ポール・マッカートニーのファンサイト(非公認)。ポール・マッカートニーやビートルズの最新ニュース、アルバム・楽曲の解説、ライブ・ツアー記録、新譜・テレビ放送等。

再来日決めたポール・マッカートニーの「日本愛」(2014.3.28 東スポ)

再来日決めたポール・マッカートニーの「日本愛」(2014.3.28 東スポ)


このエントリーをはてなブックマークに追加

140328tousupo

昨年、日本中を沸かせたポール・マッカートニー(71)が再来日する。5月17、18日に東京・国立競技場、24日には大阪・ヤンマースタジアム長居の3公演が決まり、15万人規模の動員が見込まれる。

昨年11月に11年ぶりの来日公演を行ったポール。日本では最後だろうと言われていたが、最終日に「マタキマス」との言葉を残し離日した。関係者は「『マタキマス』は言葉のあや」程度にしか捉えていなかった。再来日公演決定を「このクラスのアーティストは、周りがどう言ってもきかない。本人が『また日本でやりたい』と熱望したとしか言えない」と関係者は解説し、その要因をこう指摘する。

「最終日にアンコールで名曲『イエスタデイ』を歌い始めた時、ポールに内緒で主催者が観客に配っていた、赤いサイリュウム(ペンライト)が一斉にともされた。ポールは涙ぐんでいたが、その感動が日本公演を再びやる決意につながったのかも。半年もしないで再来日を決めるのは、それだけ日本公演が楽しかったから、日本のファンに会いたくなったとしか解釈できない」

ポールを親日家にさせたものは、その前回公演期間中にもあった。古参レコード関係者が言う。

「畳の上で寝起きしたり、いろりを囲んで食事とか、相撲を見に行って楽しんだように、日本文化にかなり感銘を受けていた。京都も好きになったみたいだし、そういうことが日本に再び足を向かせるのかもしれない」

国立や長居のような屋外での日本公演は、ポールにとって初めて。6年後の東京五輪に向け7月から改修を決めている国立は「単独海外アーティストのコンサートは最初で最後」(同関係者)。春真っ盛りの野外ライブで、ポールはどんな伝説を見せてくれるのか。

(c)東スポ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140328-00000029-tospoweb-ent

« »