ポール・マッカートニーのファンサイト(非公認)。ポール・マッカートニーやビートルズの最新ニュース、アルバム・楽曲の解説、ライブ・ツアー記録、新譜・テレビ放送等。

リンゴ・スター大阪公演(2013年3月1日)先行予約サイト

リンゴ・スター大阪公演(2013年3月1日)先行予約サイト


このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年3月1日(金)に予定されているリンゴ・スター&オールスター・バンドの大阪公演チケット先行予約が、いくつかのプレイガイドで開始されています。

(c)Jash http://pmccartney.com/

« »

コメント

  • 大国町下車 より:

     管理者さん、おはようございます。
     リンゴスター大阪公演を楽しませてもらって、関連ページを探し、こちらを拝見させて頂きました。
     ひょっとすると前回のポール来日でお会いしているかもしれません。リハーサルのかすかに漏れる音を僕もむさぼっていましたので。東京ドームでは、ルパート・ザ・ベアーの挿入曲シ・メロディーを聞いたことがものすごく印象に残っています。空の色が青く、曲が終わったところでカラスが遠くでカーカーと鳴いていました。あのとき、シー・メロディーの中間部は未発表だったのでとても貴重な音を聞いたと思っていました。2年くらい前になって、ホワイトハウスでのイベントで韓国のピアニストが同曲を弾いて、あのときの中間部も含まれていたのを聞いて、オフィシャルになったのだと理解した次第です。はい。でも、来日の時に聞いたポールとバンドが演奏する同曲が好きです。長い旅の途中にやっているって感じがグッときましたから。
     また、来ます。

    • JASH より:

      おはようございます。コメントありがとうございます!
      ひょっとして、2002年の東京ドームで、リハーサルを壁越しに隣で一緒に聴いていた男性の方でしょうか?
      「またどこかでお会いしましょう!」と声を掛けあってたのを覚えています。お元気そうで何よりです。

      リハーサルは未発表曲のオンパレードで感動しましたよね。
      「Sea Melody」(正確には、「Celebration」という曲らしいです)は、2010年カーディフのサウンドチェックに行った時に
      生で聴くことができたので感動しましたよ。ああいう地味な曲はコンサートではやらないでしょうから。

      またコメントお寄せ下さい!

      • 大国町下車 より:

        ???
         あのとき、私よりお若い方とお話させて頂きました…、話の内容は忘れてしまい、すみません。m(_ _)mでも、またお会いしましょうと言ったような気がします。私がその人かどうか不明です。ひょっとして、管理者さんはD100の人でしょうか。(^o^;)実は、その後梅田でお姿をお見かけしました。
         東京ドームでは確かに壁越しに聞きました。細かくは書きませんが、耳を引っ付けるのも数人程度しかできませんでした。
         2010Cardiffですか、うらやましいです。あの街は、いかにもイギリスの田舎町という感じがして、僕も楽しい雰囲気の思い出があります、お城にはクジャクがいました。ポールのそんなところでSeaMelodyを聴いたということを伺うだけでも、旅情を感じ、とてもあたたかい気持ちになります。2010年になってもSea Melodyをやっているということ自体にも嬉しくなります。
         そういえば、あのときのD100さんは、HoneyHushをポールに本番でやって欲しいとおっしゃってましたっけ。大阪でも初日のリハでやってました(よね)。大阪ドームでは、あちこちで音が漏れていましたっけ。
         なんだか、2002年に頭の中がタイムスリップしちゃいました。
         (^-^)v

        • JASH より:

          返信ありがとうございます。「D100」って何でしょう?
          私の場合、確か東京ドーム2日目に、壁越しにリハが聴けるところを発見しまして(確か、緑色の鉄の壁だったと思います)、おっしゃるように、数人壁越しに聴いていた覚えがあります。
          私の隣でちょうど壁越しに聴いていた方と話した覚えがあります。そして次の日(3日め)も、同じ場所で、同じ方が隣で聴いていたので、「やっぱり来ましたか~」みたいな話をして、
          大阪にも観に行くので「大阪でも会いましょう!」と話した記憶があります。
          ちなみに当時私は20代後半でしたね。
          本番でやった欲しかったのは「Calico Skies」でした。東京ドームのリハで毎日のようにやってましたからね。まさか大阪公演で聴けるとは思いませんでした!

          こちらこそ、2002年来日当時のことはよく覚えていますよ。

          • 大国町下車 より:

            あ!
             やっぱりそうだ。(^-^)’
             管理人さんは、あのときの方なのですね。大阪で会いましょうと言いました。
             東京の三日目だったかな、小学生の娘さんが僕らの様子を見て、自分も壁に耳をあてて聞きだし、お母さんが「あとで(本番が)観れるって。」とやめるように言ってました。かすかに漏れてくる音のじゃまになったので、静かにしてよと思いつつ、お嬢さん頑張れ、貴重な音だもんねと思いました。
             壁は緑でしたっけ?白かったような。シャッターみたいな感じで、部材のくびれから音が漏れていたような。
             今思い出しましたが、皆が壁に耳を当てている様は、ジョージの「不思議の世界」のジャケットみたいに当時思えて笑ってしまいました。
             あのときって、リハは45分程度でしたよね。93年は90分程度だったので、ポールが年を取って短くなったのだなと思いました。
             懐かしいなぁ。

            • JASH より:

              こちらの記憶が正しければ、大国町下車さんがその方ですよ! いやぁ、こんなところで久々に再会できるとは思いませんでした。
              壁は確かにシャッターみたいなところで、隙間から音が漏れていましたよね。それを聴いてました。
              大阪ドームでも同じように、壁越しにリハ聴いている方を探したんですが、大阪ドームでは、壁越しに聞こえにくかったので、そういう方あまりいませんでしたね。
              小学生、私も覚えていますよ。私も「今せっかくリハ聴いているので、邪魔しないで!」って思いました(笑)
              東京ドームでの壁越しの成果、私のサイトに記録させて頂いてますよ。

              http://jash.hacca.jp/paul/paul_drivingjapan/paul_drivingjapan_main.htm#ポール日本滞在全記録

              • 大国町下車 より:

                 不思議の世界じゃなくて、不思議の壁、でしたね。(^_^;)
                 いやいや、こういう形で11年ぶりにお会いできるとは、不思議の世界、ですね。(^-^)v
                 実際にお会いできればお渡ししたいものもありますが、それは、バージョンアップしてご縁があることでしょう。そのときのお楽しみにさせて頂きます。
                 あの女の子、どうしてるんでしょうねぇ。お母さんの静止を振り切り、面白そうに壁に耳を付けていましたもんね。
                 あのときの一連の公演は、リハの思い出がものすごく強く残っています。
                 ちなみに、その後大阪ドームでボンジョビの公演があったときなんか、リハだけ聴きに行き、今後の公演でどこならリハを聴きやすいか研究しました。って、成果は上がらないし、ポールは来ませんけど。(^_^;)
                 東京ドームへほいほい行けないので、東京ドーム公演が再びあれば、また、あそこへ行きたいなと思います。
                 2002年来日の全記録、週末楽しく拝見させて頂きます。
                m(_ _)m

                • JASH より:

                  ホントにインターネットで不思議の世界ですね。ホント、11年ぶりですね。お元気にされているようで何よりです。
                  あの時の女の子は、僕らが壁越しに聴いているのを真似したかっただけなんでしょうね。貴重な瞬間、という空気をおもいっきり醸しだしてましたから。
                  私も後のストーンズの公演などで、大阪ドームの会場入り位置やリハが聴ける位置を探したりしましたが、ポール、全然来ないですね・・・
                  そういえば、ボンジョビの公演も大阪ドームまで聴きに行きました。もちろん中に入ってですよ(笑)

                  昨年11月に、ポール来日からちょうど10年となったので、ファンの間で10年前の思い出を少しFacebookの方で語っていました。
                  ホント、懐かしいです。

                  • 大国町下車 より:

                     こんにちはー。
                     2002日本公演のサイト、拝見しましたー。

                     大阪の初日リハ、Lend me your combやってましたっけ?あの日は、とある入り口で聞いていたのですけど、屋内を販売員さんがうろついていて、いいなぁ、いい音で聴けてってうらやみました。

                     東京ドームの3日目、舞台に上がった紙ヘフナーの男性は、「おじさん」ではなく、「お兄さん」でした。失礼な!と怒られますよぉ(^-^)’
                     実は、僕はこのお兄さんのすぐ近くにいて、ステージから降りてきたところで握手してもらったんです。なんでって、ポールと握手したからです、あのお兄さんとお姉さんが。「あたし、こっちの手で(握手)した。2回した。」って笑って快く間接握手に応じてくれました。
                     ちなみに、詳細は省きますけど、紙ヘフナーのお兄さん、お姉さんは、スタッフが数曲前から最前列前で相談して人選されていました。残りの二人は、ファンクラブの二人でした。
                     ファンクラブのみなさーん、今度来日公演があったら、最前列で巨大なサイン「THANK YOU」を終演時に掲げるのはやめてくださーい!後の席の人、何も見えなくなって、迷惑していましたよっと。
                     管理者さん、いつか再会したときには、あのとき実は…ってなお話が沢山出来そうですね。(^-^)’
                     今回のリンゴ・スターが出ている朝のテレビ番組をYouTubeに投稿して下さった方がいらっしゃいますが、滋賀県の天気予報が画面にあって、関西の方なんだと、嬉しくなりました。
                     ポールの大阪公演を、「我が街にやってきた。」ってことで、私には、楽しさが増しています。
                     ルンルン。

                    • 大国町下車 より:

                       管理者さんのおかげで、2002年の思い出に火が付き、ユーチューブであのときの音をむさぼってしまいました。
                      (^_^;)
                       ところで、セレブレイションを検索したら、近年のリハで結構やっているのですね。基本的な流れはあのときと同じですが、ポールのピアノの弾き方が違ったり、ブライアンのギターが少し前に出てきたり、10年で結構変わったなという感想を持ちました。
                       あのときの演奏がもっとシンプルでいいなっと。まあ、生で聞いたのですから、大きな思い出が重なり、他の追随は許しませんよね。(^-^)’
                       いやはや、リンゴのコンサートに行って、こんな展開になるとは思っていませんでした。
                       これもありですね。(^-^)v

                    • JASH より:

                      こちらこそ、当時のことを思い出して、懐かしんでいます。ポール・マッカートニーのファンにとっては、2002年の来日は本当にお祭りでしたよね。みんな狂乱していたような気がします。
                      Celebrationは、確か2002年の終わりくらいに発売されたDVDのおまけ映像(インターネット閲覧限定)で、初めて公にされたと思いますが、リハで聴けた時は感動しましたよね。
                      リンゴから結局ポールの話になると。これでいいんです(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA