ポール・マッカートニーのファンサイト(非公認)。ポール・マッカートニーやビートルズの最新ニュース、アルバム・楽曲の解説、ライブ・ツアー記録、新譜・テレビ放送等。

2013年2月27日(水)リンゴ・スター&オールスターバンド 名古屋ZEPP公演

2013年2月27日(水)リンゴ・スター&オールスターバンド 名古屋ZEPP公演


544356_519811068079881_2117001666_n

昨日に引き続き、リンゴ・スター&オールスターバンドの公演が行われました。会場は東京から名古屋に場所をうつしてNagoya Zepp。
当初、チケットの売れ行きが芳しくなく、中止になるかもという噂が流れたのですが、公演が近づくに連れて、チケットの売れ行きもよかったようです。
Zepp Nagoyaは元々、Zepp TokyoやZepp Nambaに比べて会場が狭く、キャパは1600人。
1階スタンディングは、ほぼオーディエンスで埋まってましたが、東京ほどは混んでなかったようです。

会場は18:00過ぎに開場され入場開始。
定刻通り19:00にリンゴ・スターが登場し、演奏が開始されました。

この日演奏された曲は以下のとおり。初日・2日目の東京公演と全く同じでした。

1. Matchbox (Ringo Starr)
2. It Don’t Come Easy (Ringo Starr)
3. Wings (Ringo Starr)
4. I Saw the Light (Todd Rundgren)
5. Evil Ways (Gregg Rolie)
6. Rosanna (Steve Lukather)
7. Kyrie (Richard Page)
8. Don’t Pass Me By (Ringo Starr)
9. Bang the Drum All Day (Todd Rundgren)
10. Boys (Ringo Starr)
11. Yellow Submarine (Ringo Starr)
12. Black Magic Woman (Gregg Rolie)
13. Honey Don’t (Ringo Starr)
14. Anthem (Ringo Starr)
15. You Are Mine (Richard Page)
16. Africa (Steve Lukather)
17. Everybody’s Everything (Gregg Rolie)
18. I Wanna Be Your Man (Ringo Starr)
19. Love Is the Answer (Todd Rundgren)
20. Broken Wings (Richard Page)
21. Hold the Line (Steve Lukather)
22. Photograph (Ringo Starr)
23. Act Naturally (Ringo Starr)
24. With a Little Help from My Friend / Give Peace a Chance (Ringo Starr)

当日のコンサートの様子。

・2曲目「It Don’t Come Easy」では、冒頭のコーラス部分の時にマイクを観客に向け、コーラスをするように煽っていました。
・リンゴがドラムを叩きながらボーカルを取った曲は、「Boys」「I Wanna Be Your Man」の2曲。それ以外のボーカル曲はハンドマイクで歌っていました。
・3曲目「Wings」が終わったあと、リンゴは、アルバム「Ringo 2012」のLPを掲げていた観客に向かって指さして「Thank you, brother」とコメント。
・「Don’t Pass Me By」では冒頭ピアノ弾き語りを披露。ただし歌詞が「Coming up the drive」のところを「Coming down the drive」と歌っていました。
・途中、リンゴは、自らが使用しているタオルを2回、観客に投げ込みました。
・中盤で、リンゴお得意のMC「What’s My Name!」が出ました。観客が「Ringo!」というのに気を良くして、数回繰り返していました。
・「I Wanna Be Your Man」「Anthem」では、リンゴのボーカルが少しフラットしているようでした。
・「I Wanna Be Your Man」の前のMCでリンゴは「この会場には女の子が何人いる? 1,2,3,4・・・」と、実際に会場内の女性を指さして数えていました。
・数年前にユニクロで売られていたリンゴ・デザインのTシャツを掲げていた女性の観客に、リンゴは「あの女性が掲げているやつは、僕がデザインしたやつだよ。ちょっと古いけど。」とジョーク。
・ステージ後方から撮影しているカメラマンに向かってリンゴはピースサイン。その後ろのオーディエンスも釣られてピースサイン。
・スティーブ・ルカサーは、自ら使用しているピックを観客に投げ込んでいました。終演後もスタッフがサービスで何枚かピックを観客に投げ込み。
・最終曲「With A Little Help」で、リンゴは観客にコーラスをするように催促していました。この曲とのメドレー「Give peace a chance」の演奏が終了する前に、リンゴはそそくさとステージを去ってしまいました。終演後のカーテンコールはバンドメンバーだけ。

予定通り21:00に終演。

(c)Jash http://pmccartney.com

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »