ポール・マッカートニーのファンサイト(非公認)。ポール・マッカートニーやビートルズの最新ニュース、アルバム・楽曲の解説、ライブ・ツアー記録、新譜・テレビ放送等。

Windows8のメトロスクリーンのスキップと、Windows7以前の左下のスタートボタンを復活させるソフト

Windows8のメトロスクリーンのスキップと、Windows7以前の左下のスタートボタンを復活させるソフト


このエントリーをはてなブックマークに追加

久々にパソコン便利帳のアップです。
今年の5月(だったかどうか忘れましたが、それくらい)にWindows8搭載のSONY VAIO DUO11を購入したのです。しかしWindows8が慣れないので使い勝手が悪いこと、悪いこと・・・。
タッチパネルが使えるようになったのはいいのですが、家でデスクトップとして使っているときはマウスの方が使いやすく、あまりタッチパネルを使わないし、外で使うこともあまりないし・・・。挙句の果てには、マウスのカーソルがいきなり右上や左上にぴょんぴょん飛んだりして、使いにくい・・・ SONYのサポートセンターに問い合わせたら、修正のソフトを送ってくれて少しはマシになりましたが、まだ、Microsoft Excelを使っているときは、この症状が発現します。

(参考)http://hotstreet.vaio.sony.co.jp/article/article.php?id=104636

それ以外にも、普段Windows8を使っていて不便だなあと思ったのが、ログインすると「メトロスクリーン」という最初の画面(たぶん、iPadやAndroidを意識していると思う)が出現し、いちいち「デスクトップ」を押さないと、通常のWindowsが使えないこと。さらに、シャットダウンするには、メトロスクリーンに遷移してログオフして、それからシャットダウンボタンを押すこと。ふた手間くらいかかります。

そこで、いろいろと検索してたんですが、便利なソフト発見しました。

「Classic Shell J」というソフトです。左下に、Windows7以前にあった「スタートボタン」を復活させることができ、そこからシャットダウンできますし、さらに起動時にメトロスクリーンをスキップして、いきなりデスクトップに遷移することができます。

解説はここ。(下にログを残してます)

http://xn--windows8–y54h8i7e.dnki.co.jp/

 

ソフトウェアはここ。

http://www.dnki.co.jp/content/view/153/

 

ちなみに、ボタンひとつでシャットダウンしたい自分は、ここの方法にならって、シャットダウンボタンをデスクトップに作りましたが。
(これも下のログ残してます)

http://windows8.a-windows.com/shutdownbutton.html

(c)Jash http://pmccartney.com

 


 

1.モダンUIの可否設定

Windows8 になりGUIが二重化されました。モダン(旧称メトロ) UIと、従来のデスクトップUIです。
本サイトでは無料配布ソフ ト「Classic Shell J」のモダン(旧称メトロ) UIを制 限する設定を紹介します。

スタートメニューから設定を選ぶ

Classic Shellのスタートボタンから[Classic スタートメニュー設定]を選択します。

フル設定を選ぶ

 最初は基本設定にボタンが設定しています。
フル設定を選んでください。

Windows8、メトロUIの設定

 フル設定を選ぶと多くのタブメニューが出ます。ここで[Windows8設定]を選んください。
この画面がモダンUI(メトロ)の無効化、半無効化、全有効化を決定します。

 初期値においては全有効化の設定になっています。

2.モダンUIの全有効化設定

  「Classic Shell J」導入時の初期設定です。
この状態の時、モダンUI(メトロ)は全有効となります。

メトロ 有効 設定

3.モダンUIの全無効化設定

メトロ 無効化 設定

 画面をこのようにすると、メトロは無効になります。
要点は2つです。

1.【メトロスクリーンをスキップ】をONにする。
 これでPCはログオン後、直接デスクトップ画面に遷移します。
 メトロのスタートメニューをスキップします。

2.アクティブコーナーの設定を、3選択のうち後2つのいづれかを選ぶ。
 どちらの設定も、スタート画面への遷移メニューを停止します。

スタートスクリーンへの遷移ボタン

 マウスを左下コーナーに移動した時に表示するこのボタンの表示を抑止します。
 スタートスクリーンへの遷移ボタンだけ禁止し、他のコーナーを有効にしたい時は[スタートスクリーン]を選択してください。
 [All]を選んだ場合、全コーナーのボタンを禁止します。

4.モダンUIの半有効化設定

メトロ 半有効化 設定

 モダンUIを半有効化したい時はこのように設定してください。
PCは通常、デスクトップUIで作動する。しかし、必要に応じていつでもスタートスクリーンに遷移できる設定です。

■「Classic Shell J」の入手先

Windows8快適化ソフト Classic Shell スタートボタン復活
http://classicshell.dnki.co.jp/

 


Windows 8をシャットダウンするには、チャームを表示させなければならず、以前のWindowsに比べてなんとなく面倒だと感じている人も多いかも知れません。

それなら、デスクトップにシャットダウンのボタンを作ってしまいましょう。ショートカットを作るだけですから、とても簡単です。

まずはこの↓文字をコピーしておきます。(※前後に余計なスペースなど入らないよう、気を付けて)

次にデスクトップ画面の何もない所で右クリックし、「新規作成」→「ショートカット」をクリック。

開いたウインドウにコピーしておいた文字を貼り付け「次へ」→「完了」をクリックで作成完了です。

↑はい、デスクトップに shutdown.exe というショートカットアイコンができましたね。

これをダブルクリックすれば、すぐにシャットダウンされます。

※いきなりシャットダウンになるので、作業中のウインドウなどは全部閉じてからダブルクリックしてくださいね


シャットダウンボタンのアイコンを変える

こうして作成したWindows8のシャットダウンのアイコンは、普通のファイルみたいです。間違ってクリックしないよう、電源ボタンに見えるアイコンに変更しましょう。

まずはできたショートカットアイコンの上で右クリックし、「プロパティ」を開きます。

「アイコンの変更」ボタンをクリックすると、「・・・利用できるアイコンがありません」というメッセージが開きますので「OK」をクリックします。

するとアイコン一覧が出るので、赤い電源ボタンのような目立つマークのアイコンをクリックて「OK」します。

プロパティ画面に戻るので、もう一度「OK」をクリックして画面を閉じれば、ショートカットアイコンが電源マークに変更されます。

↑シャットダウンボタンのできあがりです。

これなら目立つので、ファイルと間違ってダブルクリックしなくて済みそうです。

※できたアイコンの上で右クリックをして「スタートにピン留め」をクリックすると、スタート画面にもシャットダウンのタイルが追加されます。

 

« »

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA