ポール・マッカートニーのファンサイト(非公認)。ポール・マッカートニーやビートルズの最新ニュース、アルバム・楽曲の解説、ライブ・ツアー記録、新譜・テレビ放送等。

Brown Eyed Handsome Man

Brown Eyed Handsome Man


このエントリーをはてなブックマークに追加

作詞作曲:Chuck Berry
収録時間:2分27秒
収録アルバム:Run Devil Run
収録シングル:No Other Baby

オリジナルはチャック・ベリーが1955年に発売した曲。ビートルズもカバーした「Too Much Monkey Business」のB面として発表された。当時バディー・ホリーもカバーし、1963年全英3位のヒットとなった。ポールが初めて聴いたのは、おそらくバディー・ホリーのバージョンであろう。
ポールがアルバムに収録したのは、ジョニー・アレンがチャック・ベリーの「Promised Land」をカバーした時のような、ケイジャン風にアレンジしている。間奏では、クリス・ホールのアコーディオンをフィーチャーしている。
ジョン・レノンもこの曲をレコーディングしたことがあり、弾き語りによるデモ・バージョンが、ラジオ番組「The Lost Lennon Tapes」で放送されたことがある。
シングルB面に収録されたため、プロモーション・ビデオが制作された。1999年10月22日に公道上で行われたプロモーション・ビデオの撮影では、銃(もちろん偽物)が使われたため、本物と勘違いした通行人が警察を呼んで騒ぎになったため、撮影が中止になり、結局、Black Island Studios内で撮影されたダンサーと踊るポールの姿が撮影され、それがビデオに採用された。プロモーション・ビデは公式DVD『Live at the Cavern Club!』のボーナストラックに収録されている。
なお、この曲はライブでも演奏されたことがあり、1999年9月18日ハリウッドでの演奏、1999年11月2日テレビ番組『Later With Jools Holland』での演奏、1999年12月14日リバプール・キャバーンクラブでの演奏は、それぞれ公式DVD『Paul McCartney and Friends / The Peta Concert for Party Animals』、『Later with Jools Holland Legends』、『Live at the Cavern Club!』で見ることができる。その他でもテレビ番組でライブ演奏しており。それぞれ以下のブートで聴くことができる。

(1)『Paul McCartney and Friends / The Peta Concert for Party Animals』リハーサル 1999年9月18日
Party Of The Century – Rehearsals For PETA Concert (Watchtower — WT 2001032)
(2)テレビ番組『Red Alert with The National Lotttery』1999年11月13日
Rock Devil Rock (Yellow Cat Records — YC 068)
Get Off Me Arse! (Label Unknown — MZ 121-122)
(3)テレビ番組『The Apocalypse Tube』1999年11月20日
Devil Music (Fab 4 Records — FAB 4-010)

演奏:
Paul McCartney: Vocal, Bass Guitar, Percussion, Electric Guitar
David Gilmour: Electric Guitar
Mick Green: Electric Guitar(Hi String)
Pete Winfield: Piano
Ian Paice: Drums, Percussion
Chris Hall: Accordion
録音スタジオ:Abbey Road Studios, London
録音日:1999.5.3
プロデューサー:Chris Thomas, Paul McCartney
エンジニア:Geoff Emerick, Paul Hicks, Steve Rooke
イギリス発売日:1999.10.4
アメリカ発売日:1999.10.5
日本発売日:1999.10.5

歌詞・コード
G Dm7 G Dm7 G Dm7 G Dm7 G Dm7 G Dm7 G Dm7 G Dm7

G
Well flying ‘cross the desert in my TWA
I saw a woman walkin’ ‘cross the sand
C
She’d been walking thirty miles en route to Bombay
D              G
To meet a brown eyed handsome man
C     D          G
Her destination was a brown eyed handsome man

Way back in history, three thousand years
In fact ever since the world began
There’s been a whole lotta women sheddin’ tears
Over a brown eyed handsome man
A lot of trouble was a brown eyed handsome man

G C D G Dm7 G Dm7 G Dm7 G Dm7 G Dm7 G Dm7

G Dm7 G Dm7

Well the Milo de Venus was a beautiful lass
She had the world in the palm of her hand
She lost both her arms in a wrestling match
To win a brown eyed handsome man
She fought and won herself a brown eyed handsome man

Well the beautiful daughter couldn’t make up her mind
Between a doctor and a lawyer man
Her mother told her daughter, Go out and find yourself
A brown eyed handsome man
Just like your daddy was, a brown eyed handsome man

Well a-two-three the count with nobody home
He hit a hi’ flyer into the stand
A rounded third, he was heading for home
It was a brown eyed handsome man
C       D      G
That won the game, it was a brown eyed handsome man
Dm7     G     Dm7    G
It was a brown eyed handsome man

(c) Arc Music Corp.

 

« »