ポール・マッカートニーのファンサイト(非公認)。ポール・マッカートニーやビートルズの最新ニュース、アルバム・楽曲の解説、ライブ・ツアー記録、新譜・テレビ放送等。

Paul McCartney Songs

Flying To My Home

作詞作曲:Paul McCartney
収録時間:4分13秒
収録アルバム:Flowers In The Dirt (bonus track)
収録シングル:My Brave Face (7″, 12″, CD, Extended CD, Cassette)

アルバム『Flowers In The Dirt』からの第1弾シングル「My Brave Face」のB面曲。シングル「My Bracve Face」はいろいろなフォーマットで発売されたが、全てのフォーマットに収録されている。
ポールが鼻の掛かったような風変わりなボーカルを聴かせる。イントロ部分がアカペラで始まった後、ストレートなロックに転換する。ロック部分は、ビートルズのアレンジに近い。アカペラ部分はビーチボーイズのブライアン・ウィルソンに影響を受けているようだ。
ほとんどの楽器をポールが演奏しているが、1989-90年のゲットバック・ツアーでのバック・バンドのメンバーのうち、ギターのヘイミッシュ・スチュアートとドラムのクリス・ウィットンがレコーディングに参加した。ドラマーのクリス・ウィットンは、アコーディオン、シンセサイザーも演奏している。
発売後しばらくはシングルにしか収録されていなかったが、1993年にアルバム『Flowers In The Dirt』が再発された時にボーナストラックとして収録された。
コンサートが終わるとすぐに飛行機で帰宅するというポールらしい歌詞であるが、主にリンダのことを歌っているようだ。

演奏:
Paul McCartney: Lead vocal, Guitars, Autoharp, Bass, Drums, Keyboards, Organ, Percussion
Hamish Stuart: Rhythm Guitar, Slide Guitar, Backing Vocal, Synthesiser
Chris Whitten: Drums, Backing Vocal, Accordion, Synthesiser
Linda McCartney: Backing Vocal
録音スタジオ:The Mill, Hog Hill, Sussex
録音日:1988.4-6
プロデューサー:Paul McCartney
エンジニア:Geoff Emeric, Matt Butler
イギリス発売日:1989.5.8
アメリカ発売日:1989.5.8
日本発売日:1989.6.7

歌詞・コード

Dmaj7     Gmaj7
Flying to my home,
A      Gmaj7 D
Flying to my home.

D A G D A G

D       A    G    D
The sun is fading in the west,
D         A      G
out where the cattle roam.
D       A     G       D
I’m like a bird at the end of the day,
D        Bm
flying to my home.
A          G        A
I’m flying to my home, sweet majesty,
D
I’m flying to my home.

The sky is like a painted flag,
above a sea of chrome.
I’ve got a woman living in my life,
living in my home.
I’m flying to my home, sweet majesty,
I’m flying to my home.

G
I haven’t been back so long
D
I dont know if I’m going to recognize it.
G
They gave the old place a new face
A
And I’m going to take some time to size the situation up.

The sun is fading in the west,
out where the cattle roam.
I’ve got a woman living in my life,
living in my home.
I’m flying to my home, sweet majesty,
I’m flying to my home.

I haven’t been back so long
I dont know if I’m going to recognize it.
They gave the old place a new face
And I’m going to take some time to size the situation up.

D         Bm
I’m flying to my home,
A           G
I’m flying to my home,
D         Bm
I’m flying to my home,
A         G         A
I’m flying to my home, sweet majesty,
D
I’m flying to my home.
I’m flying to my home,
I’m flying to my home.

(c) 1989 MPL Communications, Ltd. Administered by MPL Communications, Inc.

 

Flying Horses

作詞作曲:Paul McCartney
収録時間:2分14秒
収録アルバム:なし
収録シングル:なし

未発表のフィルム『Rupert The Bear』のサウンドトラックのために録音された未発表のインストゥルメンタル。
ギターの同じフレーズが何回も繰り返される曲であるが、馬の鳴き声、馬の足音などがSEとしてふんだんに使われている。
以下のブートで聴くことができる。

Artifacts III – CD 3 – As Time Goes By: 1976-1980 (Big Music — BIG 4035)
Rupert The Bear (Library Product — 2333)
Studio Tracks Vol. 2 (Chapter One — CO 25142)
The Animated Film Soundtracks (Moonlight — ML 9634)
The RuPaul Tapes (Broad Street Toons — BST 1984)
Oobu Joobu Part 8 (Yellow Cat Records — YC 052)

演奏:
Paul McCartney: Piano, Bass, Keyboards
Linda McCartney: Keyboards, Backing Vocal
Denny Laine: Guitar, Keyboards, Backing Vocal
Laurence Juber; Electric guitar, Backing Vocal
Steve Holly: Drums, Backing Vocal
録音スタジオ:Spirit Of Ranachan, Campbeltown, Scotland
録音日:1978.7
プロデューサー:unknown
エンジニア:unknown
イギリス発売日:未発表
アメリカ発売日:未発表
日本発売日:未発表

Fluid

作詞作曲:Paul McCartney
収録時間:(1)11分19秒 (2)3分41秒 (3)4分23秒 (4)4分23秒
収録アルバム:(1)Rushes
収録シングル:(2)Fluid (Out Of Body And Mind Mix) (3)Fluid (Out Of Body Mix) (4)Fluid (Out Of Body With Sitar Mix)

ポール・マッカートニーとYOUTHによるトランス・ミュージックのプロジェクト「The Fireman」のセカンド・アルバム『Rushes』に収録されている4トラック目の曲。
「Fluid」のニティン・ソーニーによるリミックス・バージョン3種類も12インチシングルとして発売され、「Bison」のExtended Versionをカップリングさせている。
プロモーション盤は5種類配布された。リミックスの3トラックのみを収録した45回転12インチ、リミックス3トラックのみのマキシCD、リミックス3トラックと「Bison」を収録した12インチ、アルバム・バージョンとリミックス3トラックを収録した33 1/3回転12インチとマキシCDの合計5種類である。
また、1998年10月17日に放送されたアルバム『Rushes』のウェブ・キャストでは、32分18秒のバージョンが聴けた。

fluid

録音スタジオ:Hog Hill Studio, Sussex
録音日:1995.10-1998
プロデューサー:Paul McCartney
エンジニア:Youth
イギリス発売日:1998.9.21
アメリカ発売日:1998.10.20
日本発売日:1998.11.18

 

Flaming Pie

作詞作曲:Paul McCartney
収録時間:2分27秒
収録アルバム:Flaming Pie
収録シングル:なし

1997年のアルバム『Flaming Pie』からのタイトル曲。元々、ニューアルバムのために「Souvenir」をジェフ・リンとレコーディングしている時に浮かんだギター・フレーズを元に、即興に近い形で作られた曲。ポールは歌詞を探している時に、1961年にリバプール地元の情報誌「Mersey Beat」に掲載された「ビートルズの名前は、夢の中で、燃えさかるパイ(flaming pie)に乗ってやってきた人に『君たちは、Aを使ったbeetlesだ』と言われたのが由来」というジョン・レノンのビートルズの名前の由来を語った記事を思い出し、それを歌詞に使った。
「”sky”, “bye”, “cry”などの歌詞に韻を踏む言葉を探していたら、”pie”という言葉が浮かんで、ジョンの話を思い出したんだ。”flaming pie”、うん、いいじゃないか!ってね。」(ポール)
1996年2月20,27日の2日間で歌詞を完成させ、1996年2月27日の1日でレコーディングを完成させた。レコーディングは、ポールの歌とピアノ、そしてジェフ・リンのギターを1発取りし、その後にポールのドラムとベースおよびコーラスを被せた。
即興でレコーディングした感が強いので、プロデューサーのジェフ・リンの色が濃いアレンジとなっている。
1997年にアルバムのプロモーションのためにテレビ番組『TFI Friday』『Oprah Show』に出演した時にライブ演奏したが、アルバム発売後7年後の2004年のツアーでレパートリーに取り入れ演奏した。2004年のツアーを伝える各国ニュースでは、この曲と「All My Loving」を演奏する姿が放送で使われた。
アウトテイク、ライブテイクなどは、以下のブートで聴くことができる。

(1)デモ
Veggie Pie (McV — McV 1)
(2)1997年6月27日テレビ番組『TFI Friday』
Veggie Pie (McV — McV 1)
Another Flaming Pie (Walrus Records — Walrus 038)
(3)1997年11月24日『Oprah Winfrey Show』
Veggie Pie (McV — McV 1)
Another Flaming Pie (Walrus Records — Walrus 038)
(4)2004年5月30日マドリード公演
!Viva Espana! CD 2 (Tobacco Kill Records — TKR 006)
(5)2004年6月20日サンクトペテルブルグ公演
San Petersburg Soundboard (CD 2) (Tobacco Kill Records — SPS 2)

演奏:
Paul McCartney: lead vocal, harmony vocal, piano, drums, bass guitar, electric guitar
Jeff Lynne: harmony vocal, electric guitar
録音スタジオ:The Mill, Sussex
録音日:1996.2.27
プロデューサー:Paul McCartney, Jeff Lynne
エンジニア:Geoff Emerick, Jon Jacobs, Keith Smith
イギリス発売日:1997.5.5
アメリカ発売日:1997.5.27
日本発売日:1997.5.17

19970627_03 19971120_02

歌詞・コード
A
Making love underneath the bed
Shooting stars from a purple sky
G       D       C A
I don’t care how I do it
I’m the man on the flaming pie

Stick my tongue out and lick my nose
Tuck my shirt in and zip my fly
Go ahead, have a vision
I’m the man on the flaming pie

B
Everything I do has a simple explanation
E
When I’m with you, you could do with a vacation
A
I took my brains out and stretched ‘em on the rack
D            E        D   E
Now I’m not so sure I’m ever gonna get ‘em back

Cut my toes off to spite my feet
I don’t know whether to laugh or cry
Never mind, check my rhythm
I’m the man on the flaming pie

A G D C

I’m the man on the flaming pie
Everything I do has a simple explanation
When I’m with you, you could do with a vacation
I took my brains out and stretched ‘em on the rack
Now I’m not so sure I’m ever gonna get ‘em back

(c) 1997 MPL Communications, Ltd.
Administered by MPL Communications, Inc.

 

Fixing A Hole

作詞作曲:John Lennon, Paul McCartney
収録時間:(1)2分40秒 (2)3分56秒
収録アルバム:なし
収録シングル:なし

ビートルズの1967年のアルバム『Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band』に収録されている曲。主にポールが書いた曲で、ハープシコードがフューチャーされている。
ポールは1993年のニュー・ワールド・ツアーでこの曲を取り上げ、1993年6月13日フィラデルフィア公演まで演奏したが、翌々日のシャーロット公演ではセットリストから外れ、9月からのヨーロッパ・ツアーでは、この曲は「Back In The U.S.S.R」に取って代わられた。公式ライブアルバム『Paul Is Live』にも収録されていないため、この曲のポールによるライブ・バージョンは、公式には聴けないものとなってしまった。
ハープシコードは、キーボードのウィックスが再現し、ポールも複雑なベースラインを忠実に再現して弾きながら、ボーカルを取っている。
以下のブートで、ライン録音によるライブ・バージョンを聴くことができる。

(1)1992年12月10日テレビ番組『Up Close』
Looking For Changes (Yellow Cat Records — YC 003)
(2)1993年ツアー・リハーサル
Oobu Joobu Part 5 (Yellow Cat Records — YC 049)
Oobu Joobu Radio Chronicles Part One (Unknown — PMCD0P1)
Beatles Originals (Solo) (Yellow Cat Records — YC 067)

演奏:
Paul McCartney: Lead Vocal, Bass
Linda McCartney: Backing Vocal, Keyboards
Hamish Stuart: Backing Vocal, Guitar
Robbie Mclntosh: Backing Vocal, Guitar
Paul “Wix” Wickens: Backing Vocal, Keyboards
Blair Cunningham: Drums
録音スタジオ:(1)The Ed Sullivan Theatre, NY (2)unknown
録音日:(1)1992.12.10 (2)unknown
プロデューサー:(1)Joel Gallen (2)unknown
イギリス発売日:未発表
アメリカ発売日:未発表
日本発売日:未発表

歌詞・コード
F C+ Fm7

Bb9     F      C+         Fm7     Fm6
I’m fixing a hole where the rain gets in and
Fm7          Fm6        Fm7   Fm6 Fm7 Fm6
stops my mind from wandering where it will go

I’m filling the cracks that ran through the door and
kept my mind from wandering where it will go And it

F        Gm/C       F      Gm/C
really doesn’t matter if I’m wrong I’m right where I belong
F      Gm/C    F
I’m right where I belong

C        G      C       G
See the people standing there who disagree and never win and
C        G         C
wonder why they don’t get in my door I’m
F         C+      Fm7      Fm6 Fm7
painting the room in a colorful way and when my mind is wan –
Fm6         Fm7   Fm6   Fm7
dering there I will go Oo oo oo ah

Silly people run around who worry me and never ask me
why they don’t get past my door I’m
taking the time to do a number of things that weren’t important yes-
terday and I still go

(c)1967 Nothern Songs Ltd.

 

 

The First Stone

作詞作曲:Paul McCartney, Hamish Stuart
収録時間:4分3秒
収録アルバム:なし
収録シングル:This One (12″, CD, Cassette)

1989年からのツアー・メンバーであるヘイミッシュ・スチュアートと共作したナンバー。アルバム『Flowers In The Dirt』のセッションでレコーディングされたが、アルバムには収録されておらず、シングル「This One」のB面やカップリングで発売された。
ポールには珍しくハードロックのアレンジに近く、歌詞の内容は、ジミー・スワガートのような左右どちらにも傾倒しないようなテレビ・ジャーナリストに対する痛烈な批評となっている。
「1987年12月に、サセックスにあるポールのスタジオに行くと、そこにポールと、キーボードのニッキー・ホプキンス、そしてドラマーのクリス・ウィットンがいた。ポールと僕とで半分ずつ曲を書き、少しずつ仕上げていったんだ。」(ヘイミッシュ・スチュアート)
シングルA面の「This One」が様々なフォーマットで発売されているので、この曲が収録されていない「This One」のシングルも存在する。

演奏:
Paul McCartney: Lead vocal, Acoustic guitar, Bass, Harmonies, Keyboards, Rhythm Guitar
Hamish Stuart: Acoustic Guitar, Harmonies, Second Vocal, Rhythm Guitar
Chris Whitten: Drums, Percussion
Robbie Mclntosh: Electric guitar, Acoustic guitar
Linda McCartney: Harmonies
録音スタジオ:The Mill, Hog Hill, Sussex
録音日:1988.4-7
プロデューサー:Paul McCartney
エンジニア:Geoff Emerick
イギリス発売日:1989.7.17
アメリカ発売日:1989.8.1
日本発売日:1989.7.25

歌詞
HEY, YOU SINNERS, OPEN ALL THE DOORS,
HAVE I GOT NEWS FOR YOU
ABOUT THAT MONEY LOVING PREACH OF YOURS.

FRIDAY NIGHT YOU’LL FIND HIM TAKING PICTURES
OF A MODEL IN A CHEAP HOTEL.
SUNDAY MORNING HE’S RAVING FROM THE PULPIT,
THREATENING TO SEND US ALL TO HELL, WELL, WELL.

DON’T THROW, DON’T THROW, DON’T THROW,
DON’T THROW ANY STONES.
IF YOU CAN’T LIVE BY WHAT YOU TEACH,
YOU BETTER LEAVE ALONE.

DON’T THROW, DON’T THROW, DON’T THROW,
DON’T THROW ANY STONES.
UNLESS YOU PRACTICE WHAT YOU PREACH,
YOU’LL NEVER FIND LOVE.

CAN’T FIND LOVE,
CAN’T FIND LOVE,
CAN’T FIND LOVE,
CAN’T FIND LOVE.

DON’T THROW, DON’T THROW, DON’T THROW,
DON’T THROW ANY STONES.
IF YOU CAN’T LIVE BY WHAT YOU TEACH,
YOU BETTER LEAVE ALONE.

DON’T THROW, DON’T THROW, DON’T THROW,
DON’T THROW ANY STONES.
UNLESS YOU PRACTICE WHAT YOU PREACH,
YOU’LL NEVER FIND LOVE.

HEY, YOU SINNERS, WELL, YOU NEVER CAN TELL,
THE GLORY TRAIN IS LEAVING IN THE MORNING
BUT THE PREACHER’S THERE TO SAY FAREWELL, WELL, WELL.

CAN’T FIND LOVE,
CAN’T FIND LOVE,
CAN’T FIND LOVE,
CAN’T FIND LOVE,
CAN’T FIND LOVE,
CAN’T FIND LOVE.

YET BE YOU WHO IS WITHOUT SINS, CAST THE FIRST STONE.
(The first stone, the first stone, the first stone)

CAN’T FIND LOVE,
CAN’T FIND LOVE,
YOU CAN’T FIND LOVE,
YOU CAN’T FIND LOVE.

(c)1989 MPL Communication Ltd. Joes Songs

 

https://youtu.be/EJKWYA37y4U

Fishy Matters Underwater

作詞作曲:Paul McCartney
収録時間:4分50秒
収録アルバム:なし
収録シングル:なし

ポールがスコットランドの自宅スタジオ「Rude Studio」で1976年7月に作ったデモからの未発表曲。ムーグが奏でるレゲエのリズムに乗せて、ドラムとギター、ポールの鼻歌を被せたものであり、完全にデモの形で終わっている。
ポールがDJを担当した番組『Oobu Joobu』の第7回(1995年6月26日)の放送で、「Rude Studio」でのデモを紹介するコーナー「Rude Corner」で、「Reggae Tunes And Highlights」のうちの1曲として紹介された。
以下のブートに収録されている。

Oobu Joobu Part 4 (Yellow Cat Records — YC 048)
Oobu Joobu Part 7 (Yellow Cat Records — YC 051)

なお、同じ時期のデモを収録した以下のブートには、この曲は収録されていない。

Home Demo’s (Orange — Orange 14)

演奏:
Paul McCartney: Vocal, Guitar, Synthesizer, Drums
録音スタジオ:Rude Studio, Sussex
録音日:1976.7
プロデューサー:Paul McCartney
エンジニア:Paul McCartney
イギリス発売日:未発表
アメリカ発売日:未発表
日本発売日:未発表

A Fine Day

作詞作曲:Paul McCartney
収録時間:6分4秒
収録アルバム:Paul Is Live
収録シングル:なし

1993年ニューワールド・ツアー中のサウンドチェックで演奏された即興曲。公式アルバム『Paul Is Live』に収録された。
このワールド・ツアーのサウンドチェックから、他にも「I Wanna Be Your Man」「Hotel In Benidorm」が収録されている。
ニューヨーク滞在中の1日を即興で歌った曲である。
1993年6月11日ニューヨーク郊外のイースト・ラザフォード公演のサウンドチェックから収録されたが、このサウンドチェック以外、この曲を演奏するテープは発見されていない。

演奏:
Paul McCartney: Lead Vocal, Electric Guitar
Linda McCartney: Keyboards
Hamish Stuart: Bass, Vocal harmonies
Robbie Mclntosh: Electoric Guitar, Vocal harmonies
Paul “Wix” Wickens: Keyboards, Vocal harmonies
Blair Cunningham: Drums
録音スタジオ:rehearsal from East Rutherford, NJ
録音日:1993.6.11
プロデューサー:Paul McCartney
エンジニア:Geoff Emerick
イギリス発売日:1993.11.8
アメリカ発売日:1993.11.16
日本発売日:1993.11.10

 

 

Figure Of Eight

figure1 figure2 figure3 figure4 figure5

作詞作曲:Paul McCartney
収録時間:(1)3分23秒 (2)5分16秒 (3)4分3秒 (4)5分33秒
収録アルバム:(1)Flowers In The Dirt (4)Tripping The Live Fantastic!!
収録シングル:(2)Figure Of Eight (7″, 12″, cassette, 3″CD) (3)Figure Of Eight (5″ CD)

アルバム『Flowers In The Dirt』からの第3段シングル。1989-90年のワールドツアー「ゲットバック・ツアー」のオープニングを飾った曲。ツアーのオープニング・フィルムの終了と共に、「NOW」という文字をバックにしてポールが登場し、この曲の演奏を開始するという姿に感動を覚えたファンも多い。ツアーのオープニングに当時の新曲を持ってきたということは、ポールも当時のニューアルバム『Flowers In The Dirt』に自信を持っていたのであろう。
アルバム『Flowers In The Dirt』に収録されたバージョンと、シングルで発売されたバージョンは別録音で全く異なる。
アルバム収録バージョンは、「Rough Ride」と同じ演奏メンバーにドラムのクリス・ウィットンを加えて、トレバー・ホーンとスティーブ・リプソンのプロデュースによりレコーディングされた。ライブ感覚を保持するため、クリスのドラムをバックに、ポールはベースとボーカルを同時に録音したが、ベースのミスタッチが多かったため、ベース・パートは後ほど再レコーディングされた。元々ボーカルのキーが高かったため、キーを下げて録音された。ポールのボーカルやエンディングなど、ラフな部分が多い演奏である。
「このアルバムで僕にとって興味のあることと言えば、完全主義の人達と仕事することなんだ。僕はそういうやり方に必ずしも感服しないから、みんなに、エンディングの方法を決めないで、ラフな形でやるように指示するんだ。」(ポール)
アルバムに収録されたのは、オリジナル・バージョンより多少編集されており、オリジナル・バージョンは、以下のブートで聴くことができる。

(5)スタジオ・コンプリート・バージョン
Pizza And Fairy Tales (Disc 2) (Vigotone — VT-190)
Return To Lindiana (Label Unknown)

一方、アルバムの第3弾シングルとして発売が決定したのを受け、この曲をツアーのリハーサル中に、ツアー・バンドのメンバーとスコットランドのスタジオで、キーボードのポール・ウィックス・ウィッケンズの主導のもとで再録音した。
新たにレコーディングされたこのバージョンは、まず、クリス・ヒュージによってリミックスされ、そのリミックス・バージョンを、ボブ・クリアマウンテンが1989年9月12日にアイランド・スタジオでリミックスした。
シングルとしては、オリジナルの5分16秒のバージョンと、これを編集した4分3秒のバージョンが出回っており、それぞれ、7インチ、12インチレコード、3インチCD、5インチCD、プロモ盤と、多種多様なフォーマットで発売された。
シングルとしては、全英42位、全米92位。ヒットには至らなかった。
この曲のプロモーション・ビデオも撮影され、3バージョン存在する。バージョン1とバージョン2は、VIVID Productionのルーク・ロエクのプロデュース、アンディ・モラハン監督によるもので、1989年10月29,30日のチューリッヒ公演の映像に、シングルの音を被せたものである。また、ライブ・バージョンのプロモビデオも作成され、1990年1月17日のウェンブリー公演の音源を元に、数カ所の演奏の映像を被せている。

この曲のライブ・バージョンは、以下のブートで聴くことができる。各地の公演の様子を伝えるニュース映像でも、各地でのこの曲の演奏シーンが使われている。

(6)1990年1月23日ロンドン公演
Welcome To Wombley – CD 1 (Voxx — VOXX 0003-01)
(7)1990年4月1日バークレー公演
Berkeley Concert 1990 (CD 2) (Yellow Cat Records — YC 008)
A Dream Apart (Big Music — BIG028)
(8)1990年4月20日リオ公演
Live On TV In Rio – Part 1 (Ram Records — RAM 007)

(1)
演奏:
Paul McCartney: Lead vocal, Harmonies, Bass, Celeste, Electric Guitar, Acoustic Guitar, Tambourine, Hand Claps
Steve Lipson: Computer Programing, Guitar
Trevor Horn: Keyboards, Hand Claps
Chris Whitten: Drums, Hand Claps
Linda McCartney: Mine Moog, Hand Claps
録音スタジオ:The Mill, Hog Hill, Sussex, Sunset Sound Factory, LA
録音日:1989
プロデューサー:Trevor Horn, Paul McCartney, Steve Lipson
エンジニア:Steve Lipson, Heff Moraes
イギリス発売日:1989.6.5
アメリカ発売日:1989.6.6
日本発売日:1989.6.14

(2)(3)
演奏:
Paul McCartney: Vocal, Bass
Linda McCartney: Vocal Harmonies, Mine Moog
Paul “Wix” Wickens: Keyboards, Backing Vocal
Chris Whitten: Drums
Robbie Mclntosh: Electric Guitar, Backing Vocal
Hamish Stuart: Electric Guitar, Backing Vocal
録音スタジオ:The Mill, Hog Hill, Sussex
録音日:1989.4-5
プロデューサー:Chris Hughes, Paul McCartney, Ross Cullum
エンジニア:Bob Clearmountain
イギリス発売日:1989.11.13
アメリカ発売日:1989.11.14
日本発売日:未発表

(4)
演奏:
Paul McCartney: Vocal, Bass
Linda McCartney: Vocal Harmonies, Mine Moog
Paul “Wix” Wickens: Keyboards, Backing Vocal
Chris Whitten: Drums
Robbie Mclntosh: Electric Guitar, Backing Vocal
Hamish Stuart: Electric Guitar, Backing Vocal
録音スタジオ:live from Wembley
録音日:1989.1.17
プロデューサー:Paul McCartney, Bob Clearmountain, Peter Henderson
エンジニア:Bob Clearmountain
イギリス発売日:1990.11.5
アメリカ発売日:1990.11.6
日本発売日:1990.11.5

figure_promo1 figure_promo4 figure_promo3 figure_promo2

歌詞・コード
E A E A G F#m E A E A G F#m E

A/E    E
Well you got me dancing in a figure of eight
A/E    E
Don’t know if I’m coming or going, I’m early or late
B         C#m
Round and round the ring I go
A        B
I wanna know, I wanna know

Why can’t we travel a continuous line
Make love a reliable covenant all the time
Up and down the hills I go
I got to know, I got to know

A     B
Is it better to love one another
G#m7         Amaj7/C#
Than to go for a walk in the dark
A     B             G#m7 B Emaj9
Is it better to love than to give in to hate
A          B
Yeah we’d better take good care of each other
G#m7      Amaj7/C#
Avoid slipping back off the straight and narrow
F#m7            B
It’s better by far than getting stuck
E A E A G F#m E A E A G F#m
In a figure of eight

Well figure it out for yourself little girl
It don’t go nowhere at all
It’s nothing more than a tape loop
In a big dance hall

You’ve got me running in a figure of eight
Don’t know if I’m coming or going, I’m early or late
Round and round that little ring I go
I wanna know, I wanna know

Is it better to love one another
Than to go for a walk in the dark
Is it better to love than to give in to hate
Yeah we’d better take good care of one another
Avoid slipping back off the straight and narrow
It’s better by far than getting stuck
In a figure of eight

(c) 1989 MPL Communications Ltd. Administered by MPL Communications, Inc.

Ferry ‘Cross The Mersey

作詞作曲:Gerry Marsden
収録時間:3分59秒
収録アルバム:なし
収録シングル:Ferry ‘Cross The Mersey

1989年4月15日、ヒルズボロウ・スタジアムで開催されたイングランドサッカーFAカップ(The Football Association Cup)準決勝戦、リバプール対ノッティンガム・フォレストの試合で、暴動を起こしたサポーターの犠牲に遭ったサポーター95人の家族を支援するチャリティー団体「Hillsborough Disaster Fund」のために発売されたチャリティー・シングル。
曲は、1965年にジェリー&ザ・ペースメーカーズのヒット。ポールのソロ名義ではなく、参加したミュージシャンはリバプール出身のミュージシャンで、オリジナル歌手のジェリー・マースデン、ホーリー・ジョンソン(フランキー・ゴーズ・トゥ・ハリウッド)、ラッセル・クリスチャン(クリスチャンンズ)、ゲリー・クリスチャン(クリスチャンンズ)。ポールはボーカルとギターで参加した。
1989年4月20日にロンドンのPWLスタジオでレコーディングされ、PWLレーベルから発売された。
全英1位を獲得した。

録音スタジオ:PWL Studios, London
録音日:1989.4.20
プロデューサー:Stock, Aitken and Waterman
イギリス発売日:1989.5.2
アメリカ発売日:未発表
日本発売日:1989