ポール・マッカートニーのファンサイト(非公認)。ポール・マッカートニーやビートルズの最新ニュース、アルバム・楽曲の解説、ライブ・ツアー記録、新譜・テレビ放送等。

Auraveda

Auraveda


このエントリーをはてなブックマークに追加

作詞作曲:Paul McCartney
収録時間:12分51秒
収録アルバム:Rushes
収録シングル:なし

ポール・マッカートニーとYOUTHによるトランス・ミュージックのプロジェクト「The Fireman」のセカンド・アルバム『Rushes』に収録されている3トラック目の曲。
「Appletree Cinnabar Amber」と同様、アンビエント・ハウスであり、ポールが普段作る曲とは似ても似つかない。
この曲は、2002年から2004年のツアーにかけて、プレショーのBGMとして使われていたもので、ポール・マッカートニー・ファンにとっては、聴いたことがないように思っていても実は聴いたことがある曲となっている。

録音スタジオ:Hog Hill Studio, Sussex
録音日:1995.10-1998
プロデューサー:Paul McCartney
エンジニア:Youth
イギリス発売日:1998.9.21
アメリカ発売日:1998.10.20
日本発売日:1998.11.18

 

« »

コメント

  • JASH より:

    最近のツアーのプレショーとして使われたのは、この曲の前半部分。おかげさまで、この曲の前半部分だけ何とく覚えました(笑)。

  • waterspout より:

    エスニックなヒーリング・ミュージックといった感じの音作りですが、13分という演奏時間もあいまってじっくり「聴く」にはちょっとしんどいですね…(汗)。

    『Twin Freaks』しかり、プレショーで自作の前衛音楽を堂々と使用できるのも多方面に多作家のポールならではですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA