ポール・マッカートニーのファンサイト(非公認)。ポール・マッカートニーやビートルズの最新ニュース、アルバム・楽曲の解説、ライブ・ツアー記録、新譜・テレビ放送等。

Latest News

新譜情報:2014年5月21日(水) ヘンリー・マッカロー(元ポール・マッカートニー&ウィングス) Mind Your Own Business! (紙ジャケット)(輸入盤国内仕様) 

グリース・バンドやウィングスで活躍した北アイルランド出身のギタリスト/シンガー、ヘンリー・マッカロー。
60年代にエール・アパレントやスウィニーズ・メンで活動後ジョー・コッカーのグリース・バンドでウッドストックに出演。72年~73年の短期間ウィングスに加入(「マイ・ラヴ」「死ぬのは奴らだ」「メアリーの子羊」など)。そんな彼の記念すべきファースト・ソロが、75年、ジョージ・ハリスンのダーク・ホースからリリースされた本盤『マインド・ユア・オウン・ビジネス』。
フランキー・ミラーやグリース・バンドのメンバーも応援に駆け付け、ブルース、R&R、アイリッシュ・フォークなど、パブ・ミュージックふうな気の置けない魅力にあふれた、ギタリストとしてのイメージだけではない、ヴォーカリスト/ソングライターとしての魅力を伝える傑作。

(メーカー・インフォメーションより)
内容詳細

曲目リスト

01. You’d Better Run
02. Sing Me A Song
03. I Can Drive A Car
04. Baby What You Do To Me
05. Country Irish Rose
06. Lord Knows
07. Down The Mine
08. Oil In My Lamp
09. Mind Your Own Business
10. I’m In Heaven

 

(c)HMV http://www.hmv.co.jp/artist_Henry-Mccullough_000000000172597/item_Mind-Your-Own-Business-%E7%B4%99%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88-%EF%BC%88%E8%BC%B8%E5%85%A5%E7%9B%A4%E5%9B%BD%E5%86%85%E4%BB%95%E6%A7%98%EF%BC%89_5713406?site=mailmagart&utm_source=moa140425sa&utm_medium=other

ザ・ビートルズの本拠地キャヴァーン・クラブ、店の名称の使用権をめぐり訴訟へ

ザ・ビートルズがデビュー前からリヴァプールで頻繁に出演していたクラブ、キャヴァーン・クラブは、北アメリカでの「キャヴァーン」という名称の使用権についてハードロック・カフェと法廷で争う構えだという。

ハードロック・カフェは1994年に北アメリカでの「キャヴァーン・クラブ」の商標権を獲得し、ボストンに「キャヴァーン・クラブ」を開店した。リヴァプールのキャヴァーン・クラブの親会社であるキャヴァーン・シティ・ツアーズは2011年にハードロック・カフェによるキャヴァーン・クラブの名称の使用の差し止めを求める裁判を起こしたものの、棄却されている。今回キャヴァーン・シティ・ツアーズはハードロック・カフェの本拠地であるフロリダ州オーランドの連邦裁判所に訴え出るという。今回の訴えは基本的に上告だとキャヴァーン側の弁護士ポール・ラップは説明している。

公判は今年中にも行われるというが、キャヴァーン側の代表のデイヴ・ジョーンズは次のように語っている。

「この議論をきちんと整理しないと、リヴァプールの地下の酒蔵を店に作り変えたバーを出発点にして4人の青年が世界を変えたという物語も、ひょっとしたら数十年後のキッズにはハードロックから始まったものとして取り違えられてしまうかもしれないんだ。それは歴史を笑いものにしてしまうようなことだし、音楽遺産にとっては悲劇的な出来事になってしまうよ」

キャヴァーン・クラブはビートルズが60年代に数百回に及ぶ出演をこなした店として知られる。店は73年にいったん廃業したが、84年に同じ場所に復元され、有名な観光スポットとなってきている。キャヴァーン・シティ・ツアーズは03年の時点で、ヨーロッパや北アメリカでキャヴァーン・クラブをモチーフにした店舗の出店を考えていると明らかにしていた。

(c) NME.COM / IPC Media 2014 

(c)ro69.jp http://ro69.jp/news/detail/101979

ザ・フレーミング・リップスの『サージェント・ペパーズ』カヴァーAL、10月28日発売

ザ・フレーミング・リップスが進めているザ・ビートルズの『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』の全曲カヴァー・プロジェクト『With A Little Help From My Fwends』が、ワーナー・ブラザーズ・レコードから10月28日にリリースされることが明らかになった。

予約は5月18日から受け付けるということで、予約したユーザーにはマイリー・サイラスモービーが参加した”ルーシー・イン・ザ・スカイ・ウィズ・ダイアモンズ”の音源が配信されるという。レコーディングにはマイリーやモービーのほか、リップスのサイド・プロジェクトのエレクトリック・ワームズやほかのアーティストも参加しているという。プロジェクトについてウェインは次のように語っている。

「俺の親友とかにたくさん参加してもらったというものなんだよ。グループ二つで一つのことをやることもあれば、一つのグループの場合もあるし。それにいつもフレーミング・リップスと誰かというんじゃなくて、ほかのグループだけでっていうのもあるし。でも、どれもうまくいくと思うよ」

また、ショーン・レノンマイ・モーニング・ジャケットとの作業も続けているとウェインは明かしているが、アルバムに実際に反映されるかどうかについては答えていない。なお、アルバムの収益の一部は、バンドの地元であるオクラホマシティの低所得層や高齢のペット・オーナーの獣医診療負担を支援する団体、ベラ基金に寄付されるという。オクラホマシティでは動物愛護の状況が深刻な事態になっているとウェインは次のように語っている。

「野良になってる動物がオクラホマシティほど多い都市はほかに見たことないよ。人は今回のプロジェクトについて『なんでビートルズの曲のアルバムをやるの?』ってよく訊くんだけど、答は『みんな大好きだからだよ』っていうものなんだよね。きっといろんな関心を呼び起こすことにもなると思うんだ。でも、5年経ったら、こういう問題もなにもなくなってるかもしれないんだよ。保健所で野良犬と野良猫を回収してそこで殺しちゃうっていうね。そんなの気持ち悪いよ」

マイリーのバンガーズ・ツアーでウェインらが飛び入りして披露した”ルーシー・イン・ザ・スカイ・ウィズ・ダイアモンズ”はこちらから。


なお、ザ・フレーミング・リップスは7月25日(金)~27日(日)に新潟県湯沢町苗場スキー場にて開催されるFUJI ROCK FESTIVAL ’14への出演が決定している。 

 

(c)ro69.jp http://ro69.jp/news/detail/102082

ポール・マッカートニー、イギリスの大金持ちのミュージシャン・リストの第4位に

英The Sunday Times紙が毎年発表するイギリスのリッチなミュージシャンのリストを今年も発表し、ポール・マッカートニーが第4位に、U2は6位、エルトン・ジョンが10位にランクインした。

 ポール・マッカートニーの推定総資産額は7億1,000万ポンド(約1,207億円)。5位のアンドリュー・ロイド・ウェバーは6億4,000万ポンド(約1,088億円)だった。ちなみに、1位のレン・ブラヴァトニックの総資産額は100億ポンド(約1兆7,000億円)とのこと。(1ポンド170円計算)

 同リストは土地、不動産、株や競走馬、美術品などを含む総資産を基にランキングしたものだという。

 The Sunday Times紙が発表した2014年イギリスのリッチなミュージシャン トップ10は以下のとおり。(BANG Media International)

1. レン・ブラヴァトニック 100億ポンド(約1兆7,000億円)
2. クライヴ・カルダー 14億ポンド(約2,380億円)
3. キャメロン・マッキントッシュ 10億ポンド(約1,700億円)
4. ポール・マッカートニー 7億1,000万ポンド(約1,207億円)
5. アンドリュー・ロイド・ウェバー 6億4,000万ポンド(約1,088億円)
6. U2 4億2,800万ポンド(約727億6,000万円)
7. サイモン・フラー 3億8,200万ポンド(約649億4,000万円)
8. サイモン・コーウェル 3億ポンド(約510億円)
8. ムハンマド&カマリヤ・ザハー 3億ポンド(約510億円)
10. エルトン・ジョン 2億6,000万ポンド(約442億円)

(c)シネマトゥデイ http://www.cinematoday.jp/page/N0063026

ジョージ・ハリスン使用のギター、予想上回る6700万円で落札

ビートルズのメンバーだったジョージ・ハリスンが使用したエレクトリックギターが17日、米ニューヨークでオークションに掛けられ、予想を上回る65万7000ドル(約6700万円)で落札された。

 競売元のジュリアンズ・オークションによると、このギターは白と黒のリッケンバッカー。ビートルズが1963年に英テレビ番組に出演した際に使用されたほか、ヒット曲「抱きしめたい」などのレコーディングでも使われたという。

 予想落札価格は40万─60万ドルだった。

 そのほか、ジョン・レノンとオノ・ヨーコの署名が入った手書きのプラカードや、ポール・マッカートニーが1960年代半ばにレンタルしたベースも競売に掛けられ、それぞれ、18万7000ドル、12万5000ドルで落札された。

写真・図版 

5月17日、ビートルズのメンバーだったジョージ・ハリスンが使用したエレクトリックギター(写真)がオークションに掛けられ、65万7000ドルで落札された。提供写真(2014年 ロイター/Julien’s Auctions)

(c)朝日新聞、ロイター http://www.asahi.com/culture/reuters/CREKBN0DZ002.html

書籍情報:2014年7月7日(月)発売 ぴあ Special Issue ポール・マッカートニー In Japan (The Budokan 2014)

2014年7月7日(月)発売 ぴあ Special Issue ポール・マッカートニー In Japan (The Budokan 2014)

内容詳細

2013年11月の奇跡の来日公演では26万人を動員し、日本中をハッピーにしてくれたポール・マッカートニーが早くも半年後に再来日!しかも、追加公演ではあの「武道館」のステージに再び立つ。歴史的なこの瞬間を記録した、丸ごと1冊ポール・マッカートニー!
基本情報

ジャンル :アート・エンタメ
ISBN/カタログNo :9784835623511
フォーマット :Books
出版社 : ぴあ
発行年月 : 2014年07月
発売国 : 日本

 

(c)HMV http://www.hmv.co.jp/artist_Paul-McCartney_000000000001871/item_%E3%81%B4%E3%81%82-Special-Issue-%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%8B%E3%83%BC-In-Japan-The-Budokan-2014_5769102?site=mailmagart&utm_source=moa140517sa&utm_medium=other

音楽評論家の岩田由記夫さん「ポールの公演中止は深酒で体調不良になったため」とツイートし批判殺到

音楽評論家の岩田由記夫さん「ポールの公演中止は深酒で体調不良になったため」とツイートし批判殺到

5月17日と18日に予定されていた元ビートルズのポール・マッカトニーさんの国立競技場での公演中止が発表された。ウイルス性炎症のためのと報じられている。17日の公演は、19日に延期が決定したいたのだがそちらも中止となった。
両日とも公演当日での中止発表で、『Twitter』などでは会場まで赴いた人たちのツイートが多数あったようだ。

そんな中、音楽評論家でラジオパーソナリティの岩田由記夫さん(@IWATAYUKIO)が

かなり確かな筋からの情報。昨日のポール・マッカートニー公演中止はナンシー夫人の来日が遅れポールが深酒をして体調不良になった為とか。老人の我儘、スーパースターの特権‥、幾らも理由付けられるが主催者側がポールの動向をしっかりと掴んでいればこんな騒ぎにならなかったはずだ。猛省すべしね。



とツイートした。多くのリツイートを集めたこのツイートに対して

「いらんこと言うなおっさん」
「今のポールはそんなことをするような人ではないと思います。」
「今ファンは敏感ですから下手なツイートはしない方がいいと思います。たとえこれが本当だとしても、このタイミングで言うことではないと思います。 今はファンとしてポールの体調回復を願うのと、公演を行うか否か正しい情報を得ることが先決です。」


といったようなツイートが寄せられたようである。

その後、


ポール・マッカートニー、本日は公演中止。月曜日の代替公演も公演中止。武道館、大阪公演を含めたアジアツアー全体が中止になる可能性もあるとの情報が入る。ポールは相当に精神的にショックを受けているとのことです。僕としても非常に残念ですが病気も精神的ショックもスーパースターにはつきもの。



とツイートし

「深酒って書いたやん」
「おまえ!さっき酒が原因って言ってたじゃねーかよ!さっきのツイートは事実かどうかはっきりさせろよ!無責任すぎるだろ!」
「前のとあわせてソースの明かせない情報を流すことの迷惑さがお分かりでないのでしょうか…」
「さっきの深酒の話もだけど、公式に何も出てないのにそういう話はしない方が良いのでは?」


といったような批判ツイートが殺到したようだ。

その後、岩田さんは


確かな筋とはレコード会社、呼び屋さん、ファン・クラブ関係者などの知人です。スーパースターの公演にはドタキャンはどんな理由にしろつきものです。ただ、遠方からわざわざいらした方は本当にお気の毒です。主催者は当日券まで売ろうとしていたのだからポールの体調&精神状態は把握してた筈ですね。



ともツイートしている。

※画像は『Twitter』より

 

(c)アメーバニュース http://news.ameba.jp/20140518-234/

ポール・マッカートニー ラジオ番組『Barakan Moroning』の電話インタビュー音源(翻訳付き)がYouTubeに

Paul McCartney

ポール・マッカートニー(Paul McCartney)の電話インタビュー(前半)がInterFMで放送されているピーター・バラカンの番組『Barakan Moroning』にて5月15日オンエア。当日の音源がYouTubeに。日本語翻訳付き

以下はポールが新たに公開した映像。「Appreciate」のミュージック・ビデオに登場する「Newman」を新しい友達として紹介しています

書籍情報:2014年5月15日(木)発売 LAURENCE JUBER / GUITAR WITH WINGS [輸入書籍+CDディスク・限定版]

●LAURENCE JUBER / GUITAR WITH WINGS [輸入書籍+CDディスク・限定版]
以前より噂されていたローレンス・ジュバーの書き下ろしによる新刊本が遂に入荷!!

全256ページにウィングス時代の貴重な写真も含む475枚の写真を掲載。それぞれにローレンス自身によるコメントが添えられた、タテ約29センチ、ヨコ約22センチ、本体の厚さ2.5センチ(函入りの状態では3センチ)、ずっしり重い(1.6kg)の輸入本です。

限定発売されたこのスペシャル・エディション版には、ローレンス・ジュバーがウィングスに在籍していた時代にリリースしたアルバム『STANDARD TIME』のCD盤が、この本のみの為に復刻され、添付されています。このCD盤はウィングスが1979年に発表したアルバム『BACK TO THE EGG』制作時に録音された未発表トラック、つまりポール・マッカートニーが参加した「Maisie」も収録された激レア・アルバムなのです。この限定版は1,000部のみの発売です。

★詳しくはプー横丁の買い物かごサイト「Shop At Pooh Corner」の下記URLをご覧ください。
http://shop.poohyokocho.com/?pid=72245174

 

(c)プー横丁 http://shop.poohyokocho.com/?pid=72245174