ポール・マッカートニーのファンサイト(非公認)。ポール・マッカートニーやビートルズの最新ニュース、アルバム・楽曲の解説、ライブ・ツアー記録、新譜・テレビ放送等。

ジョン・レノン&オノ・ヨーコを撮影した篠山紀信の個展

ジョン・レノン&オノ・ヨーコを撮影した篠山紀信の個展


このエントリーをはてなブックマークに追加

ジョン・レノン&オノ・ヨーコ、山口百恵、三島由紀夫、市川海老蔵、AKB48…。それぞれ活躍した時期もジャンルも違う面々だけど、みんな一時代を築いた顔触れ。そんな彼らの共通点のひとつが、写真家・篠山紀信氏の被写体となったこと! 1960年代から今でも第一線で活動している篠山氏の作品やモデルは常に話題を集めているよね。なかでも、宮沢りえさんのヌード写真集『Santa Fe』は、社会現象になった話題作。トップアイドルとして活躍していたころに発売され、一大センセーショナルを巻き起こした写真集だから、その頃の記憶が残っている人も多いはず。

そんな篠山氏の国内美術館初の大規模な個展「篠山紀信展 写真力」が、東京オペラシティアートギャラリーで12月24日(月・祝)まで開催中。50年にわたって様々な手法・テーマで撮影された膨大な作品の中から、厳選された著名人のポートレートが129点も展示されるから、興味がアップ。もちろん先に述べた著名人の作品も。今回の展覧会だけのユニークな試みが、美術館の展示空間に合わせて引き伸ばされたダイナミックな作品で、最大横8mにもなる壁画のような超巨大ポートレートに、圧倒されてしまうこと間違いなし!

展示構成は「GOD:鬼籍に入られた人々」、「STAR:すべての人々に知られる有名人」、「SPECTACLE:私たちを異次元に連れ出す夢の世界」、「BODY:裸の肉体、美とエロスと闘い」、「ACCIDENTS:2011年3月11日、東日本大震災で被災された人々の肖像」の5つのセクション。今まで多くのメディアで掲載され、時代を反映してきた写真が、とっても大きく引き伸ばされて展示されているから、かなり見ごたえがアリ。なかには「これも篠山さんが撮影したんだ!」なんて発見があるのかも。

展示される作品は、有名な作品がばかりだけど、今までにないくらいの巨大なポートレートに生まれ変わっているから、新しい写真を観るような出会いがあるはず。著名人たちがどんな思いで撮影に挑んでいたのか、篠山氏が写真を通して彼らのどんなことを伝えたかったのか、改めて想像しながら鑑賞してみて。1人でじっくり観るのもいいし、彼や友達を誘ってアートなお出かけも楽しそう。この展覧会だけで展示される、巨大ポートレートをお見逃しなく!

(c)オズモール http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20121019-00000002-ozmall-ent

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA