ポール・マッカートニーのファンサイト(非公認)。ポール・マッカートニーやビートルズの最新ニュース、アルバム・楽曲の解説、ライブ・ツアー記録、新譜・テレビ放送等。

After The Ball / Million Miles

After The Ball / Million Miles


このエントリーをはてなブックマークに追加

作詞作曲:Paul McCartney
収録時間:3分57秒
収録アルバム:Back To The Egg

力強いポールのボーカルが堪能できるロッカ・バラード。「Million Miles」ではポールはコンチェルティナを演奏している。
「Million Miles」は1974年頃に書かれた曲で、その頃のピアノの弾き語りによるデモが残されており、ブート「Piano Tapes」で聴くことができる。

演奏:
Paul McCartney: Vocal, Bass, Keyboards
Linda McCartney: Keyboards, Backing Vocal
Denny Laine: Electric guitar, Backing Vocal
Laurence Juber: Electric guitar, Backing Vocal
Steve Holly:Drums, Backing Vocal
録音スタジオ:Mobile Studio, Lympne Castle, Kent.
録音日:1979
プロデューサー:Paul McCartney, Chris Thomas
エンジニア:Phil McDonald, Mark Vigars
イギリス発売日:1979.6.8
アメリカ発売日:1979.6.11
日本発売日:1979.6.10

歌詞・コード
D       D/F#
After the ball, after the ball
G       Bm
You were the one out in the hall
You were the one
E7 A7      D G/D D
The one who would love me after the ball

After the ball, after the ball
You were the one out in the hall
You were the one
The one who would love me after the ball

D        D/F#
Well, I arrived, looked around
G         D
But the room was full of strangers
A
Nowhere was a friendly face to be found
D    D/F#
Later on, I awoke
G       D
But the party, it was over
A    D G/D D
There you were, waiting to bring me ‘round

After the ball, after the ball
You were the one out in the hall
You were the one
The one who would love me after the ball

After the ball, after the ball
You were the one out in the hall
You were the one
The one who would love me after the ball

D  G   G7   C  D G D G
How many million miles, day-oh
D  G   G7   C  D G D G
How many million miles, day-oh

D      G    G7     C
When I get up, up up in the morning
D     G D G
Oh lord, I know
D      G   G7    C
When I look up, up up in the evening
D     G D G
Oh lord, I know

How many million miles, day-oh
How many million miles, day-oh
How many million miles, day-oh

(c)1979 MPL Communications Ltd. Administered by MPL Communications, Inc.

 

« »

コメント

  • JASH より:

    2曲目に登場したのが、1979年に発売したロック色の強いアルバム「Back To The Egg」からのメドレー。このアルバムにはこのメドレーと、もう1つ「Winter Rose / Love Awake」が収録されており、両方ともダイナミックな展開が聴き所。
    特にこの曲では、ポールのボーカルが堪能できる。やっぱりポールって歌上手いなあ。

  • waterspout より:

    「ロックへの回顧」を目指していた時期だけあって、ソウルフルな熱唱が強く印象に残りますね。ピアノ基調でオルガンも入ってきて、どこかゴスペル風でもあります。

    後半の「Million Miles」は珍しいスタイルでの弾き語りですが、寂しげな雰囲気が次曲への橋渡しにはうってつけですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA