ポール・マッカートニーのファンサイト(非公認)。ポール・マッカートニーやビートルズの最新ニュース、アルバム・楽曲の解説、ライブ・ツアー記録、新譜・テレビ放送等。

Check My Machine

Check My Machine


このエントリーをはてなブックマークに追加

作詞作曲:Paul McCartney
収録時間:5分49秒
収録アルバム:McCartney Ⅱ(bonus track)
収録シングル:Waterfalls

シングル「Waterfalls」のB面に収録された曲。アルバム『McCartneyⅡ』のセッションでレコーディングされた曲であるが、元々、アルバム『McCartneyⅡ』には収録されておらず、CD化されるときにボーナストラックとして追加された。
曲のタイトル通り、シンセサイザーとミキサーのチェックを行うために録音された曲である。タイトルを連呼するポールのボーカルも、音色の変化をかなり加えており、遊びの要素が強い。
元々8分半近くあった曲だが、発売されるときに6分弱に編集された。以下のブートでは、約8分半のオリジナル・バージョンを聴くことができる。

The Lost Mccartney II Album – CD 2 (Birthday Records — BR 042)
The Lost McCartney Album (Disc 2) (Voxx — VOXX 0007-02)
The Original McCartney II Double Album (Ram Records — RAM 004)

演奏:
Paul McCartney: All Instruments and Voices
録音スタジオ:Peasmarsh, East Sussex, Spirit Of Ranachan Studio, Scotland
録音日:1979.6-7
プロデューサー:Paul McCartney
エンジニア:Paul McCartney
イギリス発売日:1980.6.13
アメリカ発売日:1980.7.22
日本発売日:1980.8.5

歌詞
(Spoken) Sticks And Stones May Break My Bones
But Names Will Never Hurt Me

Check My Machine
Check Check Check Check Check My Machine
Check My Machine
Check Check Check Check Check My Machine

(Repeat)

I Got A Woman A Long Time Ago
I Had Trouble
I Want You To See What You Can See

Check My Machine
Check Check Check Check Check My Machine
Check My Machine
Check Check Check Check Check My Machine

(Ad Lib)

I Want You To Check Check Check Check Check My Machine Check Check Check Check Check My Machine

(Ad Lib)
Check Check Check Check Check My Machine

(Repeat)

(c) 1980 MPL Communications, Ltd. Administered by MPL Communications, Inc.

 

« »

コメント

  • waterspout より:

    この曲は、ある意味においてポール・マッカートニーの最高傑作です!(笑)

    ここまでぶっ壊れたポールを他に聴いたことがありません。終始変なファルセット調で歌っているし、曲調もテクノとレゲエとカントリーと日本の音頭を混ぜたような変てこなものだし…。『McCartneyII』特有のチープなサウンドがさらに異様な雰囲気を助長していて、もう面白くて仕方ありません。個人的には全マッカートニー・ナンバーのTOP50には余裕で入るほどのお気に入りです。

    特にお気に入りなのが冒頭の台詞のくだりですね。あれは実は何かのアニメの音声を適当に抜粋して脈絡なく切り貼りしているだけだそうですが、この曲のぶっ壊れた感じを効果的に演出しますよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA