ポール・マッカートニーのファンサイト(非公認)。ポール・マッカートニーやビートルズの最新ニュース、アルバム・楽曲の解説、ライブ・ツアー記録、新譜・テレビ放送等。

ポール・マッカートニー、来月の初来韓公演が決定

ポール・マッカートニー、来月の初来韓公演が決定


このエントリーをはてなブックマークに追加

元ビートルズのポール・マッカートニー(72、写真)が来月、初の来韓公演を行うことが分かった。
現代カード社は3日、「5月28日午後8時、ソウル蚕室(チャムシル)の総合運動場メインスタジアムで、『現代カード・スーパーコンサート20 ポール・マッカートニー』公演を開催する」と発表した。

「イエスタデイ」や「レット・イット・ビー」、「ヘイ・ジュード」など、ビートルズの数多くの名曲を直接作曲し、ソロ歌手としても活躍してきたマッカートニー。来韓公演が実現するかどうかは、韓国国内でも大きな関心事となっていた。

ジョン・レノン(1940~1980)とジョージ・ハリスン(1943~2001)の死亡後、残されたビートルズのメンバーはリンゴ・スターとマッカートニーだけだ。マッカートニーはレノンと共に、ビートルズの殆どの楽曲を作り、歌った人物。ここ数年間、韓国の複数のイベント興行会社が接触したが、ギャランティーなど様々な問題がネックとなり、来韓公演は実現できずにいた。

具体的な公演プログラムはまだ確定していない。東亜(トンア)日報が国内で単独報道した去年の日本ツアーで、マッカートニーは2時間40分の間、39曲を演奏しており、そのうち25曲はビートルズ時代の楽曲だった。ビートルズの名曲やソロ活動時代の代表曲だけでなく、ビートルズがライブ活動の中止を宣言した中期以後に発表されたため、公演までは至らなかったビートルズの後期の楽曲を、ライブで聴くことができた。派手な特殊効果も目立った。バンドとマッカートニーの演奏力は非の打ち所が無く、マッカートニーの歌唱力は高齢のため、全盛期には及ばなかったものの、順調に長時間のライブをこなしていた。

チケット価格は最高価格(G1席、30万ウォン)から最低価格(C席、5万5000ウォン)まで、9段階に分けて設定されている。現代カードの会員は8日正午、一般観客は9日正午から、インターパーク(ticket.interpark.com)とイエス24(ticket.yes24.com)でチケットを購入することができる。

(c)東亜日報 http://japanese.donga.com/srv/service.php3?biid=2014040437148

« »