ポール・マッカートニーのファンサイト(非公認)。ポール・マッカートニーやビートルズの最新ニュース、アルバム・楽曲の解説、ライブ・ツアー記録、新譜・テレビ放送等。

Blue Moon Of Kentucky

Blue Moon Of Kentucky


作詞作曲:Bill Monroe
収録時間:4分22秒
収録アルバム:Unplugged
収録シングル:なし

オリジナルは1946年にビル・モンローが発表したカントリー曲。当時全米1位を獲得した。
エルビス・プレスリーがアップ・テンポのロカビリー・バージョンにアレンジして1954年に発表した。
ポールお気に入りの曲のようで、ビートルズのデビュー前から最近に至るまで、あらゆる時代で演奏している。
ポールが公式発表したのは、1991年のMTV『Unplugged』でのパフォーマンス。前半はビル・モンロー風に、後半はエルビス・プレスリー風に演奏している。
「この曲をレコーディングするつもりはなかったけど、初期ウィングスのツアーの時に演奏して、そしてレコーディングしたんだ。でもリリースしなかった。今(注:アルバム『Unplugged』のこと)はリリースしたけどね。当初意図していたこととはちょっと違ったね。おもしろいね。それでいいんだ。」(ポール)
ポールの言うとおり、(1)1972年のウィングス・イギリス大学ツアー、ヨーロッパツアーでライブ演奏された。また、(2)1974年8月の未発表フィルム『One Hand Clapping』の時のセッション、(3)1980年10月のウィングスのセッション でも演奏されている。
また、ビートルズのアンソロジー・プロジェクトの時に、1994年にポール、ジョージ、リンゴが集まった時のセッションで、ポールのボーカルで演奏され、その時の様子は公式DVD『The Beatles Anthology』の「Special Features」で見ることができる。
ウィングスのバージョンは以下のブートで聴くことができる。

(1)1972年ウィングス・ツアー
Live In Lyon – July 14, 1972 (Label Unknown)
Nottingham University 9 February 1972 (Label Unknown)
First Live Show, Spring 1972 (Ram Records — RAM 003)
Live In Arles 13 July 1972 (N/A)
Arles ’72 (Strawberry Records — STR 023)
Frankfurt,West Germany 19 July 1972 (N/A)
Wings Over Switzerland – CD 1 (Mistral Music — MM 9110)
Gothenburg,Sweden 10 August 1972 (Unknown)
Wings Over Sweden (Disc 1) (Barrier — BAR 001)
Wings Over Denmark CD 1 (Salamander — SCD 1163)
Wings Wild Live – Disc 1 (Main Stream — Mast 023)
Complaint To The Queen (Wings Over Holland 1972) (Maisie — BTA 00)
Wings Live In Rotterdam 1972 – CD 1 (Unknown)
Live In Groningen August 19, 1972 (DarthDisc — DD 009)
Wings At The Hague – Disk 1 (Unknown — hague1)
Cine Roma – CD 1 (Unknown)
Belgium 1972 (Disc 1) (Voxx — VOXX-0014-01)

(2)1974年8月『One Hand Clapping』
The Sound Of One Hand Clapping (EMU)
One Hand Clapping (Yellow Cat Records — YC 028)
The Nashville Sessions (Voxx)

(3)1980年10月
When It Rains, It Pours (Disk 1) (Vigotone — vigo161)

また、ポールがDJを担当したラジオ番組『Oobu Joobu』では、第10回放送でお遊びで演奏した(4)モック・バージョン、第4回の放送では、(5)ポールとビル・モンロー、エルビス・プレスリーのバージョンを混合して放送した。
以下のブートで聴くことができる。

(4)Oobu Joobu Part 4 (Yellow Cat Records — YC 048)
Oobu Joobu Part 10 (Yellow Cat Records — YC 054)

(5)Oobu Joobu Part 16 & 17 (Disk 1) (Yellow Cat Records — YC 060)

演奏:
Paul McCartney: Vocal, Acoustic guitar
Linda McCartney: Vocal harmonies, Harmonium
Paul “Wix” Wickens: Piano, Vocal harmonies
Blair Cunningham: Drums
Robbie Mclntosh; Acoustic guitar, Vocal harmonies
Hamish Stuart: Acoustic bass guitar, Vocal harmonies
録音スタジオ:Limehouse Television Studios, Wembley
録音日:1991.1.25
プロデューサー:Joel Gallen
エンジニア:Geoff Emerick, Peter Craigie, Gary Stewart, Eddie Klein
イギリス発売日:1991.5.13
アメリカ発売日:1991.6.4
日本発売日:1991.5.25

歌詞・コード
*
A                            D
WELL, BLUE MOON OF KENTUCKY KEEP ON SHINING,
A                             E7
SHINE ON THE ONE THAT’S GONE AND LEFT ME BLUE
A                           D
WELL, BLUE MOON OF KENTUCKY KEEP ON SHINING,
A            E7            A
SHINE ON THE ONE THAT’S GONE AND LEFT ME BLUE.

**
D
WELL, IT WAS ON ONE MOONLIGHT NIGHT
A
WITH THE STARS SHINING BRIGHT,
D            A       E7
WIND BLOWIN’ HIGH, MY LOVE SAID GOODBYE.
A                     D
BLUE MOON OF KENTUCKY KEEP ON SHINING,
A              E7          A
SHINE ON THE ONE THAT’S GONE AND LEFT ME BLUE.

repeat **
A                 D
WELL, BLUE MOON, YEAH, BLUE MOON,
A                 E7
YEAH, BLUE MOON KEEP SHINING BRIGHT,
A
WELL, BLUE MOON KEEP ON SHINING BRIGHT,
D
BRING MY BABY BACK TONIGHT.
A     E7              A
BLUE MOON, YEAH, KEEP SHINING BRIGHT.

repeat *

repeat **
A                   E7           A
YEAH, SHINE ON THE ONE THAT’S GONE AND LEFT ME BLUE.

(c)1946 Southern Music Publishing



このエントリーをはてなブックマークに追加

« »