ポール・マッカートニーのファンサイト(非公認)。ポール・マッカートニーやビートルズの最新ニュース、アルバム・楽曲の解説、ライブ・ツアー記録、新譜・テレビ放送等。

12月1日発売の『ロッキング・オン』1月号、ビートルズ、全員のインタヴューを一挙掲載

12月1日発売の『ロッキング・オン』1月号、ビートルズ、全員のインタヴューを一挙掲載


このエントリーをはてなブックマークに追加

 

12月1日発売の『ロッキング・オン』1月号では、ビートルズのデビュー50周年を記念して60ページの巻頭特集を掲載している。特集内では、ポール・マッカートニージョン・レノンジョージ・ハリスンリンゴ・スター全員それぞれのインタヴューを掲載。ポール・マッカートニーが1966年に受けたインタヴューでは、前代未聞の人気を博したビートルズの一員としての心境を、下記のように話している。

「22年生きてきた経験の重みに対して、(ビートルズとして人気の絶頂にあることは)まだ2年しか経っていない。まだ、始まりのステージに立っているにすぎないからね。『ビートルズとしての野心はすべて満たされたように思えるね。今はどんな気分?』と聞かれることもある。でも、ぼくは5ポンドでギターを手に入れようと思った頃と今もまったく同じ気分なんだよ」

このインタヴューは他にも、チャック・ベリーボブ・ディランといった音楽的影響や、当時目指そうとしていた音楽性、ビートルズであるがゆえの自身の受け止められ方についてなど、自身の哲学が述べられた貴重なものになっている。

また、ジョン・レノンのインタヴューは『心の壁、愛の橋』リリース直前のもの、ジョージ・ハリソンのインタヴューは1974年に行われ、チャリティからシタール、マハリシまで多岐にわたって答えたもの、リンゴ・スターは2007年に行われ、『ホワイト・アルバム』制作時の一時脱退などについて答えたものとなっている。

ビートルズは全14作品のスタジオ・アルバム・リマスターを180gアナログ盤で発売中。


『ロッキング・オン』1月号の詳細はこちら。
http://ro69.jp/product/magazine/detail/75533

(c)ro69.jp http://ro69.jp/news/detail/75642

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA