ポール・マッカートニーのファンサイト(非公認)。ポール・マッカートニーやビートルズの最新ニュース、アルバム・楽曲の解説、ライブ・ツアー記録、新譜・テレビ放送等。

1976Wings Over America

Call Me Back Again

作詞作曲:Paul McCartney
収録時間:(1)4分58秒 (2)5分15秒
収録アルバム:(1)Venus And Mars, Wingspan (2)Wings Over America
収録シングル:なし

1974年に1973年度グラミー賞授賞式出席のためにロサンゼルスのビバリーヒルズ・ホテルに滞在していたときに書いた曲。ベーシックトラックはアルバム『Venus And Mars』のレコーディングのために訪れていたニューオリンズで録音されたが、トニー・ドーシーのヘルプの元、後ほどホーンセクションを録音している。
ベストアルバム『Wingspan』にも収録されていることから、ポールのお気に入りの1曲だということが分かる。ポールのパワフルなボーカルが聴けるナンバーだ。
アルバム『Venus And Mars』発売後の1975-76年のツアーで演奏している。
ラフミックス、サウンドボード録音のライブは、以下のブートで聴くことができる。

(3)Rough Mix
Played To Press (Library Product — 2327)
Studio Tracks Vol. 4 (Chapter One — CO25147)
Venus And Mars Paul’s Rough Sketch (Master Of Orange — MOO 10008)
Venus And Mars Unknown Mixes (Master Of Orange — MOO 00003)
(4)1975年11月13日メルボルン公演
Live In Melbourne, Australia (DVD — Label Unknown)
(5)1976年6月22日ロサンゼルス公演
Rock Show Complete (DVD — Label Unknown)

(1)
演奏:
Paul McCartney: Bass, Drums, Guitars, Keyboards, Backing vocal
Linda McCartney: Keyboards, Backing vocal
Denny Laine: Guitars, Backing vocal
Jimmy McCulloch: Vocal, Guitars
Joe English: Drums, Backing Vocal
録音スタジオ:Sea Saint Studios, New Orleans
録音日:1974.11-1975.3
プロデューサー:Paul McCartney
エンジニア:Alan O’Duffy, Geoff Emerick
イギリス発売日:1975.5.30
アメリカ発売日:1975.5.27
日本発売日:1975.6.20

(2)
演奏:
Paul McCartney: Vocal, Piano
Linda McCartney: Keyboards, Backing Vocal
Denny Laine: Bass, Backing Vocal
Jimmy McCulloch: Electric Guitar, Backing Vocal
Joe English: Drums, Backing Vocal
Tony Dorsey: Tromborn
Thaddeus Richard: Saxophone
Steve Howerd: Trumpet
Howie Casey: Saxophone
録音スタジオ:live from Cincinnati
録音日:1976.5.27
プロデューサー:Paul McCartney
エンジニア:Phil McDonald, Jacks Maxson, Mark Vigars, Tom Walsh
イギリス発売日:1976.12.10
アメリカ発売日:1976.12.10
日本発売日:1977.1.25

歌詞・コード
C D F Dm Eb9 F

F Dm      Eb9         F
Well when I, when I was just a little baby boy
Dm
Every night I would call
Eb9             F
Your number brought me joy
Bb      Ab   F    Eb     C   C+
I called your house, every night since then
F
But I ain’t never, no no never
G7
Heard you calling me
Eb9           F
Come on and call me back again
Eb9      F
Call me back again

I’ve heard your name every night since then
But I ain’t never, no no never
Heard you calling me
Come on and call me back again
Call me back again

Well when I, when I was just a little baby boy
Every night I would call
Because your number brought me joy

Oh, I’ve called your name, every night since then
But I ain’t never, no no no no never
Heard you calling me
Come on and call me back again
Call me back again
Come on and call me back again
Call me back again
Come on and call me
Call me back again

Why won’t you call me
Call me back again
Come on and call me back again
Call me back again
Come on and call me back again
Call me back again

(c) 1975 MPL Communications, Inc.

 

Bluebird

作詞作曲:Paul McCartney, Linda McCartney
収録時間:(1)3分21秒 (2)3分43秒 (3)54秒
収録アルバム:(1)Band On The Run (2)Wings Over America (3)Band On The Run 25th Anniversary Edition
収録シングル:Bluebird (Germany only)

ポールが1971年頃にジャマイカで休暇を取っている時に書いたボサノバ風のアコースティック・バラード。ビートルズ時代にインド滞在中に書いた「Blackbird」の姉妹曲とも言える。「Bluebird」とは、北米産の青い羽の鳴鳥ルリツグミのこと。ポールのリバプール時代からの仲間、ハウイー・ケイシーのサックス・ソロが素晴らしい。
歌詞からは、人間の肉体的・精神的束縛からの解放や超越的な愛の力などが読み取れ、ポールの詩作における気質の変化が感じられる。
中期ウィングスのレパートリーとなっていた曲で、公式発表されているバージョンとしては、アルバム収録のオリジナル・バージョン以外に、(2)1975-1976年のワールド・ツアーでの演奏、(3)日本公演中止に関する日本のファン向けのメッセージと共にオーストラリアのホテルで録音されたアカペラ・バージョン が存在する。(3)のバージョンの演奏シーンは1975年11月に日本の番組「ポール・マッカートニーのすべて」で放送され、また、公式DVD『Wingspan』で見ることができる。
他にも、(4)1973年のテレビ番組『James Paul McCartney』でのギター弾き語り、(5)1974年8月『One Hand Clapping』セッションでの演奏 が未発表テイクとして存在する。それらは以下のブートで聴くことができる。

(4)1973年『James Paul McCartney』
The Making Of James Paul McCartney (ReproMan — RPM 106)
The Making Of James Paul McCartney (Midnight Beat — MB CD 114)

(5)1974年8月『One Hand Clapping』
One Hand Clapping (Chapter One — CO 25109)
The Blackbird Sessions (Goblin Records — CD 3002)
The Nashville Sessions (Voxx)

アルバム『Wings Over America』に収録されているのは、1976年5月27日のシンシナティ公演であり、1975-76年のワールド・ツアーのうち、それ以外の公演でライン録音で聴くことができるのは以下のとおり。

(6)1975年11月13日メルボルン公演
Live In Melbourne, Australia (DVD — Label Unknown)
(7)1976年6月22日ロサンゼルス公演
映画『Rock Show』

(1)
演奏:
Paul McCartney: Vocal, Bass, Drums, Guitars, Keyboards
Linda McCartney: Backing vocal
Denny Laine; Guitars, Backing vocal
Howie Casey: Saxphone
録音スタジオ:Apapa, Nigeria and ARC Studios, Ikeja, Nigeria, AIR Studios and Kingway Studios, London
録音日:1973.8-11
プロデューサー:Paul McCartney
エンジニア:Geoff Emerick
イギリス発売日:1973.11.30
アメリカ発売日:1973.12.3
日本発売日:1974.2.10

(2)
演奏:
Paul McCartney: Vocal, Accoustic guitar
Linda McCartney: Percussion, Backing Vocal
Denny Laine: Accoustic guitar, Backing Vocal
Jimmy McCulloch: Accoustic guitar, Backing Vocal
Joe English: Percussion, Backing Vocal
Howie Casey: Saxphone
録音スタジオ:live from Cincinnati
録音日:1976.5.27
プロデューサー:Paul McCartney
エンジニア:Phil McDonald, Jacks Maxson, Mark Vigars & Tom Walsh
イギリス発売日:1976.12.10
アメリカ発売日:1976.12.10
日本発売日:1977.1.25

(3)
演奏:
Paul McCartney: Vocal, Accoustic guitar
Linda McCartney: Backing Vocal
Denny Laine: Backing Vocal
Jimmy McCulloch: Accoustic guitar, Backing Vocal
Joe English: Backing Vocal
録音スタジオ:rehearsal from Australia
録音日:1975.11
プロデューサー:Paul McCartney
イギリス発売日:1999.3.22
アメリカ発売日:1999.3.22
日本発売日:1999.4.9

歌詞・コード
Gm                    Fm         Bb6
Late at night when the wind is still, I’ll come flying through your door
Fm          Bb
And you’ll know what love is for

Bb                         Ebmaj7       Ab7
I’m a bluebird, I’m a bluebird, I’m a bluebird, I’m a bluebird, yeah yeah yeah
Ebmaj7             Ab7
I’m a bluebird, I’m a bluebird, I’m a bluebird, yeah yeah yeah

Gm                     Fm     Bb6
Touch your lips with a magic kiss, and you’ll be a bluebird too
Fm       Bb
And you’ll know what love can do

Bb                        Ebmaj7       Ab7
I’m a bluebird, I’m a bluebird, I’m a bluebird, I’m a bluebird, yeah yeah yeah
Ebmaj7            Ab7
I’m a bluebird, I’m a bluebird, I’m a bluebird, yeah yeah yeah

Cm Cm/Bb G7 Cm Cm/Bb G7 Ab Ebmaj7
Bluebird, ah ha… Bluebird, ah ha… Bluebird…

Fly away through the midnight air, as we head across the sea
And at last we will be free

Bb                            Ebmaj7      Ab7
You’re a bluebird, you’re a bluebird, you’re a bluebird, you’re a bluebird, yeah yeah yeah
Ebmaj7                  Ab7
You’re a bluebird, you’re a bluebird, you’re a bluebird, yeah yeah yeah

Cm Cm/Bb G7 Cm Cm/Bb G7 Ab Ebmaj7
Bluebird, ah ha… Bluebird, ah ha… Bluebird…

SAX SOLO (same as verse)
(at last we will be free… bluebird you and me… at last we will be free)

Cm Cm/Bb G7 Cm Cm/Bb G7 Ab Ebmaj7
Bluebird, ah ha… Bluebird, ah ha… Bluebird…

Gm                Fm        Bb6
All alone on a desert island, we’re living in the trees
Fm      Bb
And we’re flying in the breeze

Bb                             Ebmaj7      Ab7
We’re the bluebirds, we’re the bluebirds, we’re the bluebirds, we’re the bluebirds

Cm   Cm/Bb   G7    Cm  Cm/Bb  G7       Ab  Ebmaj7
Singing bluebird, ah ha (bluebird) Bluebird, ah ha (bluebird), Bluebird (bluebird)

(c) 1974 (Renewed) Paul and Linda McCartney. Administered by MPL Communications, Inc.

 



Blackbird

作詞作曲:Paul McCartney
収録時間:(1)2分27秒 (2)2分10秒 (3)2分30秒
収録アルバム:(1)Wings Over America (2)Unplugged (3)Back In The U.S, Back In The World
収録シングル:なし

オリジナルはビートルズのアルバム『The Beatles(通称:ホワイト・アルバム)』に収録されている。
ビートルズがインドまで瞑想旅行に出掛けたときにポールがアコースティック・ギターで作った曲で、瞑想旅行に同行したドノバンに教わったスリーフィンガー弾きを駆使している。ビートルズの曲の中では弾き語りの曲として有名である。
2002-2003年のツアーでこの曲を演奏するときに、MCでこの曲を作曲したエピソードを語っている。
「この曲は、アメリカの南部の州で人権問題があった60年代に書いた。イギリスでは女性のことを時々”bird”って言うことがあるんだ。他にもいろいろと言い方はあるけどね。僕は当時の若い黒人女性たちの奮闘を思い浮かべ、それを念頭に置いて書いた。」(ポール)
ポール自身お気に入りの曲で、ビートルズ解散後も、(4)1973年のテレビ番組『James Paul McCartney』、(6)1975年の『Backyard』セッション、(1)1975-76年のウィングス・ワールド・ツアー、(2)1991年のテレビ番組『Unplugged』、(11)1993年4月16日ハリウッド・ボウルでのアースデイ・コンサート、(12)1997年のラジオ番組『Flaming Pie Radio Show』、(3)2002-2003年のツアー といろいろな場所で演奏している。また、2002年リハーサルでは、この曲をアップテンポにてバンドスタイルで演奏しており、DVD『Back In The U.S.』を購入した人だけがアクセスできたインターネット上のストリーミング配信『Secret Website Show』で見ることができた。
公式発表されている(1)(2)(3)のバージョン以外は、以下のブートで聴くことができる。

(4)1973年2-3月テレビ番組『James Paul McCartney』
MoMac’s Hidden Tracks: Volume 05 (Label Unknown)
James Paul McCartney DVD (BBC Video — BBC Videos)
James Paul McCartney (Chapter One — CO 25128)
James Paul McCartney (Berkeley — 2028)
James Paul McCartney (From TV Station Master Tape) (Watchtower — WT 2001043)
(5)1973年2-3月テレビ番組『James Paul McCartney』リハーサル
The Making Of James Paul McCartney (ReproMan — RPM 106)
The Making Of James Paul McCartney (Midnight Beat — MB CD 114)
(6)1974年8月『Backyard』セッション
The Blackbird Sessions (Goblin Records — CD 3002)
Alternate Takes 1975-1978 (TJT Productions — TJT-055)
Backyard+ (Yellow Cat YC 029)
(7)1975年11月13日メルボルン公演
Live In Melbourne, Australia (DVD — Label Unknown)
(8)1976年6月22日ロサンゼルス公演
映画『Rock Show』
(9)1990年6月13日ラジオ・番組『The Steven Wright Show』
Big Mac’s Live Tracks (Orange One)
(10)1991年1月テレビ番組『unplugged』リハーサル
Oobu Joobu Part 10 (Yellow Cat Records — YC 054)
(11)1993年4月16日アースデイ・コンサート
Destroys Anaheim (Slick-O 100-200)
(12)1997年5月ラジオ番組『Flaming Pie Radio Show』
Another Flaming Pie (Walrus Records — Walrus 038)
(13)2002年4月24日ワシントン公演
Driving Macca! (Label Unknown)
(14)2002年5月15日タンパ公演
Live In Tampa Florida 2002 (Night Hawk)
(15)2002年6月3日『Party At The Palace』
Party At The Palace (DVD — Label Unknown)
(16)2003年5月24日モスクワ公演
The Complete Russia Concert (DVD 2) (Macca Fan Records — MFR 2003)
(17)2003年ツアーリハーサル
Secret Show Extra 2002 (Now Disc International — NOW 04)
(18)2004年5月30日マドリード公演
!Viva Espana! CD 2 (Tobacco Kill Records — TKR 006)
(19)2004年6月20日サンクトペテルブルグ公演
San Petersburg Soundboard (CD 2) (Tobacco Kill Records — SPS 2)

(1)『Wings Over America』
演奏:
Paul McCartney: Vocal, Acoustic Guitar
録音スタジオ:unknown
録音日:1976
プロデューサー:Paul McCartney
エンジニア:Phil McDonald, Jacks Maxson, Mark Vigars & Tom Walsh
イギリス発売日:1976.12.10
アメリカ発売日:1976.12.10
日本発売日:1977.1.25

(2)『Unplugged』
演奏:
Paul McCartney: Vocal, Acoustic Guitar
Robbie Mclntosh: Acoustic Guitar
録音スタジオ:Limehouse Television Studios, Wembley
録音日:1991.1.25
プロデューサー:Joel Gallen
エンジニア:Geoff Emerick
アシスタント・エンジニア:Peter Craigie, Gary Stewart, Eddie Klein
イギリス発売日:1991.5.13
アメリカ発売日:1991.6.4
日本発売日:1991.5.25

(3)『Back In The U.S.』『Back In The World』
演奏:
Paul McCartney: Vocal, Acoustic Guitar
録音スタジオ:live from Boston
録音日:2002.4.19
プロデューサー:David Kahne
エンジニア:Geoff Emerick
イギリス発売日:2003.3.17
アメリカ発売日:2002.11.26
日本発売日:2002.11.13

歌詞・コード
G       Am7   G/B   G
Blackbird singing in the dead of night
C    A7/C#   D   B7/D#   Em Em7/Eb
Take these broken wings and learn to fly
D A7/C# C Cm
All your life
G/B      A7        D7        G C G/B A7 D7 G
You were only waiting for this moment to arise

Blackbird singing in the dead of night
Take these sunken eyes and learn to see
All your live
You were only waiting for this moment to be free

F C/E Dm C Bb6 C
Blackbird, fly
F C/E Dm C Bb6 A7
Blackbird, fly
D7            G Am7 G/B G
Into the light of a dark black night

Blackbird, fly
Blackbird, fly
D7            G Am7 G/B G
Into the light of a dark black night

Blackbird singing in the dead of night
Take these sunken eyes and learn to see
All your live
You were only waiting for this moment to be free
C    G/B A7         D7       G
You were only waiting for this moment to be free
C    G/B A7         D7       G
You were only waiting for this moment to be free

(c) 1968 Nothern Songs





 

Beware My Love

作詞作曲:Paul McCartney, Linda McCartney
収録時間:(1)6分28秒 (2)6分5秒
収録アルバム:(1)Wings At The Speed Of Sound (2)Wings Over America
収録シングル:Let ‘Em In

アルバム『Wings At The Speed Of Sound』に収録されており、前曲の「She’s My Baby」のアウトロに重なってこの曲が始まる。ミドル・テンポのロックを意識してポールが作った曲で、イントロは幻想的な雰囲気で始まり、中盤からはロックっぽく、ポールのシャウトが随所に聴かれる曲である。
1976年の全米ツアーでライブ演奏したが、その時はイントロ部分は省かれた。
シングル「Let ‘Em In」のB面として発売され、フランスで発売された12インチシングルには”Disco Mix”と記されているが、アルバムと同じバージョンが収録されているだけである。
ライブ盤『Wings Over America』に収録されたのは、1976年6月7日のデンバーでの演奏。映画『Rock Show』とテレビ番組『Wings Over The World』には、1976年6月10日シアトルでの演奏が採用された。

(1)『Wings At The Speed Of Sound』
演奏:
Paul McCartney: Vocal, Bass, Drums, Guitars, Keyboards
Linda McCartney: Backing vocal
Denny Laine: Guitars, Backing vocal
Jimmy McCulloch: Guitars, Backing vocal
Joe English: Drums, Backing Vocal
Tony Dorsey: Tromborn
Thaddeus Richard: Flute
Steve Howerd: Trumpet
Howie Casey: Saxophone
録音スタジオ:Abbey Road Studio, London
録音日:1976.1-2
プロデューサー:Paul McCartney
エンジニア:Peter Henderson
イギリス発売日:1976.3.26
アメリカ発売日:1976.3.22
日本発売日:1976.5.5

(2)『Wings Over America』
演奏:
Paul McCartney: Vocal, Bass
Linda McCartney: Keyboards, Backing vocal
Denny Laine: Piano, Backing vocal
Jimmy McCulloch: Guitar, Backing vocal
Joe English: Drums, Backing Vocal
Tony Dorsey: Tromborn
Thaddeus Richard: Flute
Steve Howerd: Trumpet
Howie Casey: Saxophone
録音スタジオ:live from Denver, CO
録音日:1976.6.7
プロデューサー:Paul McCartney
エンジニア:Phil McDonalds, Jack Maxson, Mark Vigars, Tom Walsh
イギリス発売日:1976.12.10
アメリカ発売日:1976.12.10
日本発売日:1977.1.25

歌詞・コード
A      Bb
Can’t say, found out
C          Dm
Can’t tell you what it’s all about
A     Bb      C       Dm
Don’t know who does tell you beware my love
G    Dm    G
Beware my love, beware my love
Dm         G
Beware my love, beware my love
Dm   G  Bb
Beware my love
Dm/A    A A7/G
Oh oh oh no no no

Dm/F
I must be wrong baby, yeah
Bb        Dm/A
But I don’t believe that he’s the one
A          A7/G   Dm/F
But if you insist, I must be wrong
Bbm6      Bbm
I must be wrong, I have to leave
F/A
And when I’m gone
A         A7/G   Dm/F
I’ll leave a message in my song
Dm/E   Dm
That’s right

C
Beware my love, he’ll bowl you over
Bb        A
Beware my love, before you’re much older
Dm        C
He’ll sweep you up under his carpet
Bb       A
You’d be in luck if you could stop it
Come on, now

Well, he’ll wear you out, and in a minute
You’ll hear a shout, and then you’ll be in it
So, so, beware my love, ‘cause he’ll take you under
Beware my love, the sound of his thunder

Yeah, but I don’t believe that he’s the one
But if you insist, I must be wrong
I must be wrong, I have to leave
And when I’m gone
I’ll leave a message in my song
That’s right

Beware my love, he’ll bowl you over
Beware my love, before you’re much older
He’ll sweep you up under his carpet
You’d be in luck if you could stop it

A7sus-5 Dm

A     Bb
Can’t say found out
C     Dm
Tell you beware my love
G    Dm
Beware my love, beware my love
G
Beware my love

(c) 1976 MPL Communications Ltd. Administered by MPL Communications, Inc.