ポール・マッカートニーのファンサイト(非公認)。ポール・マッカートニーやビートルズの最新ニュース、アルバム・楽曲の解説、ライブ・ツアー記録、新譜・テレビ放送等。

1stショーはビートルズのカヴァー・セット、元デンジャー・デンジャーのアンディ・ティモンズが4月に来日公演を開催

1stショーはビートルズのカヴァー・セット、元デンジャー・デンジャーのアンディ・ティモンズが4月に来日公演を開催


このエントリーをはてなブックマークに追加
Andy Timmons

1stショーはビートルズ(Beatles)のカヴァー・アルバム『Plays Sgt. Pepper』をプレイ、元デンジャー・デンジャー(Danger Danger)のギタリスト、アンディ・ティモンズが自身のバンドを率いて来日公演を4月に開催。9日(火)〜11日(木)にコットンクラブで行われます。1晩で2公演を行う予定で、2ndショーはアンディの楽曲を中心にしたセットリストになる予定。

<THE ANDY TIMMONS BAND>

[MEMBER]
Andy Timmons (g, vo), Mike Daane (b), Rob Avsharian (ds)

●2013. 4.9.tue – 4.11.thu

[1st.show] open 5:00pm / start 6:30pm
Plays Sgt. Pepper – the Beatles

[2nd.show] open 8:00pm / start 9:00pm
All of the ATB

ロック、ジャズ・フュージョンなど多岐に亘り、完璧なテクニックと卓越したセンスで定評あるアンディ・ティモンズは、米ロック・バンドDANGER DANGERの2nd『SCREW IT』(1991年)への参加をきっかけにその名をギター界に知らしめた。’63年アリゾナ州フェニックスに生まれ、幼少時からギターを始め13歳でバンド結成。その後ジャズ、クラシック、フュージョンを学び’88年にATBを結成。活動の傍らテレビ、ラジオのCM音楽も手掛けるなど才能を発揮する。DANGER DANGER脱退後の’94年に初ソロ作品『ear X-tacy』を発表し、3rd『The Spoken and The Unspoken』(2000年)ではメロディ・ラインで語るという彼の信念を実践して見せた。オリビア・ニュートンジョンのプロデューサーとしてライヴアルバムを制作したり、サイモン・フィリップス等のツアーに参加するなど旺盛な活動を続ける中で、以前よりマニアを公言するビートルズのカヴァー『Plays Sgt. Pepper』(2011年)を携えてコットンクラブ初登場。1stショーは彼の描くサージェント・ペパーに浸り、2ndショーはアンディの世界を存分に楽しめる今回のステージ。彼のバックグランドから最新作まで幅広い音楽性で、より情熱的な心に響く音を奏でてくれるだろう。

詳細は以下のURLのページでご覧になれます。

http://www.cottonclubjapan.co.jp/jp/sp/artist/andy-timmons_1st/

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA