ポール・マッカートニーのファンサイト(非公認)。ポール・マッカートニーやビートルズの最新ニュース、アルバム・楽曲の解説、ライブ・ツアー記録、新譜・テレビ放送等。

ノエル・ギャラガー、デーモン・アルバーンとの共演を「それはまるでエリック・クラプトンと共演するジョン・レノンみたいだった」と語る

ノエル・ギャラガー、デーモン・アルバーンとの共演を「それはまるでエリック・クラプトンと共演するジョン・レノンみたいだった」と語る


このエントリーをはてなブックマークに追加

先週の土曜日に行われたオアシスとブラーのフロントマン同士の共演について、ノエル・ギャラガーは、ジョン・レノンとエリック・クラプトンとの共演みたいだったと語りました。


 

ノエル・ギャラガー、デーモン・アルバーンとの共演を「それはまるでエリック・クラプトンと共演するジョン・レノンみたいだった」と語る

先日の土曜日に行われた「ノエル・ギャラガーデーモン・アルバーンの共演」。オアシスブラーという、1990年代に覇権を激しく争った両バンドのフロントマンの共演は、さらにグレアム・コクソンポール・ウェラーという花を添えて実現したわけだが、その「歴史的瞬間」について、当人のノエル・ギャラガーが語っている。
NMEの取材に応えたノエルは、その共演について「音楽ファンにとって素晴らしい出来事だったと思う」と語り、「エリック・クラプトンと共演するジョン・レノンを聴いたみたいなもんじゃないかな」と続け、「誰かの人生を変えるようなもんじゃないけど、でも、確かに自分はあの場所にいたって、そういえるもんにはなったんじゃないかな」と評している。

また、ブラーの「テンダー」を選曲したことについては、それが素晴らしい曲であること、4つのコードで出来ていて弾くのに簡単な曲だったこと、そして、何よりみんなが大好きな曲だったことをあげている。

ちなみに、リアム・ギャラガーは、この時の共演を「俺たちの兄弟が戦争犯罪人とシャンパンをすすったり、BLUEのためにコーラスをやることほどひどいことはないよな」とクサしている。

(c)ro69.jp http://ro69.jp/blog/miyazaki/80067

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA