ポール・マッカートニーのファンサイト(非公認)。ポール・マッカートニーやビートルズの最新ニュース、アルバム・楽曲の解説、ライブ・ツアー記録、新譜・テレビ放送等。

新譜情報:リンゴ・スター 2013年2月26日ZEPP TOKYO公演 IEM+AUDマトリクス 【ブート】

新譜情報:リンゴ・スター 2013年2月26日ZEPP TOKYO公演 IEM+AUDマトリクス 【ブート】


このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年2月26日に行われたリンゴ・スターのZEPP TOKYO公演の音源、IEM+AUD(インイヤーミックスとオーディエンスミックスを混合したマトリックス)が、出回っているようです。入手方法は各自お調べ下さい。


 

□Ringo Starr & His All Starr Band (2CDR)「Sailing On To The Sun」 XAVEL Hybrid Masters-003 ¥4,500

(◆収録内容=2013年2/26ZEPP東京公演◆音源=IEM+AUDマトリクス・ソース)

2013年2月、第12期オールスター・バンドを引き連れ、待望の来日を果たした”平和と愛の伝道師”Ringo Starr。大盛況に終わったこの来日ツアーの中から、東京公演二日目、2/26にZEPP東京でおこなわれたライブを、IEMソースとAUDソースを全編フル・マトリクスした決定版サウンドで完全収録。

既に同レーベルより発売中の東京連日公演(AUD録音)のボーナストラックには、初日のステージからの抜粋という形でIEM+AUDソース・マトリクスの楽曲が収録されていますが、本作はIEMソースとしては未発表の二日目公演を、開演前のSE~Todd Rundgrenによる導入から、「With A Little Help From My Friends」から雪崩れ込む感動の「Give Peace A Chance」によるフィナーレまで、この日お台場で繰り広げられた感慨深いパフォーマンスの全てをフル・マトリクス完全収録しています。IEMソースとAUDソースの比率、イコライジングあるいはコンプレッション等、曲ごとに時間をかけてじっくり丁寧にミックスされた究極のマトリクス音源。全ての楽器の音像がよりクリアな輪郭に仕上げられており、サウンドボード録音同様の極上音質を楽しむことが出来ます。
大御所リンゴのビートルズ・ナンバー、トッドのUTOPIAナンバー、初期SANTANAサウンドの立役者グレッグ・ローリーのオルガンとルークの超絶ギターが炸裂するサンタナ・ナンバー、ミスターMR.MISTERリチャード・ペイジの艶やかなハイトーン・ヴォイス、役者が揃いに揃った第12期オールスター・バンドのパフォーマンスを、文句なしのサウンドバランスで楽しむことが出来る今ツアーの決定的な1枚です!

◆Zepp Tokyo, Tokyo, Japan 26th February 2013 (Disc 1) 01. Opening 02. Introduction by Todd Rundgren ~ Matchbox 03. It Don’t Come Easy 04. Wings 05. I Saw The Light 06. Evil Ways 07. Rosanna 08. Kyrie 09. Don’t Pass Me By 10. Bang The Drum All Day 11. Boys 12. Yellow Submarine (Disc 2) 01. Black Magic Woman 02. Gypsy Queen 03. Band Introduction 04. Honey Don’t 05. Anthem
06. You Are Mine 07. Africa 08. Everybody’s Everything 09. I Wanna Be Your Man 10. Love Is The Answer 11. Broken Wings 12. Hold The Line 13. Photograph 14. Act Naturally 15. With A Little Help From My Friends 16. Give Peace A Chance ◇Personnel; Ringo Starr (drums, percussion, vocals, keyboards), Todd Rundgren (guitar, vocals, bass, harmonica), Steve Lukather (guitar, vocals), Richard Page (bass, guitar, vocals), Gregg Rolie (hammond organ, vocals), Mark Rivera (percussion, saxophone, keyboards) & Greg Bissonette (drums)

(c)Junk Headz

« »

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA