ポール・マッカートニーのファンサイト(非公認)。ポール・マッカートニーやビートルズの最新ニュース、アルバム・楽曲の解説、ライブ・ツアー記録、新譜・テレビ放送等。

大友良英『題名のない音楽会』でノイズ語る「当時のスタンダードからするとビートルズはノイズ」

大友良英『題名のない音楽会』でノイズ語る「当時のスタンダードからするとビートルズはノイズ」


このエントリーをはてなブックマークに追加

31423f94-f30e-4ba8-a184-1ab69f78cdc1_n

昨年は大ヒットドラマ『あまちゃん』(NHK系)のオープニング、劇中音楽を手がけ、第55回日本レコード大賞作曲賞を受賞を受賞するなどして、一躍人気者となった作曲家、大友良英。彼が4月13日放送の『題名のない音楽会』に出演し、自身のルーツとなる音楽や、彼自身の音楽観について語った。

(参考:峯田和伸と豊田道倫が語る、音楽の生まれる場所「街は静かだけど、心のノイズは増えている」

冒頭、番組から「ノイズ・ミュージックの世界的権威でもある」と紹介された大友。司会の佐渡裕から「ノイズ・ミュージックを一言で言うと?」と質問された大友は「一言では言えないですが……ジャンルというよりは考え方というか。よくわからないところがまた面白い」と語った。

今回の放送では、大友良英が影響を受けたノイズ・ミュージック3曲を紹介。まず大友が1曲目に挙げたのは、ジミ・ヘンドリックスの「The Ster Spangled Banner」。『ライブ・アット・ウッドストック』の映像を見て、「かっこいいな」と思ったそうだ。曲の聴きどころについては、「途中からノイズ化していくんですよ。中盤からギターがフィードバックしていって。そこにシビれましたよね」と、少年のように輝いた目で語った。同曲について、本間智恵アナウンサーが「当時は『戦争が嫌だ』という気持ちを、この歪んだギターで国歌を演奏することで表したと」と語ると、大友が「そうかもしれないですけど、そんなことでもない気もしていて。ギターをアンプに通して『ギャーン』とやるだけでも楽しいんですよ。暴力衝動だったり、パンク的衝動だったり。単純な社会性だけじゃなくて、ものすごくプリミティブな身体感覚もきっとあったと思うんですよね」と、政治的な意味ではない音楽の捉え方について熱弁した。

続いて、大友は自身の音楽ルーツについて「うちは音楽一家ではなく、父が電気技師だったので、部品が家にいっぱいあったんですね。当時はシンセサイザーが出たばかりで、だから中二くらいの時に自分で作ったんですよね」と、マニアックな部分から始まったことを語った。そこから高校へ進学した大友は、「モテると思って」ギターを始めたそうだ。当時はビートルズのコピーバンドをしていたが、偶然ジャズ研究会に加入。次第にジャズ・フリージャズの道を歩むことになったようだ。

続いて2曲目に影響を受けた曲として大友が掲げたのは、高柳昌行・阿部薫の「集団投射」。『解体的交感』という1000枚限定のレア盤に収録されている同曲について、大友は「世界に70億人の人がいるなら、そのうち1000人くらいは変わった好みの人がいてもいいじゃないですか」と語り、音源をスタジオで流した。延々と続くノイズ音に対し、二人が怪訝な顔をしているのを見た大友は、「え、これ良くないですか?だめですか?」と問いかけたうえで、「嬉しいなあ。地上波の朝からこれを掛けれる時代が来たんだ」と、笑いながら喜びを噛み締めていた。

ノイズ・ミュージックの価値観について、本間アナから「ルールはあるものなんですか?」と質問された大友は、「ルールを壊すのがルールなんだと思います」と、独自のノイズ論を語ったうえで、「自分たちの聴いている音楽と違う体験をすると、人は『ノイズ』と言いたがる。ビートルズが出たときも、『こんなの聴いちゃいけない』と言われた。当時の男性のスタンダードである『刈り上げした短い頭髪』の人たちからすると、ビートルズはノイズなんですよ」と、ビートルズもある種ノイズとして捉えられることを語った。

また、この系譜に近い音楽の中で武満徹の「燃え尽きた地図」を挙げた大友は、佐渡から「武満さんはテレビの砂嵐が大好きなんですよ」と言われた。これに対し、大友が「じゃあ提案なんですけど、僕らにそれぞれその時間を1時間ずつ下さい。日本のノイズミュージシャンを集めて、誰もいない時間帯に砂嵐を演奏し続けます。どうでしょうか?」と、テレビ局にとんでもない提案をする。驚きの発言を連発する大友に対し、佐渡から「『あまちゃん』作るまでは今まで何で飯食ってたんですか?」と笑いながら聞かれた大友。「一応劇伴歴20年もあるんで、こういうの(ノイズ)ばっかりやってたわけではないです」と説明した。

3曲目に大友が挙げたのはBiS階段の「好き好き大好き」。同曲について大友は「これ、日曜の朝から放送出来ますかね?」とスタッフに確認したうえで放送。曲の中でもポップな部分だけを流し、「これだけ聴くとロックに聴こえるよね。でも凄いのは放送出来ない部分」と、同曲の魅力はさらに深い部分であることを語った。続けてINCAPACITANTS、MERZBOWを流した大友は、「これを大音量で聴いてください。テレビの前の皆さんは、ボリュームを上げてください。近所から怒られると思いますけどね」と、次第にテンションが上がっていった。

続いて、佐渡から「こういうノイズ・ミュージックと、『あまちゃん』に共通点はあるんですか?」と聞かれた大友は「自分でもよくわからないですけど、一つの音楽をやってるときに『その音楽だけが良い』って世界にいると、居心地が悪くなっちゃうんですよ。今日はたまたまノイズ・ミュージック特集だからその話をしましたけど、サンバの話ならそれだけで話せると思います。そういう部分に『あまちゃん』のディレクターが興味を持ってくれて。『原作には変な大人がいっぱい出てくるから、変なミュージシャンをいっぱい集めて演奏しよう』っていう発想で音楽を作っていって。実は(『あまちゃん』の演奏隊には)クラシックの人が多いんですよ。普段やってるジャズとかロックの人たちは、アドリブをガンガンできるけど、(クラシックの人は)できなくて。でもその人たちにアドリブさせようと。そうすると、微妙に格好悪かったりする。それがドラマに出てくる人物と重なったりして。そういうある種のノイズを経過したものが出来たといえる」と、ドラマに起用された理由とともに、あらゆる音楽にも精通していることを明かした。

最後に、佐渡から”音楽”について聞かれた大友は、「こういう音楽に関わりだしたときに、『何が音楽で何が音楽じゃないか、何を持ってノイズと考えるんだろう』っていつも思ってたんですね。だけど、ほんとに身も蓋もないことを言ってしまえば『人それぞれ』なんですけど、その人の社会性とか生き方とすごく関係があると思ってて。音楽ってもしかしたら、自分がこの社会に所属しているっていうアイデンティティーのひとつとして、『この音楽好きだ』って言ってる気がするんです。音楽って『ポピュラーなもの=みんなが聴くもの』という考え方に20世紀以降はなってるじゃないですか。でも色々なものがあって良くて」と、音楽が持つ平等さについて語り、番組は幕を閉じた。(中村拓海)

著作権は株式会社サイゾーに属します。
© 2014 CYZO Inc. All Right Reserved. http://topics.jp.msn.com/entertainment/music/photo-article.aspx?mediaid=7476207

« »