ポール・マッカートニーのファンサイト(非公認)。ポール・マッカートニーやビートルズの最新ニュース、アルバム・楽曲の解説、ライブ・ツアー記録、新譜・テレビ放送等。

ザ・ビートルズが受賞したアワード、30年間ドアストップとして使われていた

ザ・ビートルズが受賞したアワード、30年間ドアストップとして使われていた


このエントリーをはてなブックマークに追加

ザ・ビートルズが1966年に受賞したアイヴァー・ノヴェロ・アワードのブロンズ像が、オークションにかけられることになった。驚くことに、これは30年間、その正当な価値に気づかれずドアストップとして使われていたという。

ザ・ビートルズは「Yellow Submarine」のヒットによりアイヴァー・ノヴェロ・アワードを受賞した。英国で誉れ高いアワードのひとつだ。しかし、この像は1980年代初め、取り壊されるオフィスの一角に捨てられていたそうだ。それを見つけ家に持ち帰った女性が長年、ドアストップとして使用していたという。像にはちゃんと“Ivor Novello”“Yellow Submarine”などの文字が刻まれているのだが……。

ブロンズ像は当時、ビートルズのパブリッシャーだったNorthen Songsが受け取っている。女性(匿名希望)がどういう経緯でその正体を知ったのかは不明だが、来週、オークションにかけられることになった。専門家は5,000ポンド(約64万円)の値がつくのではないかと予想している。

1968年にジョン・レノンが「She’s Leaving Home」で受賞したアイヴァー・ノヴェロ・アワードは2004年にオークションに出品された際、7,767ポンドの値がついた。2010年には1万5,000ポンド以上の価値があると推定されている。

(c)Barks http://www.barks.jp/news/?id=1000084348

 

« »

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA