ポール・マッカートニーのファンサイト(非公認)。ポール・マッカートニーやビートルズの最新ニュース、アルバム・楽曲の解説、ライブ・ツアー記録、新譜・テレビ放送等。

1982Tug Of War

Ebony And Ivory

作詞作曲:Paul McCartney
収録時間:(1)3分42秒 (2)3分41秒 (3)4分1秒
収録アルバム:(1)Tug Of War, All The Best, Greatest (Japan only), Together Endless & Sweet Memories (Japan only), George Martin Box, Mellenium Max(Japan only), 80’s Alive 2(Japan only), The Best Of Stevie Wonder (3)Tripping The Live Fantastic!!
収録シングル:(1)Ebony And Ivory, (2)Ebony And Ivory (12″)

ebony_and_ivory

黒人と白人の間の人種問題をピアノの黒鍵盤と白鍵盤に例えて歌うというメッセージ・ソング。スティービー・ワンダーとのデュエットとして、アルバム『Tug Of War』からの第1段シングルとして発売され、全米・全英1位という大ヒットを記録し、世界中のチャートでも1位を記録し大ヒットした。ポール・マッカートニーの80年代の代表曲であり、80年代ポップスの代表曲でもある。よって、種々のオムニバス・アルバムに収録されている。
「この曲はスパイク・ミリガンのアイデアをもらったよ。どこかで彼の本を読んだんだけど、キーボードには白鍵盤と黒鍵盤が必要で、2つでハーモニーが奏でられるというもの。これはいい類比だと思ったよ。」(ポール)
1980年夏にデモを作成し、10月にウィングスのメンバーとこの曲をリハーサルしたが、曲の最初の部分とサビの部分しか完成していなかった。「2番も同じようなアイデアで歌詞を書くことがいいと思ったんだ。ピアノの類比を用いること以上に飛び抜けた歌詞は掛けなかった。」(ポール) そして、10月のリハーサルが終わる頃に曲のアレンジがほぼ完成したので、12月にロンドンのAIRスタジオにて、ジョージ・マーティンとデモ・レコーディングを行った。
「黒人のミュージシャンとこの曲をレコーディングするのがいいなあと思った。それが歌詞の内容にぴったり合うし、困難を乗り越えようとする感情にぴったりだしね。適当なミュージシャンとして、スティービー・ワンダーが浮かんだ。スティービーに直接電話したら、すぐにいい返事がもらえたよ。」(ポール)
1981年2月1日に、ポール、リンダ、デニー・レインの3人がモンセラット島にあるジョージ・マーティン所有のAIRスタジオに向かい、2月25日にスティービー・ワンダーがモンセラット島に到着し、翌日からレコーディングを開始した。レコーディングの方法としては、まずポールとスティービーが軽くジャム・セッションを行い、スティービーが思いついたソロ・フレーズに、ポールがボコーダーやシンセサイザーを被せていった。
この曲は、ポールの曲の中でも最もレコーディングに掛けた時間が多い曲の1つである。
「”Ebony And Ivoryなんかはかなり長い期間をかけた曲だよ。まずスティービー・ワンダーとモンセラット島で書き始めて、それからスティービー抜きで、何度かのセッションを繰り返したんだけど、ドーキングにあるストロベリー・スタジオ・サウスでもセッションをやったんだ。レコーディングの仕上げにはかなり時間をかけたけど、それだけやっておいてよかったと思うよ。いい曲だってこともあるけど、イギリスではスティービー初のナンバーワン・シングルになったからね」(ポール)
「スティービー・ワンダーと”Ebony And Ivory”をやった時、この曲は人種間の調和を語る上で完璧なアイデアだと思ったんだけど、幼稚だっていう人もいたんだ。でも、素晴らしいと思うだろ? 黒人と白人の間にはいろいろな問題がまだあるっていうのがポイントなんだ。それは否定できないよ。何かいいことを歌うことによって、やりたかっただけなんだよ。」(ポール 1986年1月)
12インチシングルには、ポールのみがボーカルを取るソロ・バージョンも収録された。プロモーション・ビデオも、スティービー・ワンダーとポールのデュエット・バージョン、ポールのソロ・バージョンの2種類が制作された。
デュエット・バージョンは「Coming Up」のプロモビデオの監督を行ったキース・マクミラン監督のもと撮影された。ポールとスティービーのスケジュールが合わず、ポールのパートはロンドンで、スティービーのパートはロサンゼルスで撮影された。
「プロモーション・ビデオは、スティービーとは一緒に撮影できなかったんだけど、途中で2人が目を合わすシーンがあるんだ。最初は僕がスティービーにウィンクして合図するってことだったんだけど、スティービーがそれはおかしいって言ったんだ。だって、彼は目が見えないだろ? そんなことで、スティービーから合図して、僕がウィンクを返すってことにしたんだ。」(ポール)
「Coming Up」で用いたようないろいろな楽器を演奏するポールが一画面上に出てくるのが面白い。
ソロ・バージョンのプロモーション・ビデオは、バリー・マイヤーズ監督のもと、1982年2月11日に撮影された。刑務所で服役中の黒人が陽気にこの曲を歌っている姿とピアノを弾く姿を交互に演出させるものである。このプロモーション・ビデオ撮影日にポールはインタビューに答え、初めてジョンの死について、インタビューに答えている。
1989年のゲットバックツアーでこの曲が取り上げられ、バンドメンバーのヘイミッシュ・スチュアートとデュエットを行っていたが、1989年11月27日のロサンゼルス公演では、観客にいたスティービー・ワンダーが飛び入りで参加し、ライブでのデュエット再現となった。
この曲のデモ・バージョン、およびリハーサル音源は、以下のブートで聴くことができる。

(4)1980年8月デモ
Rude Studio Demos (Columbus Records — CD 080)
Studio Tracks Vol. 1 (Chapter One — CO 25132)
Tug Of War Demos (Red Square — RS 03)
War And Peace (Instant Analysis — R&G 1020)
Give Us A Chord Paul (Angry Dog — AD 9901)
(5)1980年10月ウィングスのリハーサル
When It Rains, It Pours (Disk 2) (Vigotone — vigo162)
(6)1981年2月スティービー・ワンダーとのジャム・セッション
Oobu Joobu Part 1 & 2 (Disk 2) (Yellow Cat Records — YC 046)
Oobu Joobu Radio Chronicles Part One (Unknown — PMCD0P1)
(7)1990年1月23日ロンドン公演
Welcome To Wombley – CD 1 (Voxx — VOXX 0003-01)

ebony_and_ivory_promo12 ebony_and_ivory_promo11 ebony_and_ivory_promo22 ebony_and_ivory_promo21

(1)(2)
演奏:
Paul McCartney: Bass, Guitar, Synthesiser, Vocals, Vocoder, Percussion, Piano, Backing vocal
Stevie Wonder: Electtic Piano, Synthesisers, Vocals, Drums, Percussion, Backing vocal
録音スタジオ:AIR Studios, Montserrat, West Indies
録音日:1981.2.27-3
プロデューサー:George Martin
エンジニア:Geoff Emerick
イギリス発売日:1982.4.26
アメリカ発売日:1982.4.26
日本発売日:1982.5.10

(3)
演奏:
Paul McCartney: Bass, Vocal
Linda McCartney: Keyboards, Vocal
Paul “Wix” Wickens: Keyboards, Backing Vocal
Chris Whitten: Drums
Robbie Mclntosh: Electric Guitar, Backing Vocal
Hamish Stuart: Vocal, Electric Guitar
録音スタジオ:live from Rotterdam
録音日:1989.11.8
プロデューサー:Paul McCartney, Bob Clearmountain & Peter Henderson
エンジニア:Bob Clearmountain
イギリス発売日:1990.11.5
アメリカ発売日:1990.11.6
日本発売日:1990.11.5

歌詞・コード
E F#m7
Ebony and ivory
E F#m
Live together in perfect harmony
E F#m7 B/F#
Side by side on my piano key—board
A/B B B/E E C#m/B B G#m/B A/B F#m/B
Oh lord, why don’t we

E C#m B A E
We all know that people are the same wherever you go
B
There is good and bad in everyone
D6 Do C#7 F#m
We learn to live, we learn to give each other
A E
What we need to survive, together alive

Ebony and ivory
Live together in perfect harmony
Side by side on my piano keyboard
Oh lord, why don’t we

C#sus4 C# F# G#7sus4 C#

F# G#7sus4 C#
Ebony, ivory, living in perfect harmony
F# A/B
Ebony, ivory ooh

We all know that people are the same wherever you go
There is good and bad in everyone
We learn to live, we learn to give each other
What we need to survive, together alive

Ebony and ivory
Live together in perfect harmony
Side by side on my piano keyboard
A/B B B/E E C#sus4 C#
Oh lord, why don’t we
F#m7 B
Side by side on my piano keyboard
A/B B B/E E F#m7 E F#m7
Oh lord, why don’t we

E F#m7 B

E F#m7 B
Ebony, ivory, living in perfect harmony
Ebony, ivory, living in perfect harmony
Ebony, ivory, living in perfect harmony
Ebony, ivory, living in perfect harmony

(c) 1982 MPL Communications, Inc.



Dress Me Up As A Robber

作詞作曲:Paul McCartney
収録時間:2分41秒
収録アルバム:Tug Of War
収録シングル:Take It Away (12″)

ポールにしては珍しいフージョン風の曲。ファルセットのボーカルや挑発的な歌詞もポールにとっては珍しい。
「君は僕に対してしたいことは何だってできるさ。好きなように僕に命令することもできる。しかし僕は僕であるだけだ。君は僕を水平の格好にすることもできるし、泥棒にだって、戦士にだってできる。でもそんなこと関係ない。僕は僕なのさ。こんな歌だ。」(ポール)
この曲は1977年に作られ、1980年夏にデモ・テープが作られたが、当初はイントロのギターリフがなく、歌詞も完成しなかったため、プロデューサーのジョージ・マーティンが気に入らず、ポールに曲を完成させるようにアドバイスした。そこでポールはさらに手を加えて曲を完成させ、レコーディングにこぎつけた。レコーディングはモンセラット島のジョージ・マーティンのスタジオで1981年2月3日に行われ、デイブ・マタックスがドラム、デニー・レインがシンセサイザーとギター、ジョージ・マーティンがピアノを担当した。
シングル「Take It Away」の12インチ盤のB面に収録されたバージョンは、イントロがアルバムの前曲「Be What You See (Link)」とかぶっていない。
1980年夏に制作したデモ・テープは2バージョン存在し、以下のブートで聴くことができる。

Rude Studio Demos (Columbus Records — CD 080)
Tug Of War Demos (Red Square — RS 03)
War And Peace (Instant Analysis — R&G 1020)
Give Us A Chord Paul (Angry Dog — AD 9901)
Studio Tracks Vol. 4 (Chapter One — CO25147)

演奏:
Paul McCartney: Guitars, Vocal, Bass
Dave Mattacks: Drums, Percussion
Denny Laine: Synthesiser, Electric guitar
George Martin: Electric piano
Linda McCartney: Backing vocal
録音スタジオ:AIR Studios, Montserrat, West Indies
録音日:1981.2.3
プロデューサー:George Martin
エンジニア:Geoff Emerick
イギリス発売日:1982.4.26
アメリカ発売日:1982.4.26
日本発売日:1982.5.10

歌詞
Well You Can Dress Me Up As A Robber
But I Won’t Be In Disguise
Only Love Is A Robber
And He Lives Within Your Eyes
Ooh, Ooh Eee Ooh

You Can Dress Me Up As A Sailor
But I’ll Never Run To Sea
As Long As Your Love Is Available To Me
What Do I Do With A Sea Of Blue?
Ooh, Eee Ooh

Dressing Me Up
It Doesn’t Make A Difference
What You Want To Do
Whichever Way You Look At It
I’m Still In Love With You
If We Go On Forever
I May Never Make A Change

Dressing Me Up
And If I Don’t Convince You
You Needn’t Look Too Far
To See That I’m Not Lying
‘Cos I Love You The Way You Are
And What’s The Point Of Changing
When I’m Happy As I Am?

Well You Can Dress Me Up As A Soldier
But I Wouldn’t Know What For
I Was The One That Told You He Loved You
Don’t Wanna Go To Another War
No, No, No

(c) 1982 MPL Communications, Inc.

(c)Jash

Be What You See (Link)

作詞作曲:Paul McCartney
収録時間:33秒
収録アルバム:Tug Of War
収録シングル:なし

曲間を繋ぐリンクの役割を果たす曲として、アルバム『Tug Of War』の「Get It」と「Dress Me Up As A Robber」の間に登場。ポールのボーカルはボコーダー(シンセサイザーの一種)を通して録音されている。
アルバム『Wild Life』でも、同じように繋ぎの役割である曲が登場している。

演奏:
Paul McCartney: Guitar, Vocoder
録音スタジオ:AIR Studios, London
録音日:1981.4-1982.3
プロデューサー:George Martin
エンジニア:Geoff Emerick
イギリス発売日:1982.4.26
アメリカ発売日:1982.4.26
日本発売日:1982.5.10

歌詞・コード
Em7      Am Em7
Ooh ooh ooh
Am
The one you wanted to be is now the one you see
Em7                   Am
Ooh the one you wanted to be is now the one you see

(c) 1982 MPL Communications Ltd. Administered by MPL Communications, Inc.

Ballroom Dancing

作詞作曲:Paul McCartney
収録時間:(1)4分07秒 (2)4分50秒
収録アルバム:(1)Tug Of War (2)Give My Regards To Broad Street
収録シングル:なし

1960年風のブギウギ調ロックン・ロール・ナンバー。1950年代イギリスで放送されたボール・ルームでのダンスのコンテスト番組『Come Dancing』にインスパイアされた曲。
「曲を作るのにきっかけとなるのは、いつも子供の時の思い出さ。ダンス・ホールやボール・ルームに通ったティーンエイジャーの時の思い出。ダンス・ホールなどは今はディスコって言われているけど。そこに行く目的は女の子を見つけることだった。」(ポール)
「チャイナ・カップに乗ってナイル川を下っていく。そんな幼い頃に見た夢の想い出を歌にしたのがこの曲だ。別に『僕がロメルで君がカウボーイのトム・ミックスだ』なんて言って遊んでいた想い出だってよかったんだ。ただ『チャイナ』や『ナイル』っていう言葉の響きにはすごく夢がある。 子供たちにとっては『アレキサンドリア』、『カイロ』、『シンガポール』なんかと同じように神秘的な世界なんだ。第1節は本当に幼い頃の遊びを歌った。第2節になると子供は少し成長して、『空飛ぶじゅたん』や『ディビー・クロケットの帽子』なんかで遊び始めるんだ。でも『僕たちは猫や犬のように喧嘩したものだ』なんてふうに、子供の頃のすべてが愉快で素晴らしいだけの夏の日々ではなかったということも言いたかった。 この歌は僕の幼い頃の想い出なんだ。そしてそんな子供が大きくなっていく、そんな事を歌った歌なんだ。今で言えばディスコみたいなもんだね」(ポール)
。「ジョージは近いところにすんでいたから、ダンス・パーティの行われる学校まで、一緒にバスに乗っていったのを覚えているよ。僕はいつもカップルが出来るところをみてた。マッカートニーの夫妻みたいにさ。ジョージの親父さんとお袋さんがそうだったんだよ。ジョージの親父さんは、フィンチ・レーンのバス停留所で働いていたんだが、この二人が主役だったんだ。音楽が始まると、みんながダンスできるって合図なんだ。僕は祈ったものさ『神よ、勇気をお与えください』ってね」 (ポール)
この曲は1980年夏にデモ・テープが制作され、ウィングスでのリハーサルを経た後、ロンドンのAIRスタジオで1980年12月7日にベーシック・トラックが録音された。翌年の3月17日に、デニー・レインとエリック・スチュアートのギター、ジャック・ブライマーのクラリネットを加えたバージョンがアルバムに採用された。
当初はアルバム『Tug Of War』からの第3弾シングルとして発売される予定であったが、結局はアルバム・タイトル曲「Tug Of War」が第3弾シングルとして発売された。
また、1984年に公開された映画『Give My Rigards To Broad Street(ヤァ!ブロードストリート)』のサントラ盤のためにこの曲を、ドラムにリンゴ・スター、ギターにデイブ・エドモンズ、ベースにレッド・ツェッペリンのジョン・ポール・ジョーンズを迎えて再録音した。
映画の中盤で、1950年のロックンローラーに扮したポールがこの曲を演奏するシーンを見ることができる。映画での演奏は、サントラ盤に収録されているトラックとミックスや編集が大幅に異なる。
この映画サントラからの第2弾シングルとして、1985年1月21日に発売される計画があったが、結局ボツになっている。
ブートでは、以下のデモ・バージョン、リハーサル・バージョンを聴くことができる。

(3)1980年夏のデモ
Paul McCartney: Rude Studio Demos (Columbus Records — CD 080)
Paul McCartney: Studio Tracks Vol. 4 (Chapter One — CO25147)
Paul McCartney: We’d Go On For Hours (No Label Records — nlr 9902)
Tug Of War Demos (Red Square — RS 03)
War And Peace (Instant Analysis — R&G 1020)
Give Us A Chord Paul (Angry Dog — AD 9901)

(4)1980.9.30 ウィングスのリハーサル
When It Rains, It Pours (Disk 1) (Vigotone — vigo161)
Ballroom Dancing (Orange — Orange 021)
The Alternate Wingspan – Disc 1 (No Label)

(1)
演奏:
Paul McCartney: Piano, Drums, Electric guitar, Percussion, Vocal, Backing vocal
Denny Laine: Electric guitar
Jack Brymer: Clarinet gliss
Linda McCartney: Backing vocal
Eric Stewart: Backing vocal
Peter Marshall: Narration
録音スタジオ:AIR Studios, London
録音日:1980.12.7, 1981.3.17
プロデューサー:George Martin
エンジニア:Geoff Emerick
イギリス発売日:1982.4.26
アメリカ発売日:1982.4.26
日本発売日:1982.5.10

(2)
演奏:
Paul McCartney: Piano, Vocal
Ringo Starr: Drums
John Paul Jones: Bass
Dave Edmunds: Guitar
Chris Spedding: Guitar
Linda McCartney: Piano, Vocal
Jack Barclay: Horns
Alan Donney: Horns
Henry Mackenzie: Horns
Dougie Robinson: Horns
Tommy Whittle: Horns
Ray Swinfields; Horns
David Wills: Horns
録音スタジオ:AIR Studios, Abbey Road Studios and CTS Studios, London
録音日:1982.12-1984.7
プロデューサー:George Martin
エンジニア:Geoff Emerick, Jon Jacobs, Jon Kelly, Stuart Breed
イギリス発売日:1984.10.22
アメリカ発売日:1984.10.22
日本発売日:1984.10.22

歌詞・コード
B
Well I used to smile when I was a pup
Sailing down the Nile in a china cup
E
With the recipe for a lovely day
B
Sticking out of my back pocket
E
But it wasn’t always such a pretty sight
G#m
‘Cos we used to fight like cats and dogs
E          B
Till we made it up in the ballroom

[NC]       E
Ballroom dancing, made a man of me
B
One, two, three, four
E          B
I just plain adore your ballroom dancing
E
Seen it on TV
B                  E
I got what I got from ballroom dancing
A   B
Big B.D.

Well I used to fly when I was a kid
And I didn’t cry if it hurt a bit
On a carpet ride to a foreign land
At the time of Davy Crockett
But it wasn’t always such a pretty sight
‘Cos we used to fight like cats and dogs
Till we made it up in the ballroom

Ballroom dancing, made a man of me
One, two, three, four
I just plain adore your ballroom dancing
Seen it on TV
I got quite a lot from ballroom dancing
Big B.D.

INTERLUDE: B E B E B E B C7 D7 B

A B [NC] C#m B [NC] A B [NC] Bm7 Em7 B

Well it went so fast and we all grew up
Now the days that passed in the china cup
Are the memories of another day
And I wouldn’t want to knock it
But it wasn’t always such a pretty sight
‘Cos we used to fight like cats and dogs
Till we made it up in the ballroom

Ballroom dancing, made a man of me
One, two, three, four
I just plain adore your ballroom dancing
Seen it on TV
I got quite a lot from ballroom dancing
Big B.D.

C7 D7 B
Oh oh oh

 

(c) 1982 MPL Communications Ltd. Administered by MPL Communications, Inc.