ポール・マッカートニーのファンサイト(非公認)。ポール・マッカートニーやビートルズの最新ニュース、アルバム・楽曲の解説、ライブ・ツアー記録、新譜・テレビ放送等。

The Fool On The Hill

The Fool On The Hill


作詞作曲:John Lennon, Paul McCartney
収録時間:(1)5分1秒 (2)3分9秒
収録アルバム:(1)Tripping The Live Fantastic, Tripping The Live Fantastic Hightlights (2)Back In The U.S., Back In The World
収録シングル:なし

ビートルズ時代の1967年に、アルバム(イギリスではEP)『Magical Mystery Tour』で発表した曲。丘の上に建つ世捨て人のことを歌った歌であるが、正論を説くが世の中から相手にされない偉人を隠喩としていると歌詞から推測できる。
ポールはこの曲をウィングス時代のライブから取り上げており、ライブで演奏したのは、1979年のウィングス・イギリスツアー、1989-90年のゲットバック・ツアー、そして2002-3年のツアーである。このうち、1989-90年のゲットバック・ツアー、1989-90年のゲットバック・ツアー、そして2002-3年のツアーでの演奏については、公式ライブで発表している。
1979年の演奏の時は、ホーン・セクションがフルートやリコーダーを演奏した神秘的な演奏となっている。1989-90年のゲットバック・ツアーの時は、曲を演奏する前に「この曲を、ジョン、ジョージ、リンゴに捧げます」とコメントし、曲のエンディング部分のリフレインを追加し、そこにマーティン・ルーサー・キング牧師の有名な演説を流した。マーティン・ルーサー・キング牧師を「正論を説く偉人」に重ねているのであろう。
2002-3年のツアーでは、ウィックスのキーボードに合わせて、ポールがエレキ・ピアノ(ポールは「マジック・ピアノ」と呼んでいる)で弾き語りする。この曲を演奏する前に、エレキピアノで幻想的なフレーズを弾き、「マッサージタイム」と言って、ツアーで各地に宿泊した際にマッサージを受けた体験談を話す。その中には、東京でマッサージを受けている時に、マッサージ師のおばあさんが「Yesterday」を歌うというエピソードも含まれている。
公式アルバムに収録されている以外のライブバージョンは、以下のブートで聴くことができる。

(3)1979年12月17日グラスゴー公演
Last Flight – Disc 1 (Vigotone — Vigotone 164)
Glasgow 1979 (Cool Orangesicle — C 3 201)
(3)1990年1月23日ロンドン公演
Welcome To Wombley – CD 1 (Voxx — VOXX 0003-01)
(4)1989年12月9日モントリオール公演、1990年7月15日フィラデルフィア公演、
公式ビデオ『Get Back』
(5)1990年6月28日リバプール公演
Imagine In Liverpool (The Comeback) (Red Phantom — RPCD 1025)
Radio One’s Liverpool Concert June 1990 (FM) (Liverpool Concert) (Goblin Records — CD3004)
(6)1990年7月4日ワシントン公演
Live at Robert F Kennedy Stadium Part2 (Label Unknown)
4th Of July (CD 1) (Yellow Cat Records — YC 009)
Independance Day (Disc 1) (Red Phantom — RPCD 2135/36)
(8)2002年4月24日ワシントン公演
Driving Macca! (Label Unknown)
(9)2002年5月15日タンパ公演
Live In Tampa Florida 2002 (Night Hawk)
(10)2003年5月24日モスクワ公演
The Complete Russia Concert (DVD 2) (Macca Fan Records — MFR 2003)

(1)
演奏:
Paul McCartney: Piano, Vocal
Linda McCartney: Keyboards, Vocal
Paul “Wix” Wickens: Keyboards, Backing Vocal
Chris Whitten: Drums
Robbie Mclntosh; Electric Guitar, Backing Vocal
Hamish Stuart: Bass, Backing Vocal
録音スタジオ:live from Wembley
録音日:1990.1.13
プロデューサー:Paul McCartney, Bob Clearmountain & Peter Henderson
エンジニア:Bob Clearmountain
イギリス発売日:1990.11.5
アメリカ発売日:1990.11.6
日本発売日:1990.11.5

(2)
演奏:
Paul McCartney: Vocal, Keyboard
Paul “Wix” Wickens: Keyboards
録音スタジオ:live from Washington
録音日:2002.4.23
プロデューサー:Paul McCartney
エンジニア:David Kahne
イギリス発売日:2003.3.17
アメリカ発売日:2002.11.26
日本発売日:2002.11.13

歌詞
Day after day alone on a hill the
man with the fool grin is keeping perfectly still, But
nobody wants to know him, they can see that he’s justa fool and
he never gives an answer.

But the fool on the hill sees the sun going down and the
eyes in his head see the world spinning round

Well on the way head in a cloud, the
man of thousand voices talking perfectly loud, But
nobody ever hears him, or the sound he appears to make and
he never seems to notice.

But the fool on the hill sees the sun going down and the
eyes in his head see the world spinning round

Day after day alone on a hill the
man with the foolish grin is keeping perfectly still, And
nobody seems to like him, they can tell what he wants to do and
he never shows his feelings.

But the fool on the hill sees the sun going down and the
eyes in his head see the world spinning round

Day after day alone on a hill the
man with the foolish grin is keeping perfectly still.
He never listens to them he knows that they’re fools
They don’t like him.

But the fool on the hill sees the sun going down and the
eyes in his head see the world spinning round

C Am C

(c)1967 Nothern Songs. Ltd.

※2004年時点の情報です。

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »