ポール・マッカートニーのファンサイト(非公認)。ポール・マッカートニーやビートルズの最新ニュース、アルバム・楽曲の解説、ライブ・ツアー記録、新譜・テレビ放送等。

Beware My Love

Beware My Love


このエントリーをはてなブックマークに追加

作詞作曲:Paul McCartney, Linda McCartney
収録時間:(1)6分28秒 (2)6分5秒
収録アルバム:(1)Wings At The Speed Of Sound (2)Wings Over America
収録シングル:Let ‘Em In

アルバム『Wings At The Speed Of Sound』に収録されており、前曲の「She’s My Baby」のアウトロに重なってこの曲が始まる。ミドル・テンポのロックを意識してポールが作った曲で、イントロは幻想的な雰囲気で始まり、中盤からはロックっぽく、ポールのシャウトが随所に聴かれる曲である。
1976年の全米ツアーでライブ演奏したが、その時はイントロ部分は省かれた。
シングル「Let ‘Em In」のB面として発売され、フランスで発売された12インチシングルには”Disco Mix”と記されているが、アルバムと同じバージョンが収録されているだけである。
ライブ盤『Wings Over America』に収録されたのは、1976年6月7日のデンバーでの演奏。映画『Rock Show』とテレビ番組『Wings Over The World』には、1976年6月10日シアトルでの演奏が採用された。

(1)『Wings At The Speed Of Sound』
演奏:
Paul McCartney: Vocal, Bass, Drums, Guitars, Keyboards
Linda McCartney: Backing vocal
Denny Laine: Guitars, Backing vocal
Jimmy McCulloch: Guitars, Backing vocal
Joe English: Drums, Backing Vocal
Tony Dorsey: Tromborn
Thaddeus Richard: Flute
Steve Howerd: Trumpet
Howie Casey: Saxophone
録音スタジオ:Abbey Road Studio, London
録音日:1976.1-2
プロデューサー:Paul McCartney
エンジニア:Peter Henderson
イギリス発売日:1976.3.26
アメリカ発売日:1976.3.22
日本発売日:1976.5.5

(2)『Wings Over America』
演奏:
Paul McCartney: Vocal, Bass
Linda McCartney: Keyboards, Backing vocal
Denny Laine: Piano, Backing vocal
Jimmy McCulloch: Guitar, Backing vocal
Joe English: Drums, Backing Vocal
Tony Dorsey: Tromborn
Thaddeus Richard: Flute
Steve Howerd: Trumpet
Howie Casey: Saxophone
録音スタジオ:live from Denver, CO
録音日:1976.6.7
プロデューサー:Paul McCartney
エンジニア:Phil McDonalds, Jack Maxson, Mark Vigars, Tom Walsh
イギリス発売日:1976.12.10
アメリカ発売日:1976.12.10
日本発売日:1977.1.25

歌詞・コード
A      Bb
Can’t say, found out
C          Dm
Can’t tell you what it’s all about
A     Bb      C       Dm
Don’t know who does tell you beware my love
G    Dm    G
Beware my love, beware my love
Dm         G
Beware my love, beware my love
Dm   G  Bb
Beware my love
Dm/A    A A7/G
Oh oh oh no no no

Dm/F
I must be wrong baby, yeah
Bb        Dm/A
But I don’t believe that he’s the one
A          A7/G   Dm/F
But if you insist, I must be wrong
Bbm6      Bbm
I must be wrong, I have to leave
F/A
And when I’m gone
A         A7/G   Dm/F
I’ll leave a message in my song
Dm/E   Dm
That’s right

C
Beware my love, he’ll bowl you over
Bb        A
Beware my love, before you’re much older
Dm        C
He’ll sweep you up under his carpet
Bb       A
You’d be in luck if you could stop it
Come on, now

Well, he’ll wear you out, and in a minute
You’ll hear a shout, and then you’ll be in it
So, so, beware my love, ‘cause he’ll take you under
Beware my love, the sound of his thunder

Yeah, but I don’t believe that he’s the one
But if you insist, I must be wrong
I must be wrong, I have to leave
And when I’m gone
I’ll leave a message in my song
That’s right

Beware my love, he’ll bowl you over
Beware my love, before you’re much older
He’ll sweep you up under his carpet
You’d be in luck if you could stop it

A7sus-5 Dm

A     Bb
Can’t say found out
C     Dm
Tell you beware my love
G    Dm
Beware my love, beware my love
G
Beware my love

(c) 1976 MPL Communications Ltd. Administered by MPL Communications, Inc.

 

« »

コメント

  • JASH より:

    これだけハードな演奏になっているのも、リードギターのジミー・マッカロックと、ドラマーのジョー・イングリッシュの影響が強いと思います。
    コンサート終盤にかけて盛り上がる曲ですね。曲自体が長いので、ライブではイントロの部分を省略したのは正解だと思います。『Wings Over America』でのポールのシャウトも最高!

  • waterspout より:

    これは大好きな曲です!『Speed Of Sound』ではもちろん一番好きだし、ポールの全曲でもかなり上位に入る程です。
    アコーディオンのイントロとリンダ&デニーのコーラスで幻想的に始まるアルバム・ヴァージョンも、その部分を排していきなりガツンと始まるライヴ・ヴァージョンもどちらも魅力的で捨てがたいです。コンセプト的には前者、迫力で言えば後者ですね。

    ちなみに私がこの曲を気に入っている最大の理由は、ハードな演奏やヴォーカルもさることながら実は歌詞だったりします(苦笑)。
    別の男の元に行ってしまった恋人に対して「気をつけろ!」と力強く警告する他愛ないラヴソングなのですが、これがあのウイングス屈指のシャウトで歌われるのですごく説得力があります(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA