ポール・マッカートニーのファンサイト(非公認)。ポール・マッカートニーやビートルズの最新ニュース、アルバム・楽曲の解説、ライブ・ツアー記録、新譜・テレビ放送等。

Eat At Home(出ておいでよお嬢さん)

作詞作曲:Paul McCartney, Linda McCartney
収録時間:3分22秒
収録アルバム:Ram, Wingspan (Japan only)
収録シングル:Eat At Home (Japan only)、Uncle Albert / Admiral Halsey (UK only)

家庭生活に入ったポールがリンダへ向けて歌ったものと言われているバディー・ホリー風の軽快なロック。リンダのコーラスが印象的。日本とドイツのみでシングルカットされ、また、ベスト盤『Wingspan』の日本盤のボーナストラックとして収録されている。
1975年秋にポールはこの曲のことを「家庭料理に対する要望だよ。ちょっと卑猥な。」と答えており、歌詞には性的な意味を内包しているとも考えられる。
1972年のヨーロッパツアーのオープニングナンバーとしてライブ演奏され、8月のヨーロッパツアーでは、オープニングのインストゥルメンタル・ナンバーとのメドレーで演奏している。

演奏:
Paul McCartney: Bass, Guitars, Keyboards, Vocals
Linda McCartney: Vocals
Dave Spinoza: Guitars
Hugh McCracken: Guitars
Denny Seiwell: Drums
録音スタジオ:Columbia Recording Studio, A&R Recording Studios, NY, and Sound Recorders Studio, LA
録音日:1970.12-1971.4
プロデューサー:Paul & Linda McCartney
エンジニア:Tim, Ted, Phil, Dixson, Armin and Jim
イギリス発売日:1971.5.21
アメリカ発売日:1971.5.17
日本発売日:1971.6.25

 

歌詞・コード
Bb        Eb
Come on, little lady
Bb
Lady, let’s eat at home
Eb
Come on, little lady
Bb
Lady, let’s eat at home
F        Bb
Eat at home, eat at home

Come on, little lady
Lady, let’s eat in bed
Come on, little lady
Lady, let’s eat in bed
Eat in bed, eat in bed

F
Bring the love that you feel for me
Bb
Into line with the love I see
F
And in the morning you bring to me
Bb    B  C  F
Lo-o-o-o-oooo-ooo-o-ooove

Come on, little lady
Lady, now don’t do that
Come on, little lady
Lady, now don’t do that
F      A        B
Don’t do that, don’t do that oo oo ooo ooo oo

F Bb F Bb

Bb    B  C  F
Lo-o-o-o-oooo-ooo-o-ooove

Come on, little lady
Lady, let’s eat at home
Come on, little lady
Lady, let’s eat at home
Eat at home, eat at home

Bb Eb Bb Eb Bb F Bb

Bring the love that you feel for me
Into line with the love I see
And in the morning you bring to me
Lo-o-o-o-oooo-ooo-o-ooove

Come on, little lady
Lady, now don’t do that
Come on, little lady
Lady, now don’t do that
Don’t do that, don’t do that
Don’t do that
Don’t do that
Don’t do that
Don’t do that

(c) 1971 (Renewed) Paul McCartney and Linda McCartney. Administered by MPL Communications, Inc.

Dear Boy

作詞作曲:Paul McCartney, Linda McCartney
収録時間:2分12秒
収録アルバム:Ram
収録シングル:なし

多重録音を利用したコーラス・ワークを中心とした曲。曲風はビーチボーイズか、バート・バカラックの『Butch Calssidy and the Sundance Kid』のような感じである。
歌詞の内容はジョン・レノンの当てつけだと言われているが、ポールはこれを否定している。
「”Dear Boy”はジョンへ宛てたものではないんだ。リンダの前夫に宛てた曲だったんだ。歌詞に”I guess you never knew what you had missed”(君が何の過ちを犯したかは決して分からないと思うよ)ってあるんだけど、これを実際に彼に言わなくてよかった。だって、彼は自殺しちゃったんだもの。『リンダが困惑しているっていうのを、君は気付いていないと思う。』っていうのが歌詞の意味なんだ。」(ポール)
この曲のレコーディングがニューヨークで行われたかどうかは記録に残っていないが、ヒュー・マクラッケンはレコーディングに参加していないことは明らかになっている。また、オーバーダビングが、1971年3月9,10,12日にロスの Sound Recorders スタジオで行われたことは明らかになっており、それぞれ、夕方4時から7時と、7時半から12時まで行われた。また、同じスタジオで4月7日の昼2時から5時まで作業が行われたことも明かになっている。
この曲のアウトテイクは発見されていないが、モノラルのプロモ盤には、ボーカルとコーラスのミックスが少し異なる別ミックスが収録されている。

演奏:
Paul McCartney: Bass, Guitars, Keyboards, Vocals
Linda McCartney: Vocals
Dave Spinoza: Guitars
Denny Seiwell: Drums
録音スタジオ:Columbia Recording Studio, A&R Recording Studios, NY, and Sound Recorders Studio, LA
録音日:1970.12-1971.4
プロデューサー:Paul & Linda McCartney
エンジニア:Tim, Ted, Phil, Dixson, Armin and Jim
イギリス発売日:1971.5.21
アメリカ発売日:1971.5.17
日本発売日:1971.6.25

歌詞・コード
Am         Am/G      Fmaj7      Bm7 E7
I guess you never knew, dear boy, what you had found,
Am         Am/G       Fmaj7     Bm7         E7
I guess you never knew, dear boy, that she was just the cutest thing around.
F           C           G/B       Am7
I guess you never knew what you had found, dear boy.

Am          Am/G       Fmaj7     Bm7 E7
I guess you never saw, dear boy that love was there,
Am            Am/G      Fmaj7        Bm7    E7
And maybe when you look too hard, dear boy, you never do become aware.
F           C    G/B     Am7
I guess you never did become aware, dear boy.

Dm       D/F#    C/G    G Am Am/G
When I stepped in, my heart was down and out,
F      Dm     D/F#    C/G   G
but her love came through and brought me round,
C/G   G    Am
got me up and about.

I hope you never know, dear boy, how much you missed,
And even when you fall in love, dear boy,
it won’t be half as good as this

I hope you never know how much you missed,
Am G F C/E Dm C Bm7-5 E7 Am
Dear boy, how much you missed, dear boy

(c) 1971 (Renewed) Paul and Linda McCartney. Administered by MPL Communications, Inc.

The Back Seat Of My Car

作詞作曲:Paul McCartney
収録時間:(1)4分26秒 (2)4分51秒
収録アルバム:(1)Ram, Wingspan (2)Thrillington
収録シングル:The Back Seat Of My Car (UK only)

ポールの2枚目のアルバム『Ram』のラストに収録された曲。ビーチ・ボーイズのアルバム『Pet Sounds』に影響されたかのような複雑な曲構成はポールの曲作りにおける技巧的な一面が感じられる。
歌詞の内容は、50年代アメリカのティーンエイジャーの恋愛を表現しているかのよう。
「’The Back Seat Of My Car’はティーンエイジャーの曲だ。僕にとっては昔の話だけどね。彼女の家に行ったときに、彼女の両親に会って、自分が何者か説明しないといけないような年頃だ。この曲はドライブにぴったりの古風な曲だよ。もちろん’back seat’とは、抱き合うこと。」(ポール)
曲自体はビートルズ時代から出来ていたようで、1969年1月14日のゲットバック・セッションで演奏している。
ポール自身もこの曲を気に入っているようで、ベストアルバム『Wingspan』に収録されている。アメリカで発売されたシングル「Uncle Albert/ Admiral Halsey」と対になって、イギリスでシングルとして発売されたがヒットせず、最高39位までしか上昇しなかった。
また、この曲が収録されているアルバム『Ram』の収録曲全てをビッグ・バンドのアレンジで録音したアルバム『Thrillington』にもこの曲のインストゥルメンタルが収録されている。
アメリカのラジオ局向けに配られたアルバムのサンプル盤は音声はモノラルで演奏自体は同じであるが、少し違ったミックスで収録されている。
この曲のラフ・ミックス(インストゥルメンタル・バージョン)も見つかっており、以下のブートで聴くことができる。

Unsurpassed Masters Vol. 2 (Strawberry Records — STR 003)
The Alternate Wingspan – Disc 4 (No Label)

(1)
演奏:
Paul McCartney: Bass, Guitars, Keyboards, Vocals
Linda McCartney: Vocals
Dave Spinoza: Guitars
Hugh McCracken: Guitars
Denny Seiwell: Drums
録音スタジオ:Columbia Recording Studio, A&R Recording Studios, NY, and Sound Recorders Studio, LA
録音日:1970.12-1971.4
プロデューサー:Paul & Linda McCartney
エンジニア:Tim, Ted, Phil, Dixson, Armin and Jim
イギリス発売日:1971.5.21
アメリカ発売日:1971.5.17
日本発売日:1971.6.25

(2)
演奏:
Vic Flick: Guitar
Clem Cattini: Drums
Herbie Flowers: Bass
Steve Grey: Piano
Roger Coulan: Organ
Jim Lawless: Percussions
録音スタジオ:Abbey Road Studio, London
録音日:1971.6.15-17
プロデューサー:Percy “Thrills” Thrillington (aka. Paul McCartney)
アレンジ:Richard Hewson
エンジニア:Tony Clark, Alan Parsons
イギリス発売日:1977.4.29
アメリカ発売日:1977.5.16

歌詞・コード
Cm7
Cm         F    Cm        F
Speed along the highway, honey, I want it my way,
Bb       Eb     Dm+      Cm7
But listen to her daddy’s song, “Don’t stay out too long.” Ooh,
Cm    F    Cm          F         Bb Bb7sus4 Bb Bb7sus4
We’re just busy hiding, sitting in the back seat of my car. Ooh, ooh, ooh.

The lazy lights are pretty, we may end up in Mexico City,
But listen to her daddy’s song, “Making love is wrong.” Ooh,
We’re just busy riding, sitting in the back seat of my car. Ooh, ooh, ooh.
Cm F Cm F Cm F Cm F Bb Eb Dm+ Cm7
Ooh, ooh, ooh, ooh, ooh, ooh, ooh, ooh.

Oh we was only hiding, sitting in the back seat of my car. Ooh, ooh, ooh.
And when we’ve finished driving we can say we were late in arriving.
Bb       Eb    Dm+           Cm
And listen to her daddy’s song, we believe that we can’t be wrong. Hey!
Eb Dm+            Cm
Oh oh we believe that we can’t be wrong,
Oh oh we believe that we can’t be wrong.
Cm          F   Cm      F         Bb
We can make it to Mexico City, sitting in the back seat of my car.
Bb7sus4 Bb Bb7sus4 Bb Bb7sus4 Bb Bb7sus4 Bb Bb7sus4 Bb Bb7sus4
Ooh, ooh, ooh, ooh, ooh, ooh, ooh, ooh, ooh, ooh, ooh.
Cm F Cm F Bb
Ooh, ooh, ooh, ooh.
Eb Dm+             Cm
Oh oh we believe that we can’t be wrong,
Oh oh we believe that we can’t be wrong,
Oh oh we believe that we can’t be wrong,
Oh oh we believe that we can’t be wrong,
Oh oh we believe that we can’t be wrong,
Eb Dm+               Cm     Cm7 Ab Eb Bb7sus4
Oh oh we believe that we can’t be wrong, no, no, no.
Eb Dm+          Cm      Cm7
Wah ah we believe that we can’t be wrong,
Ab Eb Bb7sus4 Db Cm Bbm Ab Gm Fm Eb
No, no, no.
Bb Bb7sus4 Bb Bb7sus4 Bb Bb7sus4
Ooh ah.


Another Day

作詞作曲:Paul McCartney
収録時間:3分40秒
収録アルバム:Ram (Bonus Track), Wings Greatest, All The Best, Wingspan
収録シングル:Another Day

ポール・マッカートニーにとって、ビートルズ解散後のソロキャリアでのファースト・シングルとなった曲。B面は「Oh Woman, Oh Why?」。アメリカ・ビルボードで5位、イギリスで2位まで上昇し、ソロ時代初めてのヒットとなった曲で、ポールの代表曲の1つ。3種類のベスト・アルバムそれぞれに収録されている。
曲自体はビートルズ時代に作ったものであり、1969年のビートルズの「ゲット・バック・セッション」でも、ポールがピアノの弾き語りで演奏した曲であり、1969年1月9日と25日のセッションで聴くことができる。
レコーディングはアルバム『RAM』の制作時に行われたため、演奏に参加したミュージシャンはアルバム『RAM』と同じである。この時のレコーディングに参加したドラマー、デニー・シーウェルが後のウィングスの初代ドラマーとなる。
最初に発売されたシングルでは、作曲者としてリンダ・マッカートニーもクレジットされていたが、リンダが作曲した事実がないとして、当時の版権会社ノーザン・ソングスの社長、サー・ルー・グレードが、リンダの作曲者クレジットからの削除を求めて訴訟を起こした。結局、ポールはベスト・アルバムでのクレジットを単体とする。
「リンダが作曲者として認識されるかどうかは、重要じゃないって思ってた。僕が誰と一緒に作業しようとも、そのコラボレーションがどんな形であろうと、僕が作曲するのを手伝ってくれた人は、その権利の一部を所有してもいいと思う。」(ポール)
リンダは、この訴訟に触発され、自ら「Seaside Woman」を書いたと言われている。
ポールの代表曲の1つであるにも関わらず、この曲がライブで演奏されたのは、1993年のツアーのみである。

演奏:
 Paul McCartney: Bass, Guitars, Keyboards, Vocals
 Linda McCartney: Vocals
 Dave Spinoza: Guitars
 Hugh McCracken: Guitars
 Denny Seiwell: Drums
録音スタジオ:A&R Studios, Colimbia Studios, Nwe York and Sound Recorders, LA
録音日:1971.1
プロデューサー:Paul McCartney, Linda McCartney
エンジニア:Tim, Ted, Phil, Dixson, Armin and Jim
イギリス発売日:1971.2.19
アメリカ発売日:1971.2.22
日本発売日:1971.4.5

歌詞・コード
    G                      B7
Every day she takes a morning bath as she wets her hair,
Em                     Am                       D7   G
Wraps a towel around her, as she’s heading for the bedroom chair, it’s just another day.

C        G
Slipping into stockings,
C        G
Stepping into shoes,
C         G        A
Dipping in the pocket of her raincoat.
D7        G
Ah, it’s just another day.

    G                     B7
At the office where the papers grow she takes a break,
Em                   Am                    D7   G
Drinks another coffee, and she finds it hard to stay awake, it’s just another day.

C         D7         G
Du du du du du du, it’s just another day
E7        Am   D7          G
Du du du du du du, it’s just another day

D7 Em
Ahhy
Em    Cmaj9
So sad, so sad,
A           Cmaj7 Em
Sometimes she feels so sad.
Cmaj7
Alone in her apartment she’d dwell,
A          Cmaj7   Em
Till the man of her dreams comes to break the spell.
E  Am        D      D+     D6
Ah, stay, don’t stand around, and he comes and he stays

A6 B7 Em  Em9 C   B7
But he leaves the next day, so sad
A9         Cmaj7   Em
Sometimes she feels so sad.

    G              B7
As she posts another letter to the sound of five,
Em                   Am                    D7     G
People gather ‘round her, and she finds it hard to stay alive, it’s just another day.

Du du du du du du, it’s just another day
Du du du du du du, it’s just another day

So sad, so sad,
Sometimes she feels so sad.
Alone in her apartment she’d dwell,
Till the man of her dreams comes to break the spell.

Ah, stay, don’t stand around, and he comes and he stays
But he leaves the next day, so sad
Sometimes she feels so sad.

G                    B7
Every day she takes a morning bath as she wets her hair,
Em                    Am                     D7     G
Wraps a towel around her, as she’s heading for the bedroom chair, it’s just another day.

C      G
Slipping into stockings,
C      G
Stepping into shoes,
C       G           A
Dipping in the pocket of her raincoat.
D7
G
Ah, it’s just another day.
Am         D7        G
Du du du du du du, it’s just another day
E7       Am         D7  G F C G
Du du du du du du, it’s just another day.

(c) 1971 Paul and Linda McCartney Administered by MPL Communications, Inc.