ポール・マッカートニーのファンサイト(非公認)。ポール・マッカートニーやビートルズの最新ニュース、アルバム・楽曲の解説、ライブ・ツアー記録、新譜・テレビ放送等。

ハリケーン「サンディ」チャリティ・コンサート:ポール・マッカートニーのコメントも!

ハリケーン「サンディ」チャリティ・コンサート:ポール・マッカートニーのコメントも!


このエントリーをはてなブックマークに追加

$HIGH-HOPES管理人のひとりごと(洋楽ロック)
$HIGH-HOPES管理人のひとりごと(洋楽ロック)
$HIGH-HOPES管理人のひとりごと(洋楽ロック)

いよいよ目前に迫ってまいりました「世紀のライヴ」、ハリケーン「サンディ」復興支援チャリティ・ライヴが2012/12/12NYのMSGにて開催。オフィシャルページでメッセージビデオが公開になりましたがポール・マッカートニーとロジャー・ウォーターズのコメントも公開となりました。その訳を掲載しましたので下記ご覧ください。

●ポール・マッカートニー
http://vimeo.com/55366318

「サンディはあまりにも大きな被害と苦しみをもたらした。だから(チャリティ)コンサートがあると聞いたときは、ぜひとも自分も出演して、少しでも役に立って恩返ししたいと思ったんだ。
大きな自然災害が起こると、今は世界中の人々が知って思いを馳せる。今回はみんなとにかく驚いたんじゃないかな。これほどの被害がこの地域で起こるとは思わなかったから。それが問題なんだ。ひどい嵐だったね、で終わってしまいがちだから。でも街には今も苦しんでいる人々がいる。家を失った人々、電力やシェルターを失った人々…そういうことを当然実感すべきだったんだ。だから僕はみんなをチャリティに駆り立てて、そういう人々のために大いに役立ちたい。でないと彼らが寒い冬を過ごすことになってしまうんだ。」

●ロジャー・ウォーターズ
http://vimeo.com/55362033

「チャリティ・コンサートにはいつも特有の一体感が漂っている。無償で働く機会を時々与えられるのは名誉なことだと思うね。自分自身だけでなく、アーティスト仲間についてもいい気持ちになれるから。小さな貢献ができるということを心から喜ぶ、そんな素晴らしい一体感があるんだ。(マンハッタンの)30丁目(以南)が急に真っ暗になって、その後もずっと真っ暗なままだったのには驚いたよ。実に不思議な、非現実的な感じだった。この街が境界線を引いたかのように二つに分かれてしまったんだから。サンディのような災害が起こって自然の威力を目の当たりにすると、助かるか助からないかは本当に紙一重だと思う。確かにあれはれっきとした嵐だったんだ。」

以下これまでに掲載された映像と訳

●ブルース・スプリングスティーン
http://vimeo.com/55138860

「海と川が時々ぶつかってしまうのは見慣れていたけど、今回は建物全体が海に押し流されてしまった。見たこともないような被害だ。ニュージャージーの沿岸部はとてもユニークな文化がある。裕福な人々と労働階級の人々、家を買うことのできた中産階級の人々が混在しているんだ。それが押し流されてしまったのを見るのは本当に辛かった。ショッキングな被害状況を理解するだけでも何日もかかってしまった。ニュージャージーの沿岸部で起こった被害を…あの場所があんなに脆いところだったなんて。あの地域の個性の一つを維持しようとするのは大切なことだと思う。あの生活の一部が失われてしまうのを見たくはないんだ。必ずしも簡単なことではないけれど。」

●アリシア・キーズ
http://vimeo.com/55133888

「私はニューヨークで生まれ育ったの。サンディがもたらした被害の一部始終も体験したわ。私の街やNY都市圏が誰にもコントロールできないものによってここまで酷いことになってしまうとは信じられなかった。人々は絶望のうちに避難を強いられてしまったのよ。人生が変わってしまったわ。家を失ったり電気や暖房を失ったりしてしまって。ハリケーン・サンディの被害が悲惨なのはあまりにも多くの人々が1ヶ月経った今でも家や電気や暖房を失ったままでいるということ。これほど被害が大きくなってしまうとは誰も思わなかったと思うの。大きな警鐘を鳴らされた気がするわ。ニューヨーカーの一員としては、全員が一つになって心から助け合おうとしているのを見てなんて素晴らしい国なんだろうと心から思ったのよ。」

●ビリー・ジョエル
http://vimeo.com/55133887

「ハリケーンの時はここに居たんだ。ヨットや船の係留ロープが切れて流されていって海岸にぶつかったり、家屋が浸水したりして…怖かったよ。心が痛んだよ。あの嵐でこんなにたくさん悲惨なことが起こるなんて。こんなにたくさんの生活が犠牲になってこんなにたくさんの被害が起こって景色まで変わってしまった。人々は途方に暮れてしまった。死んでしまった人たちもいる。トラウマになるよ。私はロング・アイランドの人間だからね。それを誇りに思っている。だからこんなことが起こってしまってとてもショックだよ。生活が犠牲になって…生き方も犠牲になってしまったからね。一体元通りに戻れるのか、見当も付かないんだ。」

●ジョン・ボン・ジョヴィ
http://vimeo.com/55133889

「今までもハリケーンはあった。嵐もあった。だけど、ハリケーン・サンディの猛威とは全く似ても似つかなかったよ。沿岸にある僕の出身地の惨状は酷いものだった。シーブライト(注:町の名前)のオーシャン通りに州兵がいるのを見て…唖然とした。ある男性は、2階の窓から身を乗り出した状態で途方に暮れていたと話してくれた。いかだに乗った人に救助されたらしい。今までも洪水の度にこの街は立ち直ってきた。でも…今回は打ちのめされているんだ。テレビで惨事を見るとその時は「おお、可哀相にこんな状況だなんて」と思うけれどそのうち日常生活に気持ちが戻ってしまうものだ。自分の人生に関わりのある人々が被害に遭って、僕は貴重な教訓を学んだ。被害は一過性のものじゃないってことを。この嵐は1日で終わったけれどその影響は一生続くかも知れない。だけど、こういう時代にはみんなが一つになって僕たちならではの方法で助け合える。それがとてもいいんだ。」

日本時間は13日(木)朝9:30~生中継もネットで観れるはずです。TVではMTVが13日の夜19:30~オンエアー。

●12.12.12 The Concert For Sandy Relief
『ザ・コンサート・フォー・サンディ・リリーフ~ハリケーン「サンディ」復興支援チャリティ・コンサート』
http://legacyrecordings.jp/?p=2766

●オフィシャルサイト
http://www.121212concert.org

(c)HIGH-HOPES管理人のひとりごと(洋楽ロック) http://ameblo.jp/high-hopes/entry-11425639557.html

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA