ポール・マッカートニーのファンサイト(非公認)。ポール・マッカートニーやビートルズの最新ニュース、アルバム・楽曲の解説、ライブ・ツアー記録、新譜・テレビ放送等。

1978London Town

Famous Groupies(伝説のグルーピー)

作詞作曲:Paul McCartney
収録時間:3分34秒
収録アルバム:London Town
収録シングル:なし

追っかけファンを題材にしてスコットランドで書いた曲であるが、ツアーを行い活躍する架空のミュージシャンを歌詞の題材としている物語風の曲である。バージン諸島でのセッションでレコーディングされた。
当初はアップテンポのロック風の曲であったが、アルバム『London Town』の雰囲気に合わすために、アコースティックギターを主体としたミドルテンポの曲にアレンジし直した。
以下のブートでは、この曲のラフ・ミックスを聴くことができる。

London Town Sessions (Misterclaudel — mccd 04)
Water Wings (Disc 2) (Vigotone (fake) — VT500 X 2 BEAT)
London Town Roughs & Demos (Mistral Music — MM 9105)

演奏:
Paul McCartney: Vocals, Bass, Keyboards, Percussion
Linda McCartney: Keyboards, Backing Vocal
Denny Laine: Guitars, Vocals
Jimmy McCulloch: Guitars, Backing Vocal
Joe English: Drums, Backing Vocal
録音スタジオ:Record Plant Mobile Stusio, US Virgin Islands, AIR Studios, London, Abbey Road Studio, London
録音日:1977.5.1-31, 1977.11
プロデューサー:Paul McCartney
エンジニア:Geoff Emerick, Pete Henderson, Steve Churchyard, Mark Vigrs
イギリス発売日:1978.3.31
アメリカ発売日:1978.3.27
日本発売日:1978.4.7

歌詞・コード
C      Em  Am        G
All stand back, let the people see
C      Em     Am          G
Take a snap of the famous groupies for me

A Dm
Be-hold the famous groupies

they are alike as two peas
E         A7
And where the other goes, the other goes.
Am
But though the famous groupies
Bm      Em
are only paid in rupees
Am                       D
Nobody knows what the famous groupies know
Am                        G
and nobody goes where the famous groupies go.

There was a bongo player
who kept an extra layer
of Dunlopillo mattress in his van.
But when the famous groupies
arrived with their twin snoopies
Nobody saw which way the poor boy ran
as nobody does it like a famous groupie can

All stand back, let the people see
Take a snap of the famous groupies for me

There was a lead guitarist
who lived in Epping Forest
and all he ever wanted was to blow.
But when the girls were with him
he never lost his rhythm
Nobody knows what the famous groupies know
and nobody goes where the famous groupies go.

C Em Am G C Em Am G

There was the classic story
of a roadie nicknamed Rory
who used to practiced voodoo on the side
When the famous twosome
suggested something gruesome
All that they found was crater two miles wide
which left the music business absolutely horrified.

All stand back, let the people see
Take a snap of the famous groupies

Am
Famous groupies, famous groupies
Amfamous groupies, famous groupies

Ladies and gentlemen, those magnificent examples of
female pulchritude and luminosity, direct from their
global perambulations to the very boards of this
supremely magnificent proscenium arch:
ladies and gentlemen–I give you…
Am G
Famous groupies!

(c) 1978 MPL Communications, Inc.


 

Don’t Let It Bring You Down

作詞作曲:Paul McCartney, Denny Laine
収録時間:4分31秒
収録アルバム:London Town
収録シングル:なし

ポールが1975年のヨーロッパ・ツアーでスコットランドのアバディーンに滞在しているときに書いた曲で、歌詞の一部をデニー・レインが手伝っている。
「アバディーンに滞在していた時だと思うけど、ホテルのベッドルームに座って、床に就く直前に、ふと12弦のギターをさわって、ポロンと奏でたメロディーがこの曲になったんだ。」(ポール)
イントロにはポールとデニー・レインが奏でるスコットランドのたて笛クラジョレットとリコーダーを用い、アコースティックを多用した3拍子の曲は、まさにスコットランド民謡風だと言える。
1977年5月のバージン諸島での船上レコーディングでベーシック・トラックを録音し、5月25日にベーシックトラックのレコーディングを終えた。この週は丁度写真家のヘンリー・デッツがLPに用いる写真を撮影するために、レコーディングにやってきた時である。
それから、同年11月にアビーロード・スタジオでオーバーダブを行い、11月24日に完成をみた。
なおこの曲で、ポールは全曲の中で一番低いキーであるFまでのボーカルを披露している。
この曲のラフ・ミックスを、以下のブートにより聴くことができる。

London Town Roughs & Demos (Mistral Music — MM 9105)
London Town Sessions (Misterclaudel — mccd 04)
Water Wings (Disc 2) (Vigotone (fake) — VT500 X 2 BEAT)

演奏:
Paul McCartney: Vocal, Bass, Flagelet, Recoder
Linda McCartney: Backing Vocal
Denny Laine: Guitars, Flagelet, Recoder, Backing vocal
Jimmy McClloch: Guitars, Backing Vocal
Joe English: Drums, Backing Vocal
録音スタジオ:Record Plant Mobile Stusio, US Virgin Islands, Abbey Road Studio, London
録音日:1977.5.1-31, 1977.11
プロデューサー:Paul McCartney
エンジニア:Geoff Emerick, Pete Henderson, Steve Churchyard, Mark Vigrs
イギリス発売日:1978.3.31
アメリカ発売日:1978.3.27
日本発売日:1978.4.7

歌詞・コード
Dm               C     G A7
Though some things in life are hard to bear
F   G   A7     Dm
Don’t let it bring you down
Dm              C     G   A7
Should the sands of time run out on you
F   G   A7    Dm
Don’t let it bring you down
Am      F            Dm
Don’t go down, don’t go underground
Am                   Bb
Things seem strange, but they change
A7
How they change

Up and down your carousel will go
So don’t let it bring you down

Dm C G A7 F G A7

Don’t go down, don’t get out of town
Get to know how it goes, how it goes
When the price you have to pay is high
Don’t let it bring you down

Dm C G A7

F    G    A7     Dm
Don’t let it bring you down

(c) 1978 MPL Communications Ltd.


(c)Jash http://pmccartney.com

Cuff Link

作詞作曲:Paul McCartney
収録時間:1分53秒
収録アルバム:London Town
収録シングル:With A Little Luck

アルバム『London Town』の中で「Backwards Traveller」とのメドレー形式で登場するインストゥルメンタル。シングル「With A Little Luck」でも「Backwards Traveller」とのメドレー形式で収録されている。しかし、CD化された時は、1つの独立したトラックとして扱われている。
「Backwards Traveller」と同時期にレコーディングされ、ウィングスのメンバーであったギタリストのジミー・マッカロックとドラマーのジョー・イングリッシュが脱退した後にレコーディングされたため、ポールがドラムを含めて全ての楽器を演奏している。
この曲の当初のタイトルは「Off The Cuff Link」。そのためか、邦題は「カフ・リンクをはずして」となっている。

演奏:
Paul McCartney: Bass, Drums, Guitars, Keyboards
録音スタジオ:Abbey Road Studios and AIR Studio, London
録音日:1977.9, 1978.1
プロデューサー:Paul McCartney
エンジニア:Geoff Emerick
アシスタント・エンジニア:Pete Henderson, Steve Churchyard, Mark Vigrs
イギリス発売日:1978.3.23
アメリカ発売日:1978.3.20
日本発売日:1978.4.7

Cafe On The Left Bank

作詞作曲:Paul McCartney
収録時間:3分24秒
収録アルバム:London Town
収録シングル:なし

アルバム『London Town』のレコーディング場所となったバージン諸島に浮かぶ船「ワンダーラスト」でのセッションで最初に録音されたミディアム・テンポのロック。
ウィングスのメンバー、ジミー・マッカロックやジョー・イングリッシュが脱退する前にレコーディングされている。
「テレビ・ショップに群がるフランス人」や「ドイツ製ビールを飲む英語圏の人」などが登場するという、河畔の町の人々情景が歌詞に登場する。
この曲のラフ・ミックスは以下のブートで聴くことができる。

London Town Roughs & Demos (Mistral Music — MM 9105)
London Town Sessions (Misterclaudel — mccd 04)
Water Wings (Disc 2) (Vigotone (fake) — VT500 X 2 BEAT)

演奏:
Paul McCartney: Vocals, Bass, Keyboards
Linda McCartney: Backing voca,l Keyboards
Denny Laine: Guitars, Backing vocal
Jimmy McClloch: Guitars, Backing vocal
Joe English: Drums, Backing Vocal
録音スタジオ:Record Plant Mobile Stusio, US Virgin Islands
録音日:1977.5.1-31
プロデューサー:Paul McCartney
エンジニア:Geoff Emerick, Pete Henderson, Steve Churchyard, Mark Vigrs
イギリス発売日:1978.3.31
アメリカ発売日:1978.3.27
日本発売日:1978.4.7

歌詞・コード
Dm         Gm   C   Gm
Cafe on the left bank, ordinary wine
Dm         A7        D
Touching all the girls with your eyes

Tiny crowd of Frenchman round a TV shop
Watching Charles de Gaulle make a speech

Gm
Dancing after midnight
Dm
Sprawling to the car
Gm                Dm A7
Continental breakfast in the bar

English speaking people drinking German beer
Talking far too loud for their ears

Gm Dm Gm Dm A7

Cafe on the left bank, ordinary wine
Touching all the girls with your eyes

Dancing after midnight
Crawling to the car
Cocktail waiters waiting in the bar

English speaking people drinking German beer
Talking way too loud for their ears

(c) 1978 MPL Communications, Inc.

 

Backwards Traveller

作詞作曲:Paul McCartney
収録時間:1分09秒
収録アルバム:London Town
収録シングル:With A Little Luck

1978年に発売されたアルバム『London Town』に収録されている小曲。おそらく未完成のまま録音されたと思われる曲。次の曲「Cuff Link」とのメドレーとなっている。全米1位を獲得したシングル「With A Little Luck」のB面に収録されている。ウィングスのギタリスト、ジミー・マッカロックとドラマー、ジョー・イングリッシュがいない時期にレコーディングされたものなので、ポールがベース、ドラム、ギター、キーボードを弾いている。
1977年にスコットランドのホーム・スタジオ「Rude Studio」で作られたデモも以下のブートで聴くことができる。

London Town Roughs & Demos (Mistral Music — MM 9105)
MoMac’s Hidden Tracks: Volume 10 (Unknown)
Water Wings (Disc 3) (Vigotone (fake) — VT500 X 2 BEAT)
London Town Sessions (Misterclaudel — mccd 04)
Home Demo’s (Orange — Orange 14)
The Alternate Wingspan – Disc 4 (No Label)

演奏:
Paul McCartney: Vocal, Bass, Drums, Guitars, Keyboards
Linda McCartney: Backing vocal
Denny Laine: Guitars, Backing vocal
録音スタジオ:Abbey Road Studios and AIR Studio, London
録音日:1977.9, 1978.1
プロデューサー:Paul McCartney
エンジニア:Geoff Emerick
アシスタント・エンジニア:Pete Henderson, Steve Churchyard, Mark Vigrs
イギリス発売日:1978.3.23
アメリカ発売日:1978.3.20
日本発売日:1978.4.7

歌詞・コード
C           F    Em
Hey, did you know that I’m
Am             Em
Always going back in time
F             E E/G# Am
Rhyming slang, auld lang syne my dears
F       Fm
Through the years
C
I am the backwards traveller
Gm
Ancient wool unraveller
F      Cm7        Gm
Sailing songs, wailing on the moon.
C
Wailing on the moon,
G     Dm7
And we were sailing songs,
Am
wailing on the moon
Dm Dm C Dm
We were wailing on the moon.

(c) 1978 MPL Communications Ltd. Administered by MPL Communications, Inc.