Flaming Pie
5.Let ‘Em In
6.Miss Ann
7.It’s So Easy
8.San Francisco Bay Blues
9.Every Night
10.Aligator
11.Ram On
12.Big Barn Bed
13.Midnight Special
14.Bluebird
15.Massage Theme – Lady Madonna (short version)

 


 

現在行われているポール・マッカートニーの2013年ツアー「Out There! Tour」の基本セットリストです。

【セットリスト】

1. Eight Days A Week
2. Junior’s Farm (日本公演から「Save Us」にスイッチ)
3. All My Loving
4. Listen To What The Man Said
5. Let Me Roll It/Foxy Lady
6. Paperback Writer
7. My Valentine
8. Nineteen Hundred And Eighty-Five
9. The Long And Winding Road
10. Maybe I’m Amazed
11. I’ve Just Seen A Face (ブラジル公演は「Hope Of Deliverance」、日によっては「Things We Said Today」「Midnight Special」)
12. We Can Work It Out (サンフランシスコ公演では、この前に「San Francisco Bay Blues」を演奏)
13. Another Day
14. And I Love Her
15. Blackbird
16. Here Today
17. Your Mother Should Know (日本公演から「New」と「Queenie Eye」にスイッチ)
18. Lady Madonna
19. All Together Now (オタワ公演、ケベック公演ではこの後「Michelle」を演奏)
20. Lovely Rita
21. Mrs. Vandebilt (日本公演からは「Everybody Out There」にスイッチ)
22. Eleanor Rigby
23. Being For The Benefit Of Mr. Kite!
24. Something (前に「Ram On」を演奏する場合あり)
25. Ob-La-Di, Ob-La-Da
26. Band On The Run
27. Back In The USSR
28. Let It Be
29. Live And Let Die
30. Hey Jude

Encore One
31. Day Tripper (シアトル公演ではこの後「Cut Me Some Slack」を演奏)
32. Hi Hi Hi (ケベック公演では、この後「Birthday」を演奏)
33. Get Back (日によってはI Saw Her Standing There)

Encore Two
34. Yesterday (オタワ公演、ウィニペグ公演ではこのあと「Mull Of Kintyre」を演奏)
35. Helter Skelter (シアトル公演では、この前に「Long Tall Sally」を演奏)
36. Golden Slumbers/Carry That Weight/The End

【ポール・マッカートニー Out There! Tour 日程】

2013年5月4日(土) ブラジル・ベロオリゾンテ Mineirao Stadium
2013年5月6日(月) ブラジル・ゴイアニア Serra Dourada Stadium
2013年5月9日(木) ブラジル・フォルタレザ Castelao Stadium
2013年5月18日(土) アメリカ・オーランド(フロリダ州) Amway Center
2013年5月19日(日) アメリカ・オーランド(フロリダ州)Amway Center
2013年5月22日(水) アメリカ・オースティン(テキサス州) Frank Erwin Center
2013年5月23日(木) アメリカ・オースティン(テキサス州) Frank Erwin Center
2013年5月26日(日) アメリカ・メンフィス(テネシー州) FedEx Forum
2013年5月29日(水) アメリカ・タルサ(オクラホマ州) BOK Center
2013年5月30日(木) アメリカ・タルサ(オクラホマ州)BOK Center
2013年6月8日(土) アメリカ・ニューヨーク(ニューヨーク州) Barclays Center
2013年6月10日(月) アメリカ・ニューヨーク(ニューヨーク州) Barclays Center
2013年6月14日(木) ボナルー・フェスティバル アメリカ・マンチェスター
2013年6月22日(土) ポーランド・ワルシャワ Poland National Stadium
2013年6月25日(火) イタリア・ヴェローナ the Roman Amphitheatre
2013年6月27日(木) オーストリア・ウィーン Happel Stadium
2013年7月7日(日) カナダ・オタワ Scotiabank Place
2013年7月9日(火) アメリカ・ボストン Fenway Park
2013年7月12日(金) アメリカ・ワシントンDC Nationals Park
2013年7月14日(日) アメリカ・インディアナポリス the Bankers Life Fieldhouse
2013年7月16日(火) アメリカ・ミルウォーキー Miller Park
2013年7月19日(金) アメリカ・シアトル(ワシントン州) Safeco Field
2013年7月23日(火) カナダ・ケベックシティ Plains of Abraham
2013年8月9日(金) アメリカ・サンフランシスコ(カリフォルニア州) Golden Gate Park, Outside Lands Music Festival
2013年8月12日(月) カナダ・ウィニペグ Investors Group Field
2013年8月14日(水) カナダ・レジーナ Mosaic Stadium at Taylor Field

2013年9月21日(土) アメリカ・ラスベガス MGM Grand Garden Area, IHEARTRADIO MUSIC FESTIVAL
2013年9月23日(月) アメリカ・ロサンゼルス フリーコンサート Hollywood Bloulevard

2013年11月11日(月) 日本・大阪 京セラドーム大阪
2013年11月12日(火) 日本・大阪 京セラドーム大阪
2013年11月15日(金) 日本・福岡 福岡ヤフオク!ドーム
2013年11月18日(月) 日本・東京 東京ドーム
2013年11月19日(火) 日本・東京 東京ドーム
2013年11月21日(木) 日本・東京 東京ドーム

 

(c)Jash http://pmccartney.com

ポール・マッカートニー日本滞在記 2013年11月21日(木) 日本公演最終日 by JASH

東京公演3日目、日本公演最終日。

当日券は15時から販売開始でしたが、午前中から長蛇の列ができていました。

BZkAdwZCAAIDQf7@enie_d  さん撮影

BZlA_f1CEAAkZZq BZlCDGzCQAAkibN@Rockmusic238 さん撮影

東京ドームでの入り待ちもすごい人です。500人くらい集まっていたのではないでしょうか。
ポールが乗った車は、普通のスピードで、あっという間に過ぎて行きましたが・・・。

この日ポールは、都内宿泊先を16:10前に出発し、16:30前に会場の東京ドームに入りました。

サウンドチェックは16:40頃開始。17:30頃まで続きました。
Gibson Les Paul
1.Twenty Flight Rock
2.Blue Suede Shoes

Hofner Bass
3.Coming Up
4.Flaming Pie

Piano
5.Let ‘Em In
6.Miss Ann 今回のツアーのサウンドチェックでは初演奏ではないでしょうか。

Martin D28 Acoustic Guitar
7.It’s So Easy バディ・ホリーの曲です。
8.San Francisco Bay Blues
9.Every Night
10.Aligator

Ukulele
11.Ram On
12.Big Barn Bed !!!! 1973年Red Rose Speedwayの曲。本編では未披露。サウンドチェックに参加していたファンのリクエストで演奏が実現したようです。

Gibson 12-string Aoustic Guitar
13.Midnight Special

Epiphone Texan Acoustic Guitar
14.Bluebird

Magic Piano
15.Massage Theme – Lady Madonna (short version)

この日、先日就任したばかりのキャロライン・ケネディ駐日大使がコンサート会場に来場しました。19:00過ぎにアリーナ席にケネディ氏が到着すると、アリーナの客席が総立ちし、お出迎えしました。ケネディはコンサート前に楽屋でポールと談笑していたようです。多忙なケネディ氏、Hey Judeの途中で退席されたとのこと。

BZpUmHQCQAA6mPn@bigkottakromac さん撮影

ビートルズの秘書を11年間勤め、自身を題材とした12月から公開の映画「愛しのフリーダ」のキャンペーンで来日しているフリーダ・ケリーさんも、この日の最終公演に来場していましたが、結局、ポールとの再会は実現しなかったようです。

この日の開演が予定より遅れるせいか、いつもはステージ横のスクリーンに流れているポールのコラージュが点灯せず、ようやく19:00前になって流れていました。この時に、どこにも公式発売されていないポールの曲のダンス・リミックスバージョンが流れるのですが、この日は、間にレゲエカバーを流したりして、時間を稼いでいるように思えました。

予定より約20分弱遅れて、19:20前に「The End」のスローバージョンが会場に流れて、ポールが登場!
ポールは、大阪初日と同じ臙脂色のジャケットを着て登場。

コンサート本編のセットリストは、18日東京公演と同じでした。

1. Eight Days A Week
2. Save Us
3. All My Loving
4. Listen To What The Man Said
5. Let Me Roll It/ Foxy Lady Coda
6. Paperback Writer
7. My Valentine
8. Nineteen Hundred And Eighty Five
9. The Long And Winding Road
10. Maybe I’m Amazed
11. I’ve Just Seen A Face
12. We Can Work It Out
13. Another Day
14. And I Love Her
15. Blackbird
16. Here Today
17. New
18. Queenie Eye
19. Lady Madonna
20. All Together Now
21. Lovely Rita
22. Everybody Out There
23. Eleanor Rigby
24. Being for the Benefit Of Mr. Kite!
25. Something
26. Ob-La-Di, Ob-La-Da
27. Band On The Run
28. Back In The U.S.S.R.
29. Let It Be
30. Live And Let Die
31. Hey Jude

Encore One
32. Day Tripper
33. Hi Hi Hi
34. Get Back

Encore Two
35. Yesterday
36. Helter Skelter
37. Golden Slumbers/Carry That Weight/The End

この日もポールは日本語を多用しました。使う日本語は大体同じですが、公演ごとに少しバリエーションの違う日本語を使っています。
2曲目「Save Us」が終わったあとの日本語MCは「こんばんわ、東京! ただいま!」
3曲目「All My Loving」の後「Thank you、ありがとう。今晩も日本語頑張ります。でも英語の方が得意です。」
4曲目「Listen To What The Man Said」が終わったあとに裏が花がらの模様臙脂色のジャケットを脱ぎ、「みんなありがとう!」。翻訳が横のスクリーンに出ていることを説明。
10曲目の「Maybe I’m Amazed」前の曲紹介「次の曲は、リンダのために書きました! 書きました!」と、「カキマシタ」の発音が気に入っているようで、2回繰り返していました。
13曲目「Another Day」の前のMCで、ポールは今日が最終日であることを強調。「We’re gonna have a party!」。
16曲目「Here Today」の前は「次の歌はジョンのためです。ジョンに拍手を!」
17曲目「New」のあとは、「ニュー・アルバムが日本でNo.1になった!」と英語で説明。
25曲目「Something」の前では「次はジョージのためです。ジョージに拍手を!」。
26曲目「Ob-La-Di, Ob-La-Da」の前では「一緒に歌おうよ。」
30曲目「Live And Let Die」の後には「すごいね! 聞こえない? 大丈夫!」とフリ。

この日までのコンサートでは「Let It Be」か「Yesterday」の前に、「震災の被災者に捧げます」というMCがあったんですが、この日はなし。

その他にも「サイコー!」「イイね!」といったMCが所々に飛び出しました。

この日は東京公演最終日なので、主催者のキョードー東京が、ポールへの入場者全員に赤色のケミカルライト(サイリウム)を配布し「Yesterday」演奏中にみんなで掲げようという企画がありました。
2回目アンコールの「Yesterday」の時に会場内が赤のライトで染まり、ポールが思わずグッときて歌うというシーンが。ポールと観客が一体となった時で、本当に感動的でした。

DSC00795会場内で事前に配布された説明書きとケミカルライト。

BZmPMqgCMAAx6-u@shin_japan_100 さん撮影 会場内が赤のライトで染まりました。

2回目アンコールの「Helter Skelter」では、ユニオンジャックでペイントされたヘフナー・ベースが登場!
昨年のエリザベス女王即位50周年記念コンサート「Jubilee Concert」で用いられたものと同じです。

BZmbs0sCcAIcNr2@chikucyu0825 さん撮影

BZp096ICEAATOAf@pm420618 さん撮影

BZm8iXECYAA8JBI@akito_morimoto さん撮影

ポールは、最後「ありがとう、東京、また会いましょう! See you next time!」と言ってステージを去って行きました。

この日のコンサートの様子は、来年の春にスカパーで放送されるようです。放送チャンネル、日時、放送時間等は未定。

 

11年ぶりのポール・マッカートニー来日コンサート東京ドーム最終公演を、スカパー!で来春放送!

 

 

この日、結びの一番、日馬富士-栃煌山戦に、5日目に相撲観戦されたポール・マッカートニーにちなんだ、「ポール・マッカートニー アルバム NEW 発売中」の懸賞5本が初めてかけられましたとのことです。

BZlYWANCQAEq8yvBZlYvwMCEAAGOBf@sumokyokai (日本相撲協会)さん撮影

BZnrJGSCIAA6W5V東京ドームの機材搬出 @yositeru さん撮影


【ポール・マッカートニーのツアークルー、スチュアート・ベルによる日記】

 11月21日(木)『最終公演 – 東京3日目』

あっという間に過ぎ去ってしまった2週間。どのツアーでも、最終日はいつも複雑な気分になる。家路につくのが楽しみな一方、僕らは皆、日本での公演や故郷を離れた地で第2の家族となった人々に別れを告げねばならないことに、寂しさを覚えるだろう。誰もが皆、信じられないほど素晴らしい時間を過ごしてきたと言って間違いない。会場では、ツアー・スタッフ全員が意気揚々として、さらなる素晴らしい一夜を楽しみに待っている。

ポールが最後のサウンドチェックに現れたのは午後4時半。これまでのどの公演日より数多くのファンが外で入り待ちしている。会場入りした際、ポールは満面の笑みを浮かべ、親しみのこもったハグでスタッフ達と挨拶。前夜のパーティについて冗談を言い合っている。

一方、遠く福岡では、ポールが関わった“史上初”の出来事がまた1つ起きようとしていた。この日、大相撲九州場所の結びの一番に『NEW』の懸賞旗が登場するのだ。勝った力士が受け取る懸賞金は各取組にかけられた懸賞旗のスポンサーから支払われており、スポンサーの出した懸賞旗が取組前に土俵の周りを一周するのだ。世界的ロック・スターが相撲のスポンサーになったのは、今回が史上初! この件自体も、翌日の新聞1面を飾っている。

こちら東京では、新しい駐日大使として着任したばかりのキャロライン・ケネディ米大使が今夜の公演を観に来るのでは、との噂が地元日本のメディアの間で駆け巡っていた。マサの話によれば、ポールの来日は絶えずメディアにネタを供給し続けており、実現の可能性を帯びたポールとケネディ大使の面会に絡んだ情報であれば、どんなことでも記事にしたくてウズウズしているとのこと。

案の定、彼女は確かに来場し、日本ツアー最終公演のステージにポールが上がる直前、面会を果たしている。

最終日もまた、記念すべき歴史的な公演となったが、ハイライトが訪れたのは、ポールが2度目のアンコールでステージに現れた時だ。彼が「イエスタデイ(原題:Yesterday)」を歌い始めると、会場全体の観客1人1人が、赤いペンライトを振りながらそれに応えたのである。ポールにとっては完全なサプライズで、身ぶりから明らかに感動に震えているのが分かった。締めの曲に合わせて揺れる5万本のペンライトは、実に壮観。日本での体験の全てを魔法のように素晴らしいものしてくれた、ポール・ファンの皆さんからの美しいお別れの表現だ。

それから僕らは軽く飲むためホテルに戻り、翌朝にはそれぞれ別々の道を行く。ポール、バンド、そしてチーム全体の総意は、今回の日本の旅はこれまでで最高の旅だったということ、そしてこの2週間、行く先々でポールが受けた人々の態度に、皆、心底驚き感動したということだ。

夜、ポールは引き上げる前にスタッフの間を回り、おやすみと別れの挨拶を交わして、僕らの仕事に対する感謝の言葉を伝えてくれた。スタッフを代表して僕はこう言えると思うのだけれど、想像を絶するほど素晴らしいこのような体験の一部となれたこと、そしてこのようにスペシャルなチームの一員にしてもらったことに対して感謝したいのは(あるいは「ドウモアリガトウ」と伝えたいのは)僕らのほうだ。

Thursday 21st November:
Last concert – Tokyo show 3

The last couple of weeks have flown by. The last show of any tour always brings mixed emotions with it. Whilst people are looking forward to getting home we’ll all miss the shows and our second family away from home. It is safe to say we’ve all had an incredible time. At the venue the crew are all in high spirits and looking forward to another great night.

Paul arrives for the final soundcheck around 4:30pm. Even more fans are assembled outside now then on the previous concert days. He’s all smiles as he walks in the venue and greets crew members with friendly hugs and shares some banter about the previous nights party.

Meanwhile across the country in Fukuoka another first that involves Paul is taking place. Back at the wrestling some ‘NEW’ banners appear ahead of the day’s final bouts. The prize money that the fighters receive is based on the sponsorship of each bout and the banners of the sponsors are paraded around the dohyo (the ring) prior to the bout. This is the first time an international rock star has ever sponsored the sumo! This itself creates more front-page news the following day!

Back in Tokyo and word is out in the local Japanese media that the new Ambassador Caroline Kennedy is expected at the show tonight. Masa tells me that Paul’s visit is the story that keeps giving and all the press are chomping at the bit for any information about Paul and the Ambassador possibly meeting.

Sure enough she does come to the show and meets Paul minutes before he takes to the stage for the last time on this run.

The final show is another monumental occasion and the highlight came when Paul stepped on stage for his second encore. When he launched into ‘Yesterday’ every member of the crowd responded by waving a red glow stick in the air. It was a total surprise to Paul and he was clearly moved by the gesture. It was really quite a sight to behold, a sea of 50,000 glow sticks swaying in time to the closing songs. A beautiful parting gesture from Paul’s fans who had made the entire Japanese experience totally magical.

Then it was back to the hotel for a few drinks before we’d all be going our separate ways the following morning. The consensus amongst Paul, the band and the team was that this was their best trip to date to Japan and we’d all been blown away by the reaction to Paul wherever he’d been over the last few weeks.

Before Paul left for the night he went round the crew saying goodnight, goodbye and thanking us for our work. I think I can speak on behalf of the crew by saying that it is usthat should say thank you (or domo arigato) to Paul for being part of such a mega experience and part of such a special team.

(c)ユニバーサル・ミュージック、Paul McCartney.com
http://www.universal-music.co.jp/paul-mccartney/news/report
http://www.paulmccartney.com/news-blogs/for-whom-the-bell-tells/27717-for-whom-the-bell-tells-issue-25

【ポール・マッカートニー公式サイトに掲載された写真】
http://www.paulmccartney.com/the-collection/27734-out-there-in-japan

131121Tokyo1 131121Tokyo2 131121Tokyo3 131121Tokyo4 131121Tokyo5 131121Tokyo6 131121Tokyo7 131121Tokyo8 131121Tokyo9 131121Tokyo10 131121Tokyo11 131121Tokyo12 131121Tokyo13 131121Tokyo14 131121Tokyo15 131121Tokyo16

 

 


The Report by English. From the article I posted to Macca Report by Jorie Gracen.
http://themaccareport.com/news/nov13.htm

On the day of the concert, tickets were available at the box office at 3pm. There was a line of about 500 people waiting for tickets at 3pm. Many had stood in line since 11am.

There were also many people waiting for Paul to arrive at the Tokyo Dome. About 500 + had gathered there.

Paul left the Pennisula Tokyo Hotel at 4:10 pm and got to the Tokyo Dome before 4:30 pm. Macca’s car entourage passed by the waiting fans with Paul waving as the car went by.

The sound check started around 4:40 pm and lasted until 5:30 pm.

Caroline Kennedy ambassador to Japan arrived at the arena at 7:00pm. Kennedy chatted with Paul in the dressing room before the concert. The audience of the arena welcomed her. She was seen leaving the venue in the middle of “Hey Jude.”

Freda Kelly, was visiting Japan to promote her movie “Good Ol Freda.” Kelly attended the concert but did not meet with Paul.

Because the concert was behind schedule the screen collages did not run until 7pm. At this time, the unreleased dance remixes played. The slow version of “The End” began rather quickly into the collage sequence and Paul appeared on stage at 7:20 pm wear the crimson jacket he wore in Osaka.

Paul was in excellent voice and the crowd was very enthusiastic. Many times he spoke Japanese.

“Konbanwa Tokyo, Tadaima” (Good evening Tokyo. I came home)

“Konban mo Nihongo Ganbari Masu. Demo Eigo no Houga Tokui Desu” (I’ll try to speak Japanese, but I’m better at speaking English)

“Minna Arigato” (Thank you all)

“Tugino Kyoku ha Linda no Tameni Kakimashita” (I wrote next song for Linda.) before “Maybe I’m Amazed.”

Paul seemed to like to pronounce and repeated “Kakimashita.”

“Tsugi no Uta wa John no Tamedesu” (The next song is for John) before “Here Today.”

“George ni Hakusyu wo” (Applause for George) before “Something.”

“Issyo ni Utaou yo” (Let’s sing along) before “Ob-La-Di, Ob-La-Da.”

“Sugoi ne Kinoenai Daijoubu” (Awesome! Do I have some trouble hearing? No, I’m OK) after “Live And Let Die.”

Paul dedicated “Let It Be” and ” Yesterday ” to victims of the earthquake before this show, but there was no dedication this day .

On this day, because it was the last show in Japan, there was a plan by the promoter Kyodo Tokyo, to give away glow sticks to all the audiences. They were instructed to raise the glow sticks during “Yesterday.”

During “Yesterday,” Paul was very moved when the audience raised the glow sticks in his honor.

At the second encore Paul brought out the Union Jack painted Hofner (first played at the Queen’s Jubilee Concert) for “Helter Skelter.”

Paul left the stage saying “See you next time!Thank you Tokyo!”

On the day of the concert seen in the Sumo Five Sweepstakes newspaper for the first time, Paul McCartney’s NEW album.

CS Broadcast channel SKY PERFECT TV! will air the concert next spring in Japan.


Photo: © 2013 copyright Jash

Photo: © 2013 copyright Jash

Photo: © 2013 copyright Jash

Photo: © 2013 copyright Jash
 


 

(c)Jash http://pmccartney.com

Twitter http://twitter.com/mccartney_news
Facebookページ http://www.facebook.com/beatlesjpn
mixiページ http://page.mixi.jp/view_page.pl?page_id=293394

ポール・マッカートニー日本滞在記 2013年11月18日(月) 東京公演初日 by JASH

DSC00696 DSC00695 DSC00694 DSC00690 BZU-_LuCIAAbnIc BZU7p83CIAA4E6P BZU948fCEAAVeRu

ポール・マッカートニー・ソロでの来日は1990年、1993年、2002年以来、今回で4回目で、過去の来日は全て東京公演からスタートでしたが、今回の2013年ツアー、地方公演からスタートで東京公演が最後ということになりました。

グッズは14時頃から販売開始です。東京初日とあって、グッズ売り場には長蛇の列ができており、平均で約2時間弱も並んでいたようです。17時過ぎてから並ぶと、開演時間に間に合わないケースも出てきたようです。
東京公演から、ケミカルライトがグッズとして追加。

BZVT7r5CcAAgcTl @bakaaho03 さん撮影 BZViRT9CcAAy_C2@NotsuNotsuMovie さん撮影

やはり日本の首都東京、いろんな方がコンサート会場にみえており、サウンドチェックに参加できるVIP Ticketでは、外国からの方も多くみえました。中には、ポール・マッカートニーと同じ名字で、ポール・マッカートニーのステージにもあがったというアメリカ・カリフォルニア出身の「マッカートニー」さんもいました。

サウンドチェックは、16:25頃始まり、17:05頃に終了しました。

サウンドチェック曲目

Gibson Les Paul

1.Matchbox
2.Blue Suede Shoes

Hofner Bass
3.Coming Up

Piano
4.C Moon
5.Celebration

Martin D12 Acoustic Guitar
6.Things We Said Today
7.On My Way To Work

Ukulele
8.Ram On

Gibson 12 Strings
9.San Francisco Bay Blues

Epiphone Texan Acoustic Guitar
10.Bluebird

Magic Piano
11.Lady Madonna (short version)

今日のサウンドチェックは、前回の福岡公演に比べて、少し短め。
ポールはステージに到着後「Hi, soundchekers!」と挨拶したあとは、あまりサウンドチェック参加者とのやりとりはありませんでした・・・

DSC00778DSC00777DSC00774DSC00773DSC00767DSC00763DSC00759DSC00753DSC00745DSC00740DSC00739DSC00737DSC00734DSC00729DSC00724DSC00719DSC00717DSC00708DSC00707DSC00706

※サウンドチェックでは、時間に限らず、コンパクトデジタルカメラでの撮影が許可されていました。

本編コンサートでは、コンパクトデジタルカメラでの撮影が禁止されているようです。これは、前回の福岡公演にて、コンパクトデジタルカメラによる撮影禁止と係員から注意されたエリアと、全く注意されなかったエリアとがあり、主催者側の対応がまちまちだったことによる苦情があったからのようです。大阪公演ではコンパクトデジタルカメラによる撮影は許可されていました。

なおサウンドチェックでは、コンパクトデジタルカメラによる撮影が許可されています。原則は開始後15分間ですが、公演場所によっては時間制限なく許可されることもあるようです。サウンドチェックでは携帯、iPad等のタブレットは使用禁止です。本編コンサートとの対応が逆になっているような気がしますが。


【ポール・マッカートニー・アウト・ゼア・ツアー 公式サイトより】

携帯電話、ipadなどのタブレット型メディアプレーヤー以外での写真撮影は禁止させて頂きます。

いずれもフラッシュのご使用、動画の撮影は禁止させて頂きます。
この度、大阪公演と福岡公演にてルールの相違があるとのご指摘をいただいておりますが、
全公演同じルールにて行わせて頂いております。
主催側といたしましては
全てのお客様にお声がけをすることは現実的に難しい状況であるということを予めご理解頂き、
皆様のご協力を頂けますよう宜しくお願い申し上げます。


この日は、東日本大震災の被災者にポールが直接会い、励ましの言葉をかけるというミーティングが開かれました。
ザ・ビートルズ・クラブが、被災者・原発事故の影響を受けている方でかつクラブ会員の方を募集していました。
10人の被災者がポールと会ったようです。

131118paul_meets_victims


【ザ・ビートルズ・クラブからの案内】

ポール・マッカートニーからのご招待のお知らせ

2013年11月08日金曜日

東日本大震災で被災された方や福島原子力発電所の事故の影響で避難を余儀なくされている会員のみなさまのなかから、代表として10名の方を東京会場初日の11月18日公演にご招待し、お目にかかって励ましたいとの申し出がポール・マッカートニーから届きました。

被災なさった方で、今もなお避難を余儀なくされている方で、ポールのご招待を希望なさる方は、ご自身の体験を100文字程度にまとめてご応募ください。

なお、冒頭に下記をお書き添えください。

氏名
会員番号
避難先現住所
被災場所
電話番号(携帯)
メールアドレス

以上を明記して、13日午後17時までにapple@i-bcc.jpにご応募ください。

※なお、ご応募は、18日13時30分から14時30分までに、会場にご来場できる方に限ります。

※詳細につきましては代表として選ばれた方のみに11月14日にお電話でご連絡します。

本件のお問い合わせは一切お受けすることはできませんのでご了承ください。

© 2013 The Beatles Club http://www.i-bcc.jp/news/files/7015099ec0b127af01ba19353362d9e8-24.html


【11月18日東京公演 サウンドチェック・レポート】

16:25頃、これまでの日本公演サウンドチェックに比べて遅めにポールが登場。「Hi, how are you doing? Welcome to soundcheck.」と言ってサウンドチェック参加者に挨拶。大阪公演のサウンドチェックで翻訳字幕がないことポールが知ってか、この日も福岡と同様、言葉数は少なめ。

サウンドチェック1曲目はMatchbox。一回目のソロはポール、二回目ソロはラスティ、ウイックスの順で担当。続いてスローテンポ、ブルージーなBlue Suede Shoes。東京ドーム内の音響の反響がすごく、エコーが回って、ポールのボーカルの声が小さく聞こえます。

「アリガトウ、コンニチハ」と言ってヘフナーベースに持ち替え3曲目のComing Upへ。間奏部分でウイックスを「Mr. Paul Wix Wickens」と丁寧に紹介していました。ポールはこの曲の高音部が少し辛かったのか、音程を下げてアドリブ的に歌っている箇所がありました。ノドの調子はあまりよくなさそうです。

ピアノに移ってC Moon。オリジナルのレコードバージョンと同じように「Is that a intro should be in」と言ってたのが丁寧だと思いました。サビの部分の一部では、ポールがオリジナルのメロディー部分ではなく、少し低く歌っていたので、この曲からも、ノドの調子が悪いのかなあと思ってしまいました。ポールはメロディーを外して歌うことはあまりありません。

続いて、サウンドチェックではお馴染みとなったインスト曲Celebration。ラストの一節で少しだけボーカルが入りますが、ボーカルが少し苦しそう。 マーティンのアコースティックギターに持ち替えて、こちらもサウンドチェックではお馴染みのThings We Said Todayそして、「ライブで初めての曲をやるよ。東京のサウンドチェッカーズのために。ニューアルバムから」と言って飛び出してきたのは、ライブ演奏で世界初披露となるOn My Way To Work。日本公演がニュー・アルバム発売直後になってよかったと思った瞬間です。

ウクレレに持ち替えて「最近、女優のキーラ・ナイトレイ(注:イギリスの女優)が結婚したよね。Wedding songだ。」と言ってRam Onを演奏。この曲って結婚式向けの曲だったんだ…  そして、ギブソンの12弦アコースティックギターに持ち替え「次の曲はシェリーに捧げます」と言ってSan Francisco Bay Blues。 早々にエピフォンテキサンのアコースティックギターに持ち替えてBluebird

「Thank you, everybody.」と言ってマジックピアノに移る。ハープシコードの音など、いろいろな音色を出して楽器を確かめているようですが、あまり間をおかずにLady Madonnaのイントロへ。この日もサウンドチェックではショートバージョンで演奏。「これでサウンドチェックは終了。See you tonight. Have a good show. マタアイマショウ」とポールが言ってサウンドチェックは終了。ポールがステージに残ったまま、サウンドチェッカーズは退場を余儀なくされました。

この日のサウンドチェックは、全日本公演の中でも一番短かったと思います。ポールの声の調子があまり良くなかったこと、次の日も公演を控えていて、ある程度セーブしていたのが原因と思われます。

 


 

開場は、サウンドチェックが少し押したため、17:15頃開場となりました。東京ドームの入場扉は回転扉のため、大阪・福岡に比べて入場口に長蛇の列ができており、入場に時間がかかります。ギリギリに到着だと、開演時間に間に合わないケースも出てくるようです。

本編コンサートは19:10開始。セットリストは、大阪二日間と同じ。福岡公演と比べると、「I Saw Her Standing There」が「Get Back」にスイッチしました。

BZWQD6QCQAAMN7P BZWmlvQCEAE7ody BZWKI5NCEAAPqg3 BZWbO4XCcAA6zWL BZWaDBNCMAAeSzk@PaulMcCartney さん撮影

1. Eight Days A Week
2. Save Us
3. All My Loving
4. Listen To What The Man Said
5. Let Me Roll It/ Foxy Lady Coda
6. Paperback Writer
7. My Valentine
8. Nineteen Hundred And Eighty Five
9. The Long And Winding Road
10. Maybe I’m Amazed
11. I’ve Just Seen A Face
12. We Can Work It Out
13. Another Day
14. And I Love Her
15. Blackbird
16. Here Today
17. New
18. Queenie Eye
19. Lady Madonna
20. All Together Now
21. Lovely Rita
22. Everybody Out There
23. Eleanor Rigby
24. Being for the Benefit Of Mr. Kite!
25. Something
26. Ob-La-Di, Ob-La-Da
27. Band On The Run
28. Back In The U.S.S.R.
29. Let It Be
30. Live And Let Die
31. Hey Jude

Encore One
32. Day Tripper
33. Hi Hi Hi
34. Get Back

Encore Two
35. Yesterday
36. Helter Skelter
37. Golden Slumbers/Carry That Weight/The End

コンサートは21:55頃終了。

幸運にも、サウンドチェックを扱っているSLO VIP Serviceのシェリー・レイザーさんから、中央最前ブロック2列目のチケットをもらったというビートルズ・ファンの女性2人組に、チケットをもらった経緯を聞きました。

「ちょっと記憶があやふやですが、確か後ろからシェリーさんに話しかけられた気がする。「英語わかる?あなたたちは2人だけ?前に行ってね。これはポールからのプレゼントよ」みたいなことを言われて、例のチケットを渡されたんだよね。

で、席に着くと「ここで盛り上げてね」と言われたけど、あの時は息をするので精一杯だから、「ありがとう」しか言えなかった気がするし、何にも言えなかった気がする。
と、こんな感じでした!
声を掛けられたのは開演20~30分前くらいだったかな?と思います。
流れてたヘイブルドッグなんかの曲にノリノリで二人で歌ったりして今から生ポールだよ!どうしよう!なんて言ってる所にいきなり声を掛けられた感じです。
手作りサージェントジャケットが目立ってたからだよ~と前の方にいた女性にも言われました。私はおまけみたいなものだったんでほんとにラッキーでした…。」

IMG_20131118_215316 ←「目立っていた」というサージェントの服と、ポール公式フェイスブックにも掲載されたというポールの絵のボード。

IMG_20131118_220159←最前中央ブロック(A11)2列目。このブロックの端は1列目がないため、チケットの表示は3列ですが、前から2列目となります。半券がもぎられていない点(=会場内で入手した証拠)に注目!

DSC00785 

(c)Jash http://pmccartney.com


 

 【ポール・マッカートニーのツアークルー、スチュアート・ベルによる日記】

11月18日(月)『東京公演1日目』

今朝の日刊スポーツ1面に、日本の国旗を手にしたポールの巨大な写真が掲載されている。訳してもらったところによると、見出しは「ポール『ツアー終わる頃には日本人』?」。日本は心から温かくポールを歓迎してくれている。日本語で語りかける努力をしたり、相撲に関わったりしていることで、彼は日本の人々の心を動かしているのだ。

マサは頬がゆるみっぱなしだ。「これがどれほどの一大事か、分かりませんよね」と、彼はしきりに僕に言うけれど、間違いなく、僕も理解してますよ! 彼の言おうとしているのは、つまり、エンターテインメント界の出来事が日本でニュースの見出しになるのは極めて稀だということ。また彼の説明によると、今週は米国の某大物アーティストが東京に滞在していて、今夜ライヴが行われる予定だが、東京のメディアは東京ドームに全員集合しているため、記事にはならないだろうという話だ。

東京ドームもまた信じられないほど巨大な会場で、午前中に僕が会場入りすると、既にファンの人々が整然と列を作り、開場を待ちわびている。

ここのところ殆どずっとそうだったように、今日も忙しい1日で、時間があっという間に過ぎていく。ポールが会場に着いたのは、午後4時20分を少し過ぎた頃。そのままサウンドチェックへと向かう。

ポールはサウンドチェックの後、彼の申し出により今夜の公演に特別招待された、東日本大震災の被災者の方々と対面した。

彼が対面した10人は皆、故郷を離れることを余儀なくされ、未だ帰宅が叶わずにいる。10人の内訳は、まず50代のご夫婦、そして浪江町出身の30歳の男性と20歳の姪ごさん。浪江町は原発事故の影響を受けて避難区域に指定されている町だ。それから、いわき市立中学の女子生徒2人と先生。この中学では、高濃度の放射性物質に汚染されている居住地から避難しなくてはならなくなった生徒達を受け入れている。この女子生徒2人は同校の報道委員会に所属しており、避難中の人々から寄せられたメッセージを現在も発信し続けているそうだ。また、自身も被災者であるにも関わらず、他の被災者の人々を元気づけるため、ビートルズの曲を演奏するコンサートをボランティアで行っている40歳の男性も。そして最後の2人は30代のご夫婦で、店と自宅が津波で流されてしまったが、今は暮らしを立て直そうとしているところだという。夫妻のうち夫の方は父親を亡くされたそうだけれども、この日は1歳になるとても可愛い娘さんをポールに会わせるため連れて来ていた。

被災者の方達と語り合い、彼らの話に聞き入ったポール。ポールとの対面後、集まった被災者の方は僕にこう話してくれた。「私達はずっと恐ろしい暗闇の中にいました。ポールと直接対面する機会を持てたなんて、今も信じられません。私達は皆、ポールと会ってすごく励まされました。彼はとても思いやりのある人のようで、被災地のことを心から気に掛けていてくれました」

公演本編は、今夜も極上のロックンロールの夕べ。ポールはさらに日本語の語彙を増やしており、ファンの皆さんもお気づきの通り、その中で彼が多用しているのは「最高!」(“サイコー!”と発音[*英語では“psycho=頭がイッちゃってる”という意味]という一言。日本語では“この上なく素晴らしい”という意味だ)。

公演後その話題になると、ポールは英国に帰ってからもその言葉(“サイコー!”)を日常で使うつもりだ、と笑いながら語っていた。

Monday 18th November:
Tokyo show 1

Nikkan Sports newspaper has a massive picture of Paul holding a Japanese flag on the front of their paper today. The headline when translated reads ‘Paul is turning Japanese’. Japan has really taken Paul to heart. He has impressed the nation with his effort to speak their language and by getting involved with the sumo.

Masa can’t stop smiling. ‘You don’t understand what a big deal this is’, he keeps telling me but I’m pretty sure I do! What he means is that entertainment very rarely makes headline news in Japan. He also explains there is a big US artist in town this week playing tonight who will get no coverage as all of Tokyo’s media are at the Dome.

The Tokyo Dome is another unbelievably massive venue and when I arrive in the morning fans are already forming orderly lines, waiting for the venue to open the doors.

It’s a busy day today that, like so many of these days, goes by in a flash. Paul arrives at the venue just after 4:20PM and is straight into soundcheck.

After soundcheck Paul met evacuees from Fukushima that he had specially invited to the show.

The ten he met were all forced to leave their homes and as yet have not been able to return. The group included a couple in their 50s, a 30-year-old man and his 20-year-old niece from Namiemachi, a town from the evacuation zone established after the nuclear accident. The party also included two girls and a teacher from the Iwaki Municipal Middle School, a school that has been taking in pupils who have had to leave areas with high radiation levels. The two girls belong to a media society at the school, which still continues to broadcast messages from people who have been evacuated from the disaster zone. Another member of the party is a 40-year-old man who has been giving voluntary concerts of Beatles songs to encourage other evacuees, despite being a victim of the disaster himself. The last two were a couple in their 30s whose shop and house were destroyed by the tsunami but are starting to rebuild their lives, despite the husband losing his father as well, they also brought their very cute one year old daughter to meet Paul too.

Paul chatted with the group and listened to their stories. After meeting with Paul the assembled group told me, “We’ve been through a terrible darkness and I can’t believe we’ve had this chance to meet Paul. It was really encouraging for all of us to meet him. He seemed such a kind man and was really concerned about Fukushima.”

The show itself is another brilliant evening of rock n’ roll. Paul has learnt even more Japanese now and one word he’s be using that the fans have been picking up on is ‘最高!’ (Saikoh! Pronounced psycho-r!) – it means fantastic!

Later that evening we talk about it with Paul and he laughs that he’s going to bring the word back with him to England and start using it in every day use.

(c)ユニバーサル・ミュージック、Paul McCartney.com
http://www.universal-music.co.jp/paul-mccartney/news/report
http://www.paulmccartney.com/news-blogs/for-whom-the-bell-tells/27717-for-whom-the-bell-tells-issue-25


The Report by English. From the article I posted to Macca Report by Jorie Gracen.
http://themaccareport.com/news/nov13.htm

The sound check began at 4:25 pm and ended at 5:05 pm. It was shorter than the previous sound checks in Fukuoka and Osaka.

Macca arrived on stage and greeted the VIP ticket holders with “Hi, soundcheckers!”

Several of the sound checkers came from different countries including “Super Macca Fan” and Macca Reporter, McCartney Giannoni who flew in from California.

“A special treat Paul did -“On My Way To Work” (at the sound check). First time played live for Japanese fans!”

Because the sound check was shorter than usual, doors opened at 5:15 pm for the public. Doors at the Tokyo Dome are rotating so it took longer for fans to get into the stadium. Some missed the beginning of the show which started at 7:10 pm.
Photography taking was banned at the Tokyo concert reportedly because of a complaint at the Fukuoka Dome that there were too many camera flashes. Compact digital cameras were allowed at both Osaka concerts and at the sound check in Tokyo but not allowed during the Tokyo concert. IPads and smart phone photos were allowed at The Tokyo Dome.

In a statement McCartney’s management apologized for the camera ban policy at The Tokyo Dome and said (via translation) that the policy was set by the local concert organizers.

The concert ended at 9:55 pm. 

 

 


 

(c)Jash http://pmccartney.com

Twitter http://twitter.com/mccartney_news
Facebookページ http://www.facebook.com/beatlesjpn
mixiページ http://page.mixi.jp/view_page.pl?page_id=293394

過去のポール・マッカートニー日本公演での演奏曲(データ)

過去のポール・マッカートニー日本公演での演奏曲です。

  • 1990年
    1.Figure Of Eight
    2.Jet
    3.Got To Get You Into My Life
    4.Rough Ride
    5.Band On The Run
    6.We Got Married
    7.Let ‘Em In
    8.The Long And Winding Road
    9.The Fool On The Hill
    10.Sgt.Pepper’s Lonely Hearts Club Band
    11.Good Day Sunshine
    12.Can’t Buy Me Love
    13.Put It There~Hello Goodbye
    14.Things We Said Today
    15.Eleanor Rigby
    16.This One
    17.My Brave Face
    18.Back In The U.S.S.R.
    19.I Saw Her Standing There
    20.Coming Up
    21.Let It Be
    22.Ain’t That A Shame
    23.Live And Let Die
    24.Hey Jude
    25.Yesterday
    26.Get Back
    27.Golden Slumbers~Carry That Weight~The End

    ※日によって「P.S. Love Me Do」を演奏

  • 1993年

    1.Drive My Car
    2.Coming Up
    3.Looking For Changes
    4.Jet
    5.All My Loving
    6.Let Me Loll It
    7.Peace In The Neighbourhood
    8.Off The Ground
    9.Can’t Buy Me Love
    10.Robbie’s Guitar Bit
    11.Good Rookin’ Tonight
    12.We Can Work It Out
    13.I Lost My Little Girl
    14.Ain’t No Sunshine
    15.Hope Of Deliverance
    16.Michelle
    17.Biker Like An Icon
    18.Here There And Everywhere
    19.Yesterday
    20.My Love
    21.Lady Madonna
    22.C’mon Peopel
    23.Magical Mystery Tour
    24.Let It Be
    25.Live And Let Die
    26.Paperback Writer
    27.Back In The USSR
    28.Penny Lane
    29.Sgt.Peppers Lonely Hearts Club Band
    30.Band On The Run
    31.I Saw Her Standing There
    32.Hey Jude

  • 2002年

    1.Hello Goodbye
    2.Jet
    3.All My Loving
    4.Getting Better
    5.Coming Up
    6.Let Me Roll It
    7.Lonely Road
    8.Driving Rain
    9.Your Loving Flame
    10.Blackbird
    11.Every Night
    12.We Can Work It Out
    13.You Never Give Me Your Money~Carry That Weight
    15.Fool On The Hill
    16.Here Today
    17.Something
    18.Eleanor Rigby
    19.Here, There And Everywhere
    20.Michelle
    21.Band On The Run
    22.Back In The U.S.S.R
    23.May’be I’m Amazed
    24.Let ‘Em In
    25.My Love
    26.She’s Leaving Home
    27.Can’t Buy Me Love
    28.Live And Let Die
    29.Let It Be
    30.Hey Jude
    31.The Long And Winding Road
    32.Lady Madonna
    33.I Saw Her Standing There
    34.Yesterday
    35.Sgt.Pepper’s Lonely Hearts Club Band(Reprise)~The End
    ※大阪公演はCalico Skiesを追加

  • 2013年ツアー ※Out There! Tourのセットリストで日本公演のものではありません。

    1. Eight Days A Week
    2. Junior’s Farm
    3. All My Loving
    4. Listen To What The Man Said
    5. Let Me Roll It/Foxy Lady coda
    6. Paperback Writer
    7. My Valentine
    8. Nineteen Hundred And Eighty-Five
    9. The Long And Winding Road
    10. Maybe I’m Amazed
    11. I’ve Just Seen A Face(日によってはThings We Said Today)
    12. We Can Work It Out
    13. Another Day
    14. And I Love Her
    15. Blackbird
    16. Here Today
    17. Your Mother Should Know
    18. Lady Madonna
    19. All Together Now
    20. Lovely Rita
    21. Mrs. Vandebilt
    22. Eleanor Rigby
    23. Being For The Benefit Of Mr. Kite!
    24. Something
    25. Ob-La-Di, Ob-La-Da
    26. Band On The Run
    27. Back In The USSR
    28. Let It Be
    29. Live And Let Die
    30. Hey Jude
    31. Day Tripper
    32. Hi Hi Hi
    33. Get Back (日によってはI Saw Her Standing There)
    34. Yesterday
    35. Helter Skelter
    36. Golden Slumbers/Carry That Weight/The End

【映像集】ポール・マッカートニー2013年日本公演「Out There! Japan Tour」映像集

某所で拾ってきました。ログが消えないうちに、こちらにもリンクURLを貼っておきます。
1. Eight Days A Week
11.11.


11.12.


11.15.



11.18.


11.19.

11.21.

3. All My Loving
11.12.




11.15.


11.18.

11.19.


4. Listen To What The Man Said
11.11.

11.12.


4. Jet
11.19.


6. Paperback Writer
11.11.



11.12.



11.18.


11.21.

8. Nineteen Hundred And Eighty Five
11.12.

9. The Long And Winding Road
11.11.

11.12.




11.15.

11.18.


11.19.


10. Maybe I’m Amazed
11.11.


11.12.


11.18.

11.19.

11. I’ve Just Seen A Face
11.18.

12. We Can Work It Out
11.21.


13. Another Day
11.12.

11.18.

11.19.

11.21.

14. And I Love Her
11.11.

11.12.



11.15.

11.18.

11.19.

11.21.


15. Blackbird
11.11.

11.12.




11.15.


11.18.

16. Here Today
11.11.


11.12.

11.15.


11.18.


11.19.

17. New
11.11.

11.12.

11.15.

18. Queenie Eye
11.11.

11.12.

19. Lady Madonna
11.11.

11.12.

11.18.

20. All Together Now
11.11.

11.15.

21. Lovely Rita
11.11.

11.12.



11.15.

22. Everybody Out There
11.12.

23. Eleanor Rigby
11.11.

11.12.



11.15.

11.19.

11.21.

24. Being for the Benefit Of Mr. Kite!
11.11.


11.12.


11.15.

11.18.

11.21.

25. Something
11.12.



11.18.

11.19.


11.21.

26. Ob-La-Di, Ob-La-Da
11.11.

11.12.


11.15.

11.21.

27. Band On The Run
11.12.


11.15.

11.19.

11.21.

28. Back In The U.S.S.R.
11.11.

11.12.

11.19.

29. Let It Be
11.11.





11.12.




11.19.

11.21.

30. Live And Let Die
11.11.




11.12.




11.18.


11.21.


31. Hey Jude
11.11.





11.12.



11.18.




11.19.


11.21.

32. Day Tripper
11.11.

11.12.


11.15.

11.18.


33. Hi Hi Hi
11.15.

11.18.



11.21.

34. Get Back
11.11.

11.18.


11.21.

34. I Saw Her Standing There
11.15.

35. Yesterday
11.11.


11.12.



11.15.


11.18.

11.21.






36. Helter Skelter
11.11.


11.12.




11.15.


11.18.

11.21.

37. Golden Slumbers/Carry That Weight/The End
11.12.



11.15.


11.18.


11. Things We Said Today
11.19.

digest
11.09.

11.11.

11.12.

11.15.

11.18.



11.19.


11.21.