ポール・マッカートニーのファンサイト(非公認)。ポール・マッカートニーやビートルズの最新ニュース、アルバム・楽曲の解説、ライブ・ツアー記録、新譜・テレビ放送等。

ギャラガー兄弟、ジョン・レノンの魅力を語る

ギャラガー兄弟、ジョン・レノンの魅力を語る


このエントリーをはてなブックマークに追加

 

12月1日発売の『ロッキング・オン』1月号では、ビートルズのデビュー50周年を記念して60ページの巻頭特集を掲載している。特集内では、ポール・マッカートニージョン・レノンジョージ・ハリスンリンゴ・スター全員それぞれのインタヴューを掲載しているが、加えて、ノエル&リアム・ギャラガーブライアン・ウィルソンジョニー・マー、デイヴ・グロールといった面々が各メンバーへの愛を語るインタヴューも掲載。

なかでもノエルはジョン・レノンについて「クソ最高のソングライターだ。ビートルズで一番いい曲って夜に聴きたくなるやつだけど、全部、ジョンの曲だしさ」と、リアムは「俺はジョンの生まれ変わりだと思ってるって話が広まってるけど、俺、幽体離脱ってのに2回ぐらい遭ったことがあるんだよ。振り返ったらベッドに俺が寝てるわけよ! あれ?と思ったらベッドの身体に戻ってた。そんとき何かの気配を感じたわけよ。それがジョン」と話している。

ビートルズは全14作品のスタジオ・アルバム・リマスターを180gアナログ盤で発売中。リアムは自身率いるビーディ・アイでデイヴ・シーテックと新作をレコーディング中。ノエルは10代のがん患者を支援する団体のために行っているチャリティ・コンサート、コンサート・フォー・ティーンエイジ・キャンサー・トラストで来年、キュレーターを務めることが発表された。


『ロッキング・オン』1月号の詳細はこちら。
http://ro69.jp/product/magazine/detail/75533

(c)ro69.jp http://ro69.jp/news/detail/75614

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA