ポール・マッカートニーのファンサイト(非公認)。ポール・マッカートニーやビートルズの最新ニュース、アルバム・楽曲の解説、ライブ・ツアー記録、新譜・テレビ放送等。

「ラヴ・ミー・ドゥ」を上回る:大阪で2200人輪唱、ギネス認定-英・リバプールの記録抜く

「ラヴ・ミー・ドゥ」を上回る:大阪で2200人輪唱、ギネス認定-英・リバプールの記録抜く


このエントリーをはてなブックマークに追加

京橋の松下IMPホール(大阪市中央区城見1)で12月8日、オリコンDD主催のライブイベント「oricon Sound Blowin’10th Anniversary」が行われ、来場者2200人による輪唱でギネス記録を達成した。

【画像】ギネス認定を記念して来場者全員で記念撮影

同イベントは新人アーティストを紹介するライブイベントで、今年は10周年を記念し「何か特別なことをしたい」と「つながるプロジェクト」を企画。東京と大阪をメーン会場に名古屋、熊本、石川、広島、愛媛、高知、大分、沖縄の特別会場、計10会場を同時中継で結び、同プロジェクトリーダーのソナーポケットの曲「あなたのうた」を輪唱。その参加人数でギネス世界記録に挑戦した。

これまでのギネス世界記録は、今年10月にイギリス・リバプールで行われた「ザ・ビートルズ」のデビュー50年を記念したファン1631人による「ラブ・ミー・ドゥー」の輪唱。この記録を上回るためには全会場の来場者総勢2200人が同時に3分間輪唱しなければならず、実現のため全会場をNTT西日本の光回線で接続し、遠隔地での音楽セッションを可能にする同社のサービス「光☆DUETTO」を導入。音の遅れをできるだけ小さくしリアルタイムに近づけることで、遠隔地同士の参加者に臨場感と一体感を味わえる環境を整えた。

判定したのは、ギネスワールドレコーズジャパンの公式認定員、カルロス・マルティネスさん。マルティネスさんが見守る中、全会場の様子がモニターに映し出され、ソナーポケットの合図で挑戦が始まった。3分間歌い切ったところで人数を集計し、マルティネスさんが舞台でギネスの認定を発表すると全国の会場から歓声が上がった。

ソナーポケットのメンバーは「素直にうれしい。離れていても音楽でつながれるという新しい可能性を感じた」と話し、「音楽をやっていてなかなかこういう経験はできない。今年はいろいろ挑戦の年だったが、最後をギネスの記録達成で締めくくれて良かった」とも。

全国の10会場と中継でつながる様子(関連画像)舞台に立つ「ソナーポケット」のメンバー(関連画像)会場の来場者全員で輪唱する様子(関連画像)ギネス認定証が渡される様子(関連画像)「oricon Sound Blowin’10th Anniversary」

(c)京橋経済新聞 http://kyobashi.keizai.biz/headline/1116/

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA