ポール・マッカートニーのファンサイト(非公認)。ポール・マッカートニーやビートルズの最新ニュース、アルバム・楽曲の解説、ライブ・ツアー記録、新譜・テレビ放送等。

Book Alert

書籍情報:2014年7月7日(月)発売 ぴあ Special Issue ポール・マッカートニー In Japan (The Budokan 2014)

2014年7月7日(月)発売 ぴあ Special Issue ポール・マッカートニー In Japan (The Budokan 2014)

内容詳細

2013年11月の奇跡の来日公演では26万人を動員し、日本中をハッピーにしてくれたポール・マッカートニーが早くも半年後に再来日!しかも、追加公演ではあの「武道館」のステージに再び立つ。歴史的なこの瞬間を記録した、丸ごと1冊ポール・マッカートニー!
基本情報

ジャンル :アート・エンタメ
ISBN/カタログNo :9784835623511
フォーマット :Books
出版社 : ぴあ
発行年月 : 2014年07月
発売国 : 日本

 

(c)HMV http://www.hmv.co.jp/artist_Paul-McCartney_000000000001871/item_%E3%81%B4%E3%81%82-Special-Issue-%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%8B%E3%83%BC-In-Japan-The-Budokan-2014_5769102?site=mailmagart&utm_source=moa140517sa&utm_medium=other

書籍情報:2014年6月2日(月)発売 ムック『ポール・マッカートニーUK盤コンプリート・ガイド』

Paul McCartney

ムック『ポール・マッカートニーUK盤コンプリート・ガイド 〜THE COMPLETE GUIDE TO PAUL McCARTNEYS UK RECORDS〜』がCDジャーナルで知られる音楽出版社から6月上旬に発売予定。

本書では、1970年の初ソロ・アルバム『マッカートニー』から最新作『NEW』(2014年)まで、ビートルズ(Beatles)解散後にポール・マッカートニー(Paul McCartney)が発表した全LP・シングル・CDほか関連レコード、ボックス・セットなどイギリス・オリジナル盤を中心に計300作品以上を完全網羅。

30年以上もの間、ビートルズのコレクターとして日本のみならずイギリスのレコード店にも足を運び、ビートルズのイギリス盤の詳細について研究しつづけてきた井上ジェイ氏による『ビートルズUK盤コンプリートガイド』に続く姉妹編です。

●『CDジャーナルムック ポール・マッカートニーUK盤コンプリート・ガイド 〜THE COMPLETE GUIDE TO PAUL McCARTNEYS UK RECORDS〜』

【主な内容】
★Part.1:オリジナル・アルバム紹介
初のソロ・アルバム『マッカートニー』(1970年)から『NEW』(2014年)までの計40枚を徹底紹介。

★Part.2:オリジナル・シングル紹介
初のソロ・シングル「アナザー・デイ」(1970年)から「ザ・クリスマス・ソング」(2012年)までの計90枚を徹底紹介。12インチ・シングルも合わせて掲載。

★Part.3:プロデュース&コラボ作品紹介
ポールが共同名義で発表したりプロデュースや演奏で協力したりした他のミュージシャンの作品を徹底紹介。

★Part.4:サウンドトラック、コンピレーション盤紹介
ポールが協力したサウンドトラックやコンピレーション盤を紹介。

★Part.5:CDシングル、CDオンリー、CDボックス紹介
アナログ盤で発売されてない作品を、イギリス盤だけでなくアメリカ盤・日本盤ほか各国盤も含めて紹介。

新刊情報:2014年5月16日(金) 楽譜 ジャズ・アレンジ・ビートルズの名曲あつめました。

 大人のギタリストなら一度はチャレンジしたい“ジャズ・ギター・ソロ”。それも弾くのなら皆が知っている曲がベスト……ということで、ザ・ビートルズの楽曲の中からジャズ風アレンジに向いたナンバーをセレクトしたギター・ソロ教本『ジャズ・アレンジ・ビートルズの名曲あつめました。』が5月16日(金)に発売されます。

 模範演奏CDも付いて、楽譜を見ながら、音を聞きながら、じっくりとレッスンが出来る本書。全24曲が掲載されています。

 

(c)CD Journal http://www.cdjournal.com/main/news/the-beatles/58896

新刊情報:2014年5月1日(木)発売 雑誌 beatleg magazine 6月号 (vol.167) 特集 ポール・マッカートニー TVライブ1991-2014

4910814470646

2014年5月1日(木)発売 beatleg magazine 6月号 (vol.167) 特集 ポール・マッカートニー TVライブ1991-2014

 

雑誌
出版社: レインボウブリッジ; 月刊版 (2014/5/1)
言語: 日本語
ASIN: B00JIKW880
発売日: 2014/5/1
商品パッケージの寸法: 21 x 14.8 x 1.6 cm

ポール・マッカートニー
TV LIVE 1991-2014
モノグラビア/序文
アンプラグド1991、アップクローズ1992、シャーロット1993、1997~2001、2002~2005、2007、2008、2009、2010、2011、2012、2013、2014

Warren Haynes Interview in Japan 2nd 2014 (Gov’t Mule)
Allman Brothers バンドを巡るミュージシャン 73: Gov’t Mule Live In Japan / SHOUT!Steve Morse Interview 12th 2014 (Deep Purple)
Don Airey Interview 12th 2014 & Deep Purple Live Review
Brad Gillis Interview 2014 & Night Ranger Live Review
Wilko Johnson Interview in Japan 17th March 2014
Norman Watt-Roy Interview in Japan & Wilko Live Review
Eric Clapton ライブ・ファイル2 連載その4 (1978年2月~1978年4月)
Led Zeppelin ブートレッグ・レコード(その23) Baton Rouge 28, Feb 1975
Jeff Beck Japan Tour 2014
Rush A Stage Of Rush 104: November 1996
Black Sabbath 30: “HEAVEN & HELL” その2(2008年から2010年)
Whitesnake Family Tree: 56: Martin Birch
Prince 114: 『Plectrum Electrum』はお蔵入りするのか、しないのか!?
Public Image Ltd. (PiL) メタル・ボックス1979 その成立と余波24 アルバム総括(5)
月刊Jimmy Sakurai: 第十二回 ジミー桜井、米国へ!(その2)

Colour Gravure Page
Collectors Item Review

Archives: Discover, Remember
Eric Clapton/Jeff Beck/KISS/Deep Purple/Guitar Legends/BBB (three “B”)/Beatles

アングラへの挑戦/Rock Locations/Legacy Song 伝説の曲/Backstage Pass/熱中時代 個人回顧録/Euro Rock City/Florida Rock City /メジャーリーグあれこれ/Live Is A Four Letter Word/ロック青春回顧録/暗黒への挑戦/ランドック/ブラジル音楽の深い沼/永遠不滅のシングル・レコード/21st Century Schizoid Jazz/庶業無常/シビュラの蔵書庫/Have Passion!/正座ロック/昼下がりの紅茶/名盤/21世紀の西新宿散歩/紫にぬりつぶせ/西新宿ラーメン散歩/音書く/先駆けロードショー in U.S.A/音楽の影踏み/時事コラム/Yの戯言/Blu-ray Disc Review/Live Information/Live Review/Rock News/Official Disc Review

 

(c)Amazon、Tower Records http://tower.jp/item/3531054/beatleg-2014%E5%B9%B46%E6%9C%88%E5%8F%B7-Vol-167

新刊情報:2014年5月16日(金) 雑誌 ポール・マッカートニーHANDBOOK

Paul_HandBook_cover

ポール・マッカートニー(Paul McCartney)のすべての来日公演詳細データを総括したムック『ポール・マッカートニーHANDBOOK』がシンコー・ミュージックより5月16日発売。

本書は「ポールと日本」をテーマに、ザ・ビートルズ(Beatles)のメンバーとして初来日した1966年の武道館公演から、今回2014年5月の公演まで、幻となったウイングス公演を含む日本に於ける全公演の詳細なデータを満載したハンドブック。

ザ・ビートルズ 1966年、ウイングス 1975年・1980年、ポール・マッカートニー/ソロ 1990年・1993年・2002年・2013年・2014年の全日本公演のセットリスト(演奏曲目※除く2014年)、演奏、来日中のエピソード/トリビアねた、ザ・ビートルズ〜ウイングス〜ポール・マッカートニーのディスコグラフィ/バイオグラフィなど掲載。

●『シンコー・ミュージック・ムック ポール・マッカートニーHANDBOOK』
四六判/132頁/本体価格900円+税/5月16日発売
ISBN : 978-4-401-63998-4

新刊情報:2014年5月10日(土) 楽譜 『バンド・スコア ポール・マッカートニー・ベスト』、『コピー&タブ譜 ポール・マッカートニー・ソングブック』

 楽天books

 奇跡の再来日ツアー〈アウト・ゼアー ジャパン・ツアー 2014〉を5月に控えるポール・マッカートニー(Paul McCartney)。そんな彼の名曲を網羅したスコア集、『バンド・スコア ポール・マッカートニー・ベスト』『コピー&タブ譜 ポール・マッカートニー・ソングブック』、以上の2冊が5月10日(土)に発売されます。

 まずは、ロックなポールの真骨頂とも言える「ハイ・ハイ・ハイ」を追加し、緊急発売されるベスト・スコア『バンド・スコア ポール・マッカートニー・ベスト』には、「ジェット」「バンド・オン・ザ・ラン」「ロックショー」「心のラヴ・ソング」など、ウイングスのナンバー9曲を含む14曲を収載。

 そしてギター弾き語り曲集『コピー&タブ譜 ポール・マッカートニー・ソングブック』は、最新曲「ニュー」をはじめ、「アナザー・デイ」「恋することのもどかしさ」「夢の旅人」「アンクル・アルバート~ハルセイ提督」など、メロディアスなナンバーも収載し、ボリューム・アップしたリニューアル版! どちらもお忘れなく。

(c)CD Journal http://www.cdjournal.com/main/news/paul-mccartney/58632

書籍情報:2014年4月24日(木)発売 GQ JAPAN6月号 (表紙 ジョン・レノン)

『GQ JAPAN』2014年6月号の表紙はジョン・レノンが目印。50年以上ものあいだセレブリティを中心にポートレートをとり続けてきた英国が誇る伝説のフォトグラファー デイヴィッド・ベイリーによる作品。

カバーストーリーでは、ベイリーの特別インタビューと共に、ロンドンのナショナルポートレートギャラリーで6月1日まで開催されている展示会にも出展されている写真の中から、ベイリー自身がGQのために特別にセレクトした写真を掲載した。

今月号の特集は「コミュニティ革命」。クラフツマンシップ、自転車、アウトドア、オーガニックフード、サードウェーブコーヒーなど、今新しいライフスタイルとして注目されているキーワードはすべて、地域に密着した“コミュニティ”から生まれている。そうしたお手本として脚光を浴びるポートランド、アボット・キニー、葉山のキーパーソンを訪ね、その次世代の都市型ライフスタイルのヒントを探った。

また、人気企画の「WOMAN」では、映画監督の紀里谷和明氏が佐々木希さんを撮り下ろした。バンパイアをイメージし、ファッション写真ともグラビア写真とも異なる写真表現に挑戦している。佐々木さん本人も「撮影しながら、私自身がどんどんかわっていくのが面白かったです」と答えたこのコラボレーション、その仕上がりはぜひ誌面で確認を。

Amazonで購入

GQ WATCH

ウブロとワールドスポーツのいい関係——ペレもアンバサダーに

今年はワールドカップイヤーである。目前に迫ったサッカーの祭典を前に、オフィシャルタイムキーパーであるウブロは、その記念モデルを“王様”ペレとともに発表した。本人の要望も取り入れられたという記念モデルと、ワールドカップについて、サッカーの王様ペレが語った。

GQ Fashion

西海岸の色彩をまとう

人気ファッションモデルとして活躍しながら、映画『トワイライト』シリーズでの好演でスターダムへと駆け上った注目のケラン・ラッツ。ロサンゼルスで暮らす旬で美しい男が着こなす、LA色の春夏ワードローブ。

(c)GQ http://gqjapan.jp/magazine/20140423/gq-vol133

書籍情報:2014年2月1日 発売 beatleg magazine 3月号 (vol.164) [雑誌]

内容紹介

ビートルズ VS ブートレグ
目次 

ビートルズ vs ブートレグ Mono Gravure 序文~ビートルズ最初のブート Beatles VS Bootleg Part 1 エポックメイキングなブートレグその1 Bootleg Recordings 1963検証パート1 エポックメイキングなブートレグその2 Beatles VS Bootleg Part 2 Bootleg Recordings 1963検証パート2 Discover Archives Vol.86 ジョン・レノンの KHJ-AMラジオDJ1974 エポックメイキングなブートレグその3オフィシャルの雑な編集とブートの編集 Eric Clapton ライブ・ファイル2 連載その1Public Image Ltd. (PiL) メタル・ボックス1979 その成立と余波21 アルバム総括(2) Nik Kershaw Interview 9th Jan 2014 & Live Review

  • 出版社: レインボウブリッジ; 月刊版 (2014/2/1)
  • 言語: 日本語, 日本語
  • ASIN: B00HQWW2T2
  • 発売日: 2014/2/1
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 14.8 x 1.8 cm

(c)Amazon

新刊情報:2014年4月28日(月)発売 来日ロック伝説1960’s-2000’s

33559

あり得ないエピソードや武勇伝に溢れたミュージシャンたちの“来日ロック伝説”を凝縮したドキュメンタリー本『来日ロック伝説1960’s-2000’s』がシンコ-ミュージックから4月28日発売。

日本中がヒステリー状態だったビートルズ、刀を振り回したレッド・ツッェペリン、アメリカから船で来日したデヴィッド・ボウイ、ライヴ中にブチ切れて退場したガンズ・アンド・ローゼズ、パジャマ姿で反権力をアピールしたニルヴァーナ……。

本書では60年代から2000年代まで、伝説の初来日を一挙紹介。コンサートの名場面や衝撃的事件をセレクトして、セット・リスト/秘蔵写真付きで完全網羅。ライヴ・レポートだけではなく、ミュージシャンの武勇伝や今ではあり得ないエピソードまで盛り込んだ「来日ロック伝説」を凝縮しています

●『来日ロック伝説1960’s-2000’s』
A5版/176頁/1,300円+税/4月28日発売
ISBN : 978-4-401-63992-2掲載アーティスト
ビートルズ
レッド・ツェッペリン
ボブ・ディラン
ピンク・フロイド
デヴィッド・ボウイ
ボブ・マーリー
ニール・ヤング
イーグルス
T・レックス
クイーン
キッス
ヴァン・ヘイレン
レインボー
ザ・クラッシュ
ポリス
チープ・トリック
ローリング・ストーンズ
ガンズ・アンド・ローゼズ
ニルヴァーナ
レッド・ホット・チリペッパーズ
セックス・ピストルズ
グリーン・デイ
アークティック・モンキーズなど

新刊情報:2014年5月26日(月) ザ・ビートルズ BBCアーカイブズ 1962ー1970

 

ザ・ビートルズ BBCアーカイブズ 1962ー1970
ケヴィン・ハウレット 著
広田 寛治 監修

単行本 B4変形 ● 366ページ
ISBN:978-4-309-27483-6 ● Cコード:0073
発売日:2014.05.26(予定)
予価13,440円(本体12,800)

962年のデビューから解散まで、4人が出演しつづけたBBCラジオ・テレビの全記録を集大成! BBCの保管庫に眠っていた貴重な内部資料や写真をまとめた決定版ヴィジュアル・データ・ボックス。

●豪華特典つき
デビュー前にBBCへ送られた“ビートルズの履歴書”や、オーディション時の辛口な評価が記入された「成績表」など、重要な資料8点を復刻した豪華特典つき!
●本邦初公開の秘蔵写真・資料が満載
BBCの保管庫にしまわれていた音源や映像から掘りおこされた、ディープなファンでも初見の資料を多数収録!
●49本の秘蔵インタビュー
アップルから正式発売されたBBC関連アルバムなどにも未収録の49本にもおよぶ4
人の貴重な秘蔵インタビュー収録
●充実したデータ
出演番組の概要、背景、インタビューを紹介・解説。すべての番組名や放送日、演奏曲リストまでを掲載!

著者
ケヴィン・ハウレット (ハウレット,ケヴィン)
BBCのプロデューサーで、ビートルズ研究者。その仕事は1994年発売のライブ・アルバム『ザ・ビートルズ・ライヴ!!アット・ザ・BBC』、2013年の『オン・エア~ライヴ・アット・ザ・BBC Vol.2』に結実した。ビートルズ、BBCに関する著作多数。

広田 寛治 (ヒロタ カンジ)
ビートルズ研究の第一人者。フロムビーを主宰して数々の音楽書を送りだす一方、ビートルズ関係書もみずから執筆。著書に『ビートルズ学入門』など。

(c)河出書房新社 http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309274836/