ポール・マッカートニーのファンサイト(非公認)。ポール・マッカートニーやビートルズの最新ニュース、アルバム・楽曲の解説、ライブ・ツアー記録、新譜・テレビ放送等。

Appaloosa

Appaloosa


作詞作曲:Paul McCartney
収録時間:6分32秒
収録アルバム:なし
収録シングル:なし

リンダ・マッカートニーのアルバム『Wide Prarie』に収録されている曲。リンダが70年代に作った1フレーズ分のメロディーにポールが手を加えて完成した曲。リンダがピアノの練習のためによく弾いていた曲と言われている。
『Wide Prarie』に収録のバージョンは1998年3月にレコーディングが行われたが、それ以前に、この曲のオーケストラ・バージョンが1992年1月に、『Livepool Oratorio』の指揮者でもあるカール・デイビス指揮のもと、ロンドン・シンフォニー・オーケストラによって録音された。このオーケストラ・バージョンは、1994年7月16日にBBC2で放送されたバリー・チャティントン監督の30分のフィルム『Appaloosa』に使用された。このフィルムは『Blankit’s First Show』に続くリンダ飼育の馬のドキュメンタリー映像である。
ちなみに、バリー・チャティントンは、未発表のMPLフィルム『Bruce McMouse』『Band On The Run Film』『Rockestra Documentary』を監督した人物である。
この曲が録音されたオーケストラ・セッションでは、他に「Love’s Full Glory」「I Got Up」、ポール作曲の未発表曲「Blankit」などが録音されている。
カール・デイビスは、この曲を、1992年5月12日にボストンで行われた「Boston Pops」でも指揮しており、この時の演奏風景は、1992年にPBSで放送された番組『A Tribute To Paul McCartney』で放送された。

オーケストラ・バージョンは、以下のブートで聴くことができる。このブートは、ポールが『Wide Prarie』を発売するきっかけとなったものである。

Appaloosa Love (Yellow Cat Records — YC 065)

演奏:
London Symphony Orchestra
録音日:1992.1.29
プロデューサー:Carl Davis
イギリス発売日:未発表
アメリカ発売日:未発表
日本発売日:未発表

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »