ポール・マッカートニーのファンサイト(非公認)。ポール・マッカートニーやビートルズの最新ニュース、アルバム・楽曲の解説、ライブ・ツアー記録、新譜・テレビ放送等。

Be What You See (Link)

Be What You See (Link)


このエントリーをはてなブックマークに追加

作詞作曲:Paul McCartney
収録時間:33秒
収録アルバム:Tug Of War
収録シングル:なし

曲間を繋ぐリンクの役割を果たす曲として、アルバム『Tug Of War』の「Get It」と「Dress Me Up As A Robber」の間に登場。ポールのボーカルはボコーダー(シンセサイザーの一種)を通して録音されている。
アルバム『Wild Life』でも、同じように繋ぎの役割である曲が登場している。

演奏:
Paul McCartney: Guitar, Vocoder
録音スタジオ:AIR Studios, London
録音日:1981.4-1982.3
プロデューサー:George Martin
エンジニア:Geoff Emerick
イギリス発売日:1982.4.26
アメリカ発売日:1982.4.26
日本発売日:1982.5.10

歌詞・コード
Em7      Am Em7
Ooh ooh ooh
Am
The one you wanted to be is now the one you see
Em7                   Am
Ooh the one you wanted to be is now the one you see

(c) 1982 MPL Communications Ltd. Administered by MPL Communications, Inc.

« »

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA