ポール・マッカートニーのファンサイト(非公認)。ポール・マッカートニーやビートルズの最新ニュース、アルバム・楽曲の解説、ライブ・ツアー記録、新譜・テレビ放送等。

Beautiful Dream

Beautiful Dream


このエントリーをはてなブックマークに追加

作詞作曲:Paul McCartney
収録時間:4分34秒
収録アルバム:なし
収録シングル:なし

「All In Love Is Fair」と同じセッションで録音された曲。
1977年頃に行われたウィングスの新メンバーのオーディションを兼ねたセッションで演奏された。おそらくポールのオリジナルだと思われるが、この時のセッション以外でこの曲が演奏されたテープは発見されていない。
このセッションは、「Lympne Castle」での1979年5月のウィングスによるものという説もある。
2004年に発売された以下のブートで、初めて公に出た曲である。

Lympne Castle Sessions (Red Square — RS 04)

演奏:
Paul McCartney: Piano(?)
Denny Laine: Guitar(?)
and Others
録音スタジオ:不明
録音日:circa 1977
プロデューサー:Paul McCartney(?)
エンジニア:Paul McCartney(?)
イギリス発売日:未発表
アメリカ発売日:未発表
日本発売日:未発表

 

« »

コメント

  • JASH より:

    ブートによっては、What you gonna do with it, baby というタイトルとしても収録されている曲ですね。デニー・レインのボーカルの方がオンなので、デニーの曲かもしれません。

  • waterspout より:

    この音源は初めて聴きましたが、どこかで聴いたことのあるメロディだな…と思ったら、恐らくこの曲はデニー・レインがムーディ・ブルースのファースト・アルバム『The Magnificent Moodies』で取り上げた「I’ve Got A Dream」という曲(作曲者のクレジットはBarry/Greenwichとのこと)ではないかと思います。

    ウイングスのセッションではロックンロールのスタンダードを演奏してゆくうちに恐らくデニーの主導で何気なく取り上げたものだと思いますが、個人的には先述の『The Magnificent Moodies』で結構好きな曲なので、こんな所で取り上げられていたなんて驚きです!

    • JASH より:

      貴重な情報ありがとうございます。正直ムーディブルースのアルバムまで押さえてないので、早速検証してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA