ポール・マッカートニーのファンサイト(非公認)。ポール・マッカートニーやビートルズの最新ニュース、アルバム・楽曲の解説、ライブ・ツアー記録、新譜・テレビ放送等。

Coquette

Coquette


このエントリーをはてなブックマークに追加

作詞作曲:Green John W, Lombardo Carmen, Kahn Gus
収録時間:2分41秒
収録アルバム:Run Devil Run
収録シングル:なし

オリジナルは1927年に作られたスタンダードナンバーで、グレン・ミラー・オーケストラなどが演奏している。ポールがカバーしたバージョンは、ファッツ・ドミノが1958年に発表したシングル「Whole Lotta Lovin’」のB面で発表されたバージョンである。
「Coquette」とは、”男たらしの女”という意味。鶏の鳴き声が語源。
ポールは当初、レコーディングしたボーカルを気に入らなかったという。
「最初のテイクを聴いて『これって、パブにいるシンガーみたいだ』と思った。そういう歌い方をしたくなかったんだけど、よく考えると、これってパブで歌っている歌なんだって分かった。グラスゴーで土曜日の夜に歌っているようなね。ファッツ・ドミノはそういう風に歌っていたんだ。ファッツの歌い方が好きなので、もう他の歌い方は出来なくなった。」(ポール)

演奏:
Paul McCartney: Vocal, Bass Guitar, Electric Guitar
David Gilmour: Electric Guitar
Mick Green: Electric Guitar
Pete Winfield: Piano
Ian Paice: Drums
録音スタジオ:Abbey Road Studios, London
録音日:1999.3.1
プロデューサー:Chris Thomas, Paul McCartney
エンジニア:Geoff Emerick, Paul Hicks, Steve Rooke
イギリス発売日:1999.10.4
アメリカ発売日:1999.10.5
日本発売日:1999.10.5

歌詞・コード
C F C G

C               G7
Hear me, why you keep foolin’, little coquette
C      G7
Making fun of the one who loves you
C               G7
Breakin’ hearts you are rulin’, little coquette
C
True hearts, tenderly dreamin’ of you

C7
Some day you’ll fall in love
F           E Eb D7
As I fell in love with you
D7
Maybe the one you love
G7          G7aug
Will just be foolin’ too

C              G7
And when you are alone, with all your regrets
C     G7
You know, my little coquette, I love you

Some day you’ll fall in love
As I fell in love with you
Now maybe the one you love
Will just be foolin’ too

And when you are alone, with all your regrets
C     F C Db9 C9
Now you know, my little coquette, I love you

(c)1927 EMI Feist Catalog Inc./Gilbert Keyes Music

 

« »