ポール・マッカートニーのファンサイト(非公認)。ポール・マッカートニーやビートルズの最新ニュース、アルバム・楽曲の解説、ライブ・ツアー記録、新譜・テレビ放送等。

Boil Crisis

Boil Crisis


このエントリーをはてなブックマークに追加

作詞作曲:Paul McCartney
収録時間:(1)4分2秒 (2)4分0秒
収録アルバム:なし
収録シングル:なし

ポールの娘ヘザーがセックス・ピストルズを代表とするイギリスのパンクロックが好きだったのに影響され、パンク・ロックっぽい曲を作ろうとして出来た曲。ポールが新聞記事で読んだオイルショック(Oil Crisis)を文字ってタイトルを付け、そこから物語風の歌詞を作った。
この曲は未発表のままであるが、ポールがDJを担当したラジオ番組『Oobu Joobu』の第2回で、1980年に録音されたデモが放送され、その時にポールがこの曲の制作過程を語っている。
ボーカルのほとんどがハーフ・スポークンである。
この曲のデモは2種類あり、(1)1977年夏に制作されたデモと、(2)1980年にアルバム『Tug Of War』のために制作されたデモ がある。それぞれ以下のブートで聴くことができる。

(1)1977年デモ
London Town Roughs & Demos (Mistral Music — MM 9105)
London Town Sessions (Misterclaudel — mccd 04)
Water Wings (Disc 3) (Vigotone (fake) — VT500 X 2 BEAT)
Home Demo’s (Orange — Orange 14)

(2)1980年デモ
Oobu Joobu Part 1 & 2 (Disk 2) (Yellow Cat Records — YC 046)
Rude Studio Demos (Columbus Records — CD 080)
Studio Tracks Vol. 4 (Chapter One — CO25147)
Tug Of War Demos (Red Square — RS 03)
Give Us A Chord Paul (Angry Dog — AD 9901)
War And Peace (Instant Analysis — R&G 1020)

(1)
演奏:
Paul McCartney: Bass, Guitars, Keyboards, Drums
録音スタジオ:Campbeltown, Scotland
録音日:circa 1977.8
プロデューサー:Paul McCartney
エンジニア:Paul McCartney
イギリス発売日:未発表
アメリカ発売日:未発表
日本発売日:未発表

(2)
演奏:
Paul McCartney: Bass, Guitars, Keyboards, Drums
録音スタジオ:Park Gate Studio, Sussex
録音日:1980.8
プロデューサー:Paul McCartney
エンジニア:Paul McCartney
イギリス発売日:未発表
アメリカ発売日:未発表
日本発売日:未発表

歌詞
Prick the blighter
One night in the life of a kid named Sid
He was scarred with a rod in a pyramid
There was only one thing holding him in check
Well, he didn’t, he must have a chance
‘Cause it’s always doing the ancient dance
She didn’t even glance at the pimple on his neck

You see, he had a boil crisis, boil crisis
Once again, it rears its ugly head

A fairy tale is coming true
In the land of the wife of Mr. Montague
As the fashion folder crapper moseys in
But madam’s mind is occupied
With thousand horrors petrified
She’d admit you to the black head on her chin

She got a boil crisis, boil crisis
Once again, it rears its ugly head

But the fight went on over the life of Sid
On the night in the junior champion’s quest
Is all he will have a modern judge’s toast?
As almost everybody had guessed
The judges found it second best
Through the huge unsightly boil upon his nose

He had a boil crisis
Once again, it rears its ugly head
Prick the blighter

One night in the life of a kid named Sid
He was scarred with a rod in a pyramid
There was only one thing holding him in check
Well, he didn’t, he must have a chance
As long as doing the ancient dance
She didn’t glance at the pimple on his neck

He had a boil crisis, boil crisis
Once again, it rears its ugly head
Boil crisis, boil crisis

Well, the fight went on over the life of Sid
On the night in the junior champion’s quest
As all he will have a modern judge’s toast?
As almost everybody guessed
The judges found it second best
Through the huge unsightly boil upon his nose

(c)1977 MPL Communications

 

« »

コメント

  • waterspout より:

    『London Town』セッションでの当初のデモ・ヴァージョンと、『Tug Of War』期のデモ・ヴァージョンとを聞き比べると、曲構成や歌詞はもちろん細かいドラムパターンや歌い回しまでよく似ていて、後者を録音する際に当初のデモを何度も聴き直してニュアンスをできる限り再現しようと努力した形跡がうかがえるのが面白いです。

    個人的には当初のヴァージョンの方が勢いが感じられ、謎のうなり声も終始入っていてお気に入りですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA