ポール・マッカートニーのファンサイト(非公認)。ポール・マッカートニーやビートルズの最新ニュース、アルバム・楽曲の解説、ライブ・ツアー記録、新譜・テレビ放送等。

cover and tribute

島根)益田のビートルズバンド「ナウヒア」、母校で演奏

nowhere140311

益田市ビートルズバンド「NOW HERE(ナウヒア)」が10日、小野中学校(戸田町)でライブを開いた。卒業間近の3年生を励ます贈り物で、今年で4回目。

「NOW HERE」は、世界中のビートルズバンドが集う英国のフェスティバルに日本代表として招かれたことがある本格派。ポール町田健一さん(50)、ジョン沢江英樹さん(50)、リンゴ山田憲司さん(34)の3人編成だ。

同校は町田さんの母校。ビートルズは清掃の時間に校内放送で流れ、生徒たちも普段から親しんでいる。

(c)朝日新聞 http://www.asahi.com/articles/ASG3B3634G3BPTIB003.html

ラトルズの来日公演、詳細が明らかに

ビートルズ(Beatles)のパロディ・バンド、ラトルズ(The Rutles)が6月に行う来日公演。詳細が明らかに。4日 (水)と5日 (木) に東京・下北沢GARDENで行われます。

<英国音楽/VINYL JAPAN very proudly presents【THE RUTLES】feat NASTY & BARRY>
●2014 June 04 (wed) 下北沢GARDEN
●2014 June 05 (thu) 下北沢GARDEN

THE BEATLESのパロデイーバンドを超えた、究極のBRITISH POP バンド【THE RUTLES】が5月の全英TOURに次いで、6月に東京にやってきます。NASTY (= NEIL INNES) & BARRY (=JOHN HALSEY)ほかスゴ腕のミュージシャン達により名曲の数々が蘇る……..
チケットは03/15(sat)正午12:00より VINYL JAPAN店頭にて発売開始!!!

OPEN the DOOR 18:30/START to PLAY 19:30
Ticket in advance 8,400yen/8,640yen (inc VAT)
plus one drink fee at door of the venue

♪チケットは03/15(sat)正午12:00よりVINYL JAPAN店頭にて発売
開始いたします。
♪チケットのお取置き、通信販売も同じく03/15(sat)正午12:00より受付開始いたします。ご希望の方はVINYL JAPANまでお電話を。
♪誠に申し訳ございません、クレジットカードでのチケットのご購入はできません。ご注意願います。
♪消費税増税にともない2014/04/01(tue)よりチケットの価格が変更されます。ご注意願います。
♪プレイガイドでの販売は今のところ未定です。

All the informatios
英国音楽/VINYL JAPAN;03-3365-0910

(c)Amass http://amass.jp/36505

ビートルズのパロディ・バンド、ラトルズが来日公演を6月に開催

32214

ビートルズ(Beatles)のパロディ・バンド、ラトルズ(The Rutles)が来日公演を6月に開催。4日 (水)と5日 (木) に東京で行われます。会場その他の詳細は3月9日発表予定

 

(c)Amass http://amass.jp/36458

福田彩乃が絶賛…ビートルズ・トリビュート

20140306-185989-1-L

ビートルズ・トリビュートライブ「LET IT BE~レット・イット・ビー~」が、東京・渋谷の東急シアターオーブで開幕した。

当日はプレスプレビューも行われ、出演者4人と日本公演の特別サポーターを務める、ものまねタレントの福田彩乃が登場した。

2012年9月に英国ロンドンで開幕して以来、世界中のビートルズファンを魅了してきたヒット作品。日本では初公演。衣裳やパフォーマンスなど時代を追ってビートルズを忠実に再現し、公演タイトルにもなっている「Let It Be」をはじめ、「Hey Jude」「Yesterday」「All My Loving」などビートルズの約40曲を次々と披露する。

ロンドン公演を見たという福田は「本当に似ているので『やられた』と思いました。特に、リンゴ・スターさん(役)のドラムのたたき方、首の動かし方がそっくり」と激賞。好きな曲を聞かれると「Please Please Me」を挙げ、ノリノリでさわりを口ずさんだ。さらに、「感想をものまねで」と向けられると、ニワトリのものまねで感動を表現。キャストたちから「オー、チキン」「ワンダフル」と称賛の声が上がっていた。

東京公演は9日まで。その後、新潟、名古屋、大阪、福岡でも行われる。

@ぴあ

(c)読売新聞 http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/news2/20140306-OYT8T00933.htm

福田彩乃のニワトリモノマネ、ビートルズのトリビュートライブのメンバーも大絶賛!

ものまねタレント、福田彩乃(25)が4日、東京・渋谷の東急シアターオーブで行われたビートルズのトリビュートライブ「LET IT BE」のプレスプレビューに参加した。

福田彩乃のニワトリモノマネを外国人も大絶賛!
ビートルズのトリビュートライブ「LET IT BE」のプレスプレビューに参加した福田彩乃(中央)と演奏メンバー

一昨年9月の英ロンドン初演以来、当時の衣装やパフォーマンスを忠実に再現しながら名曲をつづり、世界中のビートルズファンを魅了している同ライブが、この日夜から日本初上演。日本のオフィシャルサポーターを務める福田は昨秋、一足早くロンドン公演を観劇しており、「世代じゃない私でも、こんなにビートルズを体感できて楽しめるんだと感じました」と大興奮だ。

プレスプレビューでは、日本の“ものまね女王”として、その感動をニワトリのモノマネで表現。演奏したメンバーから「オー、チキン!? ワンダフル!!」と絶賛され、照れていた。

公演は、9日まで同所で。その後、新潟、名古屋、大阪、福岡でも上演される予定だ。

(c)サンスポ http://www.sanspo.com/geino/news/20140304/oth14030415450021-n1.html

ビートルズのトリビュートライブ「LET IT BE~レット・イット・ビー~」が、遂に日本で開幕!

ビートルズのトリビュートライブ「LET IT BE~レット・イット・ビー~」が、遂に日本で開幕!

2012年9月のロンドン公演を皮切りに、ブロードウェイ公演を経て、世界中のビートルズファンを熱狂と感動の渦に包み込んでいるビートルズのトリビュートライブ「LET IT BE~レット・イット・ビー~」。KOSEの提供の元、日本公演が、3月4日(火)からスタートします。

ビートルズトリビュートライブ

(画像はプレスリリースより)

ライブショーの内容

タイトルにもなっている「Let It Be」をはじめ、「Yesterday」や「Hey
Jude}など、誰もが知っている大ヒット曲40曲で綴られるライブパフォーマンスです。それぞれのメンバーの仕草はもちろん、彼らが当時身につけた衣装にもこだわり、まるで1960年代が再現されたかのような錯覚に陥るほどの圧巻のステージです。リアルタイムで見聞きしたファンも、そうでないファンも楽しめる、笑いあり、涙ありのリアルなライブショーに、終始魅了されます。

昨年11月のポール・マッカートニーの11年ぶりの来日公演の感動の余韻にひたったまま迎えた2014年。ますますビートルズ熱が高まる中でのトリビュートライブの最高峰の日本公演。日本中のビートルズファンの心を揺さぶり、一人ひとりの心の中にいるビートルズを呼び起こしてくれることでしょう。

KOSE presents
『LET IT BE~レット・イット・ビー~』
東京公演  2014年3月4日(火)~9日(日)
東急シアターオーブ(渋谷ヒカリエ11階)
新潟公演  2014年3月11日(火)新潟県民会館
名古屋公演 2014年3月13日(木)愛知県芸術劇場 大ホール
大阪公演  2014年3月14日(金)~15日(土)
オリックス劇場
福岡公演  2014年3月16日(日)福岡市民会館
(プレスリリースより)
外部リンク

株式会社サンライズプロモーション東京プレスリリース
http://www.atpress.ne.jp/43796

日本公演 公式サイト・チケット問い合わせ
http://www.let-it-be-japan.com/

 

(c)ala30.net http://www.ala30.net/news_dBpEzz5yRu.html?right123

ビートルズのパロディ・バンド、ラトルズが再び復活、5月に英国ツアーを開催

32214
英Classic Rock Magazineによれば、ビートルズ(Beatles)のパロディ・バンド、ラトルズ(The Rutles)が再び復活する模様。全18公演を予定しているライヴ・ツアーを英国で5月に行う予定です

The Rutles tour dates:

May 07: Exeter Phoenix
May 08: Stroud Subscription Rooms
May 09: Cardiff Globe
May 10: Frome Cheese & Grain
May 11: Southampton Brook
May 14: York Fibbers
May 15: Newcastle O2 Academy 2
May 16: Leeds City Varieties Music Hall
May 17: Nottingham Rescue Rooms
May 18: Didcott Cornerstone
May 21: Birmingham Town Hall
May 22: London O2 Islington Academy
May 23: Farnham Maltings
May 24: Bridport Electric Palace
May 25: Swansea Garage
May 28: Clitheroe Grand
May 29: Manchester RNCM Theatre
May 30: Glasgow O2 ABC2
May 31: Liverpool O2 Academy 2

(c)Amass http://amass.jp/35866

サミー・ヘイガー、ナイト・レンジャーのジャック・ブレイズ、ビリー・シーンが最新ライヴで共演、ビートルズ「With A Little Help From My Friends」をカヴァー

Sammy Hagar w/ Jack Blades & Billy Sheehan

サミー・ヘイガー(Sammy Hagar)ナイト・レンジャー(Night Ranger)ジャック・ブレイズ(Jack Blades)MR.BIGビリー・シーン(Billy Sheehan)が最新ライヴ(2月12日カリフォルニア、ベネフィット・コンサートBenefit for Liza)で共演。ビートルズ(Beatles)のカヴァー「With A Little Help From My Friends」を演じています。ファン撮影の映像あり

(c)Amass http://amass.jp/35500

ケイティ・ペリー、ビートルズの名曲「イエスタデイ」の歌詞を変えてパフォーマンスし批判浴びる[動画あり]

YouTubeより
今でも高い人気を誇る英国の人気ロックバンド、ビートルズのトリビュート番組の中で人気歌手のケイティー・ペリーが名曲「Yesterday」の一部歌詞を変更してパフォーマンスをしたことで、SNS上でビートルズファンから非難の声があがっている。

英国の人気ロックバンド、ビートルズが初訪米してから今年で50周年を迎えるが、ビートルズへのトリビュート企画として米CBSが「The Night That Changed America: A Grammy Salute to the Beatles(原題)」を放映。このなかでケイティは「Yesterday」をしっとりと歌い上げた。

【動画】ケイティ・ペリー「Yesterday」を熱唱

しかし、ファンはケイティのパフォーマンスの一部が気に入らなかったようだ。というのも、「I’m not half the man I used to be」を「I’m not the half the girl I used to be」にするなど、ケイティはこの曲で歌われている女性を男性に変更してしまったのだ。

これに対し、多くの視聴者がツイッター上でこのパフォーマンスに対する感想を投稿。「ケイティは好きだけど、このカバーは嫌い」や「今まではケイティのことが好きだった、それも彼女が『Yesterday』を台無しにするまではね」、「昨日、今日、そして明日、いつだってケイティがビートルズのトリビュートに参加すべきじゃない」といった感想が寄せられた。

しかし、会場に詰めかけた他のアーティストたちはケイティの歌声に酔いしれており、最後にはポール・マッカートニーも含め、全員から大きな拍手が。この感情がこもったケイティのパフォーマンスに感動したというファンのツイッターでの投稿もみられる。

世界的に有名なビートルズだけあり、ファンの反応も様々だったようだがあなたはこのケイティのパフォーマンスをどう思う?

(c)TV Groove http://www.tvgroove.com/news/article/ctg/1/nid/15641.html

フレーミング・リップス、ビートルズ“Lucy in the Sky with Diamonds”カバー映像公開

ザ・フレーミング・リップスが米TV番組「Late Show with David Letterman」に出演し、ザ・ビートルズのナンバー“Lucy in the Sky with Diamonds”のカヴァー・ライヴを披露した。

2014年2月9日はビートルズが「エド・サリヴァン・ショー」に初出演してから50周年の記念日となっており、現在エド・サリヴァン・シアターを使用している「Late Show with David Letterman」では、2月4日のブロークン・ベルズの“And I Love Her”のパフォーマンスを皮切りにビートルズの50周年を祝うスペシャル・パフォーマンスが企画されている。

フレーミング・リップスは1967年のビートルズのナンバー“Lucy in the Sky with Diamonds”をショーン・レノンと共に披露した。

フレーミング・リップスによる“Lucy in the Sky with Diamonds”のライヴ映像はこちらから。

レニー・クラヴィッツによる“Get Back”のライヴ映像はこちらから。

スティングによる“Drive My Car”ライヴ映像はこちらから。

ブロークン・ベルズの“And I Love Her”のライヴ映像はこちらから。

(c)ro69.jp http://ro69.jp/news/detail/96891