ポール・マッカートニーのファンサイト(非公認)。ポール・マッカートニーやビートルズの最新ニュース、アルバム・楽曲の解説、ライブ・ツアー記録、新譜・テレビ放送等。

The Beatles News

ザ・ビートルズの本拠地キャヴァーン・クラブ、店の名称の使用権をめぐり訴訟へ

ザ・ビートルズがデビュー前からリヴァプールで頻繁に出演していたクラブ、キャヴァーン・クラブは、北アメリカでの「キャヴァーン」という名称の使用権についてハードロック・カフェと法廷で争う構えだという。

ハードロック・カフェは1994年に北アメリカでの「キャヴァーン・クラブ」の商標権を獲得し、ボストンに「キャヴァーン・クラブ」を開店した。リヴァプールのキャヴァーン・クラブの親会社であるキャヴァーン・シティ・ツアーズは2011年にハードロック・カフェによるキャヴァーン・クラブの名称の使用の差し止めを求める裁判を起こしたものの、棄却されている。今回キャヴァーン・シティ・ツアーズはハードロック・カフェの本拠地であるフロリダ州オーランドの連邦裁判所に訴え出るという。今回の訴えは基本的に上告だとキャヴァーン側の弁護士ポール・ラップは説明している。

公判は今年中にも行われるというが、キャヴァーン側の代表のデイヴ・ジョーンズは次のように語っている。

「この議論をきちんと整理しないと、リヴァプールの地下の酒蔵を店に作り変えたバーを出発点にして4人の青年が世界を変えたという物語も、ひょっとしたら数十年後のキッズにはハードロックから始まったものとして取り違えられてしまうかもしれないんだ。それは歴史を笑いものにしてしまうようなことだし、音楽遺産にとっては悲劇的な出来事になってしまうよ」

キャヴァーン・クラブはビートルズが60年代に数百回に及ぶ出演をこなした店として知られる。店は73年にいったん廃業したが、84年に同じ場所に復元され、有名な観光スポットとなってきている。キャヴァーン・シティ・ツアーズは03年の時点で、ヨーロッパや北アメリカでキャヴァーン・クラブをモチーフにした店舗の出店を考えていると明らかにしていた。

(c) NME.COM / IPC Media 2014 

(c)ro69.jp http://ro69.jp/news/detail/101979

ビートルズも出演した歴史的ナイトクラブ“Avalon”がリニューアル

 1927年のオープン以来、ザ・ビートルズのアメリカ・デビューをはじめ、ザ・ジャクソン・ファイヴのTVデビューをホストしたLAの歴史的ナイトクラブ、アヴァロンが全面的にリニューアル。最新鋭のサウンドシステム、11のLEDスクリーン、新しい洗面所やVIPエリアを備え、LAのエレクトロニック・ダンス・ミュージック(EDM)の中心地に位置する会場としてより強固なものとなった。

 アヴァロンは、グラミー賞を受賞したスクリレックスをはじめ、ダンスミュージックにおけるメインストリームの垣根を越えてキャリアを開花させた多数のアーティストを育ててきた。オーナーのジョン・リオンズは、リニューアルの主な理由は音響技術の大きな進歩だったと述べており、自身のスピーカー設計会社、ジョン・リオンズ・システムズで開発した巨大な44インチ・サブウーファーは、新しいアヴァロンにおいて客とDJ双方の耳を驚かせるだろうとしている。リオンズは「芸術と同じで、いくら話しても実際に体験しないと分かりません」と話す。

 アヴァロンは先週グランドオープンし、5月10日に行われたDJエリック・モリロの5時間にわたるセットでヤマ場を迎えた。

(c)Billboard Japan http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/19864

4人サイン「BEATLES’65」最高落札予想3000万円

 17日に米ニューヨークで行われる「ジュリアンズ・オークション」で、ビートルズゆかりの名器やアルバムが出品される。

 ビートルズが米国デビューした1964年12月に発売されたアルバム「BEATLES’65」のジャケットには、メンバー4人のサインが入っている。同アルバムは米国独自編集盤で、ビルボード誌アルバムチャートで9週連続1位を獲得。サインが入ったものは非常に珍しく、予想最高落札額は約3000万円とされている。今月、5回目の来日公演を行う予定で、21日には日本武道館(東京)での演奏を発表したポール・マッカートニーは、バンド名と親愛の印「×××」を添えている。

 ジョージ・ハリスンが使用したギター、62年製のリッケンバッカー425の予想最高落札額は、なんと約6000万円。63年に発表された5枚目のシングルで初期の代表作「抱きしめたい」の演奏に使われた名器だ。

(c)スポーツ報知 http://www.hochi.co.jp/topics/20140511-OHT1T50046.html

『ビートルズがやって来る』50周年を記念して米でリバイバル上映

cinematoday_N0062721_0-enlarge

 ザ・ビートルズの銀幕デビュー作として1964年に初公開された映画『ビートルズがやって来る/ヤァ!ヤァ!ヤァ!』が、公開から50年を記念して、7月4日に全米でリバイバル上映されることが決定した。latimes.comが報じた。

 本作は、人気バンドが巻き込まれる大騒動を軽快なタッチで描いた音楽コメディー。ジョン・レノンポール・マッカートニー、ジョージ・ハリソン、リンゴ・スターら、ビートルズメンバーの若き日の素顔がヒット曲に乗せて描かれ、本国イギリスだけでなくアメリカでもヒットを記録した。メガホンを取ったのは、映画『ジャガーノート』『スーパーマン II/冒険篇』などを手掛けたリチャード・レスター監督。

 上映にあたっては、デジタル技術で映像を修復。映画を彩るサウンドトラックについても、ビートルズのプロデューサー、ジョージ・マーティンの息子でもあるジャイルズ・マーティンのプロデュースにより、アビーロードスタジオにおいてリマスターされるという。(編集部・入倉功一)

(c)シネマトゥデイ http://woman.infoseek.co.jp/news/entertainment/cinematoday_N0062721

ボブ・ディラン代表作のオリジナル歌詞原稿が競売へ ビートルズなどのゆかりの品も出品

米歌手ボブ・ディランの代表作「ライク・ア・ローリング・ストーン」の歌詞が書かれたオリジナルの原稿が、6月にオークションに掛けられることになった。サザビーズが1日明らかにした。

 ニューヨークで開かれるこのオークションには、ビートルズやジミ・ヘンドリックス、エルビス・プレスリー、ローリング・ストーンズなどのゆかりの品も出品される。

 1965年に発表された「ライク・ア・ローリング・ストーン」は、ロック音楽の最高傑作の一つとされている。原稿は4枚構成で、予想落札価格は100万─200万ドル(約1億─2億円)とされている。

写真・図版 5月1日、ボブ・ディラン(写真)の代表作「ライク・ア・ローリング・ストーン」の歌詞が書かれたオリジナルの原稿が、6月にオークションに掛けられることになった。2012年6月、英パドック・ウッドで撮影(2014年 ロイター/ Ki Price)

(c)朝日新聞、ロイター http://www.asahi.com/culture/reuters/CREKBN0DI00O.html

ビートルズファンで盛況 5日までリウボウ

24880

 【那覇】アメリカ上陸50周年記念「ザ・ビートルズ展」(同展実行委員会主催)が4月29日、那覇市のデパートリウボウで始まった。5月5日まで。

 同展では、世界の人々を夢中にさせたイギリスリバプール出身の4人組ロックバンドビートルズの歴史などを紹介。ポール・マッカートニーのギターやビートルズが初めてレコーディングした録音機材など100点余が展示されている。

 会場には初日、多くのビートルズファンが訪れ、ゆかりの展示品を熱心に観賞。那覇市の50代の男性は「写真でしか見たことのない楽器などを実際に見ることができて感動しました」と話していた。

 会場では、ビートルズのビデオ上映のほか、世界各国から集められたマグカップやTシャツなど、ビートルズの公認グッズの販売も行われている。

 同展は一般・大学生700円、高校生以下は無料。

(c)八重山毎日新聞 http://www.y-mainichi.co.jp/news/24880/

『サージェント・ペパーズ』のジャケをデザインしたピーター・ブレイクが2014年版『サージェント・ペパーズ』アートを発表

34329
ビートルズ(Beatles)『Sgt Pepper’s Lonely Hearts Club Band』のアルバム・カヴァーをデザインしたピーター・ブレイクが、同デザインの2014年リ・ワーク・ヴァージョンを制作。ロンドンにあるロイヤル・アルバート・ホールの壁画として公開しています。壁は全部で3面あり

以下を使って全体が確認できます。

写真は以下で。クリックすると拡大版が見れます

メイン面

側面

[タグ] ※ 各「タグ」ごとの新着ニュースをRSS、メールで取得できます

ビートルズの映画『A Hard Day’s Night』 新装リストア版の劇場予告編映像が公開

Beatles / A Hard Day's Night

ビートルズ(Beatles)の映画『A Hard Day’s Night(邦題:ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!)』(64年)。50周年を記念した新装リストア版の劇場予告編映像が公開。米国公開は7月4日より。

または以下で
http://trailers.apple.com/trailers/independent/aharddaysnight/

新リストア版は監督のリチャード・レスター承認による4kデジタル・フィルム・レストレイション仕様で、音声はジョージ・マーティンの息子であるジャイルズ・マーティンによってリミックス&リマスタリングされた5.1サラウンド・サウンドを特色と

イベント情報:2014年5月3日(土)~6月30日(月) GET BACK大阪期間限定復活オープン@大阪・梅田NU茶屋町-5F

10170712_859645704050831_6095935159562847554_n

今年2014年は、ビートルズがアメリカ上陸50周年、日本デビュー50周年にあたるメモリアルな年となっていいます。

このメモリアル・イヤーにGET BACKが大阪に期間限定復活オープンが決定!ビートルズ、アメリカ上陸50周年記念商品が日本初上陸!世界中の選りすぐりの商品が集結!

場所 / 大阪・梅田NU茶屋町-5F(〒530-0013 大阪市北区茶屋町10-12)
営業期間 / 2014年5月3日(土)~6月30日(月) 6月30日は、ビートルズ日本公演の初日。
営業時間 / 11:00~21:00

協力 / PGS音楽市場( http://www.pgs.ne.jp/ )
イシバシ楽器・ポイントカード、ムラサキスポーツ・ポイントカード特典:レジにて提示していただきますと5%割引となります。

(c)Get Back http://getback.tv/

パンドラをソニーなどレコード各社提訴 1972年より前に録音されたビートルズなどの楽曲を著作権使用料を支払わずに使用として

インターネットラジオ最大手の米パンドラ・メディア が、1972年より前に録音されたビートルズなどの楽曲を著作権使用料を支払わずに使用したとして、同社を相手取りレコード会社数社が著作権侵害訴訟を起こした。

キャピトル・レコードやソニー ・ミュージックエンタテインメントなどのレコード会社は17日にニューヨーク州地裁に提出した訴状で、パンドラが数千曲の録音を「大量かつ継続的に無許可で商業利用した」と主張した。

72年2月15日より前の録音は連邦法で守られておらず、これらの楽曲には、ビートルズの「ヘイ・ジュード」やボブ・ディランの「ライク・ア・ローリング・ストーン」などが含まれる。

ビベンディ傘下のUMGレコーディングとワーナー・ミュージック・グループ、アブコ・ミュージック・アンド・レコードを含む原告のレコード会社側は、著作権使用料を支払っているパンドラの競合企業に対しても公平さを欠く行為だと訴えている。

パンドラの広報担当ウィル・バレンタイン氏は「当社の法的な立場に自信を持っており、この問題が早期に解決することを期待している」と電子メールでコメントした。

記事に関する記者への問い合わせ先:New York State Supreme Court in Manhattan Chris Dolmetsch cdolmetsch@bloomberg.net

(c)bloomberg http://www.bloomberg.co.jp/news/123-N47BKU6JTSF501.html