ポール・マッカートニーのファンサイト(非公認)。ポール・マッカートニーやビートルズの最新ニュース、アルバム・楽曲の解説、ライブ・ツアー記録、新譜・テレビ放送等。

Angry


このエントリーをはてなブックマークに追加

作詞作曲:Paul McCartney, Eric Stewart

収録時間:(1)3分35秒 (2)3分35秒
収録アルバム:(1)Press To Play
収録シングル:(2)Stranglehold (US), Pretty Little Head 12″(UK)

ポールのサセックスにあるスタジオで行われていた「Saturday Afternoon Session」にフィル・コリンズとピート・タウンゼントがやって来た時に出来た曲。後日、エリック・スチュアートによる演奏を加えて、曲を完成させている。よって、アルバム『Press To Play』の最初のラインアップにはなかった曲である。
歌詞の内容は、日常生活や政治的なことに不満をぶつけているものである。
「この曲を演奏するたび、ピート・タウンゼントのように感じるんだ。この曲で腕を風車のようにグルグルと回しながら弾いたよ。」 「サッチャーやレーガン政権の南アフリカに対する態度、子供をタバコの火でいたぶろうとする人、そういうことを考えたら腹が立ってくる。」(ポール)
ラリー・アレキサンダーが後にニューヨークの「Power Station」でリミックス作業を行い、デイブ・マシューズによるオーケストレーションを加え、リミックス・バージョンとして、アメリカでは「Stranglehold」のB面として、イギリスでは「Pretty Little Head」12インチシングルのB面として発売した。
この曲が出来た時のセッションは、1995年8月21日に放送されたポールのDJによる番組「Oobu Joobu」の第15回でも、一部オンエアされた。以下のブートで聴くことができる。

Oobu Joobu Part 15 (Yellow Cat Records — YC 059)

演奏:
Paul McCartney: Guitars, Bass, Keyboards, Vocal
Eric Stewart: Guitars, Vocals
Phil Collins: Drums
Pete Townshend: Electric guitar
Ruby James, Kate Robins, Dick Morrisey, Lennie Picket: Saxophones
録音スタジオ:Hog-Hill Studio, Sussex
録音日:circa 1985.4-1986.4
プロデューサー:Paul McCartney, Hugh Padgham
エンジニア:(1)Hugh Padgham, Steve Jackson (2)Larry Alexander
イギリス発売日:1986.9.1
アメリカ発売日:1986.8.25
日本発売日:1986.9.5

歌詞・コード
What the hell gives you the right
E
To tell me what to do with my life
Especially when you made a mess
Of every chance you had of success
Look at you, just look at you
I said I’m angry, just looking at you

Well I’m sick and tired of sitting back
And listening to all your clap-trap
If you could get me take the rap, I guarantee
You’d leave me with a backslap
Push me to the left, push me to the right
Try to take me out of the way
Even if you knock me off the edge of the world
You’re still gonna hear me say

What the hell gives you the right
To tell me what to do with my life
Especially when you made a mess
Of every chance you had of success
Look at you, just look at you
I said I’m angry, just looking at you

Esus4        E     Esus4     E
Shouting down again, mama, shouting down again
Shouting down again, mama, shouting down again

SOLO: A E

I can’t begin to tell you all the reasons
Why you’re making me crazy
I’ve got so many answers, like you’re stupid
Like you’re crooked, like you’re lazy
Hit me with your left, hit me with your right
Hit me from the top to the toe
Even when you chew me up and spit me out
I’m still gonna want to know

What the hell gives you the right
To tell me what to do with my life
Especially when you made a mess
Of every chance you had of success
Look at you, just look at you
I said I’m angry, just looking at you

SOLO: A E

Shouting down again, mama, shouting down again
Shouting down again, mama, shouting down again

Shout it down
Shout it down
Shout it down
Shout it down

(c) 1986 MPL Communications Ltd.

 

« »

コメント

  • JASH より:

    ようやくポールのオリジナル公式曲が出てきました。約2週間ぶりですね。
    この曲の聴き所は、やはりフィル・コリンズとピート・タウンゼントとの共演ですが、はっきりとクレジットされていないので、その事実はあまり知られていないのかも知れません。
    個人的には、リミックス・バージョンの方が気に入っています。

  • waterspout より:

    世間一般やポールの評価とは反対に『Press To Play』が大好きで愛聴盤となっている私ですが、この曲はその中でも屈指のお気に入りです!
    「怒り」という負の側面を表現しているのに、’80年代ポール最高峰のシャウトと、スピード感あふれるハードな演奏が聴いていてスカッとして楽しくて仕方ありません。特に間奏のギターソロ→ドラムソロの流れがお気に入りですね。

    私もアルバム・ヴァージョンよりはシングルB面収録のリミックス・ヴァージョンの方がお気に入り…というより、あれを聴いてしまったらオリジナルの方は物足りなく思えてしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA