ポール・マッカートニーのファンサイト(非公認)。ポール・マッカートニーやビートルズの最新ニュース、アルバム・楽曲の解説、ライブ・ツアー記録、新譜・テレビ放送等。

Crossroads Theme

Crossroads Theme


このエントリーをはてなブックマークに追加

作詞作曲:Tony Hatch
収録時間:59秒
収録アルバム:Venus And Mars
収録シングル:なし

60年代英国ガールズ・ポップの草分け的存在ペトゥラ・クラークの夫として知られる作曲家トニー・ハッチが書いたナンバー。イギリスのテレビ局ITVで放送されていたメロ・ドラマ「Crossroads」のテーマ曲。イギリス国内では有名な曲である。
ポールはこの曲を、アルバムを締めくくるナンバーとして取り上げた。
「トニー・ドーシー(ウィングスのホーンセクションのメンバー)が好きな曲なんだ。彼はこの曲を僕が書いたと思っていたようだ。この曲を取りあげたのはイギリス式のちょっとしたジョークなんだ。この曲がジョークと分からなければ、単にアルバムの終わりの曲に聞こえる。『みなさん、ダイアナ・ロスでした!』と言って、ダイアナ・ロスがステージから降りた後に、オーケストラが演奏を続けているようなもんだ。ジョークとして捉えると、この曲は”Lonely Old People”っていう曲の後にあるってことだ。歌詞には”Nobody asked us to play”(誰も演奏してくれって頼まない)ってあって、老人は曲が終わったあと、何をするわけでもない。老人には関わりたくないってこと。イギリスの老人は、テレビ番組”Croassroad”を見るのが好きなんだ。つまりそれがジョークってこと。実際、僕らの演奏したこのバージョンがテレビ番組のテーマとして使われているんだ。」(ポール)
ポールが語るように、1975年にこのウィングスの演奏したバージョンが、実際にテレビ番組『Crossroad』として使われた。リード・ギターはポールが弾いている。
ベーシック・トラックはニュー・オリンズでレコーディングされ、オーケストラ部分は、1975年3月10日に Wally Heider Studio で録音された。
この曲のオルタネイト・バージョンが2種類、以下のブートで聴くことができる。

(1) Venus And Mars Paul’s Rough Sketch (Master Of Orange — MOO 10008)
Venus And Mars Unknown Mixes (Master Of Orange — MOO 00003)
(2) Venus And Mars Outtakes Are Alright Tonight CD 2 (No Pig — NP 1906 2)

演奏:
Paul McCartney: Bass, Keyboards, Guitar
Linda McCartney: Keyboards
Jimmy McCulloch: Guitars
Joe English: Drums
録音スタジオ:Sea Saint Studios, New Orleans
録音日:1974.11-1975.3, 1975.3.10
プロデューサー:Paul McCartney
エンジニア:Alan O’Duffy, Geoff Emerick
イギリス発売日:1975.5.30
アメリカ発売日:1975.5.27
日本発売日:1975.6.20

 

« »