ポール・マッカートニーのファンサイト(非公認)。ポール・マッカートニーやビートルズの最新ニュース、アルバム・楽曲の解説、ライブ・ツアー記録、新譜・テレビ放送等。

LOVE PSYCHEDELICO、ジョン・レノン&オノ・よーこの「Happy Xmas (War Is Over)」をカバー

LOVE PSYCHEDELICO、ジョン・レノン&オノ・よーこの「Happy Xmas (War Is Over)」をカバー


このエントリーをはてなブックマークに追加

前作シングル「It’s You」から1年3カ月。その間、散発的にライブを行いつつ、制作作業に没頭していたLOVE PSYCHEDELICOが、来たる6thアルバムに先駆けてニューシングル「Beautiful World / Happy Xmas (War Is Over)」を完成させた。

今回のシングルには、映画「任侠ヘルパー」の主題歌に起用された「Beautiful World」と、ひと足早いクリスマスプレゼントであるジョン・レノン&オノ・ヨーコのカバー「Happy Xmas (War Is Over)」を収録。LOVE PSYCHEDELICOが今作の先で見据えているものとは果たして? 久しぶりに新作をリリースする2人に話を訊いた。

取材・文 / 小野田雄

「Beautiful World」は震災とは切り離せない

──今回の「Beautiful World」は、ただ美しい世界を切り取っただけの曲ではなく、「美しくない世界があるからこそ、美しいものがある」という視点から書かれた曲ですね。

KUMI(Vo, G) そう。そういった全てがないまぜになった世界が前提にあって。

NAOKI(G, B, Key) どこかに行けば「Beautiful World」があるっていうことではなく、この世界で「Beautiful World」を見失わないようにしようってこと。日々、いろんなことがあるけれど、今立っている場所が「Beautiful World」なんだよっていう。

KUMI どんな状況であっても、その内側には必ず光がある。そう信じる気持ちをここでは歌っている。

──この曲を作り始めたのは?

KUMI 「It’s You」と同時期。だから、東日本大震災直後だね。

NAOKI 映画「任侠ヘルパー」主題歌のオファーをいただいてから完成させたんだけど、この曲は震災と切り離せない。

KUMI ただイメージが漠然としていたから、それを形にするのが結構大変で、特に歌詞は何度も何度も書き直したね。

カオスから生まれた俺たちのブルース

──歌詞には「風」が象徴的な形で何度も登場しますよね。

KUMI 風が意味するものは、はかなさや無常感、希望ですね。いい状況も悪い状況も風のようにもたらされるけれども、その風は止まらずに移ろっていく。それが救いであると同時に、光でもあるというか。どんな状況であっても、そうやってポジティブなものを見出すことができるという確信が持てたら、世界は美しく感じられるはずだと思うんだけどね。

NAOKI ただ震災直後だったということもあってか、作っていた当時は俺たち自身も必死だったし、客観的に曲を作ることができなくて。「Beautiful World」は、ある意味でカオスから生まれた俺たちのブルースでもあるんだよね。

KUMI カオスの中で曲を作りつつ、哲学しつつ。言葉でスパッと言い切れない部分を表現したくて、微妙なニュアンスを表現するために何度も歌を録り直して。結果的にはできた歌詞がどう曲に乗るか、その確認のために歌った仮歌を採用したという(笑)。でも今回の経験を通して、私たちの作ってる音楽はサウンドだけ、歌詞だけではなく、その両方の組み合わせやバランスで成り立ってるなって。音と言葉が両方あって良かったなって思いましたね。

NAOKI 例えば、昔作った「These Days」みたいに明るいメロディに、少し切ない気持ちを乗せると、メロディとのコントラストですごく寂しく聴こえたり、その逆ですごい暗いメロディに明るい気持ちを乗せれば、そこに希望が生まれたりもするし。今回はそういう対比が頭の中にあったね。

KUMI だから歌詞では相反することを歌いながら、楽曲的にはシンプルで淡々とした、それでいて温かみが感じられるものになっているという。

──確かに音数が詰め込まれていない、シンプルで味わい深いバラードですよね。

KUMI ね、曲を聴くと、風が吹いてるように感じるでしょ? これは頭で理解するよりも、感じることを大事にした曲だね。

NAOKI あとアルバム「ABBOT KINNEY」を作り上げたことで、ルーツミュージックの呪縛から解き放たれて、自由に音楽が作れるようになったことも大きいかもしれないね。この曲にしてもミディアムテンポではあるんだけど、一般的なミディアムテンポの曲に比べるとちょっと速かったりするんです。ただその時代その時代で人の歩く速さが変わるように、この曲のテンポは今の時代を反映させたものだったりするし。そういうことを意識しつつ、同時にサラッと聴ける曲にしようと思って作ったね。

「Happy Xmas (War Is Over)」はKUMIの活躍が目立ってる

──もう1曲のシングル表題曲「Happy Xmas (War Is Over)」は誰もがよく知るジョン・レノン&オノ・ヨーコのカバーですが、今回この曲を収録することになった経緯は?

NAOKI 2009年の年末にテレビの音楽番組で初めてこの曲を演奏したんだけど、その後、そのときのライブ映像をYouTubeにアップするファンと、それを削除するテレビ局の間でいたちごっこが続いていたらしくて。それだったら季節的なタイミングも合うことだし、ちょっとしたプレゼントとして気負いなく取り上げてみようかなって。

──この曲でフィーチャーされているゴスペル隊はライブでも共演したことがある有坂美香 & The Sunshowersですよね。

KUMI そう、美香ちゃんたち。2009年に演奏したときも、メンツは違うけどゴスペル隊をフィーチャーしていて、そのときのイメージが今回のカバーにも反映されてるね。

NAOKI オリジナルと比べると、ギターのストロークも違うし、リズムも削ぎ落として、ワルツのリズムを際立たせたり、バックでマンドリンを壁のように鳴らすことで、厳かな感じにもなっているし。そういう部分にLOVE PSYCHEDELICOらしさも出せたかな、と。ちなみにドラムはKUMIが叩いたんだよね。

KUMI そうドラムとパーカッション……あとマンドリンもそうだね。

NAOKI だから、この曲はKUMIの活躍が目立った曲でもあるという(笑)。

無理に作品を生み出そうとは思ってない

──このシングルは、カオスの中から突き抜けて響く「Beautiful World」で始まって、幸福感がシンフォニックに鳴らされている「Happy Xmas (War Is Over)」ときて、3曲目の「Good to me」でただただポップなサウンドが鳴っている。

KUMI そう、「Good to me」はあっけらかんとした曲(笑)。

NAOKI この曲はKUMIが中心になって作ったんだよね。

KUMI そうだね。アルバムに向けたレコーディングの中で、2人でセッションしようってことになって、ドラム叩いたり、ギター弾いたり、ベース弾いたり。その中で生まれた1曲で。カジュアルな感じで作ったムードが封じ込められているんじゃないかな。「Beautiful World」が心に深く入りこむような曲だから、こういう気軽な曲があってもいいかなっていう。シングルの中でのバランスを考えて、この3曲を選んだんだけどね。

NAOKI 今やシングルのリリースが減ってるしね。せっかく出すんだったら、ちゃんと残る曲を作ろうよって。

──今の時代、スタジオに入らずとも音楽を作ることができるようになり、さらにはそれを発表することも手軽になった結果、巷には音楽があふれ、音楽自体の相対的な価値も下がったと言われていますよね。そんな中、1曲に数カ月かけるLOVE PSYCHEDELICOの作品は、さらりと聴けると同時に聴き込んで楽しめる深みもあるように思います。

NAOKI そんなにね、頑なに信念を貫いてるような2人じゃないのに、周りがすごい変化しているから、際立っているように思うんじゃない?

──それは自分たちの中では当たり前なものになっているだけであって、LOVE PSYCHEDELICOは信念を持っているグループだと思いますけどね。

KUMI そうね。私自身とっても頑固なところはあると思う(笑)。

NAOKI シングルのリリースが減ったり音楽制作にお金をかけなくなったことで、音楽がチープになっていく中で、自分たちはやり方を変えずに音楽を作っているけど、だからといってハイエンドオーディオ用の立派な音楽をやりたいわけではないし、ハイクオリティなものを目指してるわけでもない。

KUMI とはいえ、無理に作品を生み出そうとは思ってないし、できなかったらできないでしょうがないって思っているし。作らなきゃって思って作っているわけではないから、なんで音楽を作っているのか、なんで作りたくなるのか、自分でもたまにわからなくなるんだけどね。まあ、でも無理に動機付けなくても、できるものはできるだろうし、それでいいのかなって思っているんだけど(笑)。

曲を作る際に余計な説明はいらない

──現在は新作アルバムをレコーディング中とのことですが、作業はどのように進められているんですか?

KUMI 昼過ぎから夜まで、自分たちのスタジオで規則正しくやってるかな。ただ、こんなに安定して作業を続けられてることは今までなかったかもしれない。

NAOKI これまでの経験上、無理に作業を詰め込まなくなったし(笑)。

──かつては昼夜問わず音楽制作に没頭して、作品ができあがると抜け殻のような状態になってたこともありましたよね。

KUMI うん。だから今は、調子が悪くなる前に「そろそろ、ヤバいかも」って感じたら、2週間くらい休んでみたり。さすがにバランスがわかってきたって感じ(笑)。

──前作「ABBOT KINNEY」はロサンゼルスでの滞在経験に触発されて作られた作品でしたが、今はどんなところからインスピレーションを得てますか?

NAOKI 以前は自分たちでファンタジーを作り出すために、例えばロスに滞在してみて、そこで得たものを作品にしていたんだけど、去年の震災以降、普通に日常生活を過ごす中で音楽を作る人も聴く人もみんな共通する何かしらが心に芽生えていると思うんですよ。メッセージソングでなくとも、聴く人は普通に奏でたポップスから哲学を知ろうとしているし、作る側からすれば「がんばれ」とか「がんばろうよ」って歌わなくても、音楽を奏でるだけで何かをキャッチしてもらえるという安心感があって、曲を作る際に余計な説明はいらない気がして。だから、みんなが日常を生きてるだけでもいろんなことを思い感じるように、俺たちも日常で思い付いたことをそのまま曲にしているっていうのが今の状況かな、と。

──ところで昨年末には自分たちの事務所を立ち上げたんですよね?

KUMI そう。元々私たちは等身大で音楽をやってきたつもりだけど、事務所を作ったことで環境的にも等身大になって、自分たちの生き方が音楽にそのまま反映されるようになって。だから日常からインスピレーションをどうすくい上げるのか。どこにも属さない生活の中で音楽を作るというのはどういうことなんだろうって、改めて考えながら音楽を作っている最中かな。

アルバムは普遍的なものがキーになる

──最後に、来たる6枚目のアルバムについて一言お願いします。

NAOKI 3年振りのアルバムに向けて、今はいろんなタイプの曲を作っていて。「ABBOT KINNEY」みたいなコンセプチュアルな作品ではないんだけど、多彩な内容になりそうだね。

KUMI そういう意味で今までの作品とは違うものになりそう。

NAOKI 「ABBOT KINNEY」の制作を通じて、ルーツミュージックも自分の血となり、肉となったので、そういうものも大切にしつつ、かつてのジョン・レノンがそうだったように、ロックからポップスへと昇華した内容に……なるのかどうなのか(笑)。

KUMI 自分の中でのシンプルさとか太さ、それから日常感……そういう普遍的なものがキーになっていることは間違いないと思う。

(c)ナタリー http://natalie.mu/music/pp/lovepsychedelico03/page/2

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA