ポール・マッカートニーのファンサイト(非公認)。ポール・マッカートニーやビートルズの最新ニュース、アルバム・楽曲の解説、ライブ・ツアー記録、新譜・テレビ放送等。

【Dream Power ジョン・レノン スーパー・ライヴ セットリスト】武道館がジョンとヨーコの愛に包まれる

【Dream Power ジョン・レノン スーパー・ライヴ セットリスト】武道館がジョンとヨーコの愛に包まれる


このエントリーをはてなブックマークに追加

ジョン・レノンを敬愛するアーティストが集い、世界の子供たちに学校をプレゼントする毎年恒例のチャリティ・コンサート【Dream Power ジョン・レノン スーパー・ライヴ】のジョン・レノンの命日である12月8日に日本武道館で開催された。今年で12回目となった本イベントには、ジョンが唯一日本でライヴを行った会場である武道館にオノ・ヨーコの呼びかけで集まった豪華出演者と1万2,000人の観客が集結し、愛と平和を誓いあった。

ライヴはジョン・レノンの生涯を描いたオープニング映像でスタート。生前のジョンが日本語で平和を訴える肉声が暗闇のなかで響き渡った後、THE BAWDIESのROYとLOVE PSYCHEDELICOのNAOKIが登場し、ジョンの軽快なロックナンバー「ディジー・ミス・リジー(Dizzy Miss Lizzy)」で幕明け、観客はオールスタンディングとなり、一気にヒートアップ。モデルで俳優の杏は、今年は歌手として参加、「抱きしめたい(I Want Hold Your Hand)」などを披露。藤巻亮太(レミオロメン)はジョンのカバーした名曲「スタンド・バイ・ミー(Stand by Me)」、LOVE PSYCHEDELICOは趣向を変えてオノ・ヨーコの「キス・キス・キス」など、アーティストによってどのような選曲をするのかも楽しめる。女優でありながらピアニストとしても活躍する松下奈緒は、バイオリンとチェロをしたがえてピアノで「ラヴ(Love)」を演奏し、「ウーマン(Woman)」では歌も披露した。

そして、DJのジョン・カビラは、MC役でライヴに初参加、昨年までに28か国117校の学校を贈ったDream Powerの活動を紹介、世界の恵まれない子供たちに学校を贈ることの重要性をアピールした。また、初のキャラクター出演として「かいけつゾロリ」がステージに駆けつけ、支援校の子供たちから届いた手紙を朗読、子供連れの家族を喜ばせた。

復帰後初のフェス出演として4年ぶりに参加した絢香は「ドント・レット・ミー・ダウン(Don’t let me down)」「愛こそはすべて(All You Need Is Love)」と2曲をパフォーマンスし、大喝采を浴びた。続いて登場した吉井和哉は当日の朝4時までかけて自身で訳詞したという「労働階級の英雄(Working Class Hero)」とビートルズのカヴァーコンピにも提供した「ヘルプ!」を歌った。初出演のflumpoolは「スターティング・オーヴァー((Just Like) Starting Over)」「レヴォリューション(Revolution)」の2曲を披露した。

初出演の江口洋介はジョンとヨーコの愛の歌「ラヴ」とジョンが平和の理想郷を歌った「イマジン」の詞を日本語で朗読し、会場はジョンの詞世界が広がった。斉藤和義は「毎年誰かにとられてたのですが、やっとここで歌えます」と語り故忌野清志郎が訳詞しこのライブで歌った「イマジン(Imagine)」を、そのままのバージョンで披露した。また、THE BAWDIESのROYを呼び込み、2人で「アイル・ビー・バック(I’ll Be Back)」を熱唱。宮田和弥(JUN SKY WALKER(S))は12回目にしてようやく出演できた喜びを語り、「アクロス・ザ・ユニヴァース(Across the Universe)」を歌い、盟友奥田民生を呼び込み「カム・トゥゲザー(Come Together)」でコラボし、80年代後半から90年代にかけて巻き起こった空前のバンド・ブームで頂点にあった2トップが夢の競演を果たした。奥田民生は「ガール(Girl)」をまったりと歌い、ステージを去ったかと思いきや、「呼び込みを忘れてました、チョウドイイ男です!」とジョン・レノンとオノ・ヨーコの長男、ショーン オノ レノンをステージに呼び込んだ。彼は、父の歌で一番気に入っているという名曲「ヤー・ブルース(Yer Bluse)」を男気たっぷりの演奏で聴かせてくれた。

こちらも毎年恒例となっている光の芸術「オノコード」。オノ・ヨーコもステージに登場し、ジョン・カビラのインストラクションで、観客と全出演者が光で「I LOVE YOU」のメッセージを送りあった。会場からはその光の美しさにため息のような歓声が広がった。

フィナーレは「ハッピー・クリスマス(戦争は終わった)」「パワー・トゥー・ザ・ピープル」を出演者全員で熱唱。ヨーコの「ひとりで見る夢はただの夢、みんなで見る夢は現実になる」というメッセージの後、ラストは松下奈緒がPVに合せて「イマジン(Imagine)」をピアノ演奏し、締めくくった。

このライヴは、売上金から世界の恵まれない子供たちへ学校をプレゼントしてきたチャリティ・コンサート。過去11回のコンサートで28か国117校の学校が建設された。今年も世界の子供たちの学校建設を支援する。くわえて、会場で販売されたチャリティ・グッズの売り上げからは、東日本大震災で両親を失ってしまった子供たちを支援する。

【Dream Power ジョン・レノン スーパー・ライヴ】
12月8日(土)東京 日本武道館:セットリスト

ROY(THE BAWDIES)&NAOKI(LOVE PSYCHEDELICO)
01.ディジー・ミス・リジー(Dizzy Miss Lizzy)
02.オール・アイヴ・ゴット・トゥ・ドゥ(All I’ve Got To Do)


03.ノルウェーの森(Norwegian Wood (This Bird Has Flown))
04.抱きしめたい(I Want Hold Your Hand)

藤巻亮太
05.スタンド・バイ・ミー(Stand by Me)
06.オー・マイ・ラヴ(Oh My Love)

LOVE PSYCHEDELICO
07.キス・キス・キス(Kiss Kiss Kiss)
08.コールド・ターキー(Cold Turkey)

松下奈緒
09.ラヴ(Love)
10.ウーマン(Woman)

THE HUMAN BEATS
11.ひとりぼっちのあいつ(Nowhere Man)
12.平和を我等に(Give Peace a Chance)

絢香
13.ドント・レット・ミー・ダウン(Don’t let me down)
14.愛こそはすべて(All You Need Is Love)

吉井和哉
15.労働階級の英雄(Working Class Hero)
16.ヘルプ!(Help!)

flumpool
17.スターティング・オーヴァー((Just Like) Starting Over)
18.レヴォリューション(Revolution)

斉藤和義
19.イマジン(Imagine)-忌野清志郎訳詞ver-

斉藤和義&ROY(THE BAWDIES)
20.アイル・ビー・バック(I’ll Be Back)

宮田和弥
21.アクロス・ザ・ユニヴァース(Across the Universe)

宮田和弥&奥田民生
22.カム・トゥゲザー(Come Together)

奥田民生
23.ガール(Girl)

ショーン オノ レノン
24.ヤー・ブルース(Yer Bluse)

出演者全員
25.ハッピー・クリスマス(戦争は終わった)(Happy Xmas (War Is Over))
26.パワー・トゥー・ザ・ピープル(Power to the People)

松下奈緒
27.イマジン(Imagine)

(c)Billboard Japan http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/8886

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA