ポール・マッカートニーのファンサイト(非公認)。ポール・マッカートニーやビートルズの最新ニュース、アルバム・楽曲の解説、ライブ・ツアー記録、新譜・テレビ放送等。

1973Band on the Run

Country Dreamer

作詞作曲:Paul McCartney, Linda McCartney
収録時間:3分7秒
収録アルバム:Red Rose Sppedway (bonus track), Band On The Run (bonus track)
収録シングル:Helen Wheels

1973年のシングル「Helen Wheels」のB面に収録されたカントリー。アルバム『Red Rose Speedway』のセッションで、1972年終わりにレコーディングされたが、アルバム『Red Rose Speedway』には収録されず、CD化された時にボーナス・トラックとして収録された。1993年にアルバムがリマスターされて再発されたときは、アルバム『Band On The Run』の方のボーナス・トラックとして追加された。よって現在入手しようと思えば、アルバム『Band On The Run』の方を購入すればいい。
カントリー・フレーバーあふれるポールのアコースティック・ギターの演奏、ヘンリー・マッカロウのスライド・ギター、そしてポールのユニゾン・ボーカルが心地よい。
日本のグループ、ブラウン・ライスのデビュー曲として提供された。
(1)1973年に放送されたテレビ番組『James Paul McCartney』のギター弾き語りセッションでも演奏されたが、この時はキーをCからEに変更させている。また(2)1974年8月の8月のアコースティック・セッション「Backyard」でも演奏している。それぞれ以下のブートで聴くことができる。

(1)テレビ番組『James Paul McCartney』
The Making Of James Paul McCartney (ReproMan — RPM 106)
The Making Of James Paul McCartney (Midnight Beat — MB CD 114)

(2)「Backyard」セッション
Backyard+ (Yellow Cat Records — YC029)
Good Times Comin’ (Vigotone — VT-121)

演奏:
Paul McCartney: Vocal, Acoustic Guitar, Keyboard
Linda McCartney: Backing vocal
Denny Laine: Bass, Backing vocal
Denny Seiwell: Drums
Henry McCullough: Electric guitar, Backing vocal
録音スタジオ:Olympic Sound Studios, Barnes
録音日:1972.3-12
プロデューサー:Paul McCartney
エンジニア:Alan Parsons, Richard Lush, Dixson Van Winkie, Tim Geeland, Glyn Johns, David Hentschel
イギリス発売日:1973.10.26
アメリカ発売日:1973.11.12
日本発売日:1973.12.20

歌詞・コード
C     F     C
I’d like to walk in a field with you,
G7    F      C      G7
take my hat and my boots off too.
C     F     C    A7
I’d like to lie in a field with you.
D7      G7     C   A7
Would you like to do it too, May?
D7     G7      C G7
Would you like to do it too?

I like to stand in the stream with you,
roll my trousers up and not feel blue.
I’d like to wash in a stream with you.
D7       G7      C
Would you like to do it too?

Am             G
You and I, country dreamer,
F                  C
when there’s nothing else to do;
Am             G
Me oh my, country dreamer,
F                  G
make a country dream come true.

I’d like to climb up a hill with you,
stand on top and admire the view.
I’d like to roll down a hill with you.
Would you like to do it too, May?
Would you like to do it too?

You and I, country dreamer,
when there’s nothing else to do;
Me oh my, country dreamer,
make a country dream come true.

I’d like to climb up a hill with you,
take my hat and my boots off too.
I’d like to lie in a field with you.
Would you like to do it too, May?
D7 G7 C A7
Would you like to do it too, May?
D7 G7 F C
Would you like to do it too?


(c) 1974 (Renewed) Paul and Linda McCartney. Administered by MPL Communications, Inc.
(c) Jash http://pmccartney.com

Bluebird

作詞作曲:Paul McCartney, Linda McCartney
収録時間:(1)3分21秒 (2)3分43秒 (3)54秒
収録アルバム:(1)Band On The Run (2)Wings Over America (3)Band On The Run 25th Anniversary Edition
収録シングル:Bluebird (Germany only)

ポールが1971年頃にジャマイカで休暇を取っている時に書いたボサノバ風のアコースティック・バラード。ビートルズ時代にインド滞在中に書いた「Blackbird」の姉妹曲とも言える。「Bluebird」とは、北米産の青い羽の鳴鳥ルリツグミのこと。ポールのリバプール時代からの仲間、ハウイー・ケイシーのサックス・ソロが素晴らしい。
歌詞からは、人間の肉体的・精神的束縛からの解放や超越的な愛の力などが読み取れ、ポールの詩作における気質の変化が感じられる。
中期ウィングスのレパートリーとなっていた曲で、公式発表されているバージョンとしては、アルバム収録のオリジナル・バージョン以外に、(2)1975-1976年のワールド・ツアーでの演奏、(3)日本公演中止に関する日本のファン向けのメッセージと共にオーストラリアのホテルで録音されたアカペラ・バージョン が存在する。(3)のバージョンの演奏シーンは1975年11月に日本の番組「ポール・マッカートニーのすべて」で放送され、また、公式DVD『Wingspan』で見ることができる。
他にも、(4)1973年のテレビ番組『James Paul McCartney』でのギター弾き語り、(5)1974年8月『One Hand Clapping』セッションでの演奏 が未発表テイクとして存在する。それらは以下のブートで聴くことができる。

(4)1973年『James Paul McCartney』
The Making Of James Paul McCartney (ReproMan — RPM 106)
The Making Of James Paul McCartney (Midnight Beat — MB CD 114)

(5)1974年8月『One Hand Clapping』
One Hand Clapping (Chapter One — CO 25109)
The Blackbird Sessions (Goblin Records — CD 3002)
The Nashville Sessions (Voxx)

アルバム『Wings Over America』に収録されているのは、1976年5月27日のシンシナティ公演であり、1975-76年のワールド・ツアーのうち、それ以外の公演でライン録音で聴くことができるのは以下のとおり。

(6)1975年11月13日メルボルン公演
Live In Melbourne, Australia (DVD — Label Unknown)
(7)1976年6月22日ロサンゼルス公演
映画『Rock Show』

(1)
演奏:
Paul McCartney: Vocal, Bass, Drums, Guitars, Keyboards
Linda McCartney: Backing vocal
Denny Laine; Guitars, Backing vocal
Howie Casey: Saxphone
録音スタジオ:Apapa, Nigeria and ARC Studios, Ikeja, Nigeria, AIR Studios and Kingway Studios, London
録音日:1973.8-11
プロデューサー:Paul McCartney
エンジニア:Geoff Emerick
イギリス発売日:1973.11.30
アメリカ発売日:1973.12.3
日本発売日:1974.2.10

(2)
演奏:
Paul McCartney: Vocal, Accoustic guitar
Linda McCartney: Percussion, Backing Vocal
Denny Laine: Accoustic guitar, Backing Vocal
Jimmy McCulloch: Accoustic guitar, Backing Vocal
Joe English: Percussion, Backing Vocal
Howie Casey: Saxphone
録音スタジオ:live from Cincinnati
録音日:1976.5.27
プロデューサー:Paul McCartney
エンジニア:Phil McDonald, Jacks Maxson, Mark Vigars & Tom Walsh
イギリス発売日:1976.12.10
アメリカ発売日:1976.12.10
日本発売日:1977.1.25

(3)
演奏:
Paul McCartney: Vocal, Accoustic guitar
Linda McCartney: Backing Vocal
Denny Laine: Backing Vocal
Jimmy McCulloch: Accoustic guitar, Backing Vocal
Joe English: Backing Vocal
録音スタジオ:rehearsal from Australia
録音日:1975.11
プロデューサー:Paul McCartney
イギリス発売日:1999.3.22
アメリカ発売日:1999.3.22
日本発売日:1999.4.9

歌詞・コード
Gm                    Fm         Bb6
Late at night when the wind is still, I’ll come flying through your door
Fm          Bb
And you’ll know what love is for

Bb                         Ebmaj7       Ab7
I’m a bluebird, I’m a bluebird, I’m a bluebird, I’m a bluebird, yeah yeah yeah
Ebmaj7             Ab7
I’m a bluebird, I’m a bluebird, I’m a bluebird, yeah yeah yeah

Gm                     Fm     Bb6
Touch your lips with a magic kiss, and you’ll be a bluebird too
Fm       Bb
And you’ll know what love can do

Bb                        Ebmaj7       Ab7
I’m a bluebird, I’m a bluebird, I’m a bluebird, I’m a bluebird, yeah yeah yeah
Ebmaj7            Ab7
I’m a bluebird, I’m a bluebird, I’m a bluebird, yeah yeah yeah

Cm Cm/Bb G7 Cm Cm/Bb G7 Ab Ebmaj7
Bluebird, ah ha… Bluebird, ah ha… Bluebird…

Fly away through the midnight air, as we head across the sea
And at last we will be free

Bb                            Ebmaj7      Ab7
You’re a bluebird, you’re a bluebird, you’re a bluebird, you’re a bluebird, yeah yeah yeah
Ebmaj7                  Ab7
You’re a bluebird, you’re a bluebird, you’re a bluebird, yeah yeah yeah

Cm Cm/Bb G7 Cm Cm/Bb G7 Ab Ebmaj7
Bluebird, ah ha… Bluebird, ah ha… Bluebird…

SAX SOLO (same as verse)
(at last we will be free… bluebird you and me… at last we will be free)

Cm Cm/Bb G7 Cm Cm/Bb G7 Ab Ebmaj7
Bluebird, ah ha… Bluebird, ah ha… Bluebird…

Gm                Fm        Bb6
All alone on a desert island, we’re living in the trees
Fm      Bb
And we’re flying in the breeze

Bb                             Ebmaj7      Ab7
We’re the bluebirds, we’re the bluebirds, we’re the bluebirds, we’re the bluebirds

Cm   Cm/Bb   G7    Cm  Cm/Bb  G7       Ab  Ebmaj7
Singing bluebird, ah ha (bluebird) Bluebird, ah ha (bluebird), Bluebird (bluebird)

(c) 1974 (Renewed) Paul and Linda McCartney. Administered by MPL Communications, Inc.

 



Band On The Run

作詞作曲:Paul McCartney
収録時間:(1)5分9秒 (2)4分33秒 (3)5分10秒 (4)1分3秒 (5)36秒 (6)4分59秒 (7)5分0秒
収録アルバム:(1)Band On The Run, Wings Greatest, All The Best, Wingspan, Radio X 70’s, ミュージック・オブ・ザ・ミレニアム, グラミー・ボックス, ベスト・ヒット・USA 70’s タイムマシーン・スペシャル (2)Wings Over America (3)Tripping The Live Fantastic!! (4)(5)(6)Band On The Run 25th Anniversary Edition (7)Back In The U.S., Back In The World
収録シングル:Band On The Run

ポール・マッカートニー&ウィングスの代表曲の1つ。3部構成から成る壮大なアレンジが施されている。アルバム『Band On The Run』のタイトル曲で、アルバムからの第2弾シングル(1974年4月発売)であるにも関わらず、全米1位、全英3位を獲得した大ヒット曲。
アルバム『Band On The Run』自体は、1975年グラミー賞最優秀コンテンポラリー/ポップ・ボーカル賞、最優秀エンジニアリング賞を獲得、アメリカでは発売12日後にゴールド・ディスクを獲得、ローリング・ストーン誌での1973年最優秀アルバム、ビルボード誌では4回トップの座に輝き、73週間も200位以内にとどまっていた。イギリスでは1974年の年間ベスト・セラー・アルバムとなり、ミュージック・ウィーク誌で7週1位を獲得したという大ヒットを記録した。
よってこの曲は、レコード会社による独自のオムニバス・アルバムにも収録されていることが多い。判明しているだけでも、『Radio X 70’s』, 『ミュージック・オブ・ザ・ミレニアム』, 『グラミー・ボックス』, 『ベスト・ヒット・USA 70’s タイムマシーン・スペシャル』に収録されている。
ナイジェリアのラゴスでレコーディングされ、当時ウィングスのメンバーがポール、リンダ、デニーレインの3人となっていたので、ドラム、キーボード、ギター等ほとんどの楽器をポールが弾いている。
歌詞の中の「If I ever get out of here」は、1969年のビートルズ時代に、アップル社での会議でジョージ・ハリスンが発した言葉。
「この曲では、1つ、とてもうれしいことがあった。キース・ムーンがこの曲をラジオで聞いて、ドラムを誰がたたいているのか尋ねていたらしい。わからないはずだった。あの時、僕たちにはドラマーがいなかったから僕がドラムをたたいていたんだ。僕は本当にドラムが好きだ。」(ポール)
ポールの代表曲だけあって、1976年以降の全てのツアーでポールはこの曲を演奏している。
意外なことに、アルバム発売25周年として発売された記念盤『Band On The Run 25th Anniversary Edition』に収録されているアウトテイクと1974年のリハーサル(通称『One Hand Clapping』)以外、アウトテイクは発見されていない。
この曲のライブ・バージョンは、公式盤(2)(3)(7)以外でも、以下のブートで聴くことができる。

(8)1974年8月リハーサル『One Hand Clapping』
Anthology (Disc 1) (Odeon (Fake) — OM 7099-1)
Paul McCartney: One Hand Clapping (Yellow Cat Records — YC 028)
Paul McCartney: One Hand Clapping (Chapter One — CO 25109)
Alternate Takes 1973-1974 (TJT Productions — TJT-054)
Fab Trax Volume 6 (MPL (Fake) — CDP 7243 5 35510 2 5)
Rough Notes (Pod Records — SR 73941)
(9)1975年11月13日メルボルン公演
Live In Melbourne, Australia (DVD — Label Unknown)
(10)1976年6月10日映画『Rock Show』
(11)1979年12月17日グラスゴー公演
Last Flight – Disc 1 (Vigotone Vigotone 164)
(12)1990年1月16日ロンドン公演
Welcome To Wombley – CD 2 (VOXX 0003-02)
(13)1990年4月1日バークレー公演
Berkeley Concert 1990 (CD 2) (Yellow Cat Records — YC 008)
A Dream Apart (Big Music — BIG028)
(14)1990年4月20日リオ公演
Live On TV In Rio – Part 1 (Ram Records — RAM 007)
(15)1990年7月4日ワシントン公演
Live at Robert F Kennedy Stadium Part2 (Label Unknown)
(16)1993年6月15日シャーロット公演
Out In The Crowd (Nikko Records NK 005-06)
(17)2002年4月24日ワシントン公演
Driving Macca! (Label Unknown)
(18)2002年5月15日タンパ公演
Live In Tampa Florida 2002 (Night Hawk)
(19)2003年5月24日モスクワ公演
The Complete Russia Concert (DVD 2) (Macca Fan Records — MFR 2003)
(20)2004年5月30日マドリード公演
!Viva Espana! CD 2 (Tobacco Kill Records — TKR 006)
(21)2004年6月20日サンクトペテルブルグ公演
San Petersburg Soundboard (CD 2) (Tobacco Kill Records — SPS 2)
(22)2004年6月26日グラストンベリー・フェスティバル
Glastonbury 2004 (DVD) (Label Unknown)

(1)Original
演奏:
Paul McCartney: Vocal, Bass, Drums, Guitars, Keyboards
Linda McCartney: Backing vocal
Denny Laine: Guitars, Backing vocal
録音スタジオ:Apapa, Nigeria and ARC Studios, Ikeja, Nigeria, AIR Studios and Kingway Studios, London
録音日:1973.8-11
プロデューサー:Paul McCartney
エンジニア:Geoff Emerick
イギリス発売日:1973.11.30
アメリカ発売日:1973.12.3
日本発売日:1974.2.10

(2)『Wings Over America』
演奏:
Paul McCartney: Vocal, Bass
Linda McCartney: Keyboards, Backing Vocal
Denny Laine: Electric Guitar, Backing Vocal
Jimmy McCulloch: Electric Guitar, Backing Vocal
Joe English: Drums, Backing Vocal
Tony Dorsey: Trombone
Howie Casey: Saxphone
Steve Howard: Trumpet
Thadeus Richard: Saxphone
録音スタジオ:live from Denver
録音日:1976.6.7
プロデューサー:Paul McCartney
エンジニア:Phil McDonald, Jacks Maxson, Mark Vigars & Tom Walsh
イギリス発売日:1976.12.10
アメリカ発売日:1976.12.10
日本発売日:1977.1.25

(3)『Tripping The Live Fantastic!!』
演奏:
Paul McCartney: Vocal, Bass
Linda McCartney: Vocal harmonies, Keyboards
Paul “Wix” Wickens: Keyboards, Vocal harmonies
Chris Whitten: Drums
Robbie Mclntosh: Electoric Guitar, Vocal harmonies
Hamish Stuart: Electoric Guitar, Vocal harmonies
録音スタジオ:live from Wembley, London
録音日:1990.1.16
プロデューサー:Paul McCartney, Bob Clearmountain & Peter Henderson
エンジニア:Bob Clearmountain
イギリス発売日:1990.11.5
アメリカ発売日:1990.11.6
日本発売日:1990.11.5

(4)『Band On The Run 25th Anniversary Edition』 Nicely Toasted Mix
演奏:
Paul McCartney: Vocal, Guitar
録音スタジオ:Hog-Hill Studio, Sussex
録音日:circa 1999
プロデューサー:Paul McCartney
エンジニア:Paul McCartney
イギリス発売日:1999.3.15
アメリカ発売日:1999.3.15
日本発売日:1999.4.9

(5)『Band On The Run 25th Anniversary Edition』 Nothern Comic Version
演奏:
Paul McCartney: Vocal, Guitar
録音スタジオ:Hog-Hill Studio, Sussex
録音日:circa 1999
プロデューサー:Paul McCartney
エンジニア:Paul McCartney
イギリス発売日:1999.3.15
アメリカ発売日:1999.3.15
日本発売日:1999.4.9

(6)『Band On The Run 25th Anniversary Edition』 Barn Rehearsal
演奏:
Paul McCartney: Vocal, Bass
Linda McCartney: Vocal harmonies, Keyboards
Paul “Wix” Wickens: Keyboards, Vocal harmonies
Chris Whitten: Drums
Robbie Mclntosh: Electoric Guitar, Vocal harmonies
Hamish Stuart: Electoric Guitar, Vocal harmonies
録音スタジオ:unknown
録音日:1989.7.21
プロデューサー:Paul McCartney
エンジニア:unknown
イギリス発売日:1999.3.15
アメリカ発売日:1999.3.15
日本発売日:1999.4.9

(7)『Back In The U.S.』『Back In The World』
演奏:
Paul McCartney: Vocal, Bass
Rusty Anderson: Backing Vocal, Guitar
Brain Ray: Backing Vocal, Guitar
Paul “Wix” Wickens: Backing Vocal, Acoustic Guitar
Abe Raboriel Jr.: Backing Vocal, Drums
録音スタジオ:live from Dallas
録音日:2002.5.9
プロデューサー:Paul McCartney
エンジニア:David Kahne
イギリス発売日:2003.3.17
アメリカ発売日:2002.11.26
日本発売日:2002.11.13

歌詞・コード
Dmaj7         D
Stuck inside these four walls,
G6        G6/A
Sent inside forever,
Dmaj7       Dmaj9
Never seeing no one
G     A  G D
Nice again like you,
Gm6 G D Gm6 Dmaj7 Gm6
Mama you, mama you.

Am D6 Am D6 Am

Am
If I ever get out of here,
D
Thought of giving it all away
Am
To a registered charity.
D
All I need is a pint a day
Am
If I ever get out of here.

C D C D C
C Fmaj7 C Fmaj7

C            Fmaj7
Well, the rain exploded with a mighty crash
As we fell into the sun,
C              Fmaj7
And the first one said to the second one there
Em
I hope you’re having fun.
G       C  Em C   Am
Band on the run, band on the run.
F        C
And the jailer man and sailor Sam
F           Fmaj7
We’re searching every one
N.C. C
For the band on the run, band on the run
Band on the run, band on the run.

Well, the undertaker drew a heavy sigh
Seeing no one else had come,
And a bell was ringing in the village square
For the rabbits on the run.

Band on the run, band on the run.
And the jailer man and sailor Sam
Were searching every one

For the band on the run, band on the run
Band on the run, band on the run.

Well, the night was falling as the desert world
Began to settle down.
In the town they’re searching for us every where
But we never will be found.

Band on the run, band on the run.
And the county judge who held a grudge
Will search for evermore

For the band on the run, band on the run
Band on the run band on the run,
Band on the run

Em G C

(c) 1974 (Renewed) Paul and Linda McCartney. Administered by MPL Communications, Inc.

※記載は2004年時点のものです。それ以降に発売されたバージョンは、随時追加していきます。