ポール・マッカートニーのファンサイト(非公認)。ポール・マッカートニーやビートルズの最新ニュース、アルバム・楽曲の解説、ライブ・ツアー記録、新譜・テレビ放送等。

Celebration

Celebration


このエントリーをはてなブックマークに追加

作詞作曲:Paul McCartney
収録時間:(1)1分53秒 (2)2分53秒
収録アルバム:なし
収録シングル:なし

未発表のインストゥルメンタル曲。未発表とは言え、公式DVD『Back In The U.S.』購入者だけがアクセスできたシークレット・ウェブサイトで、2002年のツアー・リハーサルでこの曲を演奏するシーンを見ることができた。2002年のリハーサルで演奏しているが、本番のライブで演奏されたことはない。
また、この曲はアニメーション『Rupert The Bear』のために作られた未発表サウンドトラックのために録音された。1978年7月にキャンベルタウンでウィングスのメンバーにより録音されたデモがブートで聴くことができる。この時は「Sea Melody」という曲名が付けられている。
さらに、この曲はインストゥルメンタルであるため、ポールのクラシック作品『Standing Stone』の「Movement Ⅳ」においてもメロディーの一部が準用されている。
2001年に放送されたテレビ・ドキュメンタリー『Paul McCartney With The Beatles』でも、BGMとしてポールのピアノ演奏によるこの曲が使用された。日本でもBS放送の「BS FUJI」で放送されたことがある。
この曲が聴けるブートを以下に列記する。

(1)1978年7月未発表サントラ『Rupert The Bear』
Rupert The Bear (Library Product — 2333)
Studio Tracks Vol. 2 (Chapter One — CO 25142)
The Animated Film Soundtracks (Moonlight — ML 9634)
The RuPaul Tapes (Broad Street Toons — BST 1984)
Oobu Joobu Part 11 (Yellow Cat Records — YC 055)
Water Wings (Disc 1) (Vigotone (fake) — VT500 X 2 BEAT)

(2)2002年ツアー・リハーサル
Secret Show Extra 2002 (Now Disc International — NOW 04)

(1)
演奏:
Paul McCartney: Piano, Keyboards
Linda McCartney: Keyboards, Backing Vocal
Denny Laine: Bass, Backing Vocal
Laurence Juber; Electric guitar, Backing Vocal
Steve Holly: Drums, Backing Vocal
録音スタジオ:Spirit Of Ranachan, Campbeltown, Scotland
録音日:1978.7
プロデューサー:unknown
エンジニア:unknown
イギリス発売日:未発表
アメリカ発売日:未発表
日本発売日:未発表

(2)
演奏:
Paul McCartney: Piano
Rusty Anderson: Guitar
Brain Ray: Bass
Paul “Wix” Wickens: Keyboards
Abe Raboriel Jr.: Drums
録音スタジオ:unknown
録音日:circa 2002.4-5
プロデューサー:Paul McCartney
エンジニア:David Kahne
イギリス発売日:未発表
アメリカ発売日:未発表
日本発売日:未発表

 


« »

コメント

  • waterspout より:

    クラシック作品に準用して、さらにツアー・リハーサルで何度も取り上げるなんて、相当お気に入りのメロディなんでしょうね。確かに、すごくシンプルで美しいメロディですね。

    自分は『Rupert The Bear』の「Sea Melody」でこの曲を知ったくちなので、『Standing Stone』で聴き慣れたメロディがフルオーケストラ&合唱隊で演奏されているのが何だかおかしくて仕方ありません(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA