ポール・マッカートニーのファンサイト(非公認)。ポール・マッカートニーやビートルズの最新ニュース、アルバム・楽曲の解説、ライブ・ツアー記録、新譜・テレビ放送等。

All It Needs Is A Darn Good Song

All It Needs Is A Darn Good Song


このエントリーをはてなブックマークに追加

作詞作曲:Paul McCartney
収録時間:4分4秒
収録アルバム:なし
収録シングル:なし

未発表曲のインストゥルメンタル。「After You’ve Gone」と同じく、アルバム『ロンドンタウン』のデモ作成時に作ったデモ・ソング。歌詞もメロディーも完成しておらず、G、E、Fを基調としたギターのアルペジオが続くという単調な曲。ポールはコードから先に曲を作り、後にメロディーと歌詞を付け加える予定だったのかどうかは分からないが、メロディーも歌詞も付かないまま、この曲の作成作業は中断してしまったことが想像できる。
以下のブートに収録されている。

MoMac’s Hidden Tracks: Volume 9 (Label Unknown)
Home Demo’s (Orange — Orange 14) : 曲名は「Jam #1」と表記されている。

演奏:
Paul McCartney: Guitar?
録音スタジオ:Rude Studio, Scotland
録音日:circa 1977
プロデューサー:Paul McCartney
エンジニア:Paul McCartney
イギリス発売日:未発表
アメリカ発売日:未発表
日本発売日:未発表

« »

コメント

  • JASH より:

    この曲はギターのアルペジオだけで終わってしまうので、聴く価値もないでしょう(苦笑)。アーティスト側にとっては、こういう中途半端な作業途中の曲が、一番世に出て欲しくないのではと思ってしまいます。

    youtubeにも音源がなかったので載せていません。(2012.10.28追記)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA