ポール・マッカートニーのファンサイト(非公認)。ポール・マッカートニーやビートルズの最新ニュース、アルバム・楽曲の解説、ライブ・ツアー記録、新譜・テレビ放送等。

video clip

ジョージ・ハリスン音楽担当、ジェーン・バーキン主演映画『ワンダーウォール』 HDリマスター版発売にあわせ本編映像の一部が再び公開

ワンダーウォール [DVD]

ジョージ・ハリスン(George Harrison)が音楽を担当した、ジェーン・バーキン(Jane Birkin)主演の映画『ワンダーウォール(Wonderwall)』(1968年)。HDリマスター仕様のDVD/Blu-rayニュー・コレクターズ・エディションが海外で発売されることにあわせ、リリース元のShout! Factoryが新たな本編映像の一部を公開。

『ワンダーウォール』は、ジェーン・バーキン初主演のサイケデリックムービー。自宅の壁の穴から隣の部屋の女を覗くことにハマった老博士が、次第に夢と現実の世界を彷徨うストーリー。監督は「レッド・ツェッペリン/熱狂のライブ」のジョー・マソット、脚本はロマン・ポランスキー作品の常連であるジェラール・ブラッシュ。

今回のエディションには32ページの新規ブックレットも同梱されます。海外で3月25日にリリース

以下は以前に公開された本編映像の一部

 (c)Amass http://amass.jp/37319

ショーン・レノンのユニットThe Ghost Of A Saber Tooth Tigerが新曲「Too Deep」を公開

ショーン・レノン(Sean Lennon)が恋人のシャーロット・ケンプ・ミュールと組んだユニット、ザ・ゴースト・オブ・ア・セイバー・トゥース・タイガー(The Ghost Of A Saber Tooth Tiger)。新曲「Too Deep」を公開。試聴可。この曲は新アルバム『Midnight Sun』に収録。発売は海外で4月29日。

以下のURLのページで聴けます
http://www.npr.org/player/v2/mediaPlayer.html?action=1&t=1&islist=false&id=291172567&m=291198533

または
http://www.npr.org/blogs/allsongs/2014/03/19/291172567/sxsw-2014-wrap-up-our-favorite-discoveries-and-memorable-moments?ft=1&f=1039

本作は2010年の『Jardin Du Luxembourg』『Acoustic Sessions』に続く新作。リリース元はショーンのレーベルChimera Music。

以下は以前に公開された映像

「Moth To A Flame」のPV

(c)Amass http://amass.jp/37005

「ビートルズからインスピレーションを得た映画 10選」を米クラシック・ロック系サイトが発表

The Rutles

ビートルズ(Beatles)からインスピレーションを得た映画 10選」を米クラシック・ロック系サイトUltimate Classic Rockが発表
‘Birth of the Beatles’ (1979)

‘Beatlemania’ (1981)

‘Backbeat’ (1994)

‘The Hours and Times’ (1991)

‘Two of Us’ (2000)

‘Nowhere Boy’ (2009)

‘I Wanna Hold Your Hand’ (1978)

‘The Rutles: All You Need Is Cash’ (1978)

‘All This and World War II’ (1976)

‘Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band’ (1978)

詳細は以下のURLのページでご覧になれます。
http://ultimateclassicrock.com/10-movies-inspired-by-the-beatles/

(c)Amass http://amass.jp/36170

ポール・マッカートニー、グラミー賞授賞式でのバックステージ映像が公開に

ポール・マッカートニーが1月26日に行われたグラミー賞授賞式でのバックステージ映像を公開した。

ポールのオフィシャル・ユーチューブにアップされた同映像はグラミー賞当日のバックステージでの様子やポールのインタヴュー、ポールとリンゴ・スターが共演した“Queenie Eye”のライヴや実際の受賞式の映像等で構成されている。

グラミー賞受賞式のバックステージ映像はこちらから。

以前公開されたポールとリンゴの“Queenie Eye”のリハーサル映像はこちらから。

 

(c)ro69.jp http://ro69.jp/news/detail/98115

ジュリアン・レノンが「Everything Changes」「Someday」「Lookin’ 4 Luv」のミュージック・ビデオを公開

Julian Lennon / Everything Changes

ジョン・レノン(John Lennon)の息子ジュリアン・レノン(Julian Lennon)が3曲分のミュージック・ビデオを公開。いずれも2013年発売のアルバム『Everything Changes』に収録。各曲にはアルバム音源、アコースティック音源、リリック付きの3ヴァージョンが用意されています。

※再生すると最初にヴァージョンを選べます。そのまま流すとアルバム音源ヴァージョンが観れます

Everything Changes

Someday

Lookin’ 4 Luv

(c)Amass http://amass.jp/35484

サミー・ヘイガー、ナイト・レンジャーのジャック・ブレイズ、ビリー・シーンが最新ライヴで共演、ビートルズ「With A Little Help From My Friends」をカヴァー

Sammy Hagar w/ Jack Blades & Billy Sheehan

サミー・ヘイガー(Sammy Hagar)ナイト・レンジャー(Night Ranger)ジャック・ブレイズ(Jack Blades)MR.BIGビリー・シーン(Billy Sheehan)が最新ライヴ(2月12日カリフォルニア、ベネフィット・コンサートBenefit for Liza)で共演。ビートルズ(Beatles)のカヴァー「With A Little Help From My Friends」を演じています。ファン撮影の映像あり

(c)Amass http://amass.jp/35500

リンゴ・スター、ポール・マッカートニーと共演したビートルズ・トリビュート・ライヴの舞台裏などの映像を公開

Paul McCartney and Ringo Starr

Paul McCartney and Ringo Starr
リンゴ・スター(Ringo Starr)が、最近の活動の舞台裏をまとめたビデオを自身のYouTubeチャンネルで公開。ポール・マッカートニー(Paul McCartney)と共演を果たしたビートルズ(Beatles)のトリビュート・ライヴ<The Night That Changed America: A Grammy Salute To The Beatles>のパフォーマンスおよびリハーサルなどを含んだ約6分のビデオ。

(c)Amass http://amass.jp/35455

読者投票による「初期ビートルズのベスト・ソング TOP10」を米ローリングストーン誌が発表

Beatles

読者投票による「初期ビートルズ(Beatles)のベスト・ソング TOP10」を米ローリングストーン誌のサイトが発表

10. ‘I’ve Just Seen A Face’

9. ‘The Night Before’

8. ‘Yesterday’

7. ‘I Want To Hold Your Hand’

6. ‘A Hard Day’s Night’

5. ‘She Loves You’

4. ‘I Feel Fine’

3. ‘And I Love Her’

2. ‘Ticket To Ride’

1. ‘I Saw Her Standing There’

詳細は以下のURLのページでご覧になれます。
http://www.rollingstone.com/music/pictures/readers-poll-the-10-greatest-early-beatles-songs-20140212

(c)Amass http://amass.jp/35347

ケイティ・ペリー、ビートルズの名曲「イエスタデイ」の歌詞を変えてパフォーマンスし批判浴びる[動画あり]

YouTubeより
今でも高い人気を誇る英国の人気ロックバンド、ビートルズのトリビュート番組の中で人気歌手のケイティー・ペリーが名曲「Yesterday」の一部歌詞を変更してパフォーマンスをしたことで、SNS上でビートルズファンから非難の声があがっている。

英国の人気ロックバンド、ビートルズが初訪米してから今年で50周年を迎えるが、ビートルズへのトリビュート企画として米CBSが「The Night That Changed America: A Grammy Salute to the Beatles(原題)」を放映。このなかでケイティは「Yesterday」をしっとりと歌い上げた。

【動画】ケイティ・ペリー「Yesterday」を熱唱

しかし、ファンはケイティのパフォーマンスの一部が気に入らなかったようだ。というのも、「I’m not half the man I used to be」を「I’m not the half the girl I used to be」にするなど、ケイティはこの曲で歌われている女性を男性に変更してしまったのだ。

これに対し、多くの視聴者がツイッター上でこのパフォーマンスに対する感想を投稿。「ケイティは好きだけど、このカバーは嫌い」や「今まではケイティのことが好きだった、それも彼女が『Yesterday』を台無しにするまではね」、「昨日、今日、そして明日、いつだってケイティがビートルズのトリビュートに参加すべきじゃない」といった感想が寄せられた。

しかし、会場に詰めかけた他のアーティストたちはケイティの歌声に酔いしれており、最後にはポール・マッカートニーも含め、全員から大きな拍手が。この感情がこもったケイティのパフォーマンスに感動したというファンのツイッターでの投稿もみられる。

世界的に有名なビートルズだけあり、ファンの反応も様々だったようだがあなたはこのケイティのパフォーマンスをどう思う?

(c)TV Groove http://www.tvgroove.com/news/article/ctg/1/nid/15641.html

ビートルズ、1964年2月11日に行われたライヴから“Twist and Shout”の映像公開

ザ・ビートルズがオフィシャルYouTubeチャンネルで1964年2月11日にワシントンD.C.で行われたライヴから“Twist and Shout”の映像を公開した。

今年はビートルズが「エド・サリヴァン・ショー」に初出演し、アメリカ進出を果たしてから50周年の年にあたり、グラミー賞授賞式の翌日1月27日にはロサンゼルス・コンベンション・センターで「ザ・ビートルズ・トリビュートライブ」が開催され、ポール・マッカートニーリンゴ・スターが共演している。

“Twist and Shout”の映像はこちらから。


ビートルズは、アメリカ進出50周年を記念して、1月29日に『THE U.S. BOX』もリリースされている。

「ザ・ビートルズ・トリビュートライブ」は昨日2月11日に日本でもWOWOWにて放送された。

放送曲目は以下の通り。

「ALL MY LOVING」マルーン5
「TICKET TO RIDE」マルーン5
「WE CAN WORK IT OUT」スティーヴィー・ワンダー
「SOMETHING」ジェフ・リン/ジョー・ウォルシュ/ダニー・ハリスン
「IN MY LIFE」エド・シーラン
「DON’T LET ME DOWN」ジョン・メイヤー/キース・アーバン
「YESTERDAY」ケイティ・ペリー
「REVOLUTION」イマジン・ドラゴンズ
「HEY BULLDOG」デイヴ・グロール/ジェフ・リン
「THE FOOL ON THE HILL」ユーリズミックス
「LET IT BE」アリシア・キーズ/ジョン・レジェンド
HERE COMES THE SUN」ファレル・ウィリアムス/ブラッド・ペイズリー
「WHILE MY GUITAR GENTLY WEEPS」
ゲイリー・クラーク・ジュニア/デイヴ・グロール/ジョー・ウォルシュ
「MATCHBOX」リンゴ・スター
「BOYS」リンゴ・スター
「YELLOW SUBMARINE」リンゴ・スター
「BIRTHDAY」ポール・マッカートニー
「GET BACK」ポール・マッカートニー
「I SAW HER STANDING THERE」ポール・マッカートニー
「SGT. PEPPER’S LONELY HEARTS CLUB BAND」
ポール・マッカートニー
「WITH A LITTLE HELP FROM MY FRIENDS」
ポール・マッカートニー/リンゴ・スター
「HEY JUDE」ポール・マッカートニー/リンゴ・スター
プレゼンター:LL クール J/ジョニー・デップ/ケイト・ベッキンセール/
アナ・ケンドリック/ジェフ・ブリッジス/ショーン・ペン

(c)ro69.jp http://ro69.jp/news/detail/97005