ポール・マッカートニーのファンサイト(非公認)。ポール・マッカートニーやビートルズの最新ニュース、アルバム・楽曲の解説、ライブ・ツアー記録、新譜・テレビ放送等。

Latest News

ポール・マッカートニー「マッカートニーIII」特設サイト Paul McCartney New Album “McCartneyIII”” 2020.12.18

🎲🎲🎲🎲🎲🎲🎲🎲🎲🎲🎲🎲🎲🎲🎲🎲🎲🎲🎲🎲🎲🎲🎲🎲🎲🎲🎲🎲🎲🎲🎲

2020年10月22日(木)に、ポール・マッカートニーの公式サイト(英語)及び各国の販売元レーベルから、ポール・マッカートニーのソロとして18枚目のアルバム「McCartney III」が2020年12月11日(金)に発売されることが発表されました。
※11月20日に発売日が一週間遅れて12月18日(金)になることが発表されました。

当初、ポール・マッカートニーは2020年にアルバムを発売する予定はなかったが、コロナ渦で娘メアリーの家族と自宅に閉じこもっている間、過去の曲を整理したり好きなように自ら楽器をレコーディングしたりして、自然発生的にアルバムを発売する分量の曲のレコーディングを完了し、アルバムとして発売することになったとのことです。

アルバムのタイトルに「McCartney III」と冠したのは、同じく自宅レコーディングで1人で仕上げた「McCartney」(1970年)、「McCarneyII」(1980年)と制作過程が似ていることからきていると、ポール本人が語っています。ポール単独のプロデュース作品としても、1980年発表「McCarneyII」以来です。

ポールは2020年にアルバムの発売を予定していなかった。しかし、“Rockdown”[訳注:封鎖という意味のlockdownをロックのRockと掛けてロックが出来ないという意味で使っている]での隔離状態中に、既に出来ていた音楽的なアイデアを整理して、新たな音楽を作り始め、すぐに幅広いジャンルの音楽が『McCartney III』として出来上がったのだ。『McCartney』、そして『McCartney II』の伝統に則り、そのタイトルが表す通りすべての作業を自身で行ったセルフ・プロデュース作品がポールの新たな10年の幕開けの年を飾ることになる。

サセックス州で今年レコーディングされた『McCartney III』は、そのほとんどでポールがギター、もしくはピアノを弾きながら生で歌っているものを収録し、その録音の上にベースやドラムを後からダビングしている。このプロセスは、ポールが最初に90年代初めに作りながらも未発表曲となった「When Winter Comes」(ジョージ・マーティンとの共同プロデュース)に手つけたときに閃いた方法だった。ポールはこの曲に新たな旋律をつけ、「Long Tailed Winter Bird」としてアルバムのオープニングに持ってきた。そして「When Winter Comes」の方は2020年ヴァージョンの「Winter Bird」というイントロをつけて、アルバムのフィナーレに据えた。

1曲目の「Long Tailed Winter Bird」と、最後に収録された「Winter Bird/When Winter Comes」は、魂を見つける旅や物思いに耽るような曲、楽しい曲や騒々しい曲、そしてその中間の曲など、『McCartney III』の幅広くヴァラエティに富んだ様々なムードに対応した曲を、最初と最後で挟んでいる。

そしてこれらの曲ではポールのルード・スタジオで使われた楽器の音が聞くことができ、一番古いものでは、1971年のウイングスでのセッションで使用された楽器も含まれている。それら、ヴィンテージ楽器のラインナップも、それぞれに歴史的な背景があるものばかりだ。エルヴィス・プレスリーのオリジナル・トリオのメンバーだったビル・ブラックのダブル・ベース、そしてポールの有名なヘフナーのヴァイオリン・ベース、そしてザ・ビートルズのレコーディングでも使用したアビイ・ロード・スタジオのメロトロンなどはそのほんの一例である。

『McCartney』と『McCartney II』の写真がリンダ・マッカートニーの手によるものだったことを踏まえ、『McCartney III』の写真もポールの娘のメアリー・マッカートニーの写真がメインで、他にポールの甥のソニー・マッカートニーの写真や、ポール自身が自分の携帯で撮った写真も使用されている。アルバム・ジャケットと文字のデザインはアメリカの著名なアーティストのエド・ルシェが手がけている。

引用元:https://www.udiscovermusic.jp/news/paul-mccartney-announces-mccartney-iii-album

⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂

目次

1.収録曲
2.発売に至るまでの経緯
3.発売フォーマット・グッズ
4.ポールのコメント及びインタビュー
5.関連動画
6.関連サイト

7.関連記事

⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂

⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂

1.収録曲

1. Long Tailed Winter Bird
2. Find My Way
3. Pretty Boys
4. Women and Wives
5. Lavatory Lil’
6. Deep Deep Feeling
7. Slidin’
8. The Kiss of Venus
9. Seize the Day
10. Deep Down
11. Winter Bird / When Winter Comes
bonus track (日本デラックス版SHM-CDのみ)
12.Women and Wives (Studio Outtake)
13.Lavatory Lil’ (Studio Outtake)
14.The Kiss Of Venus  (Phone Demo)
15.Slinding (Dusseldorf Jam)

全11曲、約33分。LP版では、トラック7からB面。


ニューアルバム発売に際して、発売日(12月18日)の12日前から「12DaysOfPaul」と題したキャンペーンが開始されました。
世界の主要都市の看板に、ニューアルバムから1曲ずつ、収録曲の楽譜を描いた宣伝用看板が掲示されるとともに、看板が設置された国のアーティストがカバーする動画が公開されています。

1. Long Tailed Winter Bird

「タイトルの由来は、この曲が長編曲になったことから、「冬の長尾鳥」と名付けた。 そして、ちょっとした事実だけど、ボクの鳥の本には長い尾のついたアヒルがいたんだ!」(ポール・マッカートニー)

The title came about when it was extended into a full-length song so we called it Long Tailed Winter Bird. And a little fact for you, in my bird book I saw a long tailed duck!(Paul McCartney)

歌詞
Do you miss me?
Do you feel me?
Do you miss me?
Do you feel me?
Do you miss me?
Do you feel me?
Do you touch me?
Do you…
[Repeat]

© 2020 MPL Communications Ltd.

(イギリス・ロンドン)

2. Find My Way

https://www.tiktok.com/@paulmccartney/video/6907665007207533829

「この曲ではアビーロードスタジオのMustel製ハーモニウムを使った。ピアノでFind My Wayを始めたんだけど、車の中で音楽を聴いていた時に思いついたアイデアが元になっていて、ラジオから好きなビートが流れていたから、それに合わせて自分の言葉と曲調を作って歌い始めたんだ。ボクは実際には、ボクが好きではないと決めた詩のための全く異なるアイデアを持っていたし、最終的には新しいアイデアを入れて、それが今では中心になっているよ!ボクは好きでないことができないんだ。」(ポール・マッカートニー)

I used my Mustel Harmonium which was from Abbey Road on this.
I started Find My Way on the piano, it was based on an idea that I’d had in the car when I was listening to music and there was a beat on the radio I liked so I just started singing along with it making up my own words and tune.
I actually had a whole different idea for the verses which I decided I didn’t like and eventually put in a new idea which is now the middle! (Paul McCartney)

歌詞

Well I can find my way
I know my left from right
Because we never close
I’m open day and night

VERSE 2
I know my way around
I walk towards the light
I’m open round the clock
I don’t get lost at night

MIDDLE
You never used to be
Afraid of days like these
But now you’re overwhelmed
By your anxieties
Let me help you out
Let me be your guide
I can help you reach
The love you feel inside

[Repeat verse 1]
[Repeat middle]
[Repeat verse 2]
[Repeat middle]

I know my way around
I walk towards the light
I’m open round the clock
I don’t get lost at night

© 2020 MPL Communications Ltd.

(アメリカ、ロサンゼルス)

3. Pretty Boys

https://www.tiktok.com/@paulmccartney/video/6907590034346511621

Pretty Boysは、男性モデルたちの新聞記事から生まれた。ニューヨークの通りを歩いていたら、大きな自転車が並んでいるのを見て、いいアイデアだと思ったんだ。この曲ではKay M-1アップライト・ベースを使った。 以前はビル・ブラックがエルビスのツアーに参加した時に使用していたもの。 かっこいい!(ポール・マッカートニー)

Pretty Boys came from a newspaper article about some male models who’d got annoyed at a photographer who’d been too aggressive and a bit abusive.
I was walking along the street in New York, I saw a big line of bicycles and I thought ok well that’s a nice idea, ‘a line of bicycles for hire…’ So the idea is about male models being for hire.
I got to use the Kay M-1 upright bass on this. Previously played and owned by Bill Black when he played and toured with Elvis. How cool is that!(Paul McCartney)

歌詞

Look into my lens
Give me all you got
Work it for me baby
Let me take my best shot

Meet the Pretty Boys
A line of bicycles for hire
Objects of desire
Working for the squire
You can look but you’d better not touch

’Cause here come the Pretty Boys
They’re gonna set your world on fire
Objects of desire Preaching to the choir
They can talk but they never say much

Strike another pose
Try to feel the light
Hey, the camera loves you
Don’t put up a fight

There go the Pretty Boys
A row of cottages for rent
For your main event
They’re what the angels sent
You can look but you’d better not touch

Look into my lens
Try to feel the light
Hey, the camera loves you
It’s gonna be alright

Oh, here come the Pretty Boys
A line of bicycles for hire
Objects of desire
When they’re working for the squire
You can look but you’d better not touch

The Pretty Boys
But you’d better not touch

The Pretty Boys

© 2020 MPL Communications Ltd.

(メキシコ、メキシコシティ)

4. Women and Wives

Women and Wivesは、ちょうどブルース・アーティストのLead Bellyの本を読んでいた時に書いた曲で、ブルージーな気分になりたくて、簡単なコードを弾いて、ブルージーなスタイルをイメージして歌い始めたんだ。もし誰かにこのアルバムからの曲を1曲歌ってくれと言われたら、それはこの曲になるだろうね!(ポール・マッカートニー)

Women and Wives I wrote when I had just been reading a book on the Blues artist Lead Belly, so I was trying to get in this bluesy mood so I played simple chords and started singing in what I imagined was like a bluesy style.
If anyone asked me to sing one of the songs off this album it would be this one!(Paul McCartney)

歌詞

VERSE 1
Hear me women and wives
Hear me husband and lovers
What we do with our lives
Seems to matter to others
Some of them may follow
Roads that we run down
Chasing tomorrow

VERSE 2
Many choices to make
Many chains to unravel
Every path that we take
Makes it harder to travel
Laughter turned to sorrow
Doesn’t get me down
Chasing tomorrow

MIDDLE
When tomorrow comes around
You’ll be looking at the future
So, keep your feet upon the ground
And get ready to run

VERSE 3
Now hear me mothers and men
Hear me sisters and brothers
Teach your children and then
They can pass it to others
Some of them may borrow
Tales you handed down
Chasing tomorrow

[Repeat verse 1]
Get ready to run

Chasing tomorrow
Get ready to run

© 2020 MPL Communications Ltd.

(オーストラリア、シドニー)

5. Lavatory Lil’

「ラバトリー・リル」は、あなたが好きではない人や仲良くなれなかった人のことで、ボクたちの人生にはそういう人がたくさんいると思う。誰か特定の人のことではないけど、架空のキャラクターなんだ。ジョンの昔の曲「Polythene Pam」を思い出すんだけど、ある人のイメージを半分だけ持っていて、その人が何をしていて、どんな人なのかをフィクションにしてしまうんだ。僕の奥さんがこの美しい小さな1954年製のテレキャスターをくれたんだけど、このアルバムまであまり弾いていなかったから、Lil’のリード・パートに出る絶好のチャンスをくれたんだ。(ポール・マッカートニー)

Lavatory Lil’ is about anybody that you don’t like and that you didn’t get on with and I think in our lives we have a lot of people like that. It’s not about anyone in particular but it is a fictitious character.
It harks back to one of John’s old songs, Polythene Pam, and what you do is you take half an idea of someone, you just make a fiction about what they do and what they’re like, so that was Lavatory Lil.
My missus gave me this beautiful little 1954 Telecaster which I haven’t played too much until this album, so it gave me a great chance on the lead part of Lil’.(Paul McCartney)

歌詞

Look out for Lavatory Lil
Look out for Lavatory Lil
You think that she’s a winner
When she’s cooking you your dinner
But she’s really moving in for the kill
Lavatory Lil

Watch out for Lavatory Lil
Watch out for Lavatory Lil
She says it’s hunky dory
When she’s telling you her story
But she really thinks you’re making her ill
Lavatory Lil

If you saw it coming at you
You could look the other way
But it isn’t easy
When she’s rolling in the hay

So much for Lavatory Lil
So much for Lavatory Lil
You think she’s being friendly
But she’s looking for a Bentley
And she’d rather go and swallow a pill
Lavatory Lil

If you saw that she was coming
You could get up off the track
But it isn’t easy
When she hits you in the back

That’s it for Lavatory Lil
That’s it for Lavatory Lil
She’s acting like a starlet
But she’s looking like a harlot
As she’s slowly heading over the hill

Lavatory Lil
Lavatory Lil

© 2020 MPL Communications Ltd.

(アメリカ、トロント)

6. Deep Deep Feeling

Deep Deep Deep Feelingはジャムのようなものをやっていたんだけど、ある特定のムードにしたかったんだ。もっと短くてもいい長さに編集しようと思っていたんだけど、最後まで聴いてみたらとても気に入ったので、8分にした。このようなアルバムを作ることは、ある程度、甘やかすことでもあるんだ。でも、楽しむことでもある。このアルバムでは、ヴィンテージのブレネル・テープ・マシンを使って、ギター・テープ・ループの「オーケストラ」を作ったんだ。(ポール・マッカートニー)

Deep Deep Feeling was from a kind of jam that I had done, I’d wanted to get in a particular mood, a very sort of empty spacey mood, so I just made up stuff so it was just a combination of ideas that became an 8 minute song.
I was thinking of editing it down to a shorter more reasonable length but when I listened through to it I liked it so much (he said modestly…) that I kept it 8 minutes.
The thing about making an album like this is, to some degree, indulgent. But then it’s also about having fun.
I used my vintage Brenell Tape machine on this to create a guitar tape loop ‘orchestra’ ? which consisted of two different chords each made up of five notes.(Paul McCartney)

歌詞

You know that deep deep feeling
When you love someone so much
You feel your heart’s gonna burst
The feeling goes from best to worst
You feel your heart is gonna burst

Here in my heart
I feel a deep devotion
It almost hurts
It’s such a deep emotion

Now every time it rains
It sometimes gets too much
You know I feel the pain
When I feel your loving touch

Emotion burns an ocean of love
You got that hot emotion
Burns an ocean of love
The deep deep pain of feeling
The deep deep pain of feeling
The deep deep pain
The deep deep pain of feeling
The deep deep pain

So intense the joy of giving
How does it feel
So immense the thrill of living
How does it feelSo intense the joy of giving
How does it feel
The deep deep pain
So immense the thrill of living
How does it feel

Sometimes I wish it would stay
Sometimes I wish it would go away
Emotion…

The deep deep pain of feeling
The deep deep pain of feeling
The deep deep pain of feeling
The deep deep pain

You know that deep deep feeling
The deep deep painWhen you love someone so much
You feel your heart’s gonna burst
The feeling goes from best to worst
You feel your heart is gonna burst

Sometimes I wish it would stay
EmotionSometimes I wish it would go away
Sometimes I wish it would stay
Sometimes I wish it would go away
The deep deep pain…

So intense the joy of giving
Sometimes I wish it would stay
How does it feel
So immense the thrill of living
Sometimes I wish it would go away
How does it feel
So intense the joy of giving
Sometimes I wish it would stay
How does it feel
The deep deep pain
So immense the thrill of living
Sometimes I wish it would go away

Sometimes I wish it would stay
Sometimes I wish it would go away…
The deep deep pain

Go away, go away
Stay, stay, stay

You know that deep deep feeling
When you love someone so much
You feel your heart’s gonna burst
The feeling goes from best to worst
You feel your heart is gonna burst

So intense the joy of giving
Sometimes I wish it would stay
How does it feel
So immense the thrill of living
Sometimes I wish it would go away
How does it feelSo intense the joy of giving
Sometimes I wish it would stay
How does it feel
So immense the thrill of living
Sometimes I wish it would go away

© 2020 MPL Communications Ltd.

(ドイツ、ベルリン)

7. Slidin’

https://www.tiktok.com/@paulmccartney/video/6907599858757061893

Slidin’は、ドイツのデュッセルドルフで演奏していた時のサウンドチェックのジャムから生まれたんだ。サウンドチェックの時にギターをチェックしていると、何かを作ってみるのが好きで、バンドも参加してくれるんだ。ジャムを始めたら、気に入ったリフが出てきて、それが頭の中に残っていたので、僕のバンドと一緒にエジプト・ステーションのためにレコーディングしたんだけど、うまくいかなかったんだ。半分くらい出来上がっていたんだけど、あちこち変えてみたらスライディンになった。冬季オリンピックを聴いていたら、アナウンサーが「スライディング」と言っているのを聞いたんだけど、スノーボードやスキー、トボガンなど、滑りがあるものなら何でもいいんだ!と思ったんだ。滑りのあるものなら何でもいいんだ!」と思ったんだけど、それがこの曲になったんだ。この曲ではStuder J37 Tape Machineを使った。ドラムは倍速で録音した。(ポール・マッカートニー)

Slidin’ came from a soundcheck jam when we were playing in Dusseldorf in Germany. During soundchecks when I’m checking my guitar, I like to try and make something up and the band will join in.
I started jamming and this riff came out that I liked, it stayed in my brain, so we recorded it for Egypt Station with my band but it didn’t work out. I had it half finished and I changed some things here and there, and it became Slidin.
I would listen to the Winter Olympics and hear the announcers saying ‘sliding’ when they meant Snowboarding, Skiing or Tobogganing – anything with slides! I thought that’s great, a nice group name for all of those, and that became the song.
We used our Studer J37 Tape Machine on this track. The drums were recorded at double speed. (Paul McCartney)

歌詞

I know there must be other ways
Of feeling free
But this is what I wanna do
Who I wanna be

And every time I try
I feel like I can fly
But I know that I can Die trying

CHORUS
I’m slidin’
Gliding through the air
I can see my body through
Windows in my hair
I’m slidin’
Gliding through the air

I know nobody’s dancing here
But us dragonflies
We’re the only ones awake
We own the skies

And every time I try
I feel like I can fly
But I know that I can
Die trying

[Repeat chorus]
[Repeat chorus]

I can feel my body burn
Slidin’ through the air

© 2020 MPL Communications Inc/Ltd.

(アメリカ、ニューヨーク)

https://twitter.com/PaulMcCartney/status/1337079633649397761

8. The Kiss of Venus

Kiss Of Venus… ボクの友人が小さなヒッピーの本をくれたんだけど、その本は惑星や地球、金星、火星、月の動きについて書かれていて、とても魅力的だった。本の中では、時間をかけてすべての軌道を見てみると、本当に魅力的なパターンが描かれていて、その中には蓮の花のように見えるものもあるということが書かれていた。アイデアを探していたら、この本には「金星のキス」というフレーズがあって、地球が金星に最も近づくときの意味が書かれていたので、歌にするにはいいアイデアだなと思った。(ポール・マッカートニー)

Kiss Of Venus… A friend of mine gave me a little hippy book which was fascinating because it’s all about the movements of the planets and Earth and Venus and Mars and the moon.
In the book it shows you that if you look at all the orbits over time, they actually trace out really fascinating patterns and some of them look like a lotus flower which is kind of wow, kind of magical!
I was looking for ideas and the book said the phrase ‘the kiss of Venus’ meaning when Earth comes closest to Venus, and I thought well that’s a great idea for a song(Paul McCartney)

歌詞

VERSE 1
The kiss of Venus
Has got me on the go
She scored a bullseye
In the early morning glow
Early morning glow

VERSE 2
Packed with illusions
Our world is turned around
This golden circle has a
Most harmonic sound
Harmonic sound

BRIDGE
And in the sunshine
When we stand alone
We came together with
Our secrets blown
Our secrets blown

Now moving slowly
We circle through the square
Two passing planets in the
Sweet, sweet summer air
Sweet summer air

[Repeat bridge]

MIDDLE
Reflected mountains in a lake
Is this too much to take?
Asleep or wide awake?
And if the world begins to shake
Will something have to break?
We have to stay awake

[Repeat verse 2]
[Repeat bridge]
[Repeat verse 1]

The kiss of Venus
Has got me on the go

© 2020 MPL Communications Ltd.

(日本、東京)

9. Seize the Day

 

農場の家でピアノを弾いてこの曲を始めたんだけど、言葉がこぼれてしまって、何の曲なのかわからなかったんだ。「ヤンキーのつま先とエスキモーは凍った氷になることができる」というセリフにたどり着いて、これは何についての曲なんだろう?
あまり深く歌詞に疑問を持たない方がいいと思うんだけど、それがすごい意味を持つのではなくて、ちょっとシュールな感じになるのが好きなんだよね。コーラスは寒い寒い日のことを歌っていて、「寒い日が来たら今日を楽しみたいと思うだろう」ということを歌っているんだ。だから、それが「Seize The Day」になったんだけど、これは基本的には英語でcarpe diem(※ラテン語で「カルペ・ディエム(今日を掴め)」)の意味だよ。(ポール・マッカートニー)

I started this on the piano, at home on the farm and was letting the words spill out so I didn’t know what the song was going to be about. I got to this line ‘Yankee toes and Eskimos can turn to frozen ice’ and thought what is this about?
I think it’s best not to question lyrics too deeply, so instead of it making an amazing amount of sense it becomes a little bit surrealistic which I like.
The chorus is about the cold cold days – ‘when the cold days come we’ll wish that we’d enjoyed today’. So that became ‘Seize The Day’ which is basically English for carpe diem! (Paul McCartney)

歌詞

VERSE 1
I don’t care to be bad
I prefer to think twice
All I know isIt’s quite a show
But it’s still alright to be nice

CHORUS 1
Yankee toes and Eskimos
Can turn to frozen ice
When the cold days come
And the old ways fade away
There’ll be no more sun
And we’ll wish that we had
Held on to the day
Seize the day

VERSE 2
I don’t mean to be wrong
I don’t need to be right
I’m okay on a sunny day
When the world deserves to be bright

CHORUS 2
Dinosaurs and Santa Claus
Will stay indoors tonight
When the cold days come
And the old ways fade away
There’ll be no more sun
And we’ll wish that we had
Held on to the day
Seize the day
Seize the day

MIDDLE
I bless the day
When you came into my life
And I could finally roll back the blind
You helped me to realise
Love was the greatest prize
I only had to open my mind
Seize the day
Seize the day…

[Repeat verse 1]
[Repeat chorus 1]

Seize the day

© 2020 MPL Communications Ltd.

(アメリカ、シカゴ)

10. Deep Down

この曲は、時代が苦しくても、その日を乗り切れば嬉しいという気持ちを忘れないようにしよう、ということを言っているので、少し時代を感じさせる曲になっていると思う。「ディープダウン」の意味がよくわからなかったので、「君と深い関係を持ちたい」とか、そういうこと以外は、本当にそのまま続けていた。(ポール・マッカートニー)

This song has a little bit of a feeling of covid times, because it is saying even though times are tough, let’s try and remember that we’ll be glad if we seize the day.
didn’t quite know what I meant by ‘deep down’ except ‘I want to have a deep relationship with you’ or whatever, so i just really kept going on it.(Paul McCartney)

歌詞

Gonna get deep down
Wanna do it right
Wanna get deep down
And look around
This end of town tonight

Wanna get you up
Gonna take a bite
Gotta let me know
If we can throw
A party every night

Wanna get deep down
Wanna do it right
Wanna get deep down
And look around
This end of town tonight

I wanna pick you up
Gonna get a bite
Gonna let me know
And we can throw
A party every night

Gonna get deep down
Wanna do it right
I wanna get deep down
And look around
This part of town tonight

Wanna get deep down…

Wanna get deep down
I wanna do it right
I wanna get deep down
And look around
This end of town tonight

Wanna get deep down
I wanna do it right
I wanna get deep down
And look around
This end of town tonight

I wanna pick you up
Gonna get a bite
Gonna let me know
And we can throw
A party every night

Gonna get deep down
Wanna do it right
I wanna get deep down
And look around
This part of town tonight

I wanna get you up
I wanna have a bite
I wanna let you know
That we can throw
A party every night

Wanna get deep down
Wanna do it right
Wanna get deep down
And look around
This end of town tonight

I wanna get deep down
Wanna do it right
I wanna get deep down
And look around
This end of town tonight

Wanna get deep down…

I need to talk to you
I wanna to talk to you
Come let me be with you tonight

I need to talk to you
I wanna to talk to you
Come let me be with you tonight

Wanna get deep down
Wanna do it right
Wanna get deep down
And look around
This end of town tonight

Wanna get you up
I need to talk to you
I wanna get a bite
I wanna to talk to you
Gonna let me know
Come let me be with you
If we can throw
A party every night
Tonight

I wanna pick you up
I wanna get it right
Gonna let me know
And we can throw
A party every night

Gonna get deep down
Gonna do it right
I wanna get deep down
And look around
This part of town tonight

Get deep down
Get deep down
Do it right
Wanna do it right
Get deep down
Look around
End of town tonight

Get deep down…

I wanna get deep down
I wanna get deep down tonight
I need to talk to you
I wanna to talk to you
Come let me be with you tonight, tonight

Tonight

(フランス、パリ)

11. Winter Bird / When Winter Comes

曲の中には、どこに向かっているのかよくわからない曲もあるよね。冒頭で言ったように、『Winter Bird』がきっかけでスタジオに入ったんだけど、最初は短編映画のオープニングタイトルのためにちょっとしたことをやっていたんだ。その時に作っていた音楽は「When Winter Comes」という曲についての短編アニメーション映画のためのものだったので、これで一周回ったことになる。アルバムの最初から最後まで来ていたので、この曲が全ての始まりだったんだ。少し前にジョージ・マーティンが録音した「Calico Skies」というレコードを作ったんだけど、それと同時にスタジオにいたので、ちょっと待ってくれと思って、今作ったばかりの曲があるんだと思って、「When Winter Comes」を作ったんだ。この曲は、農場でのヒッピー的な存在、木を植えたり、フェンスを繕ったり、良い生活を送っているような理想的なもので、ボクは自然が大好きだし、土に埋もれて手が汚れるという考えが大好きなんだ。これがアルバムの最後のトラックだ。(ポール・マッカートニー)

Some songs you know you don’t quite know where you’re going, you’ve just got half an idea and it’s really just that you’re enjoying the groove and that one was one of those, I just thought of ideas as I went along and it ended up as this.
Like I said at the start, Winter Bird was the reason I went in the studio first of all to do a little bit for the opening titles of a short film.
The music I was working on was for a short animation film about the song When Winter Comes so this is all full circle! Now I’d come from the beginning of the album to the end, so we have the song that had started the whole thing.
I made a record called Calico Skies a while ago that George Martin recorded, and at the same time because I was in the studio, I just thought oh wait a minute there’s this other song I’ve just written, so I did When Winter Comes!
This song is kind of an idealistic thing, a hippy existence on a farm, planting trees, mending fences and living the good life which is something I like, I love nature and I love that idea of getting down and getting your hands dirty.
This is the last track on the album, so there you have it! (Paul McCartney)

歌詞

VERSE 1
Must fix the fence by the acre plot
Two young foxes have been nosing around
The lambs and the chickens won’t feel safe until it’s done

VERSE 2
I must dig a drain by the carrot patch
The whole crop spoils if it gets too damp
And where will we be with an empty store
When winter comes

CHORUS
When winter comes
And food is scarce
We’ll warn our toes
To stay indoors
When summer’s gone
We’ll fly away
And find the sun
When winter comes

VERSE 3
I must find the time to plant some trees
In the meadow where the river flows
In time to come they’ll make good shade for some poor soul

[Repeat chorus]
[Repeat verse 1]
[Repeat chorus]

And find the sun
When winter comes

(ブラジル、リオデジャネイロ)

⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂

2.発売に至るまでの経緯

2020年8月下旬頃から、海外のファンの間で、2020年12月11日に「McCartneyIII」が発売されるとの噂が回り始めました。

誰が発見したのか、ドメイン名mccartneyiii.comサイトが立ち上げり、paulmccartney.comとflaming-pie.com(McCartneyの1997年のスタジオアルバムであるFlaming Pieの再発行用)を登録した会社であるCSC Corporate Domainsが、2020年8月28日に登録したことが明らかになりました。またそのサイトは、通常の404エラー通知(サイトがないことのエラー)ではなく、303エラー(リダイレクトステータスレスポンスコードで、 別のページにリンクすることを示すエラーコード)通知で表示されていました。

また、そのサイトmccartneyiii.comのソースコードの中に「Roll the ⚂ at dice.mccartneyiii.com」というコメントが埋め込まれており、このサイトに行くと、iPhoneかiPadでサイコロを振れるアプリがダウンロードできる仕組みとなっていました。コメント中のサイコロが「⚂」であるため、McCartneyIIIを示唆しているのではなか、とファンの間で言われました。

10月16日(金)SNSポール・マッカートニーの公式アカウント(ツイッターフェイスブックなど)に投稿されたSpotifyの再生リストを再生すると、アルバム「マッカートニー」とアルバム「マッカートニーII」の曲が再生され、アルバムアートワークの上に、サイコロの3の目が転がるというアニメーションが表示されました。

また、海外及び国内の一部のファンのもとに、レコード会社のユニバーサルグループから、3の目だけのサイコロ3つ⚂⚂⚂と「McCartney」と書かれた小袋が送付されたようです。おそらく、過去にポール・マッカートニー公式サイトストアでデラックス版(Egypt Station Traveller’s Box、Flaming Pie Deluxe Editionなど)を購入した一部のファンに送付されたようです。

10月20日、ポール・マッカートニーの公式ツイッターアカウント及び公式Facebookアカウントにて、サイコロの3の目を連想される写真モチーフが投稿されました。投稿時間はそれぞれ33分でした。

【関連記事】

  • 2020.10.20 火曜日 ポール・マッカートニー、新作『マッカートニーIII』をリリースすることを示唆 https://nme-jp.com/news/94561/

そしてニューアルバム「McCartneyIII」の発売は、10月21日(日本時間10月22日木曜日深夜1時)にポール・マッカートニーの公式サイトやSNS公式アカウントにて正式に発表されました。

 

McCartney III. The new album, out December 11th 🎲

Pre-order: https://PaulMcCartney.lnk.to/McCartney3

Paul McCartneyさんの投稿 2020年10月21日水曜日

 

⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂

3.発売フォーマット・グッズ

(2020年11月22日現在の情報です)

今回のアルバムは、通常版のCDに加え、アナログLP(Analog Vinyl Record)でも販売されます。特にアナログLPに関しては、各国や各販売チャンネルで多種多様な限定版LPが販売されます。

CD盤

通常販売されるCD盤です。
日本国内からは、国内盤と輸入盤が購入できます。
(以下のサイトは、Amazon.co.jp
国内盤CD:https://amzn.to/3jvgP2u
輸入盤CD:https://amzn.to/3jsesxx

また、11月18日に、ボーナスデモトラックが収録された各カラー盤(黄色、緑色、青色、赤色)のCDとマスク、サイコロ、帽子などのグッズが一緒になったボックスセットが発売されることがアナウンスされました。国内の販売元であるユニバーサルミュージックジャパンのサイトでも、同日に販売が開始されましたが、即日「在庫なし」となってしまいました。

ポール・マッカートニー公式サイトストア
https://shop.paulmccartney.com/
ユニバーサルミュージックジャパン・ストア
https://store.universal-music.co.jp/artist/paul-mccartney/?s13=20201218&stock=0&page=1

 

 

米国ターゲット限定盤

アメリカの大手販売店ターゲットの限定版が、前回のアルバムに続いて販売されます。米国内限定配送で、日本から購入はできません。

デジタル・ダウンロード

Amazon https://amzn.to/35tCbbC
Spotify https://umusic.digital/xbvocd/

LP盤

今回のアルバムLP盤発売の非常に特徴的な形態として、レコード・ストア・デイのイベントにも関連して、各国あるいは販売地域のチャンネルごとに、限定版LPを販売したことが挙げられます。

サードマンレコード(黄色:333部)

サードマンレコードは2001年にミシガン州デトロイトでジャックホワイトによって設立された独立したレコードレーベル。
ポール・マッカートニーの公式アカウントで発表される数時間前に、サードマンレコードのサイトに、限定版が販売されることが掲載されました。
Third Man Pressingが、アルバム「McCartney」とアルバム「 McCartneyII」リサイクルを 33部使って製造されたようで、「黄色と黒のドット」のビニールにプレスされています。カバーには、右上に黄色のサイコロとサードマンのロゴがあります。
発売発表後、約20分で完売。eBayで数千ドルで出品されているとのこと・・・。

赤色LP

ポール・マッカートニー公式サイトストアと、国内ではユニバーサルミュージックジャパンストアのサイトで購入できたもの。
国内のユニバーサルミュージックストアでは、数日間「在庫なし」「購入可」を繰り返していましたが、現在、購入は難しいようです。海外ではポール・マッカートニー公式ストア(イギリス)ドイツのuDiscoverMusicドイツのBravadoにて販売。

サードマンレコード(赤色:3000部)

333エディションと同様に、サードマンレコードで製造される赤色のLP。3000部限定で、ジャケット右上に、黄色のThirdMan Recordsロゴが付いているものです。ポール・マッカートニー公式サイトショップにて販売。現在売り切れ。

青色LP

販売部数は不明ですが、ドイツのJPCイギリスのHMVフランスのFNACで販売。イギリスHMVは国内のみ配送可ですが、ドイツJPCは日本まで配送できるようです。10

コークスボトルクリアビニール

イギリス国内Spotify限定盤。販売部数不明。英国内のSpotify登録者に「Paul McCartney made you something special.」というメールが送付され、この限定盤購入の案内が付いていたようです。

桃色

アメリカのNewburyComicsで販売。ジャケットは通常と同じで、レコードがピンク色になっています。販売部数不明。現在売り切れとなっています。

白色

レコード・ストア・デイ協賛を目的として、インディーズストア販売向けに製造。販売部数不明。
https://recordstoreday.com/UPC/602435321783
シアトルの「Easy Record Store」など、アメリカのインディーズストアでは通信販売を取り扱っているところもあります。

緑色

アメリカの大手販売店ターゲットの限定版、LP盤もあります。日本からは購入不可です。https://www.target.com/p/paul-mccartney-mccartney-iii-target-exclusive-vinyl/-/A-81792684

カセットデープ

今回はカセットテープも販売されます。ポール・マッカートニー公式サイトでは販売が告知されていませんが(2020年11月22日現在)、Amazonなど各国の主な販売サイトにて予約が受け付けられています。

グッズ

今回アルバム発売に合わせて、Tシャツ、マスク、帽子、サイコロの各グッズが販売されます。
ポール・マッカートニー公式サイトでは色ごとに、シングルCDとTシャツ、シングルCDとマスク、シングルCDとサイコロ、シングルCD帽子の各セットが販売されます。
国内のユニバーサルミュージックジャパンのサイトでは、グッズは各色ごと、Tシャツ、マスク、帽子、サイコロ個別に購入が可能です。

ポール・マッカートニー公式サイトストア
https://shop.paulmccartney.com/
ユニバーサルミュージックジャパン・ストア
https://store.universal-music.co.jp/artist/paul-mccartney/?s13=20201218&stock=0&page=1

 

 

 

⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂

4.ポールのコメント、インタビュー

アルバム発売に伴って、主なメディアにて掲載されたポール・マッカートニーのコメント、インタビュー内容を転載します。

「僕はロックダウンの時期を自分の農場で家族と過ごしていた。毎日自分のスタジオに通っていたんです。映画音楽の仕事を少ししなければならなかったんだけど、それがオープニングで使われることになりました。それが終わった後で、さあ何をやろうか? と考えたんです。何年も前に少しだけやりかけた曲がいくつかあったけれど、いつも時間がなくなって半分くらいのところで終わっていた。だから、そういう曲にはどういうものがあったのかを思い出していきました。そして毎日、その曲を元々書いた楽器でレコーディングを始めて、だんだんと楽器を足していった。とても楽しかったよ。仕事のために曲を書くのではなく、自分のために曲を作っている感じでした。というわけでやりたかったことをやったんです。それがアルバムになるとは思ってもみなかったよ」(引用元:https://www.udiscovermusic.jp/news/paul-mccartney-announces-mccartney-iii-album

 

「ニュースをつけると、最初のニュースはどれだけの人数が亡くなっているかだったよね。しばらくは気が滅入ったよね。でも、実のところ、いろんなことを乗り越えられたのは第二次世界大戦中の父と母、ジムとメアリーを思い出したんだ。彼らは生き残ったわけだけど、爆撃で右も左も亡くなったのに彼らは素晴らしい精神の持ち主で、僕らはリヴァプールに暮らす子供としてそうした精神と共に育ったんだ。『さあ楽しもう。樽でも出すぞ』ってね。そういう戦時中の精神を両親は持っていたんだ。僕もそれを受け継いでいて、それを使ってるんだ。両親ができるなら、僕にもできるぞってね」(引用元:https://nme-jp.com/news/94663/

 

「僕のやることは全部常に最後になると言われるんだ。50歳の時に『これが最後のツアーだ』と言われたりね。『ああ、そうなの? 僕はそう思わないけどな』って感じでね。そうやって噂が作られるんだ。でも、いいけどね」とポール・マッカートニーは『ラウド・アンド・クワイエット』に語っている。「『アビイ・ロード』の時は僕は死んだと言われたしね。だから、その後のすべてはボーナスみたいなものなんだよ」
(アルバム「マッカートニー」について)「似てるところがあると思うよ。愛と自由があるんだ。アルバムには様々な感情があるけど、そうしようとしたわけじゃなかった。『これが今感じていることなんだ』って感じでね。『マッカートニー』のテーマは愛と楽観性だった。『今を生きよう(Seize the Day)』ってね。僕はそういう人間なんだ。本当のところね」
「以前、日本で病気になった時に6週間休むように言われたことを振り返って)「僕の友人は全員『そんなこと君に耐えられるはずがない』と言ったんだけど、実際のところは楽しめたんだ。いろんな本を読んで、いろんな脚本を書いて、見逃していたテレビを観て、自分でも驚いたことに楽しめたんだ」
「人生には驚かされることがたくさんある。『これだけツアーをやってきて嫌いにならないの? うんざりしないの?』と言われるんだけど、僕としては『全然』って感じなんだ」
「自分のやっていることがいまだにすごく楽しいんだ。自分は幸運だと思ってると言ったら、決り文句みたいに聞こえるけど、本当なんだよ。子どもの頃、やりたいことと言えばアンプにギターのプラグを差して、スリルのために音量を上げることだった。そして、それはいまだに残っているんだ。何か新しいことを探しているというよりは、街に出歩かなくて住むようなものを探していたんだよね」引用元:https://nme-jp.com/news/94651/https://www.loudandquiet.com/interview/its-just-me-an-exclusive-interview-with-paul-mccartney-about-mccartney-iii

 

「自分でもよくわかりませんが、アイデアが浮かんできて僕を忙しく掻き立てるんです。今年の初めに休暇でイギリスに戻ってきて、田舎にある自分の農場に行ったら、たまたま娘のメアリーと彼女の家族、つまり僕の4人の孫たちと一緒に隔離生活を送ることになったんです。多くの人々にとっても、突然家族と過ごす時間が思った以上に増えて、良かったのではないかと思っています」
「その後仕事に行けるようになりました。家で仕事ができない時だけ仕事に行けばいいという考えで、少しだけ自宅のスタジオで作業しなければならなかったので、それがきっかけで制作を始めたんです。そんな風に隔離期間中に少しずつ新作のレコーディングを行なっていって、夕方に家に帰るとメアリーと家族がいる、とても素敵な時間でした。だから、実際にはそんなに悪いことではなかった。もちろん、多くの皆さんが大変な思いされたことは知っていますが、私の場合はそこまで悪いものではありませんでした。孫たちとたくさんの時間を過ごせたのは良かったと思っています」
「それがこのアルバムの素晴らしいところなんです。僕自身アルバムを作っていたことに気づいていなくて、それが大きな違いです。僕のために映画を作っている人が、その作品のためにイントロの音楽やインストゥルメンタル楽曲が必要だったので、僕はスタジオでその音楽を作らなければならなかった。その作業をしているうちに、“悪くないね。いい感じだ、これをやってみようか”と思うようになったんです。それから9週間いろいろやってみて、“ああ、この作品は完成させた方がいいだろう。おお、完成できそうだ。そう、これでいいんだ”と思って、全曲を通しで聴いてみたら、これが紛れもなくアルバムになるっていう確信を持てました」
「ほとんどが新曲です。でも中には以前に未完成のまま残してあった曲もあって、スタジオに入ってから“待てよ、あの曲はどうだろう?試しにやってみよう”と思って、それを実際にやってみたら、“おや、まあ”ってなるんだ。何がよくなかったのか、なぜ気に入らなかったのかを考えると、場合によってはヴォーカルや歌詞が合っていなかったり、ただ何かが噛み合っていなかったりすることもありました。だから、そういったものを全部削ぎ落として、“よし、じゃあ全く違う曲にしてみよう”っていう、そんな作業を全てやりきってから作品を見直して、“この音楽で僕は何ができるだろう?これはニュー・アルバムか何かなのかな?”と考えていた時に、突如として、これは“McCartney III”なんだって思い付いたんです。過去の2作同様に、全て自分自身でつくり上げたので、そう呼ぶのに相応しいんです」
「比較的新しい曲のいくつかはそうだと思います。“Seize the Day”という曲は、パンデミックの影響を受けていて、辛い時期があっても今を生きるんだ、と歌う曲なんですが、パンデミックを乗り切るためには、良いことに目を向けて、それを掴む努力をした方がいいということを僕自身やこの曲を聴いている人にも思い出させてくれるはずです。間違いなく僕の助けになった曲ですね」
(引用元:https://www.udiscovermusic.jp/news/paul-mccartney-interview-bbc-6-music

Rolling Stone誌インタビュー(テイラー・スウィフトとの対談)
引用元:https://rollingstonejapan.com/articles/detail/35073

ポール・マッカートニーとテイラー・スウィフト 2020年10月6日 ロンドンで撮影
Photograph by Mary McCartney for Rolling Stone. Produced by Grace Guppy. Lighting: Pedro Faria. Digital Tech: Alexander Brunacci. Retouching: The Hand of God. McCartney: Styling by Nancy McCartney. Grooming by Jo Bull. Jacket by Stella McCartney. Sweater by Hermès. Shirt by Prada. Jeans by Acne. Shoes by Stella McCartney. Swift: Top and jacket by Stella McCartney. Pants by Ulla Johnson. Boots by Dolce & Gabbana.

米ローリングストーン誌による特集企画「MUSICIANS ON MUSICIANS」で、話題の新作『マッカートニーIII』を本日12月18日にリリースしたポール・マッカートニーと、2020年を象徴するアルバムとなった『フォークロア』(米ローリングストーン誌が2020年の年間ベストアルバム1位に選出)と、その続編となる『エヴァーモア』を発表したテイラー・スウィフトの超豪華対談が実現。ソングライティングの秘訣、自宅でのアルバム制作、パンデミックを通じて学んだことなどを語り合った。

10月のある日、テイラー・スウィフトは予定時間よりもやや早く、ロンドンにあるポール・マッカートニーのオフィスを訪れた。「はやる気持ちを抑えつつ、マスクを着けた」後日彼女から送られてきたメールにはそう綴られていた。「最近はずっと家で仕事してたから、私は今日という日を楽しみにしていた。億劫じゃない遠足を待ちわびる子供みたいに」

1人でやってきた彼女は、髪のセットもメイクも自身でこなした。世界で最も有名なポップソングライターであるスウィフトとマッカートニーの2人は今年、異なる場所で似た動きを見せていた。マッカートニーはイギリスにある自宅で隔離生活を送りながら、ニューアルバム『マッカートニーIII』を完成させた。1970年に発表した初のソロアルバム『マッカートニー』と同様に、ほぼすべての楽器を自身で演奏したという本作には、彼のキャリア史上屈指の冒険心に満ちた楽曲が数多く収録されている。そしてスウィフトもまた、このタイミングで新境地を切り拓いた。ザ・ナショナルのアーロン・デスナーとの遠隔コラボレーションで完成させた『フォークロア』で、彼女はアリーナ級のポップを完全に放棄し、リッチなキャラクターに満ちた楽曲の数々を生み出した。同作は今年最大のセールスを記録したレコードとなっている。

対談の準備をしながら、スウィフトは『マッカートニーIII』を、マッカートニーは『フォークロア』を聴いていた。写真撮影の前に、スウィフトは彼の娘であるメアリー(今日の撮影を担当)とステラ(スウィフトが着用した衣装をデザイン、2人は親しい友人どうしでもある)と言葉を交わしていた。「ポールとはそれまでにも何度か会ってたの。大抵はパーティー会場でのステージ上なんだけど、それについては後で話すわ」彼女からのメールにはそうあった。「少ししてから、彼は奥さんのナンシーと一緒に姿を見せた。2人からはポジティブなオーラが出ていて、今日がいい日になるって確信したわ。写真撮影の間中、ポールはすごくリラックスしていて、スピーカーから流れるモータウンの曲に合わせて歌ったりしてた。何度かメアリーから『ちょっとお父さん! じっとしてってば!』なんて叱られてたわ。すごく素敵な一家だなって思った。彼のオフィスで対談を始める直前に、私は恐る恐るある頼み事をしたの。私の好きな彼の歌詞を書いてもらって、それにサインしてもらうっていうのだったんだけど、彼は快諾してくれた。どうせ転売するんだろっていう彼のジョークに声をあげて笑ったことは、きっと一生の思い出になると思う。それから私たちは、お互いの音楽について話し始めたの」

パーティーの記憶

テイラー:もし今年が予定通りに進んでいたら、私とあなたはどっちもグラストンベリーフェスのステージに立っているはずだったんですよね。でも現実には、私たちは隔離生活を送りながら、それぞれアルバムを作った。

ポール:その通り!

テイラー:私はすごく楽しみにしていたんです。過去にあなたと会って話した時のことは、どれもすごく楽しい思い出として残っているから。同じパーティーに参加していて、ごく自然に演奏が始まって。デイヴ・グロールがステージに立って、あなたは……。

ポール:確か君は彼の曲を弾いてたよね?

テイラー:そう、彼の「ベスト・オブ・ユー」っていう曲を弾きました。でもピアノだったから、中盤に差し掛かるまで彼は気づいてなかったみたいで。あの日はあなたが、みんなにとって最高の思い出を作ってくれましたよね。あんな風に、周囲の期待に応えて演奏することはよくあるんですか?

ポール:いろいろと理由があってさ。きっかけはリース・ウィザースプーン(『キューティ・ブロンド』などで知られる女優/映画プロデューサー)で、「今日は歌ってくれるんですか?」って言われて、「いや、それはどうかな」って返したんだけど、「そう言わずにお願いします!」みたいに頼まれてね。それも理由のひとつだった。

テイラー:そういう人がいてくれて良かった。彼女がいなかったら、あの夜が音楽で彩られることはなかったでしょうから。

ポール:うん、その通りだね。

テイラー:どんなパーティーでも、「何か弾いてくれない?」って言われない限り、ミュージシャンって自分からステージに立とうとはしないですもんね。

ポール:ウディ・ハレルソン(『ナチュラル・ボーン・キラーズ』『ゾンビランド』シリーズなどで知られる俳優)がピアノで「レット・イット・ビー」を弾いてたんだけど、僕の方が上手いなって思った。だから「ウディ、ちょっと横にずれてよ」と言って彼と一緒に弾き始めたんだけど、すごく楽しかったよ。僕はダン・エイクロイド(『ブルース・ブラザース』『ゴースト・バスターズ』などで知られる俳優/脚本家)みたいな人がすごく好きなんだ。彼はミュージシャンじゃないけど音楽が大好きで、パーティー会場を歩き回っては「さぁさぁ、何か弾いてよ」なんて言ってるんだ。

コロナ禍での作曲「自分のために作る」

テイラー:あなたの新作を聴かせてもらったんですが、すごくいいと思いました。作曲からプロデュース、全ての楽器の演奏までをあなた自身が担当したそうですが、柔軟さが曲にすごく現れていると思います。「その気になれば全部自分1人でできる」っていう、あなたの才能を改めて見せつけられた気がしました。

ポール:僕自身はそんなつもりはないんだけどね。何年もやってるうちに、いろんな楽器の弾き方を覚えていったってだけでさ。僕の生家には父が弾いてたピアノがあって、自然と興味を持ったんだ。「ホエン・アイム・シックスティ・フォー」のメロディーなんかは、僕が10代の頃に書いたんだ。

テイラー:ワオ。

ポール:ビートルズがハンブルクにいた頃、いつもドラムキットが身近にあったから、僕は機会を見つけては「ちょっと叩いてもいいかな?」みたいな感じでプレイしてたんだ。練習するっていう感覚じゃなくて、ただ楽しんでた。だから僕は右手でプレイするんだよ。一番最初に手にした楽器はギターだったけど、ベースやウクレレ、マンドリンも要領は同じだ。それでいつの間にかいろんな楽器を弾くようになっていたけど、本当にしっかり弾けるのは2つか3つだよ。

テイラー:謙遜しているように聞こえますけどね。私はアルバムを聴いて、あなたが都会の喧騒から離れたところで隔離生活を送りながら、DIY的アプローチを身につけていく様子を思い浮かべたんです。私自身もパンデミックの間に、以前は誰か他の人にやってもらっていたことを自分自身でやるっていうメンタリティを身につけたんです。レコーディングがどんな風に進められたのか、すごく気になります。

ポール:僕は恵まれてるよ。自宅から20分くらいのところにスタジオを持ってるからね。ロックダウンの間、僕はメアリーと彼女の4人の子供と彼女の夫と一緒に、羊牧場の敷地内で隔離生活を送ってた。メアリーは料理が上手だから助かったよ。エンジニアのスティーヴと、機材を管理してくれてるキースにはスタジオに来てもらっていたけど、みんな互いにちゃんと距離を取って接してたよ。だからレコーディングは僕ら3人で進めた。ある映画の劇伴を担当することになってたから、まずはそのインストゥルメンタル曲を仕上げた。それが片付いた後、勢いで何となく作業し続けたんだけど、結局それがアルバムの1曲目になった。そこからどうするか少し考えた後、アイデアらしきものが浮かんだから、それを形にすることにした。大抵は作曲に使ったピアノかギターのパートから始めて、ドラムやベースを足していくうちにレコードの全体像が見えてきたから、それに沿って少しずつ音を重ねていった。楽しかったよ。

テイラー:すごくクール。
あなたの新作を聴かせてもらったんですが、すごくいいと思いました。作曲からプロデュース、全ての楽器の演奏までをあなた自身が担当したそうですが、柔軟さが曲にすごく現れていると思います。「その気になれば全部自分1人でできる」っていう、あなたの才能を改めて見せつけられた気がしました。

ポール:僕自身はそんなつもりはないんだけどね。何年もやってるうちに、いろんな楽器の弾き方を覚えていったってだけでさ。僕の生家には父が弾いてたピアノがあって、自然と興味を持ったんだ。「ホエン・アイム・シックスティ・フォー」のメロディーなんかは、僕が10代の頃に書いたんだ。

テイラー:ワオ。

ポール:ビートルズがハンブルクにいた頃、いつもドラムキットが身近にあったから、僕は機会を見つけては「ちょっと叩いてもいいかな?」みたいな感じでプレイしてたんだ。練習するっていう感覚じゃなくて、ただ楽しんでた。だから僕は右手でプレイするんだよ。一番最初に手にした楽器はギターだったけど、ベースやウクレレ、マンドリンも要領は同じだ。それでいつの間にかいろんな楽器を弾くようになっていたけど、本当にしっかり弾けるのは2つか3つだよ。

テイラー:謙遜しているように聞こえますけどね。私はアルバムを聴いて、あなたが都会の喧騒から離れたところで隔離生活を送りながら、DIY的アプローチを身につけていく様子を思い浮かべたんです。私自身もパンデミックの間に、以前は誰か他の人にやってもらっていたことを自分自身でやるっていうメンタリティを身につけたんです。レコーディングがどんな風に進められたのか、すごく気になります。

ポール:僕は恵まれてるよ。自宅から20分くらいのところにスタジオを持ってるからね。ロックダウンの間、僕はメアリーと彼女の4人の子供と彼女の夫と一緒に、羊牧場の敷地内で隔離生活を送ってた。メアリーは料理が上手だから助かったよ。エンジニアのスティーヴと、機材を管理してくれてるキースにはスタジオに来てもらっていたけど、みんな互いにちゃんと距離を取って接してたよ。だからレコーディングは僕ら3人で進めた。ある映画の劇伴を担当することになってたから、まずはそのインストゥルメンタル曲を仕上げた。それが片付いた後、勢いで何となく作業し続けたんだけど、結局それがアルバムの1曲目になった。そこからどうするか少し考えた後、アイデアらしきものが浮かんだから、それを形にすることにした。大抵は作曲に使ったピアノかギターのパートから始めて、ドラムやベースを足していくうちにレコードの全体像が見えてきたから、それに沿って少しずつ音を重ねていった。楽しかったよ。

テイラー:すごくクール。

ポール:君のレコードではどうだったの? 君はギターとピアノを自分で弾いているよね。

テイラー:自分で弾いている部分もあるけれど、大半は私が大好きなザ・ナショナルというバンドのアーロン・デスナーとの共同作業だったんです。1年ほど前に彼らのコンサートに行ってアーロンと話した時に、曲作りのアプローチについて訊いたんです。私は好きなアーティストに会うと、いつも同じ質問をしていて。彼の答えはすごく興味深かった。「メンバー全員がそれぞれ異なる場所で暮らしているから、曲は僕が書いてる。それをリードシンガーのマット(・バーニンガー)に送って、彼がトップのラインを考えるんだ」。すごく効率的だって思ったから、いつか試してみたいアイデアとして頭の片隅に留めておくことにしました。「これはいつかやってみよう」みたいなアイデアを、私はいつもストックしてるんです。いつかアーロン・デスナーと曲を書くっていうのも、そのひとつでした。

ロックダウンが始まった時、私はロサンゼルスにいました。だから隔離生活を強いられてはいても、決して最悪の環境というわけではなかった。4カ月ほどそこに滞在したんですが、その時にアーロンにメールを送ったんです。「ロックダウンが続いている間に、一緒にレコードを作れないかと思ってて。私は今すごくクリエイティブなモードに入っていて、何かを作りたくてウズウズしてるの。うまくいくかどうかはわからないけど……」

ポール:うん、わかるよ。それが形になるかどうかは問題じゃなく、とにかくやってみることが大事なんだよね。

テイラー:そう。それに彼も、パンデミックのせいで頭がおかしくなってしまわないように、インストの曲を書き溜めていたらしくて。30曲分くらいをファイルで送ってもらって、一番最初に開いたのが「カーディガン」になったんです。そこからはノンストップで作業が進んでいきました。

テイラー:アーロンは曲を書き上げる度にフォルダにアップして、私がそれに歌を乗せるんだけど、その背景や曲名、どこをコーラスにするかといったことを彼に伝えてはいませんでした。最初のうちは来年の1月頃にアルバムとして発表できればと思っていたんですが、思った以上に早く完成して、結局7月にリリースしました。従来のルールはもう存在しない、そう思ったんです。以前の私は、本当にたくさんのことを気にかけていました。「この曲はスタジアムでどう響くか?」「この曲はラジオでヒットするか?」といったようなことを。でもふと思ったんです。そういうことに一切縛られなかったら、どういう作品が生まれるんだろうって。その答えが『フォークロア』だと、私は考えているんです。

ポール:仕事としてじゃなく、自分自身のために作ったレコードということだね。僕のアルバムにもそういう部分があるんだ。映画の劇伴曲を作り終えた後、以前からあったアイデアを形にすることも考えたけど、僕はひとまず帰宅することにした。少し経ってから、あの未完成のアイデアをどうするかっていう話になったんだけど、改めて聴いてみると「これは面白いものになるかもしれない」と思った。何の縛りもない状態で始まったから、「テープループをやってみよう。曲とそぐわなくてもいいや」みたいな感じで、ただ自分が興味があることをどんどん試していったんだ。テープループも含めてね。

それがアルバムになるかどうかは気にしなかった。自分なりに制御したつもりでも、曲が8分くらいに膨れあがったりするんだ。そんな時はいつも、「とりあえず今日は家に持ち帰るよ。メアリーが食事を作ってくれてるし、孫たちは今頃はしゃぎまわってるだろうしね」みたいにしてた。メアリーの夫のサイモンから「今日はどんな1日でしたか?」って聞かれたら、その日に録った曲を携帯でみんなに聴かせるんだ。それが習慣になってた。
テイラー:ものすごくアットホームですね。

ポール:8分は長いと思うかもしれないけど、僕は誰かに聴かせる曲が3分で終わってしまうとフラストレーションを覚えるんだ。だからつい長くなってしまうんだよ。

テイラー:ギアが入ると止まらなくなってしまうんですね。

ポール:自然と手が動き続けるんだ。家に帰って皆の前で1日の成果について報告するんだけど、作業途中のものを聴かせる場合もあれば、完成した曲を披露することもあったね。

テイラー:気づいたことがあるんです。『マッカートニーⅠ』と『マッカートニーⅡ』、そして『マッカートニーIII』も、全部ゼロで終わる年に発表されていますね。

ポール:ディケイドの終焉の年にね。

テイラー:それには重要な意味があるんですか?

ポール:今回のアルバムが2020年に生まれたことは、特に意識していたわけじゃなかったんだ。2020年っていう年には、きっと誰もが大きな期待を寄せていたと思う。「素晴らしい1年になるに違いない! だって2020だよ? いかにも何かが起きそうじゃないか!」っていうさ。そんな中でコロナウイルスが大流行したわけだから、何かが起きるっていう予感は的中したわけだよ。悪い方にだけどね。「ポール、君はビートルズが解散した1970年に『マッカートニーⅠ』を、1980年に『マッカートニーⅡ』を出した」ってある人から言われた時に、僕はこう返したんだ。「2020年には『マッカートニーIII』が出るよ。やっぱり数秘術だ、って言われるかもね」

テイラー:数秘術ってどこか象徴的ですよね。私は数字に神秘的なものを感じていて、自分の運命を決定づけているように思うんです。13と89は私にとって大きな意味を持っていて。他にもいくつか……。

ポール:13がラッキーナンバーだっていう人は多いよね。

テイラー:私にとってもそうです。私は(12月)13日生まれなので。まったくの偶然なんですけど、自分にとってすごくいいことが13日に起きることが多くて。どこかの標識でその数字を目にすると、それが自分の進むべき方向だって思うんです。たとえ今は辛くても、状況は良くなりつつあるって。うまく言えないけれど、私は数秘術に惹かれるんです。

ポール:不気味だよね、ぞっとするくらいにさ。そう言えば、89っていう数字はどこから来てるんだい?

テイラー:私は1989年生まれなんです。だからいろんな場所でその数字を見かけると、つい運命めいたものを感じて。

ポール:それはいいことだと思うな。自分にとって意味のあるものがあって、それを目にするたびに幸運の訪れを予感する。前向きですごくいいと思う。

テイラー:私の大好きなボン・イヴェールは、22っていう数字にこだわりを持っていて。それはそうと、ずっと聞いてみたかったことがあって。あなたはビートルズやウィングス、それに『エジプト・ステーション』もそうですが、これまでずっとバンドの一部だったり、周囲のミュージシャンたちとの繋がりを大事にしていたと思います。でも今回は自分1人で作品を仕上げたわけですが、スムーズに進みましたか?

ポール:以前にも経験してたからね。『マッカートニーⅠ』の時なんかは、ビートルズがもう存在しなかったから、ドラムキットやギターアンプを全部自宅に持ち込んで、自分1人でやるしかなかったんだ。だから最初からレベルの高いものを目指してはいなかったし、実際そうじゃないと思う。でも、あのレコードのカジュアルな感じが好きだって言ってくれた人は少なくなかった。深く考える必要がなかったからだろうね。すべてのパートを自分で演奏するっていうのをその時にやったわけだけど、その後自宅のスタジオにシンセサイザーやシーケンサーを導入して、あれこれと実験しながら作ったのが『マッカートニーⅡ』だった。そういうのが得意な人はいるもので、僕もそうなんだ。スティーヴィー・ワンダーやスティーヴ・ウィンウッドなんかもそうだね。そういう考え方ができるタイプっていうか。

ポール:誰かと一緒に仕事をする場合は、相手のパフォーマンスに結果が少なからず左右される。でも自分1人でやる場合は、パフォーマンスのムラ具合だってある程度予想がつく。僕は次第にその面白さを理解できるようになったけど、一旦慣れてしまうと歯止めが効かなくなるところもあってね。僕はそういうやり方で作ったレコードを、ファイアーマンっていう名義で出してもいるんだ。

テイラー:いい名前ですね。

ポール:趣味みたいなものだね。

ポール:僕もそうだったけど、若い頃は名声や世間からの注目を欲するものだ。ビートルズが有名になる前に、ジャーナリストたちにこんな手紙を送ったこともあった。(シリアスな声で)「僕らはセミプロのロックバンドで、きっとあなたのお眼鏡に適うと思います。僕は友人のジョンと共に、これまでに100曲以上書きました(嘘だったけど)。御社の新聞で僕らのことを取り上げてもらえないでしょうか」みたいなね。当時の僕は、有名になりたくて仕方なかったんだ。

テイラー:下積み時代ですね。そういう時期があったなんて、なんだか嬉しいです。

ポール:うん、誰しもそういう経験は必要だと思う。

テイラー:そうですよね。世間から認知されるようになった後で、そのイメージに縛られることなく何かを作ってみたいと思う時、別名を使うというのはいいアイデアですよね。プレッシャーから解放されて曲を書くのって、すごく楽しいから。

ポール:君にも経験があるのかい?

テイラー:ありますよ。

ポール:そうなのかい? 知らなかったな。それは広く知られていることなの?

テイラー:以前は秘密にしていたんですが、今はもう知られていると思います。Nils Sjöbergっていう、スウェーデン人男性に最も典型的な名前2つを並べた名義で曲を書きました。リアーナが歌った「ディス・イズ・ホワット・ユー・ケイム・フォー」という曲は私が書いたんですが、しばらくの間は誰も気づいてなかったみたい。プリンスが「マニック・マンデイ」を書いた時も、それが彼の曲だって世間が知ったのは何カ月か後だったっていうし。

ポール:うん、それって名声の力を借りることなく自分の実力を証明することでもあるよね。僕の当時の彼女の弟とその友達がピーター&ゴードンっていうバンドにいたんだけど、彼らに曲を提供したことがあるよ。あと、Bernard Webbっていう名義を使うこともあった。

テイラー:(笑いながら)グッドチョイスですね!すごくいい。

ポール:アメリカじゃBernardの発音が違うよね。ファイヤーマン名義でもレコードを作ったよ。ユースっていう名前のプロデューサーと一緒に作ったんだけど、いいやつですごくウマが合ったんだ。彼は僕の初期の作品のミックスをやってくれてて、それがきっかけで仲良くなった。ある日スタジオに行くと、「こんなのはどう?」って言って彼が作ったグルーヴを聴かせてくれてさ。「これにベースとドラムを乗っけてみようよ」っていう彼の提案に乗って、丸一日かけていくつか曲を録った。しばらくの間、ファイヤーマンの正体は誰も知らなかったけど、プレスした15枚は全部売ったよ。

テイラー:すっごいスリリング。

ポール:レコードを売ることが目的じゃなかったからね。

テイラー:自分自身のためのプロジェクトがあるっていうのはすごくいいと思う。2010年か2011年に、私は家族と一緒にあなたのコンサートに行ったんですが、何よりも印象に残ったのはエゴを一切排除したようなセットリストでした。ファンが期待するものを全部披露する、そんな内容でした。新曲もありつつ、ファンが過去に涙した曲、結婚式で使った曲、傷心を癒してくれた曲まで、あなたは全部演ってくれました。あの時以来、ファンの望むセットリストを組むということは私のモットーになったんです。

ポール:君はまさにそれを実践しているよね。

テイラー:今はそうしています。あなたのコンサートから学んだことは、私のキャリアにおいてものすごく重要だったと思っています。私は「ラヴ・ストーリー」や「シェイク・イット・オフ」をこれまでに3億回くらい演奏したけれど、ファンのために3億1回目のパフォーマンスをやろうって思えるようになったから。アーティストはエゴイスティックになることもあれば、私心を捨てられる時もあるけれど、その2つがうまく噛み合うこともあると思うんです。

ポール:子供の頃、ビートルズに入るよりもずっと前だけど、僕はコンサートに行くたびに「あの曲をやってくれますように」って思ってた。聴きたい曲が聴けなかった時は、すごくがっかりしたの覚えてる。僕の家はお金持ちじゃなかったし、そのチケットを買うのに何カ月分ものお小遣いをはたいていたからね。

テイラー:絆みたいなものですよね。ステージ上のアーティストが何を与えようとするたびに、オーディエンスはそれ以上の何かを返そうとする。手が真っ赤になるほど拍手をしたり、声が枯れるほど声援を送ったり。客席であなたのショーを見ながら、私はその繋がりを感じていたんです。あなたがビートルズの曲を演奏すると、父は涙を流していて、母は感動のあまり携帯の操作がおぼつかないほど手が震えていました。私と私の家族だけじゃなくて、ナッシュビルのオーディエンス全員にとって、あれは忘れられない夜になりました。私は辛い経験からよりも、喜びを通じて何かを学びたい。自分が大切にしていることから得た教訓は、ずっと忘れないと思うから。

ポール:素晴らしいね、君がそんな風に考えるきっかけになって嬉しいよ。そういうことをやりたくない人の気持ちは理解できるし、「ジュークボックスじゃあるまいし」なんて言う人がいるのも知ってる。でも僕は、お金を払ってショーを見に来てくれるオーディエンスをがっかりさせたくない。僕らのような立場にいる人は、足を運んだコンサートが期待外れであってもどうってことないかもしれない。でもごく普通の人々にとって、それはものすごく重大なイベントかもしれないんだ。だから僕は、彼らに満足してもらうためにできるだけのことをする。そして君が言ってくれたように、その経験が何かの糧になって欲しい。

テイラー:本当にそうですよね。あとはそのアーティストの現在地を知るためにも、私は新しい曲群も聴きたいって思います。

テイラー:あなたの新作の歌詞についても、インスピレーションについて訊いてみたかったんです。私自身は『フォークロア』で、現実逃避とロマンチシズムをテーマにしました。自分が禁断の愛のパイオニアだったら、なんて想像しながら曲を書いてみたり(笑)。私はすっかり……。

ポール:“あなたに子供を与えたい”っていう歌詞、あれはその曲かい?

テイラー:あれは「ピース」っていう曲です。

ポール:「ピース」か、すごくいいよね。

テイラー:「ピース」は私自身の経験に基づいた曲なんです。あなたは有名人としての暮らしと私生活のバランスをすごく上手に保っていますが、私は誰かと出会って恋に落ちるということが怖くもあるんです。相手が地に足のついた暮らしを送っている人だと特にそう。私は不安に駆られながらも、常識を持った人間として理性的に行動するように努めています。でも、物陰に隠れていた20人くらいのカメラマンが私たちの車を尾行したり、プライバシーを侵害しようとすることを止めることはできないし、事実じゃない事柄が明日の新聞の見出しを飾ることを阻止することもできない。

ポール:それで、パートナーとの関係はうまくいってるの? 相手はそういったことを理解してくれてる?

テイラー:ええ、すごく。

ポール:そういう相手じゃなきゃ務まらないもんね。

テイラー:彼と付き合うようになってから、私はタブロイド紙で語られるようなものではない、自分の本当の人生を生きられるようになったって感じているんです。それは住むところや交流する人の選択、時には写真撮影を断ること、そういう部分にも現れていると思う。プライバシーの概念について説明するのって難しいけれど、単に正常な状態を保つことだと私は思っていて。「ピース」はそういうことを歌った曲なんです。「私たちのどちらもが切実に欲している正常さを手に入れることができなくても、納得しないといけないの?」っていうような。ステラは注目される立場にあったけれど、不思議なくらい平穏な幼少期を過ごすことができたってよく話しているんです。

ポール:そうだね、家族みんなが地に足のついた生活を送れるよう努力してきたつもりだよ。

テイラー:彼女は普通の公立校に通っていたそうですね。

ポール:そうだよ。

テイラー:あなたはマスクを被って、子供たちと一緒に「お菓子をくれないとイタズラしちゃうぞ!」って言ってたとか。

ポール:全員とね。正しい選択だったと思ってるよ。子供の頃にプライベートスクールに通っていた人たちは、少し世間離れしていたりするからね。そうはなって欲しくなかったんだ。彼女たちがやがて母親になる可能性を考えると、尚更そうだった。昔、メアリーにはオーランドっていう友人がいてね。ブルームじゃないよ。自分自身がそういう経験をしていた彼女は、彼にいろんなことを相談していたんだ。言うまでもなく、子供たちは学校で他の生徒たちからからかわれてた。誰かが彼女たちの前で、「ナーナナナ」なんて僕らの曲を歌ったりしてね。彼女たちはそういうのに、自分なりに対処しなくちゃいけなかった。

テイラー:自分のせいで子供たちが辛い思いをするかもしれないということを不安に思ったり、プレッシャーを感じたことはありましたか? そのことに悩んだりしましたか?

ポール:うん、少しはね。でも、当時は今とは状況が少し違ったからね。僕らは喧騒から離れたところで、半ヒッピーみたいな暮らしをしていたんだ。子供たちはごく普通の経験をしていたし、学校の友達を我が家に招いてパーティーを開いたりもした。ステラの誕生日に、彼女がクラスメイトをたくさん連れてきた時のことはよく覚えてるよ。子供たちはみんな、僕のことなんか気にかけもしなかった。最初こそ「あの人有名らしいよ」なんて言ってたけど、すぐに興味をなくしてたからね。ありがたかったよ。他の部屋を覗くと音楽が流れていて、ルークっていう名前の男の子がブレイクダンスをやってた。

テイラー:ワオ!

ポール:彼のダンスは見事だったから、子供たちが皆そこに集まってた。そんな感じだったから、ステラたちも浮いたりせずに済んだんだ。それに、僕は贅沢な暮らしをしているわけじゃないからね。本当に。誰かが家を訪ねてくると、少し恥ずかしく思うこともあるくらいだよ。

テイラー:そういうことも気にするんですか?

ポール:豪華な屋敷に住んでる人が来るときなんかはね。クインシー・ジョーンズが来てるってのに、僕はベジタリアンバーガーなんかを出してるみたいなさ。自分で調理したやつをだよ。リンダを亡くした後で、再婚する前の話なんだけどね。彼みたいな人を招くと、こんな風に思ってしまうんだよ。「クインシーはきっとこう思ってるんだろうな。『彼はどういうつもりなんだろう? 家は小さいし、贅沢品なんかまるで見当たらない。しかもキッチンで食事するなんて! なんでダイニングルームがないんだろう』」みたいなね。

テイラー:その会は楽しそうですけどね。

ポール:僕はそういう人間なんだ。不器用だし、派手な暮らしは性に合わない。田舎に大きな屋敷を買って、豪華な調度品を揃えるとか、そういうことに興味がないんだ。それよりも動きやすい服装のまま散歩に出かけたり、気が向いたら裸で過ごすこともできるような環境の方がいいんだ。

テイラー:『ダウントン・アビー』のような環境じゃそうはいかないですもんね。

ポール:(笑いながら)その通り。

「悲しみ」は「温もり」にもなり得る

テイラー:歌詞についても訊いてみたかったんです。今みたいな未曾有の非常事態の中で作品を作る上で、まず歌詞が出来上がることってありました? それともメロディが先ですか?

ポール:両方同時に浮かぶ場合が多いかな。いつもそうなんだけど、決まったパターンがないんだ。僕とジョンは「2人のどちらが作詞担当で、どちらが作曲を担当しているのですか?」ってしょっちゅう訊かれてたけど、僕はいつも「2人ともどちらもやる」って答えてた。僕らに決まったやり方はないし、それを求めていないってことをよく口にしてたよ。フォーミュラっていうのは、確立した瞬間に放棄するべきなんだ。

今回のアルバムでも、そんな風にして生まれた曲がいくつかあった。深く考えずにピアノを弾いていると、ちょっとしたアイデアが浮かび、それが次第に膨らんでいった。そうすると、歌詞が自然に浮かんでくるんだ。(『マッカートニーIII』の「ファインド・マイ・ウェイ」のメロディーを口ずさみながら)「進むべき道は自分で見つける。意識ははっきりしてるんだ」っていう風にね。自分がその曲のことを既に知っていて、歌詞を思い出そうとするような感じ。周囲のちょっとしたことがヒントになる場合もあるよ。正座や惑星、金星の軌道なんかについて書いた本があって……

テイラー:その曲って「ザ・キス・オブ・ヴィーナス」ですよね。

ポール:そうだよ。「ザ・キス・オブ・ヴィーナス」っていうフレーズがすごく気に入ったんだ。あの曲はその本に載ってた、そのフレーズの響きから生まれたんだ。宇宙の構造についての本なんだけど、各惑星の軌道とか、すべてのパターンをトレースすると睡蓮の花のような形になるんだ。

テイラー:ワオ。

ポール:神秘的だよね。

テイラー:本当にそうですね。今は暗い話題ばかりだからこそ、余計にそういう不思議なものを求める気持ちが強くて。私は裁縫の教本を読んだり、何百年も前の出来事についての映画を観たりすることで、そういう刺激を得ているんです。最近はパニックを誘発しそうなニュースばかりだから、惑星や星座に惹かれる気持ちはよくわかります。

ポール:『フォークロア』を作っている時もそんな風に感じてた?

テイラー:そうですね。かつてないペースで本を読んでいたし、映画もたくさん観ました。

ポール:どんな本を読んでいたの?

テイラー:ダフニ・デュ・モーリエの『レベッカ』とか。あれはすごくお勧めです。他には過去、つまり今はもう存在しない世界のことを描いた本をたくさん読みました。あのアルバムの曲では「悟り」(epiphany)とか、そういう以前から使ってみたかった壮大で華やかで魅力的な言葉を積極的に使いました。以前は「これはポップスのラジオ向きじゃない」みたいなことをいつも考えていたんですが、今回のアルバムを作りながらこう思ったんです。「一体何を気にしてたんだろう。もはや何もかもがカオスなら、使いたい言葉を迷わず使うべきだ」って。

ポール:その通りだね。君も本で目にした言葉に感化されることがある?

テイラー:そうですね、好きな言葉はたくさんあります。「挽歌」(elegies)とか「顕現」(epiphany)、それに「離婚した女」(Divorcée)とか。響きが気に入った言葉に出会うたびに、ノートにリストアップしてるんです。

ポール:「マジパン」っていうのはどう?

テイラー:すごくいいと思います。

ポール:ついこないだ、「ルーシー・イン・ザ・スカイ・ウィズ・ダイアモンズ」で「カレイドスコープ」っていう言葉を使ったことを思い出したんだ。

テイラー:私もその言葉は大好きです! 『1989』の「ウェルカム・トゥ・ニューヨーク」っていう曲で使いました。「カレイドスコープ」っていう響きがとにかく好きで。

ポール:好きな言葉があるっていうのは、歌詞を書く人にとってはすごく大切なことだよね。誰かが誰かに向けた言葉、僕にとって歌詞はそういうものなんだ。僕はよく、元気がない誰かのために曲を書いているように感じる。きれいごとを並べたり、革命を訴えたりするんじゃなく、誰かをそっと支えるような曲を書きたい。これまでの人生で、僕自身が何度も音楽に救われてきたからね。それが僕のスタンスであり、インスピレーションなんだ。

10代の頃、リヴァプール時代の友達と移動式遊園地に遊びに行った時のことを思い出すよ。学校の友達で、2人とも当時流行ってた小さな斑点模様のジャケットを着てた。

テイラー:今回の撮影で、私たちもお揃いの服を着ればよかったですね。

ポール:ああいう生地の服を見つけてくれたら、喜んで応じるよ。それで、リヴァプールのセフトン・パークっていうところに来てた移動式遊園地に2人で遊びに行ったんだけど、そこにものすごく綺麗な女の子がいたんだ。有名人とかじゃないけど、とにかく美しかった。その場にいた誰もが彼女に目を奪われてて、夢の中の出来事のようだった。でも僕が頭痛を覚え始めたから、彼の家に行くことにした。頭痛なんて滅多に経験したことがなかったんだけどね。何をすべきかわからなかったから、とりあえずエルヴィスの「恋にしびれて」をかけたんだけど、曲が終わる頃には頭痛はすっかり収まってた。僕はあの時、音楽の持つ力を知ったんだよ。

テイラー:すごくパワフルなエピソードですね。

ポール:見知らぬ人に呼び止められて「病気で苦しんでいた時、あなたの音楽をたくさん聴いて元気づけてもらいました。おかげで今はすっかり元気です」なんて言ってもらえると、やっぱり嬉しいからね。あるいは子どもたちから「試験勉強の時に慰めてもらいました」って言ってもらえたり。ずっと机に向かって勉強してると気が滅入るから、音楽をかけたりするじゃない? 君のファンもたくさん、同じような経験をしているはずさ。それって、彼らをインスパイアしたってことなんだよ。

テイラー:私もそういうことを目標にしているつもりです。皆いろいろな形でストレスを感じているから、そういう人たちをそっと抱きしめるようなアルバムを作りたかった。すごく温かい、お気に入りのセーターのような。

ポール:「カーディガン」じゃなくて?

テイラー:そうですね、着込んだ上質なカーディガンのようなもの。あるいは、幼い頃の思い出を喚起するような何か。悲しみって、温もりになり得ると思うんです。もちろんトラウマやストレスになることだってあるけど、私はそういうのとは異なるベクトルの悲しみを描こうとしていたんです。ノスタルジアや、落ち込んでいる時にとる自己防衛のような。今はきっと誰もが、多かれ少なかれ辛い思いをしているはずだから。孤立って、自分のポジティブな想像の世界に逃避する機会になると思うんです。

「自分の力でなんとかしよう」という姿勢

ポール:多くの人が君と同じように感じていたと思う。親しい人に「こんなことを言うべきじゃないのかもしれないけど、実はこの隔離生活を楽しんでるんだ」って言ったら、「言いたいことはわかるけど、他の人に言っちゃダメだよ」って釘を刺された。大勢の人々が苦しんでいるんだからね。

テイラー:人生には他人任せにしている部分がすごく多いと思うんです。自分でコントロールするのを完全に放棄している部分が。(隔離生活で)それが浮き彫りになると同時に、日頃アウトソーシングしていることの多くは自分でできるんだってこともはっきりしたと思う。

ポール:素晴らしいね。僕がシンプルな暮らしを大切にしている理由も、本質的には同じだ。何かに不具合が起きた時、多くの人は修理を誰かに任せようとするけれど、自分でなんとかしてみようっていう姿勢が大切なんだ。

テイラー:金槌と釘を持ち出して。

ポール:画を壁に飾るとか、その気になれば誰にでもできることだ。ビートルズが解散した後、僕たちはスコットランドにある本当に小さな牧場で暮らしていた。その時のことを今振り返ると、ほんの少しだけ恥ずかしく思うんだ。「誰か掃除をしてくれる人はいないのか?」なんて思っていたからね。

でも、あそこでの暮らしを経験して本当によかったと思ってる。ビートルズでアップル・レコードを立ち上げた頃、僕はクリスマスツリーなんかも誰かに買いに行かせてた。でも、しばらくしてこう思ったんだ。「クリスマスツリーは自分で買いに行く。それが当たり前だから」って。店に行って、店員さんに「それをください」って伝えて、自分で持って帰ってくる。些細だけど、とても大切なことだと思うんだ。

スコットランドで暮らしてた時にテーブルが必要になってカタログを見てたんだけど、ふとこう思ったんだ。「自分で作ってみよう。木工は学校で学んだし、蟻継ぎの要領だって分かってる」ってね。それで実際にやってみた。キッチンで材木を削り、蟻継ぎの接合部を作った。釘は必要なくて、接着剤を使うんだ。うまく接合するかどうか、すごく不安だった。「たとえこれがうまくいかなくても、いつか必ず成功させる。だから後戻りはしない」そんな風に自分に言い聞かせた。結果的に、すごくいい感じのテーブルに仕上がったんだ。素晴らしい達成感だったよ。

最近ステラと一緒にスコットランドに行ったんだけど、「あれ見つかった?」って訊くと彼女はノーって言った。一応自分でも探してみることにしたんだけど、誰も覚えてない様子だった。ある人に「物置のひとつの隅に木がたくさん転がってたから、その中に混じってるかも。薪として使っちゃったかもしれないけど」って言われたんだけど、薪になるような木じゃなかったんだ。みんなで探して、見つけた時はものすごく嬉しかったね。「僕のテーブルだ!」なんて声をあげてしまうくらい。他の人には退屈なエピソードかもしれないけどさ。

テイラー:そんなことないですよ! すっごくクール!

ポール:自分のことは自分でやるっていうことが、当時の僕にはすごく重要なことに思えたんだ。君はさっき裁縫の話をしてたけど、君のような立場にある人の多くは、そういうのを誰かにやらせようとするはずだから。

テイラー:実は今、周りでちょっとしたベイビーブームが起きてて。つい最近、友人の何人かが妊娠したんです。

ポール:君くらいの年齢なら、不思議ではないよね。

テイラー:生まれてくる彼女たちの子供のために、何かを手作りしたいって思って。それでモモンガのぬいぐるみを自作して、友達の1人に贈ったんです。別の友達にはテディベアのぬいぐるみを送って、少し前にはシルクに刺繍をした赤ちゃん用のブランケットを作り始めました。すごく凝ったやつ。あと、最近は絵もたくさん描いていて。

ポール:どんな絵を描くの? 水彩画?

テイラー:アクリルか油彩です。モチーフが花の時は水彩絵具を使って、景色を描くときは油彩絵具を使います。丘の上にポツンと立ってる、小さなコテージを繰り返し描いていて。

ポール:ロマンチックな夢みたいだね。

ポール:でも君のいう通り、夢を見ることはすごく大切だし、今は特にそうだと思う。現実逃避の手段が必要なんだ。「逃避主義」っていう言葉にはネガティブなイメージがあるけど、今は絶対にそんなことはないと思う。本を読んでいると、目を上げて現実に戻ってくる瞬間までその世界に没入することができる。それって素晴らしい体験だと僕は思う。僕は寝る前に本を読むことが多いんだ。現実の世界に戻ってきて、そのまま眠りに落ちる。ファンタジーや願い事に満ちた夢を見るのって、すごく素敵なことだと思う。

テイラー:登場人物を自分で作り上げるんですよね。私は今回のアルバムで初めて、架空のキャラクターや、実在する他人を主人公にした曲を書いたんです。「ザ・ラスト・グレイト・アメリカン・ダイナスティ」っていう曲の主人公は、ものすごく壮絶な人生を歩んだある相続人女性で……。

ポール:それは架空のキャラクターなの?

テイラー:実在した人です。私が今住んでいる家で昔暮らしていた人で。

ポール:実在した人なんだね。あの曲を聴いて、「これは誰のことなんだろう?」って思ってたんだ。

テイラー:レベッカ・ハークネスっていう人で。私はロード・アイランドに家を買ったんですが、彼女は昔その家を所有していたんです。私はそれがきっかけで彼女のことを知ったんですが、彼女はスキャンダラスなことで広く知られていて。私は彼女に、自分と共通する部分を感じたんです。あと実は、「エリナー・リグビー」にも影響を受けていて。ある街に住む人々の人生が交錯してひとつの物語を成すっていうのを、私は自分の曲で長い間やっていなかったんです。私の音楽はずっと、ものすごくパーソナルなものだったので。

ポール:うん、ずっと恋人との別れについての曲を書き続けるわけにはいかないもんね。
テイラー:風向きが変わるまではそういう曲を書いていたんですけどね(笑)。今でもそういう曲を書くこともあるし。私はクールな別れの曲が好きなんです。私の友達の誰かが世界のどこかで別れを経験するたびに、そういう曲を書きたくなっちゃうんですよね。

ポール:ジョンとのことを思い出すよ。僕たちはフォーミュラを確立しないように意識してた。だから今でも、僕には決まったやり方っていうのがない。その時の気分次第なんだ。だからあるキャラクターになりきって曲を書くっていうのは大好きなんだけど、「これは誰をモチーフにしているんだろう?」っていつも思うんだ。「エリナー・リグビー」は、僕が子供の頃に知ってたある老女がモデルになってる。どういうわけか、僕は何人かのおばあちゃんとすごく仲良くしてたんだ。家族でもないのに、どう知り合ったのか覚えてないんだけどさ。どこかでばったり会うたびに、彼女たちの買い物に付き合ってたんだ。

テイラー:素敵ですね。

ポール:楽しかったよ。座っておしゃべりするたびに、彼女たちはすごく興味深い話を聞かせてくれた。それが僕のお気に入りの時間だった。僕は戦時中に生まれたから、彼女たちが参加した戦争にまつわるエピソードも多かった。よく会ってた女性の1人が鉱石ラジオを持ってたんだけど、僕は興味津々だった。戦時中は多くの人がそういうラジオを自作してたんだ、鉱石を使ってね。(「トワイライト・ゾーン」のテーマを口ずさむ)

テイラー:初めて聞きました。知ってたら掘り下げようとしたかも。

ポール:ウイルスとロックダウンで何もかもが制限されている今って、驚くほど戦時中の状況と類似点が多いんだ。誰もが影響を受けてるっていう点においてもね。エイズやSARS、鳥インフルエンザも深刻だったけど、被害を受けたのは一部の人々だった。でも今の状況には、文字通り世界中の誰もが影響を受けてる。それはこのウイルスに固有のことだと思う。イギリスは数多くの戦争を経験し、女王やチャーチルだけじゃなく、僕の両親も巻き込まれた。誰もその影響から逃れられないからこそ、1人1人が自分なりに乗り切る術を見つけないといけない。君が『フォークロア』を、僕が『マッカートニー Ⅲ』を作ったようにね。

テイラー:大勢の人がパンを焼き始めたらしいですね。気を紛らわせられるなら何でもいいってことですよね。

ポール:昔の人が鉱石ラジオを作ったようにね。後で一応調べてみるけど、確か本物の鉱石を使ってたはず。鉱石ラジオなんて大げさな名前をつけたもんだって思ってたけど、僕らを魅了する本物のクリスタルが実際に使われてるんだ。

テイラー:ワオ。

ポール:そのクリスタルが受信機の役目を果たすんだ。2局の電波をキャッチすることができた鉱石ラジオは、当時の人々の主な情報源になってた。「エリナー・リグビー」では、そのお婆さんのことを考えながら自分の好きな言葉を紡いで、「結婚式が行われた教会でお米を拾い上げた」り、マッケンジー神父が「靴下を編む」っていう情景を描いた。彼は敬虔なキャラクターだから、よりストレートに「聖書を用意した」とすることもできた。でも「靴下を編んだ」としたほうが彼の個性が現れると思ったし、より想像力を掻き立てる。音楽のマジックって、そういうことだと思うんだ。真っ暗で何もないところから、一輪の美しい花を生み出すような。刺繍も同じだね、そういう意味では。

テイラー:テーブルを自作することも。

ポール:その通り。

人生の哲学「きっと何とかなるさ」

テイラー:あーあ、グラストンベリー50周年のステージであなたと共演できていたら、きっとすごく楽しかっただろうなぁ。

ポール:本当にね。僕は君にゲストとして登場してもらおうと思っていたんだ。

テイラー:本当ですか? 誘ってくれたらなって思っていたんです。自分からお願いするつもりだったし。

ポール:「シェイク・イット・オフ」を一緒に演りたかったな。

テイラー:それ、きっとめちゃくちゃ楽しかったんだろうなぁ。

ポール:キーもちゃんと知ってるよ、ドだ。

テイラー:私があなたを尊敬する理由のひとつは、何があっても音楽を思いっきり楽しもうとしているのが伝わって来るからなんです。楽器を弾いたり曲を書くことを、あなたは心の底から楽しんでいるのがわかる。それって素晴らしいことだと思う。

ポール:僕らはすごくラッキーだよね。

テイラー:本当に。

ポール:君に覚えがあるかどうかわからないけど、僕は「なんてこった、ミュージシャンになってしまった」って感じなんだよね。

テイラー:分かります。これが自分の仕事だなんて信じられない。

ポール:つい先日、メアリーに僕の好きなビートルズのエピソードのひとつを聞かせたんだ。当時はロンドンとリヴァプールを頻繁に行き来していたんだけど、その日は猛吹雪だった。ロンドンでの仕事を終えて、僕ら4人と運転手を兼ねてたローディーはヴァンに乗り込んだ。吹雪は強まる一方で、前方が見えないくらいだったんだけど、途中で車がスリップして土手に入ってしまった。全員「うわぁっ」なんて叫びながら斜面の一番下まで滑り降りたけど、幸い車がひっくり返ることはなかった。問題はどうやって元の道に戻るかで、ヴァンだし雪が積もってたから、坂を上っていくのは論外だった。全員で小さな輪になって、どうすればいいのか考えを巡らせていたら、誰かがこう言ったんだ。「きっと何とかなるさ」(Something will happen)。その一言に、僕はものすごく勇気付けられた。まさに人生の哲学だよ。

テイラー:「きっと何とかなる」

ポール:そして実際に何とかなった。僕らは車を残して坂を上り、通りかかったトラックを呼び止めて乗せてもらったんだ。ローディーのマルはヴァンを回収し、全部片付けた。僕のキャリアはずっと、その哲学に基づいているんだ。何とかなるって信じ続けた結果、いつしかミュージシャンでソングライターになっていたんだ。

テイラー:素敵ですね。

ポール:くだらなくも素晴らしいよね。でもパニックになって「一体どうしたらいいんだ」なんて頭を悩ませている時に、その言葉は魔法のような力を発揮するんだ。

テイラー:「きっと何とかなる」

ポール:その通り。今日はありがとう、すごく楽しかったよ。

テイラー:こちらこそ! 素晴らしい話をたくさん聞けて、とても楽しかったです。


ポール・マッカートニー、ファンからの質問回答(原文:https://www.paulmccartney.com/news-blogs/news/you-gave-me-the-answer-answering-your-mccartney-iii-questions

McCartney IIIは常に神話のようなアルバムで、発売されることを楽しみにしていました。マッカートニー3は制作中で、ロックダウンがなければ実現しなかったのでしょうか?(ダヴィ)
ーいや、アルバムを作るつもりはなかったし、McCartney IIIは純粋に偶然に起こったんだ!ロックダウン中にスタジオに入って、それまで仕上げる時間がなかった曲を完成させることができた。ロックダウンの中で自分のスタジオに入り、それまで完成させる時間がなかったトラックを完成させることができたんだ。完成した時に、このアルバムに収録されている全ての楽器を演奏したことに気付いたので、それがMcCartney IIIになったんだ。

一人でアルバムを作ることの醍醐味は何ですか?(Beatlxsdarling via Twitter)
-このアルバムでは、自分のやりたいことを何でもできる自由があった。実験的にも叙情的にもなれたし、とても楽しかった。創作するには最高の方法だよ。

このアルバムで演奏した楽器で一番面白かったのは何ですか?(デイジー)
-一番面白かったのは、テープループを作るのに使ったブルネルのテープマシンだ。ハープシコードも弾いたんだけど、これがかなりかっこいいんだ。

ニューアルバムの中で最も実験的な曲は何ですか?(The Techno Man via Twitter)
-Deep Deep Deep Feelingはかなり実験的だと思う。曲の長さや、どこに行って何ができるのか、何の制限もなかったんだ。

マッカートニーⅢのレコーディング中に一番苦労したのはどの曲ですか?(ヤンカ)
-どの曲も大した問題にはならなかったと思う! 選ぶとしたら、一番露出の多い曲は「The Kiss of Venus」だろうか。でも、やっていて楽しかった。

「Who Cares」はテイラー・スウィフトのファンを念頭に置いて作られたそうですね。マッカートニーIII』の曲を書くときには、他にも何かミュージシャンや人を意識していましたか?(アイザック)
-「Find My Way」のような曲では、コヴィドの時に困難に直面している人たちを想像して、その中で良いアドバイスをして助けようとし。そして、ラブソングではナンシーを思い浮かべているよ。

エド・ルシェのカバーアートは何に触発されたのでしょうか?(Jaime via Twitter)
-「マッカートニー」の文字が欲しいのは分かっていたし、サイコロの数字「3」が欲しいのも分かっていたし、レタリングを考えた時にすぐにエドと彼の有名なレタリング・スタイルを思い浮かべた。彼に電話して説明したところ、彼はニューヨークでの大きな展示会の準備で忙しかったにもかかわらず、とても興味を持ってくれた。それで、彼はスタジオの人たちと一緒に作業をして、カバーアートを作ってくれたんだ。

マッカートニーの3枚のアルバムの中で好きな曲とその理由は?(アルヴァ)
-いつもお気に入りを選ぶのは難しいけど、マッカートニーからは「Maybe I’m Amazed」、マッカートニーⅡからは「Waterfalls」、マッカートニーⅢからは「Deep Deep Feeling」といったところかな。

ベースの影響でジャマーソンが好きなのはわかるけど、ドラマーはどうですか?(ティミー・ショーン)
-好きなドラマーはいつもリンゴ・スター、ジョン・ボーナム、キース・ムーンですが、最近ではエイブ・ラボリエルJr.もリストに加える必要があるね。

あなたの曲の中で、一日の始まりやピアノでのウォーミングアップにいつも使っている曲は何ですか?(ジョージ)
-私がピアノを叩いている時に一番弾くのは「レディー・マドンナ」かな。


ニューヨーク・タイムズ・インタビュー(原文:https://www.nytimes.com/interactive/2020/11/30/magazine/paul-mccartney-interview.html

今回のアルバムのように、一人で音楽に取り組むことで、自分が何をどのようにしているのかを知ることができるのではないかと思います。では、”McCartney III “には、あなたにとって創造的な成長を表している部分があるのでしょうか?
成長して弓の矢を増やしていくという考えはいいと思うけど、興味があるかどうかはわからない。21歳かそこらの時に書かれた “Yesterday “を振り返ると、90歳になったような口調で “Suddenly I’m not half of the man I used to be “と言っている。”Eleanor Rigby “には知恵のようなものがある。年を取れば深みにはまると思うでしょうが、そうではないと思います。性格があまり変わらないのは事実だと思う。人生を通して、あなたがあなた自体だと。

78歳になった今のあなたの音楽的才能の本質について、1980年や1970年、あるいは曲を作り始めた頃と比べて何か違いはありますか?
それにはストーリーがあるんだよ。いつも変わるね。私が最初に”何曲か書いた “とジョンに言ったとき、その曲はシンプルだった。最初の曲は “I Lost My Little Girl “という曲だった。それから曲作りの次の段階に入ったんだ。”Thank You Girl “や “Love Me Do” “Please Please Me “などの曲だ。その後、”Let It Be “や “The Long and Winding Road “のような、より成熟した曲になっていった。でも基本的には全て同じだと思うし、たまにラッキーなこともある。例えば “Let It Be “は母が言っていた夢から来ている。”Yesterday “はメロディの夢から。僕は夢の大いに信じるよ。僕はよく夢を覚えているんだ。

最後に見た面白い夢は?
昨夜のはかなり良かった。どんな夢?性的な内容だったから、子供向けのコーナーには 向いてないかな。かっこよかったけどね。非常に面白い、結婚しているときに性的な性質の夢を見る。だって結婚してるやつの頭が夢の中で言ってるんだから “こんなことしちゃダメだ “ここに来るな” 。言っておくけど、そんなことできないよ。それでもいい夢だった。

このインタビューの序盤でビートルズのことには触れないように意識していましたが、あなたはすでに何度か触れていますね。では、お聞きしたいのですが バンドは50年前に解散しました。あなたがいたのは大体10年くらいですよね。インタビューやコンサートをしていない時、半世紀前の10年間は、あなた自身の人生を語る上で、どれだけ中心的な存在なのでしょうか?
そうだよね、素晴らしいグループだった。一般的に認められていることだよ。一般的にはね 、高校時代の思い出、つまりビートルズの思い出みたいなもの。これが危険なんだよ。ディナーパーティーでは、私は自分の人生の話をしてしまいがちで、僕を知っている人は、そういった話をすでに知っている。誰もがあくびをこらえているのが目に見えている。しかし、ビートルズは避けて通れない。娘は週に数回、写真やメールを送ってくる。”広告に出てたよね “とか “ラジオで聞いたよ “とか。年をとった今、僕を驚かせているのは、ニューヨークでも有数の皮膚科医の一人と一緒にいて、彼が熱狂的なビートルズファンであるだよ。驚いた。僕たちは知名度を上げようとしていたし、良い仕事をしようとしていたし、それをしてきた。だから僕にとっては、すべてが幸せな思い出なんだ。

“マッカートニーIII “の発売の頃、ジョン・レノンの没後40年を間近に控えています。彼に起こったことに対する考えは、年月の経過とともに変化してきましたか?
考えるのは難しいね。頭の中でシナリオを再演しているよ。とても感情的で 考えることができないほどに、壊してしまう。怒りや悲しみ以外に何を考えればいいの?他の死別と同じように、唯一の解決法は、ジョンと一緒にいた時のことを思い出すことだ。僕は無意味な行為を乗り越えることができないから、考えることができない何かの形で否定されているのだろうね。でも、それを否定することが唯一の対処法なんだ。そうは言っても、もちろん考えている、恐ろしいことだよ。否定されないようにするために、何かをするんだ。息子のショーンにインタビューされた。ジョンがどれだけクールだったかを話して、彼の知識のギャップを埋めることができて良かった。だから僕にできることは小さなことだけど、そのどれもが丘を越えてうまくいくわけではないことはわかっている。でも、彼が殺された後、ニューヨークのフランク・キャンベルの葬儀屋に連れて行かれた。そこをよく通り過ぎるんだけどね。”よし ジョン “やあ ジョン”って言わずに通り過ぎたことはない よ。

ジョンと一緒にやってた仕事に対する考え方はどうですか?変わりましたか?
ずっといいと思ってた。今でも良かったと思っている。時々、彼を安心させなければならないこともあった。ある時、彼が僕に言ったことを覚えている。”僕が死んだらどう思うだろう?僕のことを覚えているだろうか?” 彼は僕より年上なのに、僕は兄のように感じた。僕はこう言った「ジョン、聞いてくれ。君はとても記憶に残るだろう。あなたはとても偉大だから、これが消えることはあり得ない」と言った。それは彼が不安になった瞬間だったと思う。彼は別の機会に私を正してくれた。素晴らしいコラボレーションだった。これ以上のコラボレーションは考えられないし、これまでにも何百万ものコラボレーションがあった。僕はとても幸運だった。僕たちはリバプールで友人のIvan Vaughanを介して偶然出会ったんだ。アイヴァンが言ってた “この相棒が気に入ると思う “って。誰の人生にも魔法はあるけど、あの男が僕とジョンを結びつけてくれたこと、ジョージがバスに乗ってきてくれたこと…ビートルズを作るためには、たくさんの偶然が重なったんだ。

人はいつもジョンのことを聞かれますね。ジョージのことはほとんど聞かれないと思いますが。
ジョンはおそらくグループの中では一番記憶に残っている人だと思うけど、彼の死の状況は特に悲惨なものだった。恐ろしい死に方をすれば、より多くのことを覚えていると思う。でもあなたの言いたいことはだよ。ジョージはどうなの?ジョージのことをよく思い出すのは、彼が私の小さな相棒だったから。先日ヒッチハイクの時のことを考えていた。ビートルズの前のこと。私は急にヒッチハイクに夢中になったので、このアイデアをジョージに売り込み、その後ジョンに売り込んだよ。

この記憶は知っています。ジョージと一緒に ペイントンまでヒッチハイクしたんですね。
そう、エクセターとペインントンだ。ジョンともヒッチハイクしたよ。彼とはパリまで行った。何を考えていたかというと、私が扇動者だったのが面白い。二人とも僕のところに来て「ヒッチハイクに行こうか」とは言わなかった。”いいこと思いついたんだけど “って言ったんだ。

なぜ面白いの?
僕の考えでは、その態度は僕らのレコーディング・キャリアにも影響していたんだ。皆が田舎をうろついていた。私は皆に電話をかけて “アルバムを作る時間だ “と言っていた。そして俺たちは皆で入ってきて不平を言った “彼は私たちを働かせている” よく笑ったもんだ ヒッチハイクの休日を 楽しんだのと同じように “アルバムを作る時が来た” と提案した。 リンゴやジョージやジョンがそんなことを言って電話をかけてきたことは覚えてないよ。

先ほどのヒッチハイクの話のように、青春時代の何気ない思い出を共有して、その思い出を相手(この場合は私)に知ってもらうというのは、何と不思議なことでしょうか。
なんか変な感じがしますね。詳細は知ってます。ジョージとビーチで寝てたんですよね。

そうだよ。

救世軍の女の子があなたを暖めてくれたんですよね。
そうだな。

それから車のバッテリーの上に座って お尻を叩いたんですね?
それをやったのはジョージだ!誰も認めたくないんだろうな。私ははっきりと覚えている 傷跡を見せてくれた はっきりさせておきましょう それはジョージのお尻で 彼のジーンズのジッパーの形をした火傷だった。

ジョージが最後に言った言葉を覚えてる?
くだらないことを言った。彼がなくなる前にロサンゼルスに行く前にニューヨークにいたんだけど、それはくだらないことだったけど、私にとっては大切なことだった。彼にとっても重要なことだった。僕らはそこに座っていて、私は彼の手を握っていた。これまで話したことがなかったのけど、ジョージの手を握りたくなかったよ。普通友達の手を握らないし、僕たち私たちもそうだったわ。彼はずっと旅をしていたから、イライラしていたのを覚えてる。治療法を追いかけてね。ジュネーブに行って、何ができるか見てきたんだ。それから、ニューヨークの特殊なクリニックに来て、何ができるのかを見てき。そして、ロサンゼルスに行って、何ができるか見てみようと思ったのです。彼は、「このまま一つの場所に留まることはできないのではないか」と思っていた。僕はこう言った “そうだ、スピーク・ホールだ。”スピーク・ホールに行こう “と言った 。それがお互いの最後の言葉だった。そこでスピーク・ホールを知っているのは、彼だけだと思っていたからだ。どういう意味がわかるだろ。

そうですね。
君を驚かせることはできない!とにかく、ジョージの手を握っていた時の私にとって良かったことは、彼が私を見て、そこに笑顔があったことです。

まだ語られていないビートルズの良い物語がどれだけ残っているだろうか?
何百万個もあると思う。あまりにもプライベートな話だから、時々、ゴシップにはなりたくないということもある。でも、主な出来事はもう知られていて、また語られる。

今までに話していない話があると思いますか?
うーん… 燃え盛る炎をかき分けてみます。ああ、一つ教えてあげよう!今朝、思いついたんだ。なかなかいいですね。言ってないと思うけど。記事の中で「これを無理やり伝えた」と言うのは、ちょっと言い逃れになってしまうからだ。

ちょっと困った質問をしてもいいですか。
アルバム “Abbey Road “を作った時、カメラマンがセッティングして、アルバムの表紙になるような写真を撮っていた。リンダもそこにいて、付随的な写真を撮っていた。彼女は僕らの写真を何枚か持っているんだ。アビーロードのスタジオの階段に座って、セッションの休憩をしていて、私はジョンと真剣に会話をしていた。今朝、私は理由を思い出した。ジョンの会計士が私の会計士に電話をかけてきて言ったんだ。”誰かがジョンに伝えなければならない、彼は確定申告書に記入しなければならない。”彼はそれをしていない” だから私は彼に言おうとしたんだ “聞けよ、お前はこれをしなければならない “と 賢明なアドバイスをしようとしていた。税金を払っていないからといって逮捕されないようにね。だから真面目そうに見えた。そんな話をしたのは初めてだと思う。

音楽を作る上での目標は、自分が満足することをすることでしょう。今回のアルバムで一番満足したのは何ですか?
“Women and Wives”が一番好きだ。リード・ベリーについての本を読んでいたんだ。彼の人生を見ていて、当時のブルースシーンのことを考えていたんだ。あの声のトーンとエネルギーとスタイルが大好きなんだ。ピアノの前に座って ハッディ・リードベッターのことを考えてた ニ短調のキーでうろうろしてたら これが浮かんだんだ “Hear me women and wives”(女性と妻たちの声を聴け)という、ブルース・シンガーの歌声を想像するような声色で。リード・ベリーからも、宇宙からも、ブルースからもヒントを得ていたんだ。そして、なぜこの曲を作って良かったと思うかというと、歌詞がかなり良いアドバイスになっているからだ。自分でも気にしないようなアドバイスだよ。

「マッカートニーIII」に収録されている「プリティ・ボーイズ」という曲がありますが、これはあなたにしては珍しく、音楽は地味なんですが、歌詞には不吉なエッジがあるんですよね。何がインスピレーションになったんですか?それは何ですか?
何年にもわたって多くの写真家に写真を撮られてきた。ロンドンに降りてきて、デヴィッド・ベイリーのような人たちとセッションをしていると、彼らはスタジオの中でかなりエネルギッシュになるんだ。”ブローアップ “みたいなもんだよ。”よこせ!”レンズをよこせ!” そしてそれは… “え?”いや、そんなつもりはない” でも彼らがなぜそうするのかは理解できる。彼らはそういうアーティストなんだ。だから、それを許してしまう。写真家の中には、すごくいい写真家が多いんだけど、スタジオの中では一線を画してしまう人もいる。だから「プリティ・ボーイズ」は男性モデルについての作品。ニューヨークやロンドンに行くと、レンタル自転車の列ができているよね。”モデルのように使われている” っていうのを感じた。それはとても残念なことです。

“Lavatory Lil “も気になった曲です。なかなかのタイトルですね。
“Lavatory Lil “は嫌いな人のパロディだ。一緒に仕事をしていた人が悪者になってしまった。順調だと思っていたのが悪くなってしまった。だからラバトリー・リルというキャラクターを作って、その時のことをいくつか思い出して曲に入れたんだ。これ以上具体的に言う必要はない。誰が誰だったかは絶対に明かさない。

もう一つ、大きな質問があります。あなたの経験上、結婚生活の段階や結婚生活の違いで、結婚生活における愛はどのように違うのでしょうか?
違いはないと思う。いつも見事なパズルだ。ラブソングを書いていても、何がどうなっているのかわからないと思う。いつもスムーズで素晴らしいものであれば最高なんだけど、そういう部分もあるし、ナンシーにとって僕は複雑な存在だと思う。

どんな風に?
僕はリバプール出身の貧しい労働者階級の子供なんだ。ずっと音楽をやってきた。僕は大成功を収めてきたし、人々はしばしば私の望むことをしようとするので、あなたは全能感という誤った感覚を得ることになる。そういったことをすべて合わせると、複雑な人間になってしまうす。私たちはみんな複雑。貧困から来たからこそ、他の人よりも複雑なのかもしれないね。

最近のお金についてはどう思いますか?
明らかに変わった。でも変わらないのは中心的な考え方。子供の頃リバプールにいた時、人々の会話をよく聞いていてね。2人の女性がお金について話しているのを覚えてて。”ああ、私と私の夫は、私たちはいつもお金について議論している” そして、僕は非常に意識的になった。それがきっかけで、「お金の問題はあまり起こさないようにしよう」という考えになった。また、お金をあまり持っていなかったので、家に何かが入ってきたときには、それが重要でした。週刊コミックが配達された時も重要だった。それとも私のペンパル?スペインにはロドリゴというペンパルがいたけど、彼の手紙が届いた時は大きな出来事だった。コミックの中に小さな小物が入った景品があった時は、全部保存していた。買いだめ本能だと言われるかもしれませんが、子供の頃に何も持っていなかったことが、お金の面ではずっと心に残っている。俺は頭がおかしいんだ。妻は違う。必要ないものは捨てられると知っている。

買いだめ派?
僕はキープ派。どこかに行って、買ったものを素敵な袋に入れてもらったら、その袋をキープしたくなる。理由は、明日サンドイッチを入れたくなるかもしれないから。ナンシーは「もう一袋買おう」と言う。お金に対する考え方はそれほど変わっていない。節約しようという本能は変わらない。今のお金の素晴らしさは、お金で何ができるかだ。家族や友人が病気になっても “助けてあげる “と言える。お金を持っていることで最も素晴らしいことは、お金で人を助けることができるということ。

あなたが音楽的に不変なのは、常にメロディーを作り続ける能力ですね。新しいアルバムでは、メロディが全部流れています。キャッチーなメロディを書く能力があるということは、曲がキャッチーなだけでなく、それ以上のものになるための障害になっていることはありますか?
曲が良いだけでは良い曲にはならないからね。”Bip Bop “がその例だろう。何を言っているか分かる?”Bip Bop “は叙情的に素晴らしい曲ではない。あの曲はいつも恥ずかしかった。文字通り “Bip Bop / Take your bottom dollar” 取るに足らない曲だ。数年前に友人のプロデューサーに話したら “君の一番好きな曲だ “と言われた。人の好みは分からないのね。自分が好きでレコードに入れて楽しんでいて、それ以上の歌詞は特に考えたくないというのであれば十分なんだ。汗をかきたくない。たまには汗をかいたほうがいいかもしれない。一度や二度は汗をかいてみたけど、それが嫌だった。何のためにやってるんだよって感じだから。

曲を作り始めて60年が経ちますが、メロディがどこから来るのかを知ることができるようになったと感じますか?
いや、自分の作曲能力には何かがあって、必ずしも自分に責任があるとは思っていないんだ。ただ、人よりは簡単にメロディが出てくるような気がする。それだけだよ。僕は幸運な男なんだ。


⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂

5.関連動画

アルバム発売発表と同時に公開されたトレーラー映像

各カラー盤発売のトレーラー

Paul McCartney and Chris Rock on RELEASE
He talks about his new album, McCartney III. From his home studio, the legendary musician chats with Chris Rock about his songwriting process and plays a sample of his favorite song on the new album.

アメリカのテレビ番組「Jimmy Fallon」にビデオ出演

Paul McCartney Plays Exclusive Snippets Off His New Album McCartney III
2020/12/17
Paul McCartney talks about how his new album McCartney III came to life, the meaning of the album’s cover and the role his family plays in his art.

Paul McCartney Critiques Jimmy’s Songwriting
2020/12/17
Paul McCartney talks about picking the trumpet back up for a charity event, collaborating with Kanye West on “Four Five Seconds” and playing every instrument on his new album McCartney III.

アメリカのラジオ番組「Howard Stern」に出演

Paul McCartney on Not Competing Against the Rolling Stones or Taylor Swift
2020/12/16
Paul McCartney reveals the Beatles and the Rolling Stones used to coordinate their song releases so they wouldn’t interfere and revealed Taylor Swift did the same.

リンゴ・スターの新曲「Here’s To The Night」に参加

Apple Musicのインタビュー

Paul McCartney – Apple Music ‘McCartney III’ Interview
2020/12/21
Paul McCartney connects with Apple Music’s Zane Lowe to talk about his album, ‘McCartney III.’ Paul shares stories from the final years of The Beatles, creative relationship with…

McCartney III debuting at Number 1 on the Official UK Albums Chart
2020/12/25
The collection – which also claims the 2020 Official Christmas Number 1 album – is McCartney’s first solo UK Number 1 album in 31 years, since 1989’s Flowers In The Dirt.

https://www.tiktok.com/@paulmccartney/video/6909542346564619526

https://www.tiktok.com/@paulmccartney/video/6907665007207533829

https://www.tiktok.com/@paulmccartney/video/6907599858757061893

https://www.tiktok.com/@paulmccartney/video/6907590034346511621

https://www.tiktok.com/@paulmccartney/video/6907581895203130630

 

⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂⚂

6.関連サイト

サイト

SNS

Spotify

7.関連記事

国内

ポール・マッカートニーは新型コロナウイルスのパンデミックを受けて第二次世界大戦の両親を思い出したと語っている。…
ポール・マッカートニー(Paul McCartney)が、新作アルバム『McCartney III』(マッカートニーⅢ)を12月11日に発売することを発表。このアルバムはコロナ禍でのロックダウン中に、ポールが英サセックス州の自宅にて自ら …
Paul McCartney(ポール・マッカートニー)|新作アルバム『マッカートニーⅢ』発売|国内盤オンライン限定予約ポイント10%還元 – タワーレコード.
スポーツニッポン新聞社
ポール・マッカートニー(78)が21日(日本時間22日)、新作「マッカートニー3」を12月11日発売すると発表した。 1970年の「マッカートニー」、80年の「マッカートニー2」に続く全曲セルフプロデュースアルバム。
http://nme.com
ポール・マッカートニーは新たなソロ・アルバム『マッカートニーIII』を12月11日にリリースすることを発表している。…
フロントロウ
ザ・ビートルズの元メンバーであるポール・マッカートニーが、12月11日に新アルバム『マッカートニーⅢ』をリリースすることを発表した。(フロントロウ編集部)
Yahoo!ニュース
1970年にソロ・デビュー・アルバムでもある『マッカートニー』、1980年に『マッカートニーII』と、ほぼすべての楽器をみずから演奏した2枚のアルバムを発表しているポール・マッカートニー(Paul.
http://rollingstonejapan.com/
ポール・マッカートニーが最新アルバム『McCartney III』を12月11日にリリースすることを発表。2018年の『Egypt Station』以来となる本作は、1970年のソロデビュー作『McCartney』、1980年の『McCar.
http://nme.com
ポール・マッカートニーは新たなインタヴューで60年に及ぶ音楽キャリアについて語っている。…
BARKS
ポール・マッカートニーが水曜日(10月21日)、噂されていた新作『McCartney III』を12月にリリースすると発表した。彼は、ソロ・デビュー・アルバム(1970年)を『M…
BARKS
ポール・マッカートニーが、間もなくニュー・アルバム『McCartney III』をリリースするのではないかと噂されている。マッカートニーは1970年に『McCartney』と名づけたソロ・デビュー・アルバムを発表し、その10年後 …
https://www.udiscovermusic.com/
ポール・マッカートニー(Paul McCartney)がロックダウン中に全て自分で作詞作曲&録音した18枚目のソロ・スタジオ・アルバム『McCartney III』にてソロとして31年ぶりの全英アルバム・チャート1位を達成した。
BARKS
ポール・マッカートニーは今週金曜日(12月18日)、ニュー・アルバム『McCartney III』をリリースし、収録曲の1つ「Find My Way」のミュージック・ビデオを公開した。
https://www.udiscovermusic.com/
ポール・マッカートニー(Paul McCartney)がApple Musicのゼイン・ロウと1時間に及ぶ親密なリモート対談を行い、2020年12月に発売されたニュー・アルバム『McCartney III』や、ザ・ビートルズの作品について掘り下げ …
https://www.udiscovermusic.com/
ポール・マッカートニー(Paul McCartney)の新作であり、彼が一人で作り上げたマッカートニー・シリーズの3作目『McCartney III』がストリーミング、CD、そしてカラフルなヴィニール盤として、本日、2020年12月18日 …
http://nme.com
ポール・マッカートニーは先週新たなソロ・アルバム『マッカートニーIII』をリリースしており、レディットで行ったQ&Aセッションでファンから最近聴いているものを尋ねられている。 「やあ、ポール。新作、気に入ったよ …
Mikiki
ポール・マッカートニーが贈る『McCartney III』とは何か? 「僕はロックダウンの時期を自分の農場で家族と過ごしていた。毎日自分のスタジオに通っていた。映画音楽の仕事を少ししなければならなかったんだけど、それが …
http://nme.com
先週、ポール・マッカートニーは1970年発表の『マッカートニー』、1980年発表の『マッカートニーII』に続く『マッカートニーIII』を12月18日にリリースしている。ロックダウンの最中にレコーディングされた通算18作目 …
BARKS
ポール・マッカートニー、リック・ルービンとのドキュメンタリー・イベントを予告.
海外
‘It’s just me’: an exclusive interview with Paul McCartney about McCartney III
https://www.loudandquiet.com/interview/its-just-me-an-exclusive-interview-with-paul-mccartney-about-mccartney-iii
🎲🎲🎲🎲🎲🎲🎲🎲🎲🎲🎲🎲🎲🎲🎲🎲🎲🎲🎲🎲🎲🎲🎲🎲🎲🎲🎲🎲🎲🎲🎲
(c)2020 JASH’S PAUL McCARTNEY PAGE All Rights Reserved

イベント情報:2016年10月16日(日)18:30~@大阪・TOHOシネマズ梅田 『ザ・ビートルズ~EIGHT DAYS A WEEK ‐ The Touring Years』発声可能上映

subafilms-ltd-2

9/22(木・祝)より 角川シネマ有楽町ほか全国公開


ザ・ビートルズの驚異的な初期のキャリアを描き、1970年の『レット・イット・ビー』以来46年ぶり、『ザ・ビートルズ・アンソロジー』から実に21年ぶりのアップル公式作品として、大ヒット上映中の映画『ザ・ビートルズ~EIGHT DAYS A WEEK ‐ The Touring Years』。若い層から往年のファンまで、連日満席の劇場も続出しています。ジョン・レノンの誕生日である10月9日には、東京・角川シネマ有楽町の19:00の回にて発声可能上映が行われましたが、チケット完売になったことから、大阪での実施が決定しました。
イベント情報
『ザ・ビートルズ~EIGHT DAYS A WEEK ‐ The Touring Years』発声可能上映
2016年10月16日(日)大阪・TOHOシネマズ梅田 18:30~

料金:通常料金

劇場窓口にてお買い求めください。

※声だし可、サイリウムの持ち込み可、コスプレ可の上映回になります。静かに映画をご鑑賞されたいお客様には不向きの上映となりますことを予めご了承下さいませ。
※コスプレをされる方は、周りや後方のお客様の視界を遮るような衣服の着用はご遠慮ください。
※劇場内にお着替え用スペースはございません。劇場内でのお着替えはご遠慮ください。
※上映中の許可のない撮影、録音はご遠慮ください。
※火器類の持ち込み・クラッカー・笛などの鳴り物の使用、飛ぶ・跳ねる・暴れる・物を叩くなどの周りの方のご迷惑になる行為は固くお断りいたします。余りに過剰に行われた場合は上映中止になる場合もございます。
※イベントの予定は、急遽変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※劇場内での写真撮影(携帯カメラ含む)や録画・録音は固くお断りいたします。
※いかなる事情が生じましても、ご購入後・お引き換え後の鑑賞券の変更や払い戻しはできません。

出演:ザ・ビートルズ 監督:ロン・ハワード
プロデューサー:ナイジェル・シンクレア、スコット・パスクッチ、ブライアン・グレイザー、ロン・ハワード
エグゼクティブ・プロデューサー:ジェフ・ジョーンズ、ジョナサン・クライド、マイケル・ローゼンバーグ、ガイ・イースト、ニコラス・フェラル、マーク・モンロー、ポール・クラウダー
2016年/イギリス/英語/140分/カラー/原題「THE BEATLES:EIGHT DAYS A WEEK ‐ The Touring Years」/配給:KADOKAWA
提供:KADOKAWA、テレビ東京、BSジャパン 協力:ユニバーサル ミュージック合同会社 後援:ブリティッシュ・カウンシル
©Apple Corps Limited. All Rights Reserved.
thebeatles-eightdaysaweek.jp

 

%e3%80%8c%e3%83%93%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%ab%e3%82%ba%e3%80%8d%e3%82%b5%e3%83%962 %e3%80%8c%e3%83%93%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%ab%e3%82%ba%e3%80%8d%e3%82%b5%e3%83%963 %e3%80%8c%e3%83%93%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%ab%e3%82%ba%e3%80%8d%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%b3

『THE BEATLES:EIGHT DAYS A WEEK ‐ The Touring Years』ワールドプレミア・レッドカーペットイベント中継付 特別先行上映会(梅田)

20160915umeda01

ワールドプレミア・レッドカーペットイベント中継付

特別先行上映会

 

■日時:9月15日(木)25:50開演

     (翌日16日(金)5:20上映終了予定)

 ■場所:TOHOシネマズ梅田

 ■料金:2500円(税込み)

 

UK時間9月15日18:00からビートルズの故郷であるイギリス・ロンドンのレスター・スクウェアで、ワールドプレミア・レッドカーペットイベントが開催されます。レッドカーペットには本作の監督ロン・ハワードの他、ポールマッカートニー&リンゴ・スターも登場!その他豪華ゲストも予定されております。そのイベントの模様を日本でも15日26:00(16日AM2:00 )からライブビューイングする事が決定いたしました!更に9月22日(木)の日本公開よりも一足早く、映画本編もご覧いただける上映会付きでの開催となります!当日は来場者限定のプレゼントの配布もございます!

 

  • 出演:ビートルズ   ●監督:ロン・ハワード
  • プロデューサー:ナイジェル・シンクレア、スコット・パスクッチ、ブライアン・グレイザー、ロン・ハワード
    ●エグゼクティブ・プロデューサー:ジェフ・ジョーンズ、ジョナサン・クライド、マイケル・ローゼンバーグ、

ガイ・イースト、ニコラス・フェラル

  • 配給:KADOKAWA ●協力:ユニバーサル ミュージック合同会社

2016年/イギリス/英語/カラー/原題『THE BEATLES:EIGHT DAYS A WEEK ‐ The Touring Years』

9月22日(木)TOHOシネマズ梅田他全国ROADSHOW

©Apple Corps


『THE BEATLES EIGHT DAYS A WEEK』

映画先行上映会イベントライブ

 

■日時:9月15日(木) OPEN23:30 START24:00

     (25:00終了予定)

 ■場所:ROYAL HORSE

 ■出演:THE BEATLES REAL LIVE BAND

 ■料金:チャージFREE、1drinkオーダー制

 

ビートルズのコピーバンド、THE BEATLES REAL LIVE BANDによるバンド演奏が観られる他、イベント終了後にイベント参加者たち全員で上映会場のTOHOシネマズ梅田まで大移動を予定!!直前に迫ったワールドプレミア、そして最速での本編上映に向け、全員で盛り上がりましょう!映画の前に”あの頃”を思い出しながら大人の夜遊びを…!

 

≪PROFILE≫THE BEATLES REAL LIVE BAND…湯川れい子さんにも認められ、元東芝音楽工業ビートルズ担当ディレクター・高嶋弘之氏が「何だ、本物と同じじゃないか」と絶賛したというビートルズさながらの雰囲気を作り出せるコピーバンド。EXILEのライブツアーではミュージックディレクターを務め『キャプテン』のニックネームで知られるKENJI SANOからも高い評価を受け、SANOさん自身の所持するライブハウスに呼ばれ、ライブを行った経歴も持つ。ルックスも演奏技能も備えた4人組

 

イベント告知のファイルです↓

20160915umeda01

NVPアンバサダーであるサー・ポール・マッカートニー、リンゴ・スター、ヨーコ・オノが、 「非暴力と平和」を表現した”Knotted Gun”のビジュアルを使用したオリジナルグッズが販売開始

暴力反対を唱える団体「Non-Violence Project」によるポール・マッカートニーとリンゴ・スターの公式グッズが販売されます。以下、販売元の「株式会社フロンティアインターナショナル」からのプレスリリースを転載します。


この度、当社フロンティアインターナショナルが、Non-Violence Project(以下NVP)のライセンシーとして、NVPのアンバサダーであるサー・ポール・マッカートニー、リンゴ・スター、ヨーコ・オノのKnotted Gunビジュアルを使用したライセンスグッズを発売いたします。

20151011nvp01

以下、オンラインストアより、予約受付をしております。

■HMV ONLINE  http://www.hmv.co.jp/news/article/1509300034

■UNIVERSAL MUSIC STORE  http://store.universal-music.co.jp/fs/artist/pdzz1240

http://store.universal-music.co.jp/fs/artist/pdzz1241

※UNIVERSAL MUSIC STUREでは、サー・ポール・マッカートニーのグッズのみの取り扱いとなります。

<商品詳細>

・19cm Knotted Gun Sculpture・・・アンバサダーひとりにつき、世界限定499個の生産としている、NVPを象徴するアイテムです。

シリアルナンバー入り。
・T-shirt(Sir Paul McCartney)・・・サー・ポール・マッカートニーのKnotted Gunのビジュアルを使用した、初めてのライセンス商品です。

世界に先駆けて日本で発売されます。

※NVPのアンバサダーであるサー・ポール・マッカートニー、リンゴ・スター、ヨーコ・オノのKnotted Gunビジュアルは、日本初公開となります。

   売上の一部は、NVP本部に還元され、NVPのグローバル活動資金となります。 

20151011nvp02

 

Non-Violence Project(本部スイス、以下NVP)は、子どもと若者、コミュニティーを対象とした“平和教育の普及”を通じて社会変革の推進をミッションとする非営利団体です。現在、NVPはスイス、アメリカ、イギリス、ブラジル、メキシコ、南アフリカ、スウェーデン、ウガンダ等世界15か国で活動を展開しており、今後5年間でさらに12か国に新オフィスの設立を予定しています。本年10月2日には日本にアジア圏初となるNon-Violence Project  Japanが設立されました。

NVPは  “教育こそが暴力に対する解決策”と捉え、世界中の子どもと若者、教師、スポーツコーチが集う学校、スポーツクラブ、コミュニティーに対して“暴力の発生を未然に防ぐ”NVP教育プログラムの提供をしています。NVPはこれまでの20年間に世界中の約680万人の生徒、教師、スポーツコーチ、コミュニティー・リーダーに対して“自尊心”、“意見の対立・争い事の解決”、“非暴力”をテーマとしたNVP教育プログラムを提供してきました。

NVPのシンボルは1980年にジョン・レノンがニューヨークで射殺されたことを受けて、レノンへのオマージュとしてレノン一家と家族ぐるみの付き合いのあったスウェーデン人アーティスト、Carl Fredrik Reuterswärd(カール・フレドリック・ロイターシュワード)によって創作された、銃口の先が結ばれている銃(Knotted Gun/ノッテッド・ガン)です。このユニークなシンボルは、“非暴力・平和の象徴“としてニューヨークの国連本部前広場を含む世界中の約30ヶ所の公共の場所に設置されています。

NVPはバラク・オバマ米大統領、ビル・クリントン元米大統領、故ネルソン・マンデラ元南アフリカ大統領、国際ロータリー財団、スウェーデン王室等多数の公人と団体が支援しており、また、サー・ポール・マッカートニー、リンゴ・スター、ヨーコ・オノ、モハメド・アリ、リオネル・メッシをはじめ、アーティスト、クリエーター、スポーツ選手ら、現在約80人の著名なアンバサダーがNVPのサポーターとして活動しています。

*NVPスイス本部のHomepage:http://www.nonviolence.com/

*NVP JapanのFacebook: https://www.facebook.com/NonViolenceProjectJapan


【2015.11.22追記】

11月19日より、ポール・マッカートニー、リンゴ・スター、ヨーコ・オノのグッズのチャリティーオークションがスタート。渋谷で本日オープンのHMV&BOOKSで実物展示も行っているとのことです。

 

[チャリティ]サー・ポール・マッカートニー 100cm knotted Gun
http://page12.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/p496369080

[チャリティ]リンゴ・スター 100cm knotted Gun
http://page14.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/s472644486

[チャリティ]ヨーコ・オノ 100cm knotted Gun
http://page4.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/d179269397

以下にも情報が掲載されています。

Facebook:https://www.facebook.com/yahoojapan/posts/765458606933212

Twitter:https://twitter.com/Yahoo_JAPAN_PR/status/667193501696720896
Google+:https://plus.google.com/+YahooJapan/posts/acy5AxZWVja

ブログ:http://yahoojapanpr.tumblr.com/post/133503610777/charity

 

【平和と非暴力の教育のために! チャリティーオークション】http://yahoo.jp/-DYLJq落札額が寄付となる「チャリティーオークション」。チャリティーオークションの目的や、今日から始まっている「平和と非暴力」をイメージしてサ…

Posted by Yahoo! JAPAN on 2015年11月18日

 

※最新情報は、Jashの「ザ・ビートルズ最新ニュース twitter」や、
Facebookページ「ザ・ビートルズ最新ニュース」の方で、いち早くお届けします。

(c)Jash http://pmccartney.com

イベント情報:2014年8月30日(土)ポールマッカートニー ドキュメンタリーフィルム上映会 in 京都@ひとまち交流館大ホール

このたび、ポール・マッカートニー氏直々のご依頼にて、
日本ベジタリアン協会とベジタリアンフェスティバル実行委員会により、「ポールマッカートニー ドキュメンタリーフィルム上映会 in 京都(2本立て)」が開催されます。

ポール氏のファンの皆様に、このようなイベントが行われることや、ポール氏がこのようなドキュメンタリーフィルムを製作されていること、ポール氏の活動についてなど、広く知って頂ければ幸いと思っております。

イベントの内容は下記のとおりです。

===

ポールマッカートニー ドキュメンタリーフィルム上映会 in 京都(2本立て)

日本ベジタリアン協会HP
http://www.jpvs.org/event/event/20140830paul.html

Facebookイベントページ
https://www.facebook.com/events/721570957879340/

●日 時
2014年8月30日(土)18:00~21:30

●場 所
ひとまち交流館大ホール (定員288名)

●住 所
京都市下京区河原町五条下ル
京阪「清水五条駅」より徒歩5分
(http://www.hitomachi-kyoto.jp/floor_02_daikaigi.html

●入場料
500円
NPO法人日本ベジタリアン協会 会員 = 無料(当日入会の方は無料)

●企画内容
18:00  開場
18:30~ Devour the Earth 地球を貪り食う 上映
18:30~ (ポール・マッカートニー、ナレーション、日本語字幕)
19:00~ 佐藤史子 「日本の畜産動物たち」 トークライブ
19:20~19:30 休憩
19:30~ Glass wallsガラスの壁 上映
19:30~ (オリジナル・ビデオは PETA による制作、日本語吹き替え版はCFT による制作、
19:30~ ポ-ル・マッカ-トニー、ナレーションの日本語吹き替えの声は生馬アイザック)
20:00~ 中川雅博博士 講演 (コーディネーター 関目実氏)
「菜食と環境―経験したことのない課題の解決に取り組む基本的な考え方」
20:30~ ベジタリアンになって良かったこと、後悔したこと。会場からのQ&A

パネリスト:福島景、吉田麻理
司会:岩佐明子(NPO法人ベジタリアンフェスティバル実行委員会)

●主催
NPO法人日本ベジタリアン協会
NPO法人ベジタリアンフェステイバル実行委員会

●後援
Choices for Tomorrow
NPO法人アニマルライツセンタ-

●申込み
NPO法人日本ベジタリアン協会ホームの問い合わせ欄から、8月30日京都上映会参加希望、お名前、参加人数、連絡先(メールアドレスまたは電話番号)を書いてお申込みください。

問い合わせページ
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=133955

 

(c)日本ベジタリアン協会

 

10588865_345513238935233_803501093_n

2014年7月9日(水) ポール・マッカートニー アメリカ・シカゴ公演 サウンドチェック セットリスト

2014年7月9日(水)、アメリカ・シカゴのUnited Centerで行われたポール・マッカートニーのサウンドチェックのセットリストです。

1.Honey Don’t
2.Blue Suede Shoes
3.Coming Up
4.Magical Mystery Tour
5.C Moon
6.Celebration
7.I’ll Follow The Sun
8.San Francisco Bay Blues
9.Every Night
10.Ram On
11.Midnight Special
12.Bluebird
13.Lady Madonna

 

(c)Jash http://pmccartney.com

2014年7月7日(月) ポール・マッカートニー、ピッツバーグ公演 セットリスト・写真

2014年7月7日(月)ピッツバーグのConsul Energy Arenaで行われたポール・マッカートニーのコンサートの演奏曲目と写真です。

1. Eight Days A Week
2. Save Us
3. All My Loving
4. Listen To What The Man Said
5. Let Me Roll It/Foxy Lady Coda
6. Paperback Writer
7. My Valentine
8. Nineteen Hundred And Eighty-Five
9. The Long And Winding Road
10. Maybe I’m Amazed
11. I’ve Just Seen A Face
12. Yellow Submarine (リンゴ・スターの誕生日を祝して、少しだけ演奏)

13. We Can Work It Out
14. Another Day
15. And I Love Her
16. Blackbird
17. Here Today
18. New
19. Queenie Eye
20. Lady Madonna
21. All Together Now
22. Lovely Rita
23. Everybody Out There
24. Eleanor Rigby
25. Being For The Benefit Of Mr. Kite!
26. Something
27. Ob-La-Di, Ob-La-Da
28. Band On The Run
29. Back In The U.S.S.R
30. Let It Be
31. Live And Let Die
32. Hey Jude

ENCORE ONE
33. Day Tripper
34. Hi, Hi, Hi
35. Get Back

ENCORE TWO
36. Yesterday
37. Helter Skelter
38. Golden Slumbers/Carry That Weight/The End

 

 

 

1545594_740881972622292_1396131702483721498_n (1) 1545594_740881972622292_1396131702483721498_n 1932340_740881945955628_5642326706548464055_n 10342770_740882055955617_309468215769787650_n 10374449_740882062622283_1563455781050009142_n 10377601_740882042622285_868704706888017752_n 10384809_740881995955623_4028642199026004800_n 10440693_740882032622286_6747906427563251442_n 10449901_740881949288961_3972899446838056564_n 10464026_740881942622295_3791254862879291434_n 10489672_740882172622272_1250737002571062844_n 10489698_740882095955613_6189527364836424596_n 10494784_740882352622254_6608302533912984513_n 10502101_740882499288906_1386098951215703030_n 10516741_740882132622276_3744127546408912671_n 10517568_740881999288956_1768321570620803622_n 10527283_740882459288910_5723811433960958691_n 10527768_740882112622278_6705138998179965255_n 10543652_740882152622274_6593589724591689965_n Pittsburgh_1 Pittsburgh_2 Pittsburgh_3 Pittsburgh_4 Pittsburgh_5

2014年7月7日(月)ポール・マッカートニー ピッツバーグ公演 サウンドチェック セットリスト

2014年7月7日(月)ピッツバーグで行われたポール・マッカートニーの公演サウンドチェックのセットリストです。

1. Pittsburgh Jam
2. Matchbox
3. Flaming Pie
4. Drive my car
5. Whole Lotta Shaking
6. C Moon
7. Things we said today
8. Queenie Eye
9. One after 909
10. Alligator
11. Midnight Special
12. Ram On
13. Bluebird
14. Every Night
15. Lady Madonna 

 

 

(c)Jash http://pmccartney.com

ポール・マッカートニー2014年7月5日(土)オールバニ公演セットリスト

アメリカツアー初日、2014年7月5日(土)、アメリカのオールバニ(ニューヨーク州)Times Union Centerで行われたポール・マッカートニーのコンサートのセットリストです。
ポールがステージにあがったのは、5月1日のコスタリカ公演以来、約2ヶ月ぶり。
日本公演の中止の要因となった体調面での心配はなかったようで、声の調子も上々だったようです。

これまでのツアーのセットリストに、ニュー・アルバム「New」から、「On My Way To Work」が追加されました。

「ポールのコンサートを見るまでは結婚してくれない」というボードを掲げていた女性がステージに呼ばれて、彼氏がステージ上でプロポーズをするという場面もあったようです。

Br0fvhJCcAAHI3m Br0hvVyCYAEjig4 Br1aIVsCMAABlps Br1akkRCMAET_oJ Br1bJ1MCAAAds1l Br1GKiOCUAAvtxb Br1QE3zCEAAWPVk

写真は、さん、 さん 撮影。

1. Eight Days a Week
2. Save Us
3. All My Loving
4. Listen to What the Man Said
5. Let Me Roll It
6. Paperback Writer
7. My Valentine
8. Nineteen Hundred and Eighty Five
9. The Long and Winding Road
10. Maybe I’m Amazed
11. I’ve Just Seen a Face
12. On My Way To Work
13. We Can Work It Out
14. Another Day
15. And I Love Her
16. Blackbird
17. Here Today
18. NEW
19. Queenie Eye
20. Lady Madonna
21. All Together Now
22. Lovely Rita
23. Everybody Out There
24. Eleanor Rigby
25. Being for the Benefit of Mr. Kite
26. Something
27. Ob-La-Di, Ob-La-Da
28. Band on the Run
29. Back in the U.S.S.R.
30. Let It Be
31. Live and Let Die
32. Hey Jude

Encore1
33. Day Tripper
34. Hi, Hi, Hi
35. Get Back

Encore 2
36. Yesterday
37. Helter Skelter
38. Golden Slumbers/Carry That Weight/The End

 

(c)Jash http://pmccartney.com

ポール・マッカートニー 2014年7月5日(土)オールバニ公演サウンドチェックリスト

ポール・マッカートニー2014年アウト・ゼア・ツアー、アメリカ初日公演の初日7月5日、オールバニTimes Union Centerで行われたサウンドチェックの曲目です。

1. Matchbox
2. Blue Suede Shoes
3. Flaming Pie
4. Drive My Car
5. C Moon
6. Don’t Let The Sun Catch You Crying
7. Things We Said Today
8. On My Way To Work
9. San Francisco Bay blues
10. Another Day
11. Ram On
12. Midnight Special
13. Lady Madonna

(c)Jash http://pmccartney.com

ポール・マッカートニー、初の韓国公演も中止に…「ファンに申し訳ない」自ら謝罪と感謝の挨拶

写真=Hyundai Card

元ビートルズのポール・マッカートニーが、初の韓国公演の中止を決めた。

Hyundai Card側は21日午後「28日午後8時からソウル蚕室(チャムシル)総合運動場主競技場で開催予定だった『PAUL McCARTNEY Hyundai Card Super Concert 20』は、アーティストの健康上の問題で中止となった」と伝えた。

ウイルス性炎症による体調の悪化で、予定されていた日本公演をすべて中止にしていたポール・マッカートニーは、絶対安静が必要であるとの医師の勧告に従い、28日の韓国公演も中止にした。今回の韓国公演の主催及び主管会社、ポール・マッカートニー側は、今後の韓国公演のスケジュールについて協議を進める予定だ。

ポール・マッカートニーは「長くコンサートを待ってくれていた韓国のファンに会えることをときめく気持ちで楽しみにしていたため、さらに申し訳ない」とし、「韓国のファンの皆様の愛と、健康を心配するお見舞いのメッセージに感謝申し上げる。是非、早いうちにお会いできることを希望する」と、初の韓国公演を待っていたファンに自ら謝罪と感謝の挨拶を伝えた。

ポール・マッカートニーの韓国公演のチケット購入者には、購入の際に支払った金額と配送手数料を含めた全額が払い戻される。

 記者 : ソン・ミギョン

(c)Kstyle http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=1995288&utm_source=dlvr.it&utm_medium=twitter

新譜情報:2014年5月21日(水) ヘンリー・マッカロー(元ポール・マッカートニー&ウィングス) Mind Your Own Business! (紙ジャケット)(輸入盤国内仕様) 

グリース・バンドやウィングスで活躍した北アイルランド出身のギタリスト/シンガー、ヘンリー・マッカロー。
60年代にエール・アパレントやスウィニーズ・メンで活動後ジョー・コッカーのグリース・バンドでウッドストックに出演。72年~73年の短期間ウィングスに加入(「マイ・ラヴ」「死ぬのは奴らだ」「メアリーの子羊」など)。そんな彼の記念すべきファースト・ソロが、75年、ジョージ・ハリスンのダーク・ホースからリリースされた本盤『マインド・ユア・オウン・ビジネス』。
フランキー・ミラーやグリース・バンドのメンバーも応援に駆け付け、ブルース、R&R、アイリッシュ・フォークなど、パブ・ミュージックふうな気の置けない魅力にあふれた、ギタリストとしてのイメージだけではない、ヴォーカリスト/ソングライターとしての魅力を伝える傑作。

(メーカー・インフォメーションより)
内容詳細

曲目リスト

01. You’d Better Run
02. Sing Me A Song
03. I Can Drive A Car
04. Baby What You Do To Me
05. Country Irish Rose
06. Lord Knows
07. Down The Mine
08. Oil In My Lamp
09. Mind Your Own Business
10. I’m In Heaven

 

(c)HMV http://www.hmv.co.jp/artist_Henry-Mccullough_000000000172597/item_Mind-Your-Own-Business-%E7%B4%99%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88-%EF%BC%88%E8%BC%B8%E5%85%A5%E7%9B%A4%E5%9B%BD%E5%86%85%E4%BB%95%E6%A7%98%EF%BC%89_5713406?site=mailmagart&utm_source=moa140425sa&utm_medium=other

ザ・ビートルズの本拠地キャヴァーン・クラブ、店の名称の使用権をめぐり訴訟へ

ザ・ビートルズがデビュー前からリヴァプールで頻繁に出演していたクラブ、キャヴァーン・クラブは、北アメリカでの「キャヴァーン」という名称の使用権についてハードロック・カフェと法廷で争う構えだという。

ハードロック・カフェは1994年に北アメリカでの「キャヴァーン・クラブ」の商標権を獲得し、ボストンに「キャヴァーン・クラブ」を開店した。リヴァプールのキャヴァーン・クラブの親会社であるキャヴァーン・シティ・ツアーズは2011年にハードロック・カフェによるキャヴァーン・クラブの名称の使用の差し止めを求める裁判を起こしたものの、棄却されている。今回キャヴァーン・シティ・ツアーズはハードロック・カフェの本拠地であるフロリダ州オーランドの連邦裁判所に訴え出るという。今回の訴えは基本的に上告だとキャヴァーン側の弁護士ポール・ラップは説明している。

公判は今年中にも行われるというが、キャヴァーン側の代表のデイヴ・ジョーンズは次のように語っている。

「この議論をきちんと整理しないと、リヴァプールの地下の酒蔵を店に作り変えたバーを出発点にして4人の青年が世界を変えたという物語も、ひょっとしたら数十年後のキッズにはハードロックから始まったものとして取り違えられてしまうかもしれないんだ。それは歴史を笑いものにしてしまうようなことだし、音楽遺産にとっては悲劇的な出来事になってしまうよ」

キャヴァーン・クラブはビートルズが60年代に数百回に及ぶ出演をこなした店として知られる。店は73年にいったん廃業したが、84年に同じ場所に復元され、有名な観光スポットとなってきている。キャヴァーン・シティ・ツアーズは03年の時点で、ヨーロッパや北アメリカでキャヴァーン・クラブをモチーフにした店舗の出店を考えていると明らかにしていた。

(c) NME.COM / IPC Media 2014 

(c)ro69.jp http://ro69.jp/news/detail/101979

ザ・フレーミング・リップスの『サージェント・ペパーズ』カヴァーAL、10月28日発売

ザ・フレーミング・リップスが進めているザ・ビートルズの『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』の全曲カヴァー・プロジェクト『With A Little Help From My Fwends』が、ワーナー・ブラザーズ・レコードから10月28日にリリースされることが明らかになった。

予約は5月18日から受け付けるということで、予約したユーザーにはマイリー・サイラスモービーが参加した”ルーシー・イン・ザ・スカイ・ウィズ・ダイアモンズ”の音源が配信されるという。レコーディングにはマイリーやモービーのほか、リップスのサイド・プロジェクトのエレクトリック・ワームズやほかのアーティストも参加しているという。プロジェクトについてウェインは次のように語っている。

「俺の親友とかにたくさん参加してもらったというものなんだよ。グループ二つで一つのことをやることもあれば、一つのグループの場合もあるし。それにいつもフレーミング・リップスと誰かというんじゃなくて、ほかのグループだけでっていうのもあるし。でも、どれもうまくいくと思うよ」

また、ショーン・レノンマイ・モーニング・ジャケットとの作業も続けているとウェインは明かしているが、アルバムに実際に反映されるかどうかについては答えていない。なお、アルバムの収益の一部は、バンドの地元であるオクラホマシティの低所得層や高齢のペット・オーナーの獣医診療負担を支援する団体、ベラ基金に寄付されるという。オクラホマシティでは動物愛護の状況が深刻な事態になっているとウェインは次のように語っている。

「野良になってる動物がオクラホマシティほど多い都市はほかに見たことないよ。人は今回のプロジェクトについて『なんでビートルズの曲のアルバムをやるの?』ってよく訊くんだけど、答は『みんな大好きだからだよ』っていうものなんだよね。きっといろんな関心を呼び起こすことにもなると思うんだ。でも、5年経ったら、こういう問題もなにもなくなってるかもしれないんだよ。保健所で野良犬と野良猫を回収してそこで殺しちゃうっていうね。そんなの気持ち悪いよ」

マイリーのバンガーズ・ツアーでウェインらが飛び入りして披露した”ルーシー・イン・ザ・スカイ・ウィズ・ダイアモンズ”はこちらから。


なお、ザ・フレーミング・リップスは7月25日(金)~27日(日)に新潟県湯沢町苗場スキー場にて開催されるFUJI ROCK FESTIVAL ’14への出演が決定している。 

 

(c)ro69.jp http://ro69.jp/news/detail/102082

ポール・マッカートニー、イギリスの大金持ちのミュージシャン・リストの第4位に

英The Sunday Times紙が毎年発表するイギリスのリッチなミュージシャンのリストを今年も発表し、ポール・マッカートニーが第4位に、U2は6位、エルトン・ジョンが10位にランクインした。

 ポール・マッカートニーの推定総資産額は7億1,000万ポンド(約1,207億円)。5位のアンドリュー・ロイド・ウェバーは6億4,000万ポンド(約1,088億円)だった。ちなみに、1位のレン・ブラヴァトニックの総資産額は100億ポンド(約1兆7,000億円)とのこと。(1ポンド170円計算)

 同リストは土地、不動産、株や競走馬、美術品などを含む総資産を基にランキングしたものだという。

 The Sunday Times紙が発表した2014年イギリスのリッチなミュージシャン トップ10は以下のとおり。(BANG Media International)

1. レン・ブラヴァトニック 100億ポンド(約1兆7,000億円)
2. クライヴ・カルダー 14億ポンド(約2,380億円)
3. キャメロン・マッキントッシュ 10億ポンド(約1,700億円)
4. ポール・マッカートニー 7億1,000万ポンド(約1,207億円)
5. アンドリュー・ロイド・ウェバー 6億4,000万ポンド(約1,088億円)
6. U2 4億2,800万ポンド(約727億6,000万円)
7. サイモン・フラー 3億8,200万ポンド(約649億4,000万円)
8. サイモン・コーウェル 3億ポンド(約510億円)
8. ムハンマド&カマリヤ・ザハー 3億ポンド(約510億円)
10. エルトン・ジョン 2億6,000万ポンド(約442億円)

(c)シネマトゥデイ http://www.cinematoday.jp/page/N0063026